暮らしのお悩み解決サイト

レンジフード(換気扇)の分解掃除方法7ステップ!業者の費用相場は?

レンジフード(換気扇)の分解掃除方法7ステップ!業者の費用相場は?

レンジフードが汚れていても見て見ぬ振りをしていませんか? レンジフードの掃除をしたくない方も多いですが汚れを放置すると厄介なのがレンジフードです。早速、レンジフードの掃除方法などをチェックしましょう。


あなたの家のレンジフード(換気扇)は油やホコリで汚れていませんか?

毎日料理をすればレンジフードの汚れはたまっていき、油を使う料理をするとフィルターは油ですぐに汚れます。レンジフードが油やホコリで酷く汚れる前に掃除をしないといけないとわかっていても、なかなか行動に移せないのがレンフジードの掃除です。

レンジフードの汚れは放置すればするほど、頑固な油汚れとホコリが付いてさらに掃除が大変になります。『レンジフードの掃除方法7ステップ』を実践してピカピカのレンジフードを復活させましょう。他にも、『レンジフードをキレイに掃除するコツ』なども併せてご紹介します!

レンジフード(換気扇)の仕組み

レンジフードは換気扇をステンレス製などのフードで囲ったもので、IHやガスコンロから出る煙・臭い・蒸気を処理します。レンジフード(換気扇)の場合は、プロペラの変わりにシロッコファンやターボファンが内臓されており、プロペラ式の換気扇よりもパワーがあり排出力も安定しているのが特徴です。

そのため、プロペラ式の換気扇のように強風の日は換気能力が低下するなどのデメリットがなく、外の風の影響を受けることもなくしっかり換気します。さらに、自動換気機能や排出量を自動調整するレンジフード・給気機能付きのレンジフードもあり、換気扇より優れているのもポイントです。

また、レンジフードにはフィルターが付いていますが原則、汚れが付きにくくフィルターは手前に付いているため掃除が楽です。他にも、フィルターがなく変わりに薄い板が油汚れやホコリをキャッチしたり、ファンとフィルターが一緒になっている掃除が楽なレンジフードもあります。

レンジフード(換気扇)の掃除場所

レンジフードの掃除場所は、『レンジフードの内部や表面』『レンジフードカバー』『フィルター』『シロッコファン』や『ターボファン』です。ただし、ノンフィルターのレンジフードは『整流板』がフィルターの役目を果たしているため、レンジフードカバーとフィルターを掃除する必要がありません。※整流板とはフィルターの底部に取り付けられている板のことでレンジフードの吸引力を上げる特徴があります。

また『ノンフィルターのレンジフード』はレンジフードカバーとフィルター掃除をしない分、楽に掃除ができるイメージがあるかもしれません。でも、整流板には油汚れがビッシリ付いているため、掃除をするとなると時間や手間がかかります。

自動洗浄機能のレンジフードは、ファンとフィルターがセットになっているのが特徴です。自動洗浄機能が付いているおかげで掃除をする場所が少なく、ファンの約3分の1程度掃除すればキレイになります。ただし、自動で掃除をしてくれる部分はファンの一部とフィルター部分だけで、レンジフードの内部と表面は掃除をしないといけません。

レンジフード(換気扇)のファンの種類3つ

レンジフード(換気扇)の中にあるファンの形状には3つの種類があります。
次に、それぞれのファンの形状と特徴を詳しく説明します。

レンジフード(換気扇)ファンの種類3つ

レンジフード(換気扇)ファン3種類

プロペラファン

外壁に直接取り付けられていることが多く、風量が大きく価格が安いという点が特徴です。
昔ながらの換気扇で、主に機密性が低い一戸建てや木造住宅などに使われていることが多いです

シロッコファン

現在の住宅のほとんどに、このシロッコファンタイプが使われています。
羽の数が多く音が静かで自由な向きに取り付けられるのが特徴です。マンションや一般的なレンジフードで使われているファンがこのタイプです。

ターボファン

別名後ろ向きファンと言われ、騒音もシロッコファンに比べ、さらに静かで排気効率的が一番良いタイプです。

レンジフード(換気扇)を分解できないときの対応は?

「レンジフードを開けてみたものの分解できない」「思ったよりもギトギトに汚れていて、とても自分で掃除できそうにない…」こんなときは自分で掃除するのはあきらめて、プロのお掃除を検討する方が良いでしょう。

内部を無理に分解してしまうと壊れる原因になりかねません。また「自分で掃除できない」と思ったレンジフードを放置しておくと毎日の料理で汚れは蓄積していくばかり。手の届く範囲だけではファンの間など肝心な部分の汚れは残ったままです。

プロのお掃除ならレンジフードのタイプに合わせて内部を分解。また分解しきれない部分も専用の機材でしっかり掃除してもらえます。おすすめは良心価格ながらお掃除技術もピカイチの「おそうじ本舗」。

