暮らしのお悩み解決サイト

放置するとやっかい…トイレの黄ばみを落とす6つの方法

放置するとやっかい…トイレの黄ばみを落とす6つの方法

トイレの黄ばみ汚れを落とすコツを、6つのポイントに絞って御説明します。ガンコな黄ばみ汚れの原因は一体何なのか? そして掃除をする時の注意点や、これ以上黄ばみ汚れを作りたくない人のためのアドバイス、掃除に便利なグッズなどを解説します。


大切なお客様が家に来ることになった時、玄関やリビングをどんなに綺麗にしていても、トイレが汚いとせっかくのおもてなしも台無しです。
黄色い汚れは見た目にも汚いですが、ニオイの元にもなっているのです。

便器以外にも、トイレを見回してみましょう。
壁や床も黄色くなっている箇所がないでしょうか。
間接照明を使っているトイレは、電気が暗いので発見しにくいかもしれません。
掃除をする間だけでも明るい電球に交換して、汚れチェックをしてみましょう。

便器の黄ばみは、あわてて掃除しても急には落ちません。
ブラシでゴシゴシした程度では、すぐには綺麗にならないのです。
こびりついてしまった黄色い汚れはどうしたら落とすことができるのでしょうか。
今回は、トイレの黄ばみを、すっきり綺麗にするコツを調べてみました。

トイレの黄ばみを落とす6つのポイント

Getty logo

便器の水たまり部分や外側、トイレの壁や床についてしまった黄ばみの元は何でしょうか?
これはオシッコから出る成分が元になっています。
尿石といって、トイレの黄ばみ汚れの原因なのです。
オシッコの中のリン酸カルシウム、シュウ酸カルシウムと、タンパク質が分解して生成された尿素、そして二酸化炭素が結合してできたものが尿石です。

石という字が書かれているだけあって、便器に着いた尿石は、そのままにしておくとかたくなって落としにくくなります。
体の中にできる石というと、尿道結石や腎臓結石がイメージされるので男性だけが原因のように思われがちですが、尿石自体は男性でも女性でも作られるものです。

しかし、男女で決定的に違うのが、男性は立ってオシッコしている点です。
男性側としては、狙いを定めてオシッコをしているので自分に罪はないと考えがちです。
しかし、1日で男性が立っている場所、便器の前の部分周辺には200滴のオシッコが飛び散っています。
1日では床全体で2000滴から2300滴のオシッコが飛んでいます。

黄ばみ汚れの元、尿の汚れをどうやって落とすか見ていきましょう。

1 お酢と小麦粉で落とす!

黄ばみ汚れの元、尿石の主な成分は炭酸カルシウムです。
分類としてはアルカリ性になります。
アルカリ性の汚れには、酸性の洗剤で落としていきます。

環境に優しい洗剤として、重曹とクエン酸が細菌注目されています。
重曹は酸性の汚れ落としに向いていますし、クエン酸はアルカリ性の汚れ落としに最適です。
尿石の場合はアルカリ性なので、重曹ではなくクエン酸を使用します。
クエン酸でなくても、酸性であれば効果はあります。
同じ酸性で洗剤のよう使用できるものとしては、お酢やレモン汁があげられます。

洗剤にアレルギーがあるなど、強い酸性の洗剤が使用できない場合は、クエン酸やお酢などを使用してください。

お酢だけでは、なかなか汚れが落ちない場合は、最初に小麦粉を汚れの上に巻いておきます。
そして、その上にお酢をかけます。
かたまった小麦粉にお酢が染みて、汚れの上で粘土のようになっていればOKです。
1時間から2時間ほどそのままにしておき、その後スポンジなどで洗い落とします。

2 お酢と重曹で落とす!

お酢と小麦粉の次にチャレンジしてほしいのが、お酢と重曹です。
重曹はスプレーではなく、粉の状態のものを使用します。

便器の汚れの上に、重曹をふりかけておきます。
その上にお酢をふりかけます。
弱アルカリ性の重曹と、酸性の酢が反応して泡が出ます。
この泡が汚れを落としてくれます。
発泡作用で黄ばみが浮き出て綺麗になるので、お酢を加えすぎても効果はあまり変わりません。
盛った重曹が発泡する程度のお酢の量にしておきましょう。

小麦粉の場合と同じように、1時間から2時間ほどそのままにして、その後スポンジなどでこそぎ落としていきます。

3 酸性の洗剤で落とす!

