暮らしのお悩み解決サイト

キッチンの頑固な水垢汚れの原因と掃除・落とし方5選!防止対策は?

キッチンの頑固な水垢汚れの原因と掃除・落とし方5選!防止対策は?

キッチンの水垢汚れは、放置するとこびりついてしまい、力を入れてこすっても落とせない汚れに変化するケースが多いです。忙しいと疎かにしてしまう水垢汚れの掃除方法や、汚れが付着する原因まで詳しく解説します。


毎日必ず使用するキッチンは、水垢や洗剤の汚れなどが付着し、蓄積しやすい場所です。少し掃除を怠るだけでも目立った汚れになり、スポンジと洗剤を使用して力強く磨き上げても全く汚れを落とせないといったケースも珍しくありません。

汚れに適した洗剤を使用し、コツを押さえて掃除をすることで頑固な水垢汚れも除去できる可能性が高いです。そこで、キッチンの水垢汚れの原因と、掃除や落とし方を紹介します。

キッチンの水垢汚れが取れない!?

Getty logo

キッチン周りに付着している水垢は、目立つようになるまで何十にも重なり、蓄積している状態です。

そのため、スポンジでこするだけでは簡単に落とせないケースも多いです。長い時間をかけて蓄積した水垢汚れは、様々な掃除用のアイテムを使い、正しい掃除方法で行わなければ簡単には除去できません。

 

キッチンの頑固な水垢汚れの原因

Getty logo

自宅のキッチンの水垢汚れキッチンに使用されている素材の多くがステンレスであり、白い水垢汚れが目立ちやすい素材です。

また、水道水にはミネラル分が多く含まれていることもポイントだといえます。手を洗ったり調理をしたりする際に水を使うキッチンの周りには、ミネラルが含まれた水道水が飛び散ることは避けられません。

キッチン周りに水分が付着した状態になると、水分のみが蒸発し、水道水に含まれるミネラル分は残るため、白い水垢汚れになって定着します。さらに、洗剤を使用した際に泡が飛び散り、石鹸カスとして白い汚れにつながる場合も多いです。

キッチンの水垢汚れの掃除方法・落とし方5選

Getty logo

キッチンの水垢汚れの掃除方法や落とし方は、水垢の状況によって異なることが特徴です。そこで、用意しておきたい道具と汚れの種類別、使用する道具別の掃除方法を紹介します。

掃除に必要な道具

キッチンの水垢汚れの掃除をする際に用意しておきたい物として、以下の道具が挙げられます。

・ペーパータオル
・スポンジ
・スプレーボトル
・クエン酸
・酢
・重曹
・セスキ炭酸ソーダ
・マイルドタイプのクリームクレンザー
・レモン汁
・掃除用ブラシもしくは使用しない歯ブラシ

キッチンは食べ物を保管したり調理したりする場所であるため、一般的な洗剤よりお酢や重曹、クエン酸といった安全なアイテムを使用する方法が有効です。

しかし、ステンレスの部分に付着した水垢汚れを除去する際には、お酢や重曹、クエン酸などでは除去できない可能性が高いため、マイルドタイプのクリームクレンザーを用意しましょう。

白い水垢汚れの掃除方法

白くザラついた水垢汚れは、水道水に含まれているメダル分と食材に多く含まれるカルシウムといった成分が定着したものである可能性が高いです。

掃除を怠ると蓄積し、さらに除去しにくくなるため注意しましょう。白い水垢はアルカリ性の性質を持つ汚れであるため、酢やクエン酸といった酸性の掃除アイテムを使用する方法が有効です。

酢と水を1:2の割合で混ぜた酢水や、水100mlとクエン酸小さじ2分の1杯を混ぜて作ったクエン酸水を使用して水垢汚れにスプレーしたうえで1~2時間程度時間を置きます。スポンジでこすり洗いをするだけで、水垢汚れを除去できるでしょう。

ただし、スプレーをして放置し、こすっても落とせない場合には、クエン酸水や酢水をペーパータオルに含ませて汚れを覆い、さらに2時間程度時間を置きます。最後にスポンジで掃除をすると、除去できる可能性が高いです。

石鹸カス汚れを落とす方法

クエン酸や酢水で除去できなかった白い水垢汚れは、石鹸カス汚れである可能性があります。石鹸カスは食器用・台所用の洗剤と、水道水に含まれるミネラルが結合しして蓄積した汚れです。

水道水の成分が原因の一般的な水垢汚れと見た目ほとんど変わらないものの、水垢汚れはアルカリ性ですが石鹸カスの汚れは酸性の性質を持つ汚れであり、掃除方法も異なります。

