暮らしのお悩み解決サイト

オキシクリーンスプレーの使い方10個!作り方は?自作できる?

オキシクリーンスプレーの使い方10個!作り方は?自作できる?

様々な汚れを落とすオキシクリーンを知っている方は多いでしょう。では、「オキシクリーンのスプレー」はどうでしょうか? スプレータイプは定番のオキシクリーンよりも使いやすいと話題です。詳しくご紹介します。


オキシ漬けで話題のオキシクリーンですが、オキシクリーンのスプレーバージョンがあることを知っていますか? オキシクリーンマニアであればスプレーバージョンも知っているかもしれません。

オキシクリーンのスプレーバージョンの正しい名前は、『オキシクリーン マックスフォーススプレータイプ』で、定番のオキシクリーンよりもパワーが凄いのが特徴です。

もちろん、定番のオキシクリーンでも様々な汚れを落とすことはできます。しかし、オキシクリーンのスプレーバージョンはさらにパワーアップしているため、どれだけ汚れが落ちるのか気になりませんか? 

早速、オキシクリーンのスプレーバージョンの効果や使い方などをチェックしましょう。

オキシクリーンスプレーのマックスフォースとは?成分は?

オキシクリーンスプレーはジェル状で汚れに密着し、粉末のオキシクリーンよりも手軽に使えるシミ抜き用合成洗剤です。しかし、オキシクリーンスプレーの成分は、粉末のオキシクリーンの成分と同じではありません。

粉末のオキシクリーンの成分は過炭酸ナトリウム(酸素系)と炭酸ナトリウムで、酸素の力で汚れを落とすのが特徴です。一方、オキシクリーンスプレーの成分は、『界面活性剤・酵素・安定剤・アルカリ剤・香料』が含まれており酵素の力で汚れで落とします。ただし、2種類とも『弱アルカリ性』であることは変わりません。

ご紹介したオキシクリーンスプレーの成分を簡単に説明すると、界面活性剤は本来交わることのない水と油を乳化させて汚れを落とし、酵素は繊維の奥に染み込んだ皮脂やタンパク質の汚れを落とします。

安定剤はその名の通り成分を安定させ、アルカリ剤はアルカリ性を保ちながら油や皮脂汚れ(酸性汚れ)を中和する成分です。

オキシクリーンスプレーの作り方は?自作できる?

"オキシクリーンスプレーは、粉末のオキシクリーンを使えば自分でも作れるのではないのか? "と、思う方もいるかもしれません。しかし、結論から言うと答えはNOです。

そもそも、オキシクリーンスプレーと粉末のオキシクリーンは成分が違うため、自作することはできません。

前項でご紹介した通リ、オキシクリーンスプレーの成分は『界面活性剤・酵素・安定剤・アルカリ剤・香料』ですが、粉末のオキシクリーンは過炭酸ナトリウム(酸素系)と炭酸ナトリウムです。

また、オキシクリーンスプレーは酵素の力で汚れを落とすのが特徴ですが、粉末のオキシクリーンは酸素の力で落とします。

このように、オキシクリーンスプレーと粉末のオキシクリーンは、"○○の力"で汚れを落とす種類も違うのもポイントです。オキシクリーンスプレーが欲しい方は、公式サイトや店頭などで購入するしかありません。

オキシクリーンスプレーの効果

オキシクリーンを使ったことがある方なら、"オキシクリーンスプレーの効果も頑固な汚れを落とすことでは? "と、予想する人も多いでしょう。まさに予想した方はビンゴです。

オキシクリーンスプレーもオキシクリーンと同じで、頑固な汚れやシミを落とすことができます。では、もう少しオキシクリーンスプレーの効果をチェックしましょう。

オキシクリーンスプレーはとにかく酵素の力が強力です。そのため、通常の洗剤や漂白剤では落とせない汚れやシミも落とし、色柄物の素材も汚れやシミだけを落とします(色落ちする物も一部あり)。

