暮らしのお悩み解決サイト

お風呂掃除で大切な10の掃除方法と綺麗を保つ2つのコツ

お風呂掃除で大切な10の掃除方法と綺麗を保つ2つのコツ

お風呂掃除にはどのような道具が必要なのでしょう?重曹やクエン酸はどのように使えば良いのでしょうか?ここでは、お風呂掃除で大切なポイントやきれいな状態を保つコツをご紹介します。


お風呂は毎日使うものなので、お風呂掃除の頻度も毎日が基本です。お風呂掃除のコツは、洗剤を汚れによって変えることです。家庭用のお風呂洗剤だけでは落ちにくい汚れも、100均で売っている重曹やクエン酸を使うだけでよく落ちます。

ここでは、お風呂掃除で大切なポイントや、綺麗な状態を保つためのコツをご紹介します。

お風呂掃除で大切な10の掃除方法

Getty logo

お風呂掃除で大切なことは、汚れにあった洗剤選びです。鏡、浴槽、蛇口など、それぞれに違った汚れが付着しています。

1 お風呂の汚れの原因を知る

1 水垢

水垢は、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムが、固着したものです。これらの物質はアルカリ性ですから【酸性の洗剤】を使うことで落としやすくなるとされています。家庭用洗剤は中性からアルカリ性のものが多いので、クエン酸など酸性洗剤で落としましょう。

2 石鹸カス

石鹸カスも水垢と同じくアルカリ性の汚れです。クエン酸など酸性の洗剤で洗ってください。

3 皮脂の汚れ

皮脂汚れは弱酸性の汚れです。家庭用のお風呂用中性洗剤で洗いましょう。ただ、お風呂場では水垢や石鹸カスと混じりあったりして落としにくい汚れになってしまうことが多いようです。

4 黒カビ

黒カビは湿気を好み、結露の多いところに発生しやすいといわれています。黒カビは見た目の悪さだけでなく、アレルギーなどの原因になるといわれています。市販されているカビスプレーや塩素系の漂白剤で落とすことができます。

2 お風呂掃除で必要なグッズをそろえる

市販のお風呂用洗剤だけでは汚れが落ちないので、クエン酸や重曹を用意してください。

・クエン酸
・重曹
・ラップ
・キッチンペーパー
・片栗粉
・スプレーの容器
・布切れ
・スポンジ
・塩素系の漂白剤
・カビキラーなどカビ取り剤
・フロアワイパーもしくは伸縮する棒など

クエン酸も重曹も高価なものは必要ありません。100円ショップなどで手に入るもので十分でしょう。スプレーの容器はこれからも使うことがありますから、作りのしっかりしたものを購入されてもいいですが、100円ショップで手に入れた物でも十分です。ラップやキッチンペーパー、片栗粉は家庭にあるものを使うことができます。

3 水垢落としにはクエン酸水

お風呂の掃除では【クエン酸】が活躍します。クエン酸水は、クエン酸小さじ1/2に水100mlで作れます。クエン酸水はお風呂の掃除以外にも、キッチンやトイレの水垢取りに使うことができます。

4 鏡もクエン酸水できれいに

Getty logo

鏡の汚れは水垢や石鹸カスといわれています。きれいにするには時間がかかりますから、最初に取り掛かります。

鏡に先に作ったクエン酸水をスプレーします。そして上からラップを貼ってパックをします。数時間放置した後、布切れで水拭きと乾拭きをします。たったこれだけです。

もしスプレーがないという場合は、クエン酸水にキッチンペーパーパをひたしてから張り付ける、という方法でもいいでしょう。

5 蛇口はクエン酸水をシップ方式で染み込ませる

蛇口の汚れの原因も石鹸カスや水垢といわれています。蛇口の掃除は、軽い汚れのものでしたらクエン酸水をスプレーして拭き取るだけできれいになることがあります。汚れがひどくなっているときは、キッチンペーパーにクエン酸水をスプレーして、蛇口に貼り付けます。こちらも数時間放置すればきれいになるでしょう。

