暮らしのお悩み解決サイト

カビの掃除方法5選【部屋・風呂・壁・窓】最適な方法をご紹介!カビのない家は作れる!

カビの掃除方法5選【部屋・風呂・壁・窓】最適な方法をご紹介!カビのない家は作れる!


カビ掃除のコツと注意点|その1
①上から下に掃除が基本

カビ掃除をする時は上にあるカビから掃除をします。例えば、風呂場のカビ掃除をする場合は天井や換気扇から掃除を始めたら、次に壁を掃除して最後に床を掃除しましょう。カビの胞子は下に向って落ちてくるため、カビ掃除は上から下に向って行うのが基本です。

カビ掃除のコツと注意点|その2
②掃除機は使わず乾拭きで

カビ掃除でやっていけないことはカビを掃除機で吸うことです。掃除機でカビを吸い取ると排気口からカビの胞子が排出され、結果的に部屋中にカビの胞子をバラまくことになります。基本的には(カビ掃除のやり方にもよりますが)、『濡れていないキッチンペーパー・ティッシュ・雑巾などでカビを優しく拭き取って除去』しましょう。

カビを優しく拭き取る理由は、カビの胞子を空中へ浮遊させないためとカビの胞子を隙間に押し込まないようにするためです。カビの胞子はとても軽く少し衝撃を与えるだけで空中に浮いてしまい、カビが生えていない場所に付着する可能性があります。

また、濡れていないキッチンペーパーや雑巾などでカビを強く擦ったり押さえつけながら拭き取ると、隙間にカビの胞子を押し込むことになりカビの根を死滅させることができません。乾拭きは表面のカビを取り除くのがメインで、優しく丁寧にカビを拭き取るのがコツです。

カビ掃除のコツと注意点|その3
③乾拭き→水拭きの順番

カビ掃除の方法にもよりますがカビを拭き取ってから掃除をする時は、乾拭きをした後に水拭きや水(又はぬるま湯)でカビや洗剤などを流します。と言うのも、カビが死滅する前に水拭きをしたり水で流すとカビは繁殖力が増し、さらにカビの胞子を広げてしまいカビの被害が拡大するからです。

カビ掃除をする時は、乾拭きをしてから水拭きや水で流すようにしましょう。

カビ掃除のコツと注意点|その4
④塩素系漂白剤は放置時間に注意

塩素系漂白剤でカビ掃除をする時はしばらく放置しますが、『商品パッケージに記載してある時間を必ず守る』ことです。塩素系漂白剤は頑固なカビもキレイに落とすことができますが、強力な薬剤を使っているため長時間放置すると素材を傷める可能性があります。そのため、塩素系漂白剤でカビ掃除をする時は放置する時間を守りましょう。

カビ掃除のコツと注意点|その5
⑤強くこすらない

カビ掃除をする時はカビを強く擦りすぎないことです。特に、しつこいカビは軽く擦っても落ちない場合も多く力任せにゴシゴシ擦ってしまいがちですが、『強く擦ると素材を傷める原因になるため優しく擦る』ように心がけましょう。

また、軽く擦っても落ちない場合は1度でカビを落とそうとしないで、何回か繰り返してカビを落とすのが掃除のコツです。

カビ掃除のコツと注意点|その6
⑥酢は使わない

カビ掃除で酢を使うのはやめましょう。何故なら、酢は殺菌効果がある一方でカビのエサになるからです。酢を使ってカビ掃除をすると表面のカビは落とすことができますが、根まで死滅させることはできません。つまり、一時的にカビがなくなってもカビの根は残っているため、酢の原材料である穀物をエサにして再び生えてきます。

カビ掃除のコツと注意点|その7
⑦最後にしっかり乾燥させる

カビ掃除のコツは最後にしっかり乾燥させることです。カビ掃除をした後は、雑巾などで水気を拭き取りエタノール水や傷口用のアルコールスプレーを使いますが、表面は乾いているように見えてもパッキンやタイルの目地など、素材の内部に湿気がこもっている場合があります。
素材の内部に湿気がこもっていると、カビが好む環境を与えることになるため窓を開けてしっかり乾燥させます。もしくは、換気扇を回したり扇風機や除湿器を使うのも良いでしょう。