オキシクリーンで落とすことができる汚れは以下の通りです。

・油汚れ
・食べこぼし
・ワインなど
・皮脂
・血液
・泥
・草の汁
・化粧品

また、オキシクリーンスプレーは消臭効果もあります。例えば、衣類の汗や皮脂などの臭いは繊維の奥に残っている汚れが原因ですが、酵素の力で繊維の奥の汚れも落とすため臭いを消すことができます。

オキシクリーンスプレーの使い方10個[場所別]

オキシクリーンスプレーは衣類のシミを落とすために使うことが多いです。しかし、強力な酵素パワーを発揮するオキシクリーンスプレーは、衣類以外のシミを落とすこともできます。早速、場所別に使い方を見ていきましょう。

①ソファー(化粧品のシミ)

【必要な物】
・オキシクリーンスプレー
・雑巾
・お湯
・ティッシュ
・サランラップ(必要があれば)
・ドライヤーや扇風機(なくてもOK)

【オキシクリーンスプレーの使い方】
○ソファーに付いた化粧品をティッシュなどで叩きながら、できるだけ化粧品を取り除きます。次に、化粧品のシミへ直接オキシクリーンスプレーを吹きかけますが、化粧品のシミをしっかり覆うようにスプレーするのがポイントです。


○5分~1時間待ちます。基本的に放置時間は5分~10分が目安ですが、最高で1時間放置しても構いません。ただし、5分~10分以上放置する場合は様子を見ながら行い、またオキシクリーンスプレーを吹きかけたところが乾燥しないように、必要であればサランラップで覆います。


○時間が経ったらお湯を含ませた雑巾で、オキシクリーンスプレーを吹きかけた部分を叩いて化粧品のシミを落としましょう。


○化粧品のシミが落ちたら別の雑巾にお湯を含ませて、オキシクリーンスプレーの成分がソファーに残らないように雑巾で叩いて取り除きます。最後に乾いた雑巾で濡れている部分を叩き雑巾に水分を吸収させ、乾いたら終わりです。早く乾かしたい場合はドライヤーの熱風を当てたり、扇風機の風を当てましょう。

②インテリアの生地(化粧品のシミ)

【必要な物】
・オキシクリーンスプレー
・お湯
・洗濯用洗剤(必要があれば)
・雑巾(同上)
・サランラップ(同上)
・ドライヤーや扇風機(なくてもOK)

【オキシクリーンスプレーの使い方/洗濯機を使う場合】
○インテリアの生地が取り外せる場合は外して、化粧品のシミをしっかり覆うようにオキシクリーンスプレーを吹きかけます。


○オキシクリーンスプレーを吹きかけた部分を手で揉んで、オキシクリーンスプレーと化粧品のシミを馴染ませましょう。そして、5分~1時間放置します。


○時間が経ったら、洗濯機の中にインテリアの生地と洗濯用洗剤を入れて洗いましょう。洗濯機で洗う場合は、洗濯表示を見て最高水温を確認します。と言うのも、表示されている最高水温で洗うとシミが落ちやすいからです。脱水が終わったら干して乾かします。

【オキシクリーンスプレーの使い方/洗濯機を使わない場合】
オキシクリーンスプレーの使い方は、前項でご紹介したソファーに付いた化粧品を落とすやり方と同じです。

③インテリアの生地(血液のシミ)

【必要な物】
・オキシクリーンスプレー
・お湯
・ティッシュ(必要があれば)
・洗濯用洗剤(同上)
・雑巾(同上)
・サランラップ(同上)
・ドライヤーや扇風機(なくてもOK)

【オキシクリーンスプレーの使い方/洗濯機を使う場合】
○インテリアの生地が取り外せる場合は外して、付いたばかりの血液は水で洗い流します。


○血液のシミをしっかり覆うようにオキシクリーンスプレーを吹きかけたら、手で揉んでオキシクリーンスプレーと血液のシミを馴染ませましょう。そして、5分~1時間放置します。時間が経ったらインテリアの生地を洗濯機で洗い(洗濯表示に書かれている最高水温で洗う)、脱水が終わったら干して乾かします。

