暮らしのお悩み解決サイト

エアコン掃除を自分でする方法9ステップ!簡単分解できる?

エアコン掃除を自分でする方法9ステップ!簡単分解できる?


結論から言うと、自分でエアコンのパーツを分解して掃除することはできます。ただし、自分でエアコンのパーツを分解して掃除できるのはエアコンフィルターくらいです。もちろん、自分でもエアコンカバーやルーバーを分解して外すことはできますが、素人がエアコンパーツを分解するのは難しくエアコン内部を隅々までキレイにするのも難しいです。

また、素人がエアコンのパーツを分解して内部まで掃除をすると、洗剤や水がエアコンの基盤にかかって故障する可能性もあります。

一方、プロの場合はエアコンの仕組みや構造を把握しているため、分解できるものは全て分解して掃除をするのは当たり前です。そして、エアコンの基盤に水や洗剤がかからないように養生してから、プロ仕様の高圧洗浄機と大量の水を使ってフィン内部の汚れを隅々まで掃除をします。

さらに、エアコンの汚れをしっかり落とすためにプロ専用のかなり強力な洗剤で掃除するのが特徴で、掃除後はまるで新品のような仕上がりです。

そして、エアコンの排水ホースも掃除をしてエアコン内部にカビが生えないようにコーティングをします。素人ではできない細部の掃除もプロならキレイに掃除することが可能です。

エアコン掃除のおすすめ頻度

エアコン掃除のおすすめ頻度ですが、自分で掃除をする場合は『1ヵ月に1回』で、『1年に1回』はプロに依頼して自分では掃除できない部分をキレイにしてもらいましょう。

1ヵ月に1回のペースで掃除をするのが面倒な人は、『夏と冬は2週間に1回』最低でもエアコンフィルターを掃除して、エアコンをあまり使わない『春と秋は1、2ヵ月に1回』、エアコンフィルターを自分で掃除します。

また、エアコンは使えば使うほど汚れていくため、エアコンを使うことが多い夏と冬はエアコンフィルターを自分でマメに掃除するのがキレイを保つコツです。

エアコンをたくさん使うとホコリが付着するだけでなく、エアコン内部に結露ができて湿気が溜まりカビが発生するため、汚れやカビを防ぐならフィンも自分でマメに掃除をしましょう。反対に、エアコンをあまり使わない時期も定期的に自分で掃除をして、エアコンをたくさん使う時期のためにキレイな状態をキープします。

プロと素人のエアコン掃除の違い3個

自分でもエアコン掃除はできますが、プロがエアコン掃除をした方が細かいところまでキレイになるのは確かです。では、自分でエアコン掃除をするのとプロがエアコン掃除をするのでは、どのような違いがあるのでしょうか? プロの方が優れているところを3つ見ていきましょう。

①プロと素人の違いは掃除前の養生

自分でエアコン掃除をする時は壁や床が汚れないように養生しますが、プロは養生の段階からすでに違います。プロはエアコン全体をシャンプーハットのようなビニールで覆い、掃除中に出た汚水を下に垂らすための専用ホースも付いているのが特徴です。

もちろん、エアコンの掃除中に出た汚水を溜めるためのバケツも床に置くため、床が汚水で汚れることもありません。プロなら養生するのもあっという間でスムーズにエアコン掃除に取り掛かることができます。

自分でエアコン掃除をする場合もエアコン掃除専用のカバーを使うこともできますが、設置に慣れていないと時間がかかることもあるでしょう。また、ゴミ袋やミニバイクカバーを使う場合は、エアコン本体の下に養生テープでしっかり固定する手間があります。

②プロと素人の違いは掃除レベル

"自分でエアコンの分解洗浄はできる? "の項目でも、プロによるエアコン掃除の方法をご紹介しましたが、プロはエアコンのパーツを分解して細部の汚れまでしっかり落とすのが特徴です。

さらに、プロ用の高圧洗浄機や洗浄力が高いアルカリ性洗剤を使って、エアコン内部に溜まっている汚れやカビを隅々までキレイに落とします。また、自分で掃除するのが難しいエアコンのファンもプロなら汚れを残すこともありません。