一般的なレンジフードのクリーニングは19,000円前後ですが、おそうじ本舗なら1台16,500円(税込)。レンジフード・換気扇クリーニングはおそうじ本舗の中でも人気No.3のみんなが選ぶサービスです。

おそうじ本舗ではお掃除技術向上のため、オリジナルの掃除道具や洗剤も開発。実際のお掃除の様子はリンク先公式ページにて動画で確認できます。「こんなに丁寧に作業してくれるんだ」とイメージもわきやすいですよ。

また作業前の最終見積りで金額をきちんと確認してから作業開始。万が一金額に納得できなければその場でキャンセルも可能です。

プロのお掃除で想像以上にピカピカになったレンジフードなら「油汚れが気になるから」と作るのを控えていたコッテリ系のお料理も楽しめるようになりますよ。

レンジフード(換気扇)掃除に必要な道具と洗剤

レンジフード掃除は油汚れとホコリとの戦いで、細部まできれいに掃除をするために必要な道具と洗剤を用意します。レンジフード掃除に必要な道具や洗剤は特別なものはなく、すでに自宅にある方もいるでしょう。もし、自宅になくてもホームセンターなどで揃います。

【必要な道具】
・スポンジ
・雑巾
・ブラシ類(使用済みの歯ブラシや大きめのブラシなど)
・バケツや大きめの容器(なくても良いです。使う場合はフィルターやファンが入る大きさ)
・新聞紙やゴミ袋(なくても良いです)
・小さめのビニール袋
・ドライバー
・ゴム手袋
・脚立やイス(必要があれば)

【洗剤】
・キッチン用のアルカリ性洗剤(油汚れ用洗剤)
・食器用洗剤

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


キッチン掃除 掃除グッズ

関連する投稿


カビの掃除方法5選【部屋・風呂・壁・窓】最適な方法をご紹介!カビのない家は作れる!

カビの掃除方法5選【部屋・風呂・壁・窓】最適な方法をご紹介!カビのない家は作れる!

掃除をしてもすぐにカビが生えてくる。とお困りの方はカビの掃除方法を間違えているかもしれません。本記事では場所別の最適なカビの掃除方法を徹底解説!カビ掃除の注意点やコツ、カビを生えさせない日常的な対策もご紹介しています。本記事を読んで場所に合ったカビ掃除を行えば「頑張ったのに全然カビが取れてない」という失敗もなくなりますよ。


お風呂のカビ取り!掃除方法6選!おすすめカビ予防対策4選でピカピカのお風呂がよみがえる!

お風呂のカビ取り!掃除方法6選!おすすめカビ予防対策4選でピカピカのお風呂がよみがえる!

放っておいた間にお風呂のあっちにもこっちにもカビ…。本記事ではお風呂のカビをすっきり落とすカビ取り掃除方法を6つご紹介!カビを落としたあとは毎日のカビ予防対策でカビの生えにくいお風呂環境を作りましょう。毎日少し気をつけるだけで、ピカピカ・ツルツルのお風呂がよみがえります。本記事を読んでお風呂のカビを掃除・対策すれば湯舟に浸かったとき「あんなところにカビが」と気になることもなくなりますよ。


壁紙のカビの取り方6選!カビキラーやハイターの他にも!賃貸の壁|材質別の落とし方もご紹介!

壁紙のカビの取り方6選!カビキラーやハイターの他にも!賃貸の壁|材質別の落とし方もご紹介!

壁紙にカビが!特に賃貸物件の場合は原状回復が必須なので、何とか自分でキレイに落としたいですよね。本記事ではカビキラーやハイター以外にもあるカビの取り方6選をご紹介!賃貸物件の壁紙の材質別での落とし方も紹介しているので、あなたのご自宅の壁紙に適したカビの落とし方がきっと見つかるでしょう!壁紙のカビは隠すと広がるだけ。本記事を読んでカビが壁紙に根を張る前に掃除すれば、少しの労力で壁紙をきれいにできますよ。


クローゼットがカビ臭い…カビ取り除去方法4つとカビ対策9つ

クローゼットがカビ臭い…カビ取り除去方法4つとカビ対策9つ

クローゼットをあけた途端、カビ臭い…と思った経験のある方もいるでしょう。クローゼットは自宅の中でも比較的通気性が悪く、熱がこもりやすい場所です。そのため、油断しているとカビが繁殖して嫌な臭いで充満してしまう恐れがあるのです。ここでは、そんなクローゼットに発生したカビの除去方法、さらに対策などを紹介しています。


家のカビ対策!発生させない10のコツと防止策

家のカビ対策!発生させない10のコツと防止策

気が付けばあらゆるところに繁殖している家のカビ。わたしたちの暮らしの中には、カビが発生するために必要な条件が十分に揃ってるのです。カビは発生してしまう前に、発生させないための対策をとっておくのが理想的。カビの原因や発生させないための10のコツについて学び、カビゼロ生活を目指してみましょう!


 

ビジネスパートナー募集