【オキシクリーンスプレーの使い方/洗濯機を使わない場合】
○インテリアの生地に血液が付いたばかりなら、ティッシュで叩いてある程度血液をティッシュに吸収させましょう。


○血液のシミを覆うように直接オキシクリーンスプレーを吹きかけ、5分~1時間待ちます。15分以上放置する場合は乾燥しないようにサランラップで覆いましょう。


○時間が経ったら、お湯を含ませた雑巾で血液のシミが消えるまで叩きます。次に、別のお湯を含ませた雑巾でオキシクリーンスプレーの成分を取り除き、乾いた雑巾で水分を吸収させて乾かしましょう。必要があればドライヤーや扇風機を使ってインテリアの生地を乾かします。

④カーペット(食べ物や飲み物のシミ)

【必要な物】
・オキシクリーンスプレー
・お湯
・ティッシュ(必要があれば)
・洗濯用洗剤(同上)
・雑巾(同上)
・サランラップ(同上)
・ドライヤーや扇風機(なくてもOK)

【オキシクリーンスプレーの使い方/洗濯機を使う場合】
○カーペットの上に食べ物があれば取り除き、ティッシュで食べ物や飲み物のシミを叩いてある程度汚れを落としましょう。


○食べ物や飲み物のシミを覆うようにオキシクリーンスプレーを吹きかけたら、手で揉んで馴染ませて5分~1時間放置します。時間が経ったらカーペットを洗濯機で洗い(洗濯表示に書かれている最高水温で洗う)、脱水が終わったら干して乾かします。

【オキシクリーンスプレーの使い方/洗濯機を使わない場合】
○カーペットの上に食べ物があれば取り除き、ティッシュで食べ物や飲み物のシミの部分を叩いてある程度汚れを落とします。


○食べ物や飲み物のシミを覆うように直接オキシクリーンスプレーを吹きかけ、5分~1時間待ちます。乾燥しやすい場合はサランラップで覆いましょう。


○時間が経ったら、お湯を含ませた雑巾で食べ物や飲み物のシミが消えるまで叩きます。次に、別のお湯を含ませた雑巾でもう1度叩き、水分を乾いた雑巾に吸収させましょう。また、ドライヤーや扇風機で風を当てると早く乾きます。

⑤カーペット(血液のシミ)

カーペットに付いた血液のシミの落とし方は、『3番のインテリアの生地(血液のシミ)』と同じです。

⑥室内の玄関マット(泥のシミ)

【必要な物】
・オキシクリーンスプレー
・洗濯用洗剤
・柔軟剤(なくてもOK)
・お湯
・ティッシュ(必要があれば)
・雑巾(同上)

【オキシクリーンスプレーの使い方】
○室内の玄関マットの上に水分を含んだ泥のシミがある時は、ティッシュや雑巾で叩いて汚れを吸収させます。


○泥のシミを覆うようにオキシクリーンスプレーを吹きかけたら、手で揉んで泥とオキシクリーンスプレーを馴染ませましょう。そして、5分~1時間放置した後に、玄関マットを洗濯機で洗い(洗濯表示に書かれている最高水温で洗う)、脱水が終わったら干して乾かします。

⑦ベランダ(泥汚れなどのシミ)

【必要な物】
・オキシクリーンスプレー
・液体の洗濯用洗剤
・お湯
・バケツ
・デッキブラシ、風呂用ブラシ、タワシ、歯ブラシなど
・モップやクイックルワイパー(必要があれば)
・ドライシート(同上)
・サランラップ(同上)
・サランラップを固定する物(同上)

【オキシクリーンスプレーの使い方】
○ベランダの泥汚れなどのシミが気になる部分に、オキシクリーンスプレーを吹きかけて5分~1時間放置しましょう。乾燥を防ぐ時はサランラップを覆い、風で飛ばないようにテープなどで固定します。


