暮らしのお悩み解決サイト

ゴムパッキンのカビ取り掃除方法・落とし方6個!カビキラーや重曹が有効?

ゴムパッキンのカビ取り掃除方法・落とし方6個!カビキラーや重曹が有効?

ゴムパッキンにカビは生えていませんか? もし、カビが生えているなら「ゴムパッキンのカビ取り方法」や「ゴムパッキンのカビの予防対策」を実践し、きれいなゴムパッキンにしましょう。では、詳しくご紹介します。


"ゴムパッキンにカビが生えている!" "ゴムパッキンのカビ掃除はどうすればいい?"など、ゴムパッキンのカビに悩んでいる方もいるでしょう。

ゴムパッキンをきれいに掃除をしていてもカビは生えることもあるため、カビは厄介な存在です。しかも、カビを放置しているとアレルギーや喘息などを発症する可能性もあるため、無視することはできません。

ゴムパッキンに生えてしまったカビを落とすなら、『ゴムパッキンのカビ取り掃除方法・落とし方』をチェックしましょう。また、ゴムパッキンのカビを落とした後は『ゴムパッキンのカビの予防対策』を実践して、カビのないきれいなゴムパッキンをキープすることも大切です。早速、見ていきましょう。

ゴムパッキンが使われる場所

あなたは、ゴムパッキンがどのような場所に使われているかいくつ挙げられますか? ゴムパッキンが使われている場所は様々で、風呂場・洗面所・トイレ・窓・キッチン・冷蔵庫・弁当箱・水筒・水道のパーツなどがあります。

また、ゴムパッキンはタイルの目地をイメージする方もいるでしょう。しかし、ゴムパッキンはタイルの目地だけでなく弁当箱などのパーツ類にも使われているため、家の中を見渡してみるとゴムパッキンはあらゆる場所で活躍しています。つまり、ゴムパッキンは身近な存在と言えるでしょう。

 

ゴムパッキンにカビが発生する原因

ゴムパッキンにどうしてカビが生えるのでしょうか? カビは湿気が多くジメジメした場所を好み、『70%以上の湿度・20度~30度の温度』になると活動的になるのが特徴です。特に、ゴムパッキンは黒カビやススカビが生えやすく、さらに『水分やホコリなどをエサ』にして根を広げます。

厄介なことに、黒カビは生命力が強く少し乾燥しているくらいなら繁殖することが可能です。そのため、ゴムパッキンのカビ掃除を入念にしても再び黒カビが生えたり、気付いた頃には黒カビだらけになっていることも珍しくありません。

また、カビの胞子は目に見えませんが空気中を浮遊しており、着地した場所が湿気が多く温度が高ければカビが生えます。わかりやすい場所で言うと風呂場で、風呂場の天井にはカビの胞子が付着している状態です。

つまり、ゴムパッキンを掃除しても天井からカビの胞子が降ってくるため、風呂場のいたるところにカビが生えます。

ゴムパッキンのカビ取り掃除方法・落とし方6個

"ゴムパッキンのカビを落とすにはどうすればいいの? "と思っている方もいるでしょう。ゴムパッキンに少しだけカビが生えている場合~しつこいカビが生えている場合まで、カビをスッキリ落としたい方は必見です。早速、ゴムパッキンのカビを落とす方法を6個ご紹介します。

①風呂場用のカビキラーでゴムパッキンのカビを落とす

カビキラーなどの塩素系漂白剤は、風呂場・洗面台・窓のゴムパッキンに生えたカビを落としたい時におすすめです。また、塩素系漂白剤はカビの根まで成分が届きやすく根から死滅させたり、ゴムパッキンを漂白させることもできます。

【用意する物】
・風呂場用のカビキラー
・ティッシュやキッチンペーパー
・雑巾やタオル
・マスク
・ゴム手袋
・サランラップ(しつこいカビを掃除する時のみ)
・歯ブラシやたわしなど(しつこいカビを掃除する時のみ)

【カビ掃除のやり方】
○マスクとゴム手袋をして、ゴムパッキンのカビ部分をティッシュやキッチンペーパーで優しく拭き取り、表面に生えているカビを取り除きましょう。


○カビキラーでゴムパッキンに生えているカビ部分をしっかり覆うようにスプレーをして、キッチンペーパーやティッシュペーパーでスプレーした場所を覆います。15分~30分放置して時間が経ったら、キッチンペーパーやティッシュペーパーを剥がして水やお湯で洗い流します。最後に乾いた雑巾やタオルで水気を拭き取りましょう。