やはり、自分でエアコン掃除をするのは限界があり、素人はプロのように細かい部分の汚れを完璧に落とすのは無理があります。何と言っても、自分でエアコン掃除をするのとプロがエアコン掃除をするのとでは、掃除のレベルが違うため太刀打ちできません。

③プロと素人の違いは掃除にかかる時間

エアコン掃除はそれなりに時間がかかりますが、プロがエアコン掃除をすると1時間~4時間くらいで終わります。エアコン掃除にかかる時間はエアコンのタイプによって変わり、一般的なノーマルエアコンは1時間~2時間くらいで、お掃除機能付きのエアコンは3時間~4時間くらいで終わると思いましょう。

一方、自分でエアコン掃除をすると半日~1日はかかります。自分でエアコン掃除をする場合は、エアコンフィルターを乾かす手間があり、天候や季節によっては乾くまでにもう少し時間がかかることもあるでしょう。でも、プロなら数時間でエアコン掃除が終わるため時間を有効活用できます。

エアコン掃除を業者にお願いしたときの料金目安

エアコン掃除を業者にお願いしたときの料金目安は、一般的なノーマルエアコンは大体8,000円~10,000円で、お掃除機能付きのエアコンや埋め込んであるエアコンは大体20,000円~35,000円です。

プロによるエアコン掃除は業者によって様々なサービスを実施しているところもあるため、何社かチェックして見積もり依頼をしましょう。

例えば、2台目以降のエアコン掃除は割引されたり、一定の期間内にエアコン掃除を申し込むと1台につきいくらか安くなる企画を実施している業者や、防カビや抗菌を無料サービスで行っている業者もあります。エアコン掃除をプロに依頼する時はサービスが良い業者にお願いするのもおすすめです。

まとめ

エアコンを快適に使うために普段の掃除は自分で行いましょう。エアコン掃除は自分でもある程度キレイにすることができるため、エアコンフィルターをマメに掃除したりエアコンのフィンは電解水タイプのクリーナーで掃除をします。反対に、エアコンをあまり使わない時期はエアコン掃除がしやすい時期でもあるため、プロに依頼して自分では掃除できないエアコン内部もしっかり掃除してもらいましょう。

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


エアコン掃除 リビング掃除

関連する投稿


カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

壁や水周り、食品等、カビは人が生活しているどんな場所にも生えてきます。この記事では、カビを大きく6種類に分けて、特徴と違い等について解説しています。有害なカビを発生させないために、まずはカビそのものについて知るところから始めてみましょう。


カビの発生原因と除去方法6個・予防対策は?アルコールは有効?

カビの発生原因と除去方法6個・予防対策は?アルコールは有効?

カビはどうすれば除去できる? カビの発生を防ぐには? など、カビの除去方法~カビの予防対策を知りたい方は必見です。カビの除去方法がわかれば、悩ましい頑固なカビも除去できます。早速、チェックしましょう。


絨毯・カーペットは除菌できる?簡単にできる除菌方法や掃除手順とは

絨毯・カーペットは除菌できる?簡単にできる除菌方法や掃除手順とは

衣料品と同じ繊維で出来ている絨毯・カーペットですが、除菌はできるの?と気になっている方も多いのでは?また、お掃除方法がわからず、捨てたり買い換えるご家庭も少なくないのだとか。今回はそんな絨毯・カーペットを手軽に自宅で除菌・掃除する方法をご紹介していきます。


床の5つの素材別掃除方法!汚れの原因は?洗剤は使って良い?

床の5つの素材別掃除方法!汚れの原因は?洗剤は使って良い?

フローリング、絨毯・カーペット、タイル、クッションフロア、畳の5種類の床素材別掃除方法を、それぞれご紹介します。 また、使用する薬品や、掃除のコツ、あると便利な床掃除グッズ、床を掃除する時の注意点についてまとめてみました。


黒カビの発生原因と除去方法・落とし方5個!予防対策は?洗剤や重曹は?

黒カビの発生原因と除去方法・落とし方5個!予防対策は?洗剤や重曹は?

"黒カビは落としても生えてくるから困っている"という方はいませんか? 黒カビは奥深くまで根を張っているため、正しいやり方で黒カビを落とさないといけません。今回は「黒カビの除去方法」などをご紹介します。


 

ビジネスパートナー募集