ただ、金属はクエン酸で腐食される可能性がありますから、シャワーなどを使ってきれいにクエン酸水を洗い流してください。

6 排水溝の掃除は【重曹】と【クエン酸】で

お風呂の排水溝は、石鹸カスや皮脂といった様々なゴミがたまりやすくなっています。ちょっと放置していると、ぬめりだけでなく髪の毛もたまってしまいます。

排水溝の掃除は、最初に排水溝にたまった髪の毛などを取り除きます。使い古しの歯ブラシを使うと便利です。

排水溝の掃除は、水酸化ナトリウムが含まれている洗剤を使うと髪の毛が溶けて掃除をしやすくなります。ただこの洗剤は、他の洗剤と混ざると有毒なガスを発生させることがありますので注意してください。

髪の毛を取り除いたら、排水溝に重曹を振りかけます。量は排水溝が隠れるくらいでいいでしょう。そこにクエン酸水をスプレーし、ブクブクと泡が出ますから、30分から1時間放置します。これだけで排水溝はきれいになります。

クエン酸と重曹から出るガスは無害といわれていますが、掃除をするときは換気をよくしておくほうがいいでしょう。

7 浴槽も【重曹】と【クエン酸】で

Getty logo

浴槽の掃除は、皮脂の汚れと水垢が原因といわれています。ですから、クエン酸水と重曹を利用します。まず、クエン酸水をまんべんなく浴槽にスプレーします。その後、重曹を振りかけます。ぷくぷくと泡が出たらスポンジでこすります。その後、シャワーで洗い流して浴槽の掃除は終了です。

8 天井や壁の黒カビの掃除は片栗粉を使う

黒カビにはクエン酸水や重曹ではなく、漂白剤と片栗粉を使います。お風呂の床や壁は黒カビがつきやすい場所といわれています。塩素系の漂白剤はカビには効果的といわれていますが、天井や壁はすぐに流れてしまいますから、効果が少ないといわれています、

そこで利用するのが片栗粉です。漂白剤と片栗粉を混ぜてペースト状になるようにします。このペーストをカビが生えているところに塗りつけます。5分~10分放置して濡らしたティッシュなどで拭き取るとカビはきれいになっているでしょう。

この方法はゴムの部分などにも効果があるといわれています。あと、クエン酸水と塩素系漂白剤を同時に使うことは、ガスが発生する可能性がありますからおやめください。

9 床の黒カビはラップで退治する

お風呂場の床も黒カビが生えやすい場所です。床は天井や壁と違い、少し楽にカビを退治する方法をご紹介します。

まず、カビ取り剤を床にスプレーします。スプレーをしたらすぐにラップでパックをします。このまま半日くらい放置します。あとはシャワーで洗い流すだけです。これで床の黒カビはきれいになっているでしょう。

10 天井は床掃除用のフロアワイパーで

天井も黒カビをとるだけでなく掃除をしておきたい場所です。天井には黒カビ以外にもほかのカビや雑菌がいるといわれています。カビ取り剤を使えば効果は高いといわれていますが、あとで洗い流すことが大変ですから、ここでは消毒用のエタノールなどを使います。

キッチンにある消毒用のアルコールでもいいので、フロアワイパーにスプレーして天井を拭きます。これだけのことで、カビや雑菌の発生を予防しやすくなるといわれています。

お風呂掃除の大切な10個のことをお伝えしました。いかがでいたでしょうか? 奥さんと子供さんに説明をしながら掃除をすれば、楽しい時間になるかもしれません。一度試してみてはいかがでしょうか。

クエン酸水の作り方 / プロが教えるお掃除術|リンナイ公式部品販売サイト R.STYLE(リンナイスタイル)

http://www.rinnai-style.jp/info/cleaning/popup/citricacid.html

クエン酸水の作り方/プロが教えるお掃除術では、お掃除に役立つクエン酸水の作り方を掲載しております。

掃除マイスターへの道~家の中の汚れと対策~ | 木村石鹸 よもやま噺

https://www.kimurasoap.co.jp/blog/tips/post-509

洗剤・洗浄剤はPH値によって、液性が酸性・弱酸性・中性・弱アルカリ性・アルカリ性に区分されます。液性が異なる洗剤・洗浄剤がたくさんありますが...