○ゴムパッキンのカビが落ちていない場合は再び同じ工程を行います。しつこいカビを落としやすくするためにキッチンペーパーやティッシュで覆ったら、さらにサランラップで密閉してから30分放置しましょう。
時間が経ったら、ゴムパッキンを覆っている物を全て剥がし、歯ブラシやたわしなどで擦って水やお湯で洗い流します。最後に乾いた雑巾やタオルで拭き取りましょう。

②ゴムパッキン用のカビキラーでカビを落とす

カビキラーは風呂場用だけでなくゴムパッキン用もあるため、様々な場所で使いたい方はゴムパッキン用が便利です。ゴムパッキン用のカビキラーはジェルタイプで液ダレしないため、キッチンや窓のゴムパッキンなどのカビ取り掃除にも使えます。


【用意する物】
・ゴムパッキン用のカビキラー
・ティッシュやキッチンペーパー
・雑巾やタオル
・マスク
・ゴム手袋

【カビ掃除のやり方】
○マスクとゴム手袋をして、ゴムパッキンのカビ部分をティッシュやキッチンペーパーで優しく拭き取りましょう。


○ゴムパッキン用のカビキラーでゴムパッキンに生えているカビ部分をジェルで覆い、15分~30分放置します。時間が絶ったら水やお湯で洗い流しましょう。
水やお湯でゴムパッキン用のカビキラーを流すことができない場所は、水拭きを何回か行い成分をしっかり落としてから、雑巾やタオル・キッチンペーパーで水気を拭き取りましょう。

③台所用の中性洗剤でゴムパッキンのカビを落とす

ゴムパッキンに少しだけカビが生えているなら、台所用の中性洗剤で落とすことができます。台所用の中性洗剤でゴムパッキンのカビを落とせる場所は場所を問いません。そのため、キッチン周り・冷蔵庫・弁当箱や水筒などのゴムパッキン以外にも、トイレや洗面所などのゴムパッキンのカビにも有効です。

【用意する物】
・台所用の中性洗剤
・スポンジや歯ブラシなど
・キッチンペーパーやティッシュペーパー
・雑巾やタオル
・ゴム手袋

【カビ掃除のやり方】
○ゴム手袋をして、キッチンペーパーやティッシュペーパーなどでゴムパッキンに生えたカビを優しく拭き取ります。次に、ゴムパッキンのカビ部分に台所用の中性洗剤を付けてしばらく待ちましょう。


○ある程度時間が経ったら、スポンジや歯ブラシなどでカビ部分を擦って水やお湯で洗い流します。水やお湯で洗い流せない場所は、水拭きを何回か行い台所用の中性洗剤をしっかり落としてから、雑巾やタオル・キッチンペーパーで水気を拭き取りましょう。

④キッチンハイターでゴムパッキンのカビを落とす

キッチン周り・冷蔵庫・弁当や水筒のゴムパッキンのカビが酷い場合は、キッチンハイター(塩素系漂白剤)が便利です。キッチンハイターはドラム式洗濯機のゴムパッキンに生えたカビを落とすこともできます。ただし、キッチンハイターの成分が残っていると変色の原因になるため、しっかり落とすのがポイントです。

【必要な物】
・キッチンハイター
・キッチンペーパーやティッシュ
・サランラップ(しつこいカビを掃除する時のみ)
・レジャーシートやゴミ袋など
・たらいやバケツ
・タオル
・ゴム手袋

【弁当箱や水筒のカビ掃除のやり方】
○ゴム手袋をして、キッチンペーパーやティッシュペーパーなどでゴムパッキンに生えたカビを優しく拭き取りましょう。次に、たらいやバケツに水とキッチンハイターを入れます。それぞれの分量の目安は、『5Lの水に対してキッチンハイターはキャップ1杯半(キャップ1杯で約25ml)』です。


○キッチンハイターと水が入っている容器に、弁当箱や水筒のゴムパッキンを入れて2分待ちます。ゴムパッキンのカビが酷い場合は30分待ちましょう。時間が経ったら、水やお湯で洗い流して乾燥させます。

【キッチン周り・冷蔵庫・ドラム式洗濯機のカビ掃除のやり方】
○キッチンハイターが液ダレした場合に備えて、床にレジャーシートやゴミ袋などを敷きましょう。ゴム手袋をして、キッチンペーパーやティッシュペーパーなどでゴムパッキンに生えたカビを優しく拭き取ります。