長年かかってこびりついてしまった黄ばみ汚れは、洗剤が強くないと落ちないケースもあります。
そのような場合は、サンポールに代表されるような強力な酸性洗剤を使いましょう。

黄ばみ汚れがすぐ落ちないようであれば、洗剤を暫く汚れに染み込ませましょう。
トイレに流せる掃除用ペーパーシートを汚れている便器の部分に当てて、酸性洗剤を多めにスプレーするのです。
数分したら、洗剤が乾かないうちにシートごと汚れをこすり取ります。
最後は水に流せば完了です。

4 軍手で落とす!

掃除グッズとして、再注目されているのが軍手です。
軍手の生地のデコボコしているところが、スポンジのように汚れを落としてくれるのです。
軍手で掃除する場所は、トイレの便器のフチの裏側です。
普段からとても掃除したくない場所ですし、手を入れるなんて絶対にしたくない場所ですよね。
どんな汚れが隠れているかわからないのに、軍手をしても手なんて入れられない! と思うかもしれません。

軍手をする場合は、ゴム手袋をしてその上から軍手をすれば良いのです。
そうすれば、手に汚れや洗剤が染みてくることもありません。

軍手をした指に、トイレ用の洗剤を塗ります。
クリームタイプのクレンザーのほうが、軍手につきやすいです。
そして、便器のフチの裏側をゴシゴシこすっていきましょう。

便器のフチには黒カビや、ニオイの元になっている細菌などが繁殖しています。
便器を軍手で掃除する時は、顔や頭を便器に近づけるので、目や口の中に汚れや洗剤が入らないようにしましょう。
掃除の前に、マスクやゴーグル、メガネをしておくと良いですよ。

5 ケレン棒・スクレーパーで落とす!

酸性の洗剤でも落ちない、軍手でも落ちない黄ばみ汚れはガッツリと削り取りましょう。
石のように硬くなった尿石の汚れには、ケレン棒やスクレーパーを使って除去するのです。
どちらもかたいヘラのような道具で、ネット通販やホームセンターなどで入手することができます。
ケレン棒とスクレーパーの違いですが、先が交換できて、柄が丸いものがケレン棒です。ケレン棒と比べると、持ち手が短いのがスクレーパーです。

スクレーパーやケレン棒を使う時には、便器に傷をつけてしまわないように気をつけましょう。
道具を持つ時に手がすべって、怪我しないように注意してください。

6 耐水サンドペーパーで落とす!

洗剤でも、ケレン棒でお落ちない時の最終手段が耐水サンドペーパーです。
耐水サンドペーパーでこすれば、大抵の便器の汚れは落とすことができます。
それならば、最初から耐水サンドペーパーを使用すれば良いじゃないかと思うかもしれません。
しかし、耐水サンドペーパーを使ってしまうと、直後はとても綺麗になりますが、便器に細かいキズがついてしまうのです。
サンドペーパーは、汚れと一緒に便器も削っているのです。
細かいキズがある部分は、汚れがたまりやすくなってしまいます。
耐水サンドペーパーで掃除した後は、今まで以上に毎日のケアが必要なので気をつけましょう。


ケレン棒やスクレーパーで黄ばみ汚れを削った部分は、表面がガサガサです。
汚れが取れた部分は凹んでいますし、今ひとつ汚れが取れなかった部分は出っ張っています。
デコボコしているままだと、すぐにまた汚れがついてしまいます。
そういった場合に、平らにしてくれるのが耐水サンドペーパーです。

耐水サンドペーパは、粗さによって番号がついています。
100番のような粗いペーパーだと、すぐに便器が傷ついてしまいます。
あまり目が細かすぎても、なかなか汚れも落とせませんし、平らになりません。
1000番から1500番前後のものがおすすめです。

耐水サンドペーパーは、必ず水に濡らしてから使いましょう。
十分に濡らさないで使ってしまうと、便器を傷つけてしまいます。

トイレの黄ばみを落とすときの注意点

Getty logo

掃除前には水をストップ

トイレの中の水がたまっている部分の掃除をする時は、便器の中の水を先に抜いておきましょう。
便器に水がある状態だと、洗剤が薄くなってしまうので効果がかなり減ってしまうのです。