風呂掃除が楽になる2つコツ

Getty logo

がんばって掃除したお風呂をできるだけ長くきれいに使いたい。この願いをかなえるためにちょっとした日頃のケアをご紹介します。お風呂をきれいに保つにはカビと汚れの予防の2つになります。1つずつご紹介します。

1 掃除は入浴時に行う

お風呂の汚れ予防には、入浴直後に掃除をするのが効果的といわれています。ですから、最後に入浴した方がお風呂掃除をするという習慣を作るといいでしょう。

この時、浴槽だけでなく、壁なども一緒にお掃除をします。浴槽には皮脂の汚れが、壁はシャンプーや石鹸が飛び散っています。どちらの汚れも浴室が温かい間であれば取れやすいといわれていますから、入浴直後の掃除が効果的といわれる理由です。

第3回 お風呂のカビの予防清掃 / お掃除の手間が激減!予防清掃のキホン

http://www.rinnai-style.jp/info/cleaning/protection/03/

お掃除のプロ・大津たまみ先生が、お掃除の手間をぐ〜んと省く、汚れないための工夫=予防清掃(よぼうせいそう)のキホンを教えます!

2 線香で浴室の黒カビ防止

黒カビの予防法の1つめは、浴室の乾燥です。先にもご紹介しましたが、黒カビをはじめとするカビは湿気を好み、結露のあるところに繁殖するといわれています。ですから、お風呂を使ったあとはしっかりと乾燥させましょう。

2つめの予防法は、線香をたくということです。線香の煙には除菌効果もあり、カビを防ぐことができるといわれています。利用する線香は100円ショップで購入できるものでも、家庭にある蚊取り線香でも大丈夫です。利用方法は、線香に火をつけて1時間くらいお風呂場を締め切っておくだけという簡単さです。

このようなことをすれば、お風呂場の黒カビをはじめとするカビを予防することができるでしょう。黒カビの予防法で線香を使う場合は、火の取り扱いにはご注意ください。

効果絶大!お風呂のカビに「線香」が効くって知ってた!?

https://saita-puls.com/4095

お風呂のカビ取り、毎回大変ですよね。そんなカビ取りですが、線香を週に1度たくだけで予防できるとSNSで話題になっているのでご紹介いたします。特に毎週のようにカビキラーでカビを退治しているのに、

忘れがちな風呂場の掃除場所5ヶ所

Getty logo

お風呂掃除で忘れがちなのが目につかない場所です。ちょっと大変ですが、目につかない場所だけに、汚れもたまっていると考えられます。そして、カビや雑菌の温床になっているかもしれません。つまり、ここを掃除すれば、お風呂場の掃除の効果もさらに高まるといえるでしょう。

1 浴槽エプロン内の床

ユニットバスの場合、浴槽の横にある浴槽エプロンを外すと浴槽の本体が見えます。浴槽の本体は、下側そして壁と接している部分は、汚れがたまりやすいところといわれています。

まず、床のカビとりでも使ったカビ取り剤を浴槽や浴槽下に吹き付けます。そして2時間~3時間放置します。その後、強い水流で洗い流します。この時、高圧洗浄機があれば効果的といわれていますが、ホースの先を押さえて強い水流にするだけでもいいでしょう。

この掃除は、強い水流を使いますから、水が跳ね返って目などに入らないように、マスクやメガネなどを着用してから掃除をすることをおすすめします。また、汚れがひどいときはプロに掃除を頼むというのもいいのではないでしょうか。