ザラついた水垢と同様に蓄積しやすく、アルカリ性の水垢汚れと混ざることでより定着し、落としにくくなるため注意しましょう。

酸性の汚れに対しては、酸性のクエン酸や酢などを使っても効果を得られないため、アルカリ性の性質を持つ重曹を使用します。

汚れが付着している部分を簡単に水洗いし、粉末状の重曹を振りかけて30分~1時間程度時間を置き、最後にスポンジでこすって水で洗い流せば完了です。

頑固な水垢汚れを落とす方法

重曹を使用しても除去できない水垢汚れには、セスキ炭酸ソーダを使用しましょう。重曹と同様のアルカリ性の性質を持つセスキ炭酸ソーダですが、重曹と比較してアルカリ濃度が高く、頑固な水垢汚れにも効果的です。

水500mlにセスキ炭酸ソーダ小さじ1杯を入れて混ぜ、スプレーボトルに入れたら汚れが定着している水垢汚れにスプレーして10分程度時間を置きます。あとはスポンジを使い、力を入れずにこすり洗いをするだけで簡単に除去できるでしょう。

酢のニオイが気になる人はレモン汁がおすすめ

アルカリ性の水垢汚れはクエン酸のほか、自宅に常備してあるケースが多い酢を使って除去できます。しかし、酢の臭いはすぐに落とせず掃除後に残ってしまうため、ニオイが気になる人はレモン汁を使用しましょう。

方法は、レモン汁100mlを染み込ませたキッチンペーパーで水垢を30分程度覆い、掃除用ブラシもしくは使用しなくなった歯ブラシなどを使って力を入れずに磨きます。蛇口の水垢汚れは、キッチンペーパーの上からラップで覆い、輪ゴムで固定しましょう。

市販されている専用の掃除用洗剤とスポンジを使う

水垢汚れ除去するための製品も販売されているため、市販の掃除グッズを使用する方法も有効です。使う際にはメラニンスポンジも併せて使用することで、より効果が期待できるでしょう。

市販の掃除グッズは低価格で販売されており、気軽に掃除を行えることがメリットだといえます。リーズナブルな価格のため、気になる商品を試しに使ってみるという方法も良いでしょう。

ただし、市販の掃除グッズにはフッ酸系洗剤が多く成分が強力であり、素材によっては表面が若干溶けてしまう場合がある点に注意が必要です。

キッチンの水垢掃除の注意点5個

Getty logo

キッチンの水垢掃除をする際には、使用する洗剤や水垢汚れが付着している場所ごとに注意しなければならないポイントがあります。主に5つの注意点について見ていきましょう。

洗剤の併用に注意

ステンレスキッチンの水垢掃除をする際には、クエン酸と塩素系漂白剤を同時に使用しないよう注意が必要です。塩素系漂白剤は強力なアルカリ性の性質を持ち、酸性のクエン酸と合わさることで有毒なガスが発生します。

塩素系漂白剤を使用した後はすすぎ洗いをして洗剤が残らないようにしたうえで、スポンジでこすってしっかりと落としましょう。

つけ置き洗いをしている時間に他の水垢汚れを掃除しようと考え、クエン酸を使用して塩素系塩素系漂白剤と混ざってしまうケースもあるため注意が必要です。

フッ素コートのキッチンを掃除する際の注意

フッ素コートは、一般的にガス台に使用されているものであり、アルカリ性の性質を持つ成分に影響されやすいため、漂白剤や強力なアルカリ性の洗剤を使用しないように注意しましょう。

さらに、洗剤研磨剤が含まれている洗剤やスポンジを使用することによって、コーティングが剥がれたり傷がついたりする可能性があります。使用する掃除アイテムにも注意が必要です。

ガラスプレートを掃除する際の注意点

ガラスプレートはトッププレートやIHクッキングヒーターに使用されているものであり、アルカリ性の影響を受けやすいためアルカリ性洗剤や漂白剤を使用しないよう注意しましょう。頑固な水垢汚れを強い力で擦るのも厳禁です。

人工大理石を掃除する際の注意点

主にシンクに使用されている素材であり、クリームクレンザーや中性洗剤は使用可能ですが表面加工の方法や種類によっては光沢が失われる可能性があるため注意しましょう。

万が一素材が影響を受けた時のことを考え、目立たない場所で掃除グッズを使用して試し洗いをする方法が有効です。

アルミニウム素材を掃除する際の注意点

一般的にガス台の受け皿に使用されている素材であり、表面が加工されていないタイプであればアルカリ性や酸性に触れることによって変色する可能性があります。さらに、傷つきやすい素材でもあるため、研磨剤の入ったスポンジや洗剤を使用する際には注意が必要です。

素材に適した掃除アイテムや洗剤を使用しなければ、傷がついたり変色したりするケースがあります。後悔をしても、素材の変質は自分で対処できないため、掃除グッズを使用する前にしっかりチェックしましょう。