トイレの水を止めるには「止水栓」を閉めます。
マイナスドライバー、もしくは付属の工具で栓を閉めますが、右に回すと閉まり、左に回すと開きます。
内側の溝だけを閉めるように注意しましょう。
止水栓は、トイレの中の便器の側の影にあることが多いです。
新型の便器の場合は、便器の中に隠されていることもあります。

止水栓がわからない場合、もしくは止水栓がかたすぎて動かない場合は、家全体の水道の元栓を閉めます。
一戸建ての場合は地面にあります。
マンションなどの集合写真の場合は、玄関の横のメーターなどが入っている場所にあります。

洗剤は「まぜるな危険」

トイレ掃除の洗剤は、酸性タイプのものも、塩素タイプのものも、かなり強力です。
長年こびりついて落ちない黄ばみ汚れが取れるくらいパワフル洗剤なので、薬品としても刺激の強いものです。

ボトルに「まぜるな危険」と書いてあるものは、単独で使用するようにして他の洗剤とは一緒に使用しないようにしましょう。
もし他の洗剤を使用したい場合は、別の日に掃除するようにします。

例えば、トイレハイターのように次亜塩素酸ナトリウムが入っている洗剤や漂白剤と、サンポールのような酸性タイプの洗剤や、クエン酸、お酢は絶対に混ぜないでください。
塩素系の洗剤や漂白剤と、酸性タイプのものが混ざると、大変刺激の強い塩素ガスが発生してしまいます。
トイレのように通気性のあまり良くない場所で、一気に吸ってしまうと身体に良くありません。
もし間違えて洗剤を混ぜてしまった場合は素人判断はせず、すぐに医者に相談してください。

あると便利な掃除グッズ

Getty logo

灯油ポンプとバケツ

便器の中にたまった水を外に出すのに使います。
止水弁で水をストップさせて水を流しても、まだ便器の水たまりに水が残っている場合、灯油ポンプが便利です。
コップなどでも水を出すことはできますが、水たまりに入るコップは小さいので効率が良くありません。
なるべく水位を下げて、洗剤が薄まらないようにして掃除しましょう。

使用済み歯ブラシ

ウォシュレットのノズルの部分や、便器の溝の裏など、細かい部分の汚れ落としに威力を発揮してくれるのが歯ブラシです。
市販の、細い場所用の小さな隙間ブラシでも良いでしょう。

古くなったいらない布

トイレ掃除で使った掃除道具は、他の場所の掃除にはもう使いたくないですよね。
再びトイレ掃除をする時まで、どこかに保存しておくのも雑菌が増えてしまいそうできになります。
そういった時は、、いらなくなった布を使用しましょう。

時間がある時に、布を10センチから15センチ角に切っておけば、いざという時にすぐ使えます。
いらなくなった布は、トイレ掃除だけでなく、ガス台まわりの掃除や、洗面所の掃除など、あらゆる場所でつかえます。

トイレットペーパーやティッシュペーパーで、濡れている部分の掃除をすると、紙がバラバラになってしまって掃除しにくいものです。
布であれば、溶けてしまうこともないので使いやすく、すぐ捨てられるので気軽に使えます。

軽石

お風呂でカカトをごしごしする時に使う、あの軽石です。
耐水サンドペーパーの代わりに使用します。
便器によっては、力を入れすぎると傷つけてしまうことがあります。
軽石で黄ばみ汚れを削る時には、最初にどこか目立たない部分でテストしてから使うようにしましょう。

メラミンスポンジ

水だけで綺麗にしてくれる、万能スポンジです。
メラミンスポンジを使う時には、スポンジのカスをそのまま水で流さないよう気をつけましょう。
排水口がつまる原因になりかねません。

便器の種類で、樹脂でできているものや、特殊加工しているものもありますが、そういった素材のものはメラミンスポンジの使用を禁止しているので注意が必要です。
プラスチックでできている便器で光沢がある部分は、メラミンスポンジで磨くと光沢がなくなってしまいます。
自分の家の便器の素材がわからない場合は、メーカーに問い合わせてみましょう。