○水とキッチンハイターが入っているたらいやバケツの中にキッチンペーパーを浸して軽く絞り、ゴムパッキン部分を覆いましょう。さらに、キッチンペーパーの上からサランラップで覆い30分放置します。


○時間が経ったら、覆っている物を全て剥がして水やお湯で洗い流しましょう。水やお湯で洗い流せない場所は、水拭きを何回か行いキッチンハイターをしっかり落としてから、タオルやキッチンペーパーで水気を拭き取ります。

⑤重曹とクエン酸でゴムパッキンのカビを落とす

クエン酸と重曹はペースト状にするため液ダレしにくく、ゴムパッキンに生えたカビに密着させて落とすのが特徴です。使える場所は様々で、風呂場・窓・キッチン周り・ドラム式洗濯機などのゴムパッキン掃除に向いています。また、洗剤や漂白剤を使いたくない場所にもおすすめです。

【必要な物】
・クエン酸(小さじ1杯)
・掃除用の重曹(100g)
・水(少量)
・ヘラ(あると便利)
・歯ブラシやたわしなど
・タッパーやボールなどの容器
・キッチンペーパーやティッシュ
・サランラップ
・雑巾やタオル

【カビ掃除のやり方】
○タッパーやボールなどの容器に、クエン酸・掃除用の重曹・水を入れたら混ぜてペースト状にします。ゴム手袋をして、キッチンペーパーやティッシュペーパーでゴムパッキンに生えたカビを優しく拭き取りましょう。


○ヘラや歯ブラシでゴムパッキンのカビ部分にペーストを塗り、サランラップで覆います。ペーストはカビが隠れるまで塗りましょう。しばらく放置したらサランラップを剥がし、歯ブラシやたわしなどで擦って水やお湯で洗い流します。
水やお湯で洗い流せない場所は、水拭きを何回か行いペーストを落としましょう。


○最後に雑巾やタオル・キッチンペーパーで水気を拭き取ります。クエン酸や重曹は洗剤や漂白剤のように成分は強くありません。そのため、ゴムパッキンのカビが1回で落ちない場合があります。このような時は、同じ工程を何回か繰り返しましょう。

⑥重曹でゴムパッキンのカビを落とす

自宅にクエン酸がなくて重曹しかない場合でもゴムパッキンのカビ掃除は可能です。重曹でゴムパッキンのカビ掃除をする時もペースト状にするため、クエン酸と重曹の時と同じで掃除する場所を問いません。

【必要な物】
・3(掃除用の重曹):1(水)
※他の物は前項のクエン酸と重曹の時と同じです。

【カビ掃除のやり方】
※重曹ペーストの作り方ややり方はクエン酸と重曹の時と同じ流れのため、前項を参考にしましょう。

ゴムパッキンのカビをきれいに取るコツ3個

ゴムパッキンのカビをきれいに落としたい方も多いのではないでしょうか? ゴムパッキンのカビを落とす方法をご紹介しましたが、ちょっとしたことを気を付けるときれいになります。では、ゴムパッキンのカビをきれいに取るコツを3個チェックしましょう。

①ゴムパッキンのカビは軽い力で拭き取る

ゴムパッキンのカビをきれいに除去するなら、キッチンペーパーやティッシュでカビを取り除くことは欠かせません。ゴムパッキンのカビをキッチンペーパーやティッシュで拭き取らず、カビに直接スプレーしたり重曹ペーストなどを塗るとカビの胞子が舞います。

カビの胞子が舞うと他の場所にカビが発生する可能性があるため、キッチンペーパーやティッシュでカビを取り除く必要があります。

また、水気を飛ばして乾いている状態にするのも理由の1つです。ゴムパッキンが濡れている状態でカビ掃除をすると成分が浸透しにくく、カビの除去効果が落ちます。そして、キッチンペーパーやティッシュでカビを取り除く時は軽い力でそっと拭き取りましょう。

何故なら、強い力でゴムパッキンのカビを拭き取ると亀裂や隙間にカビの胞子が入り込むからです。カビが亀裂や隙間に入り込むとカビの根を死滅させるのは難しくなります。

キッチンペーパーやティッシュでカビを取り除く工程は面倒に感じるかもしれませんが、ゴムパッキンのカビをきれいにするなら実践しましょう。

②ゴムパッキンのカビ落としで酢を使わない

"カビ掃除で酢を使うといい"と聞いたことがありませんか? 酢は殺菌作用があることで知られていますが、カビ掃除で使ってはいけません。酢の成分はカビのエサになるためゴムパッキンがきれいになるどころか、反対にゴムパッキンのカビを増殖させる原因になります。