2 浴槽エプロンの蓋

取り外した浴槽エプロンも一緒に洗ってしまいましょう。浴槽エプロンの蓋の裏側もカビなどがつきやすい場所といわれています。浴槽下と同じように、カビ取り剤をスプレーして2時間~3時間放置し、こちらはシャワーなどできれいに洗い流しましょう。

3 浴槽の換気扇

換気扇の掃除は、ファンを取り外して拭き掃除をします。水洗いだけでもきれいになりますが、汚れがひどいときは重曹を振りかけて、クエン酸水をスプレーすれば、泡の力で汚れが浮き上がりますから掃除も楽になるでしょう。もしもカビが生えている場合は、塩素系の漂白剤につけおきしましょう。

4 浴室の照明

掃除をするときに忘れがちなのが照明でしょう。照明のカバーは、洗髪時のシャンプーがかかるなど意外と汚れているといわれています。洗剤は中性洗剤を使います。カバーだけでなく電球も取り外して、柔らかい布などで拭くなどしてきれいにすれば、お風呂も見違えるように明るくなるかもしれません。

照明を掃除するとき気をつけていただきたいのが、スイッチを切るということと濡れた手で触らないということです。どちらも感電の危険がありますから、照明を掃除するときはご注意ください。

5 椅子や洗面器、オケなど風呂場の小物

洗面器や椅子なども石鹸カスや水垢で汚れています。クエン酸水を使ってきれいにしてあげてください。汚れがひどいときは、40℃~50℃のお湯で作ったクエン酸水を使うと汚れ落ちがいいといわれています。

お風呂場の忘れがちな場所をご紹介しました。浴槽下や浴槽エプロンの掃除は大変ですが、きれいにできればカビなどの心配もさらに少なくすることができます。一度挑戦されてみてはいかがでしょうか。

お風呂掃除で活躍する便利グッズ

Getty logo

窓の水滴取りワイパー

窓ガラスについた結露や水滴をとるものですが、お風呂の鏡を掃除するのにとても便利です。鏡に汚れを付着させないようにするには、入浴後に水滴を残さないことが重要といわれています。窓の水滴取りでしたら、スパッと水滴をとることができるので、普段のお掃除に活躍してくれるでしょう。

割りばしと歯ブラシ

意外かもしれませんが割りばしと歯ブラシも便利グッズです。割りばしに布切れなどを巻き付けて使うと、細かな所も力を入れて磨くことができます。歯ブラシは、鏡の四隅や、化粧台の隅など、指が入りにくいところでもしっかりと汚れを取ってくれますので、これらをひとつ用意しておくといいでしょう。

通気のいいラック

シャンプーなどをいつも同じ場所に置いておくとボトルの下に水分がたまり、汚れがつきやすくなります。ラックにシャンプーや石鹸などを載せておけば、水切りもしてくれますし、移動も簡単です。お風呂掃除に直接活躍するグッズではありませんが、通気のいいラックを使うと普段のお掃除を楽にしてくれるでしょう。

まとめ

お風呂掃除は水場なので面倒ですが、一度に全部やらずに、今日は換気扇、明日は天井というように部分ごとに区切って掃除すると良いでしょう。
乾燥させることがカビを生やさないコツなので、お風呂場を使っていない時は換気に気を付けてください。

関連するキーワード


お風呂・洗面所掃除

関連する投稿


お風呂・浴槽の掃除方法8ヶ所!重曹が効果的?水垢・カビは?

お風呂・浴槽の掃除方法8ヶ所!重曹が効果的?水垢・カビは?

浴槽掃除などをしばらくしていない方もいるでしょう。しかし、浴槽掃除などをしないと様々な汚れやカビが生えお風呂は汚れる一方です。今回は、汚れやカビが生えたお風呂をキレイにする掃除方法をご紹介します。


水垢の簡単掃除方法8選!風呂・キッチンシンク・加湿器などの汚れも綺麗に

水垢の簡単掃除方法8選!風呂・キッチンシンク・加湿器などの汚れも綺麗に

掃除の中でも、"水回りの掃除をするのが嫌い!"と答える方は多いでしょう。しかし、水回りの掃除を怠ると水垢汚れがたまっていきます。今回は、水垢掃除が嫌いな方でも「簡単にできる掃除方法」をまとめました。


鏡の掃除方法4ステップでウロコ状汚れを綺麗に!必要な道具や洗剤は?