○待っている間にバケツの中へ液体の洗濯用洗剤とお湯を入れ、よく溶かして洗濯液を作りましょう。時間が経ったらキッチンペーパーやサランラップを剥がし、ベランダの上に溶かした洗濯液を流します。そして、ブラシで擦って泥汚れなどのシミを落としたら水を流しましょう。

水分が気になる場合はモップで拭き取るか、クイックルワイパーにドライシートをセットしてベランダを拭きます。

⑧壁(油や食べ物などのシミ)

【必要な物】
・オキシクリーンスプレー
・お湯
・キッチンペーパー
・サランラップ
・雑巾

【オキシクリーンスプレーの使い方】
○壁のシミ部分がオキシクリーンスプレーで隠れるまで吹きかけましょう。次に、液ダレを防ぐためにキッチンペーパーを被せ、さらにサランラップで覆い5分~1時間待ちます。


○時間が経ったらキッチンペーパーとサランラップを剥がし、お湯を含ませた雑巾でオキシクリーンスプレーを吹きかけた部分をよく拭きましょう。最後に乾拭きをしたら終わりです。※オキシクリーンスプレーを壁に使う場合は、白い壁や水拭きができる壁に使いましょう。

⑨ゴミ箱(食べ物などのシミ)

【必要な物】
・オキシクリーンスプレー
・液体の洗濯用洗剤
・お湯
・キッチンペーパー
・サランラップ
・バケツ
・タワシや歯ブラシなど
・雑巾(なくてもOK)

【オキシクリーンスプレーの使い方/部分的にシミを落とす場合】
ゴミ箱のシミをオキシクリーンスプレーで部分的に落とす時は、前項でご紹介した『壁(油や食べ物などのシミ)』のやり方と同じです。

【オキシクリーンスプレーの使い方/全体を洗う場合】
○ゴミ箱のシミ部分がオキシクリーンスプレーで隠れるまで吹きかけましょう。ゴミ箱の側面など、特に液ダレしやすい場所はオキシクリーンスプレーを吹きかけた後、キッチンペーパーを被せてからサランラップで覆います。反対に液ダレしにくい場所は、乾燥を防ぐために必要があればサランラップで覆いましょう。


○5分~1時間待ちます。待っている間にバケツの中へ液体の洗濯用洗剤とお湯を入れ、よく溶かして洗濯液を作りましょう。時間が経ったらキッチンペーパーやサランラップを剥がし、ゴミ箱全体に洗濯液をかけてタワシなどでシミ部分を擦ります。最後に水ですすいで乾かすか、雑巾で拭いたら終わりです。

⑩タイル(油や泥汚れなどのシミ)

【必要な物】
・オキシクリーンスプレー
・液体の洗濯用洗剤
・水やお湯
・バケツ
・デッキブラシ、風呂用ブラシ、タワシ、歯ブラシなど
・モップやクイックルワイパー(必要があれば)
・ドライシート(同上)
・サランラップ(同上)
・サランラップを固定する物(同上)

【オキシクリーンスプレーの使い方/玄関タイルなど平面の床の場合】
『7番のベランダ(泥汚れなどのシミ)』のやり方と同じです。

【オキシクリーンスプレーの使い方/キッチンタイルなど垂直の場合】
○オキシクリーンスプレーをタイルのシミが隠れるまで吹きかけます。次に、液ダレしやすい場所はキッチンペーパーを被せて、サランラップで覆いましょう。一方、液ダレしにくい場所は乾燥対策として、必要があればサランラップで覆います。


○5分~1時間待ったらキッチンペーパーやサランラップを剥がし、シミを確認しましょう。シミが残っていたら、タワシや歯ブラシなどでシミ部分を擦って汚れを落とします。


○シミを落としたら水やお湯をタイルに直接かけて、オキシクリーンスプレーの成分を流しましょう。水やお湯を直接かけることができなければ、水やお湯を含ませた雑巾で、オキシクリーンスプレーを吹きかけた部分をよく拭きましょう。最後に雑巾で乾拭きをしたら終わりです。