③ゴムパッキンのカビは熱湯で流す

ゴムパッキンのカビをきれいにするなら、50度以上のお湯で約90秒間洗い流すのもいいでしょう。カビは高温を好みますが50度以上の熱湯は苦手です。熱湯をゴムパッキンのカビにかけると、カビの成分であるタンパク質を変質させることができるためカビは死滅します。

ただ、熱湯を使える場所は限られるため万能な方法とは言えません。例えば、風呂場なら濡れてもいいため50度以上のお湯を使えますが、冷蔵庫などのゴムパッキンは場所的に熱湯を当てるのは難しいでしょう。

そのため、50度以上の熱湯を使う場合は、水やお湯をかけて流せる場所だけで使うことをおすすめします。ただし、外せるゴムパッキン(弁当箱や水筒のゴムパッキンなど)は別です。たらいやバケツに外したゴムパッキを入れて熱湯を注ぎましょう。

ゴムパッキンのカビの予防対策3個

"ゴムパッキンにカビが生えないようにするにはどうすればいいの? "と、思っている方もいるでしょう。ゴムパッキンにカビが生えなければ掃除をする手間がなくなるのと、きれいな状態をキープできます。最後にゴムパッキンのカビ予防を3個見ていきましょう。

①ゴムパッキンに熱湯をかけてカビ予防をする

前項で"50度以上の熱湯はカビを死滅させる"とご紹介しましたが、カビ予防にも効果的です。ゴムパッキンのカビ予防対策で熱湯を使う場合は、1週間に1回のペースで50度以上の熱湯を90秒間かけたり、熱湯の中にパーツを入れます。

カビは約1週間~10日で成長するため、根が広がる前に熱湯を使ってゴムパッキンのカビ予防を行いましょう。

②ゴムパッキンの水気を拭き取り乾かしてカビ予防をする

カビは水気があるところを好むため、ゴムパッキンに水気がない状態にすることがカビ予防につながります。ゴムパッキンが濡れたら放置しないで、雑巾やタオル・キッチンペーパーなどで水分を拭き取りましょう。

また、乾燥させることもゴムパッキンのカビ対策には欠かせません。換気扇・扇風機・除湿機などを使って湿気をためないようにします。

③ゴムパッキンにエタノール水などをスプレーしてカビ予防をする

ゴムパッキンのカビ予防をするなら、エタノール水や傷口用のアルコールスプレーもおすすめです。カビはタンパク質などの成分が含まれており、エタノール水や傷口用のアルコールスプレーはカビのタンパク質を分解することに長けています。

そのため、ゴムパッキンのカビ掃除をした後に仕上げでスプレーをしたり、毎日スプレーをするとカビ予防に効果的です。しかも、エタノール水や傷口用のアルコールスプレーは揮発性があるため速乾性があり、シミができたり匂いが残ることもないためスプレー後は拭き取る必要はありません。

エタノール水は手作りしますが、傷口用のアルコールスプレーは直接ゴムパッキンに吹きかけます。エタノール水を作る場合は、スプレーボトルや霧吹き・無水エタノール・水を用意しましょう。そして、スプレーボトルや霧吹きの中に『6(無水エタノール):4(水)』を入れたら完成です。

まとめ

ゴムパッキンにカビが生えたら、カビの根が広がる前にできるだけ早く掃除をしましょう。また、カビは広がれば広がるほど掃除をするのが大変になるため、早めに掃除することをおすすめします。

ゴムパッキンのカビは、台所用の中性洗剤・カビキラー・重曹などで落とし、ゴムパッキンのカビを落とした後はカビ対策をすることも重要です。ご紹介した内容を実践して、ゴムパッキンにカビがない状態をキープしましょう。

【PR】満足度94%!自分でやるのに疲れたらプロのお掃除

自宅のエアコンやキッチン、店舗のガラスやトイレまで。プロの力でキレイによみがえる!なかなか落ちない頑固な汚れにはこちらのサービスがオススメです。

無料の見積り相談であらゆるハウスクリーニングに対応してくれます。諦めている長年の汚れを落としてませんか?

お掃除マスター

\家全体すべてに対応/

年間3000件の実績

 

  • ◆掃除のプロにお任せ  
  • ◆黄ばみやカビ取りも  
  • ◆全国各地に完全対応  
  • ◆最短即日 待たせません

 

関連する投稿


シンクの掃除方法6ステップ!道具・サビ・排水溝汚れは?