重曹スプレー

お酢と重曹で黄ばみ汚れを綺麗にするコツを御紹介した時には粉の重曹でしたが、日常的な便器の汚れ対策には重曹スプレーが便利です。
重曹スプレーは、水100ccに、小さじ1杯の重曹を入れます。
重曹スプレーは、トイレに限らず、キッチンや洗面所の汚れ落としにも使えますので、専用のスプレーボトルを用意すると良いでしょう。

クエン酸スプレー

毎日の黄ばみ汚れ対策には、クエン酸スプレーが効果的です。
お酢でも効果がありますが、お酢はニオイがきついのでクエン酸のほうが扱いやすいです。
尿の汚れ以外にも、水垢汚れにも効果があります。
クエン酸スプレーは、水200ccに対して、小さじ1杯のクエン酸を入れます。

黄ばみにさせないために

Getty logo

男性も座ってオシッコを

トイレを清潔に保つには、家族全員の強力が必要です。

立ってオシッコをすることで、便器や壁、床にまで黄ばみ汚れの原因を作ってしまいます。
男性の友達が家に来た時に、オシッコは座ってするようにお願いしている人もいます。
自分の尿ハネもイヤなものですが、他の人の尿ハネ掃除はもっとイヤなものです。
用を足した男性も、その後に入った人も、床や壁に飛び散った尿汚れを、足の裏や手で触ってしまっています。

自分がどのくらい尿ハネを起こしているか体感するには、裸でトイレでオシッコをしてみましょう。
太もものあたりや、手、腕の部分など、予想以上に広範囲にオシッコが飛び散っているのに気がつきます。
この尿ハネ汚れは、座ってオシッコをするだけで無くすことができます。

漂白剤を使う

寝る前に、液体漂白剤をトイレのタンクに少し入れておきます。
タンクの水の量にもよりますが、キャップ3杯程でかまいません。
すると、トイレを流す水が漂白剤入りになるので、雑菌の繁殖をおさえて汚れを軽減できるのです。
液体漂白剤を多くしてしまうと、便器を痛めてしまいます。
コップの半分位の量までにしておきましょう。
毎日続けることで、流すたびにキレイに保つことができます。

まとめ

Getty logo

トイレの便器の黄ばみ汚れは、オシッコから作られる尿石の汚れでした。
黄ばみ汚れを防ぐには、何といっても毎日少しずつのお掃除です。

汚れが便器にしっかりついていないものであれば、お酢やクエン酸、酸性の洗剤で落とすことができますが、目に見えてわかるほどの汚れは手強いものです。
ケレン棒などでガリガリ削り落とすか、最終手段は耐水サンドペーパーで平にするしかありません。

また、強い洗剤を使いたくなくて水で洗剤を薄めてしまうケースが見られますが、洗浄効果も減ってしまいます。
強い洗剤で一気に汚れを落とすほうが、しつこい汚れが多いトイレ掃除は効果的です。

トイレの黄ばみ汚れ掃除をする時は、場合によってはかなり時間と手間がかかります。
マスクや三角巾といった身体を守るグッズを用意したり、掃除の便利グッズを用意するだけで、手間や時間は半分以下に減ります。

最近は、流せるトイレブラシも販売されていますので、家族全員に協力してもらってキレイで落ち着くトイレにしたいものですね。

【PR】満足度94%!プロの掃除

なかなか落ちない頑固な汚れにはこちらの会社がオススメです。無料の見積り相談であらゆるハウスクリーニングに対応してくれます。諦めている長年の汚れを落としてませんか?

\家全体全てに対応/

年間3000件の実績
  • ◇満足度94%!
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連するキーワード


トイレ掃除

関連する投稿


水回りの掃除に使えるコスパ最強グッズ!100均の使えるアイテムを徹底紹介

水回りの掃除に使えるコスパ最強グッズ!100均の使えるアイテムを徹底紹介

水回りの掃除で使える、100円ショップの便利グッズを解説します。また、キッチンやお風呂場、トイレ、洗濯槽など、ポイント別の掃除のコツの他、100均以外にもそろえておくと便利な水回り用掃除グッズもご紹介します。


トイレの黄ばみ汚れの原因と掃除方法・落とし方6個!便座裏や水の中は?