オキシクリーンスプレーを使うときの注意点2個

オキシクリーンスプレーはなかなか落ちないシミも落とすことができますが、2つの注意点があります。オキシクリーンスプレーで頑固なシミ汚れを落とす時は、これからご紹介する注意点を守って使いましょう。

①オキシクリーンスプレーを使う前に洗濯表示を確認する

オキシクリーンスプレーは水洗いができない物は使えません。他にも、『シルク・ウール・革・ドライクリーニング用品』も使えないため、生地などのシミをオキシクリーンスプレーで落とす時は洗濯表示を確認してから使いましょう。

②オキシクリーンスプレーの放置時間を長くするなら様子を見る

オキシクリーンスプレーの放置時間は5分~10分が目安ですが、30分や1時間など、放置時間が長い場合は必ず様子を見ることです。放置時間が長くなると色落ちする可能性や生地を傷めることもあるため、確認しながら待ちましょう。

まとめ

オキシクリーンスプレーは粉末のオキシクリーンのように、備え付けの計量スプーンで粉を計ったりお湯で溶かす手間がありません。しかも、酵素の力を発揮するジェルがシミを包み込み、繊維の奥に入り込んだ汚れも分解して落とします。

血液・カレー・化粧品など、様々なシミがインテリアや家具などに付いた時は、オキシクリーンスプレーで集中的にアプローチして汚れを落としましょう。

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連する投稿


フローリングの敷布団で体が痛い!腰痛・カビ対策10選!畳やマットレスが必要?

フローリングの敷布団で体が痛い!腰痛・カビ対策10選!畳やマットレスが必要?

フローリングに敷布団を敷いて寝ると、実は「様々な問題点」が発生することを知っていますか? 早速、フローリングに敷布団を敷いて寝るリスク・フローリングに敷布団を敷いて安眠する方法などを見ていきましょう。


【プロ監修】陶器の洗面台の黒ずみの落とし方8個!サンポールやクエン酸以外も!

【プロ監修】陶器の洗面台の黒ずみの落とし方8個!サンポールやクエン酸以外も!

自宅の中で毎日利用する場所といえば、洗面台。そのため、使い続けていくと黒ずみが発生しやすく、放置しておくととても不衛生です。黒ずんだ洗面台は見た目も悪く、気持ちよく使用できませんよね。ここでは、洗面台が黒ずんでしまう原因とその対処法をいくつか解説しています。


オキシクリーンの五徳・ガスコンロの掃除方法!油汚れや焦げ付きもスッキリ!

オキシクリーンの五徳・ガスコンロの掃除方法!油汚れや焦げ付きもスッキリ!

五徳にたまった焦げ付きや、コンロ周りの油汚れをきれいにするためにはオキシクリーンが大変有効です。今回はオキシクリーンを使用して五徳を掃除する方法をステップ毎に詳しく紹介します。こちらの記事を参考に自宅の五徳をオキシクリーンを使用してきれいにしましょう。


オキシクリーンは黄ばみ落としに使える?落ちない?頑固汚れはつけおき?

オキシクリーンは黄ばみ落としに使える?落ちない?頑固汚れはつけおき?

なかなか落とせない頑固な黄ばみや汚れ。イライラしますよね。そんな時、活躍してくれるのがオキシクリーンです。酸素系漂白剤と呼ばれるこの漂白剤は、ワイシャツの黄ばみなどをしっかりとキレイにしてくれる優れもの。ここでは、そんなオキシクリーンについてまとめています。興味がある方はぜひチェックしてみてください。


カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

壁や水周り、食品等、カビは人が生活しているどんな場所にも生えてきます。この記事では、カビを大きく6種類に分けて、特徴と違い等について解説しています。有害なカビを発生させないために、まずはカビそのものについて知るところから始めてみましょう。


 

ビジネスパートナー募集