シンクの掃除方法6ステップ!道具・サビ・排水溝汚れは?

シンクが汚れる原因とキレイを保つための掃除方法についてまとめました。水アカや食品など汚れ別の掃除や、シンク掃除が楽になる洗剤やグッズについても解説している他、プロにシンク掃除を頼んだ場合の相場も調査しています。


オキシクリーンのキッチンシンク掃除方法!失敗しないコツ・注意点は?

オキシクリーンのキッチンシンク掃除方法!失敗しないコツ・注意点は?

オキシクリーンを使用して掃除を行う方法でオキシ漬けというものがあります。こちらの方法を習得することで簡単にキッチンシンクをきれいにすることができます。今回はキッチンシンクでのオキシ漬けの方法を、実際に行う際に確認が必要な注意点を詳しく紹介します。


五徳の掃除方法!洗剤別5個と汚れ別3個。重曹・クエン酸・セスキ

五徳の掃除方法!洗剤別5個と汚れ別3個。重曹・クエン酸・セスキ

ガスコンロの五徳に付着した油汚れや焦げ付き汚れは、放置してしまうケースも多いです。時間が経過すると汚れが定着し、除去しにくくなるため注意しなければなりません。自宅で簡単に行える、ガスコンロの五徳を掃除する方法と綺麗な状態に維持するポイントを紹介します。


トイレの換気扇交換方法は?寿命・交換時期・費用相場は?

トイレの換気扇交換方法は?寿命・交換時期・費用相場は?

トイレの換気扇に注目している方は少ないのではないでしょうか?トイレの換気扇は寿命がありいつかは交換する時期がやってきます。今回は、「トイレの換気扇の交換時期や方法」など得する情報を詳しくまとめました。


浴室の換気扇交換方法は?交換時期・時間・費用は?自分でDIYできる?

浴室の換気扇交換方法は?交換時期・時間・費用は?自分でDIYできる?

浴室換気扇は寿命があることをご存知でしょうか?寿命を迎えた浴室換気扇は故障やトラブルのリスクが高いため新しいものへ交換しましょう。今回は、交換すべき最適な時期・交換方法・料金などを詳しくまとめました。


最新の投稿


ヤブガラシの駆除方法!生態・地下茎や根を枯らせる方法も解説

ヤブガラシの駆除方法!生態・地下茎や根を枯らせる方法も解説

駐車場のフェンスなどにツルが巻き付いていたらヤブガラシを疑いましょう。ヤブガラシは数ある雑草の中でもしぶとく、駆除しないで放置していると弊害があります。今回は、ヤブガラシの駆除方法を見ていきましょう。


オリーブの剪定方法8ステップとコツ8つ!ひょろひょろ・挿し木【プロ監修】

オリーブの剪定方法8ステップとコツ8つ!ひょろひょろ・挿し木【プロ監修】

オリーブの木の剪定方法や剪定時期について、わかりやすく解説しています。良い実をつけるための樹形や、切るべき枝の種類について解説しているほか、剪定に必要な道具や薬剤、おいしい実をつけるための剪定のコツについても調査しました。


布団のダニの種類と退治する駆除対策6つ!予防方法は?【プロ監修】

布団のダニの種類と退治する駆除対策6つ!予防方法は?【プロ監修】

布団には無数のダニがいます。でも「自分の布団は大丈夫!」「ダニがいても気にしない!」等と思っていませんか? ダニを放置するのは身体によくありません。今回はダニの駆除や予防方法をチェックしましょう!


蚊の駆除方法10個!屋外・庭・屋内・部屋など【プロ監修】

蚊の駆除方法10個!屋外・庭・屋内・部屋など【プロ監修】

蚊に刺されるとかゆみに襲われるため、「蚊に刺される前に駆除したい」と思いませんか? 不快な蚊を駆除するなら屋外や屋内にいる時等、自分がいる場所に合わせて蚊の駆除方法を実践し、蚊から身を守りましょう。


スズメバチの蜂の巣を自分で安全に駆除する方法6ステップ!【プロ監修】

スズメバチの蜂の巣を自分で安全に駆除する方法6ステップ!【プロ監修】

スズメバチの巣の駆除に効果的な殺虫剤や、刺されないための服装、安全に作業するための時間帯、蜂の巣のごみとしての捨て方について解説しています。蜂の巣が作られやすい場所や、蜂の巣の駆除業者に頼んだ時の費用相場についてもご紹介します。


 

 

ビジネスパートナー募集