鏡の掃除方法4ステップでウロコ状汚れを綺麗に!必要な道具や洗剤は?

鏡は汚れが付着しやすく、白いウロコ汚れが目立ちます。鏡に付着する汚れの種類や、鏡を簡単に掃除する方法、また、毎日の掃除が面倒だという人のために可能な限り鏡が汚れないようにするための予防方法も解説します。


中性洗剤の商品種類10個と掃除のときの使い方

中性洗剤の商品種類10個と掃除のときの使い方

住宅を掃除する際に欠かせない洗剤は、酸性、中性、アルカリ性などいくつかの種類に分類されることが特徴です。特に使用されるケースが多い中性洗剤について成分や特徴を解説し、掃除する場所ごとに最適な洗剤も紹介します。


重曹風呂の効果と作り方・注意点7個!風呂釜掃除にも使える?

重曹風呂の効果と作り方・注意点7個!風呂釜掃除にも使える?

コスパが良いことで知られている重曹ですが、風呂に入れて入浴することもできます。通称、「重曹風呂」と呼ばれており様々な効果があるようです。今回は、重曹風呂の効果や作り方・注意点などをチェックしましょう。


最新の投稿


お風呂・浴槽の掃除方法8ヶ所!重曹が効果的?水垢・カビは?

お風呂・浴槽の掃除方法8ヶ所!重曹が効果的?水垢・カビは?

浴槽掃除などをしばらくしていない方もいるでしょう。しかし、浴槽掃除などをしないと様々な汚れやカビが生えお風呂は汚れる一方です。今回は、汚れやカビが生えたお風呂をキレイにする掃除方法をご紹介します。


水垢の簡単掃除方法8選!風呂・キッチンシンク・加湿器などの汚れも綺麗に

水垢の簡単掃除方法8選!風呂・キッチンシンク・加湿器などの汚れも綺麗に

掃除の中でも、"水回りの掃除をするのが嫌い!"と答える方は多いでしょう。しかし、水回りの掃除を怠ると水垢汚れがたまっていきます。今回は、水垢掃除が嫌いな方でも「簡単にできる掃除方法」をまとめました。


鏡の掃除方法4ステップでウロコ状汚れを綺麗に!必要な道具や洗剤は?

鏡の掃除方法4ステップでウロコ状汚れを綺麗に!必要な道具や洗剤は?

鏡は汚れが付着しやすく、白いウロコ汚れが目立ちます。鏡に付着する汚れの種類や、鏡を簡単に掃除する方法、また、毎日の掃除が面倒だという人のために可能な限り鏡が汚れないようにするための予防方法も解説します。


シンクの掃除方法5ステップ!必要な道具は?頻度は毎日がおすすめ?

シンクの掃除方法5ステップ!必要な道具は?頻度は毎日がおすすめ?

食材を扱う場所であるキッチンは可能な限り清潔な状態にしておきたいものです。シンクは汚れが付着しやすく、蓄積しやすい場所でもあります。シンクの基本的な掃除方法やサビの除去方法や汚れを予防するための注意点を解説します。


網戸掃除の簡単な方法5ステップ!洗剤やカビ取りは?おすすめ頻度

網戸掃除の簡単な方法5ステップ!洗剤やカビ取りは?おすすめ頻度

網戸掃除はハードルが高いと考えがちですが、実際には簡単に掃除をする方法もあるのです。簡単な網戸掃除の方法や必要な道具、さらにカビや窓枠の掃除方法について紹介します。また、網戸の汚れを防止するための方法やコツについても解説します。


ビジネスパートナー募集