お風呂のカビ掃除方法

風呂場に黒カビが生えたら風呂用の塩素系漂白剤でカビ掃除をしましょう。特に、風呂場の場合はパッキンやタイルの目地に黒カビが発生しやすく、掃除をしてもなかなか落ちませんが、風呂用の塩素系漂白剤で掃除をすれば黒カビもスッキリ落ちます。

黒カビが少しだけ生えている場合は、風呂用の塩素系漂白剤をスプレーした後に少し放置して擦るだけで落ちるでしょう。でも、パッキンやタイルの目地に黒カビがビッシリ生えている場合は、風呂用の塩素系漂白剤をスプレーした後にサランラップで覆い、しばらく放置してから黒カビを擦るとしつこい黒カビも落としやすくなります。

一方、赤カビが生えている場合は、風呂用の中性洗剤を赤カビに垂らしてスポンジや歯ブラシなどで擦ると落ちるため、風呂用の塩素系漂白剤を使わなくても良いでしょう。

壁のカビ掃除方法

壁に生えたカビを掃除する時は、エタノール水か傷口用のアルコールスプレーを使います。まず、濡れていないキッチンペーパーや雑巾などでカビの胞子が飛ばないように優しく拭き取りましょう。

次に、カビが付着していないキッチンペーパーや雑巾などにエタノール水か傷口用のアルコールスプレーを含ませたら、壁に生えているカビを優しく擦ったり拭き取ります。仕上げに、エタノール水か傷口用のアルコールスプレーをカビがあった場所に直接スプレーしましょう。

中性洗剤や塩素系漂白剤紙でもカビ掃除はできますが、壁紙が変色する恐れがあるためシミになりにくいエタノール水か傷口用のアルコールスプレーがおすすめです。どうしても洗剤を使いたい場合は壁紙用の中性洗剤を使いましょう。

窓のカビ掃除方法

窓のカビ掃除はエタノール水か傷口用のアルコールスプレーを使います。窓のカビ掃除のやり方は、最初に窓やパッキンに付いている結露を乾いた雑巾で拭き取りましょう。
そして、乾いた雑巾やスポンジなどにエタノール水か傷口用のアルコールスプレーを吹きかけて、窓やパッキンに生えているカビを擦って落とします。

エタノール水か傷口用のアルコールスプレーでカビ掃除をしても落ちない場合は、塩素系漂白剤とサランラップを使ってカビを落としましょう。

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連する投稿


洗面台の茶色い汚れはどのアイテムで落とせる?水垢・サビ2つの掃除方法を解説

洗面台の茶色い汚れはどのアイテムで落とせる?水垢・サビ2つの掃除方法を解説

洗面台の茶色い汚れの落とし方を特集!水垢によるものと、ヘアピンなどの「もらいサビ」それぞれどのアイテムで掃除すればいいか解説します。


カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

壁や水周り、食品等、カビは人が生活しているどんな場所にも生えてきます。この記事では、カビを大きく6種類に分けて、特徴と違い等について解説しています。有害なカビを発生させないために、まずはカビそのものについて知るところから始めてみましょう。


カビの発生原因と除去方法6個・予防対策は?アルコールは有効?

カビの発生原因と除去方法6個・予防対策は?アルコールは有効?

カビはどうすれば除去できる? カビの発生を防ぐには? など、カビの除去方法~カビの予防対策を知りたい方は必見です。カビの除去方法がわかれば、悩ましい頑固なカビも除去できます。早速、チェックしましょう。


絨毯・カーペットは除菌できる?簡単にできる除菌方法や掃除手順とは

絨毯・カーペットは除菌できる?簡単にできる除菌方法や掃除手順とは

衣料品と同じ繊維で出来ている絨毯・カーペットですが、除菌はできるの?と気になっている方も多いのでは?また、お掃除方法がわからず、捨てたり買い換えるご家庭も少なくないのだとか。今回はそんな絨毯・カーペットを手軽に自宅で除菌・掃除する方法をご紹介していきます。


床の5つの素材別掃除方法!汚れの原因は?洗剤は使って良い?

床の5つの素材別掃除方法!汚れの原因は?洗剤は使って良い?

フローリング、絨毯・カーペット、タイル、クッションフロア、畳の5種類の床素材別掃除方法を、それぞれご紹介します。 また、使用する薬品や、掃除のコツ、あると便利な床掃除グッズ、床を掃除する時の注意点についてまとめてみました。


 

ビジネスパートナー募集