トイレの黄ばみ汚れの原因と掃除方法・落とし方6個!便座裏や水の中は?

"トイレに黄ばみがある"方はいませんか? トイレの黄ばみはできるだけ早く落とさないと状況が悪化して、黄ばみが層のようになっていき不衛生です。早速、「トイレの黄ばみを落とす方法」などを見ていきましょう。


簡単にできる! トイレの黒ずみを落とす6つの方法

簡単にできる! トイレの黒ずみを落とす6つの方法

なかなか落ちないトイレの黒ずみを落とす方法を、6つに絞って解説しています。使用する洗剤の種類や効果的な洗剤の使用方法も説明しています。また、黒ずみヨゴレの原因や、黒ずみをつけないためには普段からどうすれば良いのかといったことも調べました。


トイレの黄ばみを落とす4つの方法を徹底解析

トイレの黄ばみを落とす4つの方法を徹底解析

トイレの黄ばみはゴシゴシこするだけではきれいになりません。黄ばみ落としにはコツがあります。ここではトイレの黄ばみ落としのコツを4つに分けて分かりやすくご紹介しています。さらにきれいになったトイレを長持ちさせる方法、黄ばみ落としのときの忘れがちな注意点についても詳しくご紹介しています。


カビ掃除の仕方・方法5個!風呂・壁・窓・畳など場所別にも解説

カビ掃除の仕方・方法5個!風呂・壁・窓・畳など場所別にも解説

"掃除をしてもカビが生えて困っている"方はいませんか? 正しいカビ掃除をしてカビの予防対策をすればカビとおさらばできます。カビが生えて困っている方は「カビ掃除のやり方や予防対策」をチェックしましょう。


最新の投稿


絨毯の掃除方法とコツ8個!重曹は使える?掃除道具のおすすめは?

絨毯の掃除方法とコツ8個!重曹は使える?掃除道具のおすすめは?

あなたは絨毯掃除をしていますか? 絨毯の汚れはトラブルの元になるため、絨毯掃除をしない方や適当に絨毯掃除をしている方は要注意です。早速、「絨毯掃除のやり方」などをチェックしてキレイな絨毯にしましょう。


ジーンズの洗濯方法とコツ7個!洗濯機コース設定・色落ち色移り・頻度

ジーンズの洗濯方法とコツ7個!洗濯機コース設定・色落ち色移り・頻度

"ジーンズは洗濯するべきではない"と思っているあなた、ジーンズは洗濯するべきです! ジーンズを洗濯すると様々なメリットがあります。「ジーンズの洗濯方法」などをチェックして家でジーンズを洗濯しましょう。


ドラム式洗濯機もカビる?洗濯槽の掃除方法10のコツ

ドラム式洗濯機もカビる?洗濯槽の掃除方法10のコツ

ドラム式洗濯機の洗濯槽を掃除する洗剤と、簡単な掃除方法について紹介します。重曹(炭酸水素ナトリウム)やセスキ炭酸ソーダ、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)といったおすすめの洗濯槽用洗剤や、頻度や汚れの原因についても解説します。


風呂場を掃除するコツ11を徹底検証

風呂場を掃除するコツ11を徹底検証

毎日入るお風呂ですが、浴槽や床など、時々お手入れしているつもりでも、どうしても黒カビが目地のスキマに生えたり、シャンプーと湿気の臭いが混ぜ合って、お風呂場独特の臭いがする、などのお悩みを抱えているご家庭に朗報! 今回は、自分でも出来る! お風呂のお掃除を取り上げました。


キッチンの換気扇をキレイに掃除する方法を5つ厳選してみた

キッチンの換気扇をキレイに掃除する方法を5つ厳選してみた

換気扇掃除を意識し始めて早1年……キッチン掃除の中でも、換気扇はなかなか手が出しずらい場所ですよね。でも、汚れに合った効果的な洗剤やブラシを使い、効率的な手順で掃除をすれば、案外簡単に換気扇掃除をすることができますよ。そんな方法や、ハウスクリーニング業者に依頼する際のチェックポイントなどをご紹介します。


引越し見積もり
ビジネスパートナー募集