取扱説明書を保管してある場合には素材を確認したうえで、どのような掃除方法が効果的なのかをチェックすることも重要です。

キッチンの水垢汚れの防止対策4個

Getty logo

キッチンの水垢汚れを掃除した後は、汚れが定着しにくいように予防することが大切です。水垢汚れの防止対策として4つの方法を紹介します。

キッチンを使用した後は拭くことを習慣化する

キッチンの水垢汚れを掃除しても、毎日使用するキッチンは汚れの付着を避けられません。クエン酸を使用すると簡単に水垢汚れを除去できますが、そもそも水垢汚れが定着しないように日頃から意識することが大切です。

可能な限り綺麗な状態を維持し、汚れを予防するためには、1日1回洗剤とスポンジを使用してこすり洗いすることを習慣化しましょう。

水垢汚れは水道水の蒸発が原因で付着するため、水道水が付着した状態で放置しないように拭き取ることを習慣化すると、水垢掃除の手間がかかりません。

そのため、食器用だけではなくキッチンを掃除するためのスポンジを用意しておく方法が効果的です。スポンジで掃除をした後に水気が残っていると水垢汚れにつながるため、キッチンペーパーや乾いた雑巾で拭くことも忘れないようにしましょう。

食器を洗浄した後は乾いた布巾ですぐに水を拭き取ったり、シンクや蛇口といった一部分を夕食後に乾拭きをする習慣をつける、バスルームは最後に入った人が簡単に水気を拭き取るなど、カルキ汚れを予防することはカビの発生を予防することにもつながるため一石二鳥です。

週に1回はしっかりお手入れをする

1日1回、簡単な掃除を習慣化するほかに、1週間に1回は別途お手入れをする方法がおすすめです。

毎日使っている台布巾を使い、シンクにお湯を流しながら汚れ落とします。シンクは傷つけないよう、力を入れずにこすることがポイントです。

次に、台布巾を使用しても流せなかった汚れを見つけるために、直接手でこすってみます。水垢が残っている場合、表面のザラつきで確認することが可能です。

残っている汚れはメラニンスポンジに水を含ませて擦り洗いをしましょう。メラニンスポンジは細かな繊維でできており、定着したばかりの汚れに絡んで簡単に除去できます。蛇口、排水口といった細かな汚れは、捨てる直前の歯ブラシを使用すればスムーズに磨き上げることが可能です。

最後に、キッチン全体に水分を残さないために、乾いた雑巾を使用して拭き取りましょう。特別な洗剤などを用意する必要は無く、毎日の大まかな汚れの掃除を習慣化していれば、週1回のメンテナンスもスムーズに終わります。日々の掃除を習慣づけることが重要だといえるでしょう。

市販のコーティング剤を使用する

キッチンのステンレス部分に使用できるコーティング剤を使用すれば、数日間は汚れを予防できます。

市販のコーティング剤の使用方法は、綺麗に磨いたステンレス部分に塗り、3~4時間放置して乾かすだけであるため非常に簡単です。

コーティング剤を塗った後、数日間は水滴を弾く効果によって水垢汚れが付きにくくなります。コーティングは、塩素系漂白剤や研磨剤、たわしなどを使用しなければ比較的効果が長続きするでしょう。

プロに掃除を依頼する

毎日掃除をすれば水垢汚れが蓄積することはありません。しかし、汚れが定着してしまった場合や予防策を取れないほど忙しい場合には、ハウスクリーニング業者や家事代行サービスなどに依頼をして定期的にキッチンの水垢汚れを除去してもらうという方法も有効です。

クリーニングサービスでは研修を受けたスタッフがキッチン周りの調理台やシンク、コンロなど掃除しにくい部分もしっかりとクリーニングしてくれます。

まとめ

毎日使用するキッチンは、綺麗な状態を維持したい場所です。水垢汚れが蓄積し、定着してから掃除をするのではなく、毎日の掃除を習慣化して清潔な状態を維持することが水垢の防止につながります。

毎日の掃除は様々な掃除アイテムを用意する必要はなくすぐに実行できるため、今日からでも始めてみましょう。

【PR】満足度94%!自分でやるのに疲れたらプロのお掃除

自宅のエアコンやキッチン、店舗のガラスやトイレまで。プロの力でキレイによみがえる!なかなか落ちない頑固な汚れにはこちらのサービスがオススメです。

無料の見積り相談であらゆるハウスクリーニングに対応してくれます。諦めている長年の汚れを落としてませんか?

お掃除マスター

\家全体すべてに対応/

年間3000件の実績

 

  • ◆掃除のプロにお任せ  
  • ◆黄ばみやカビ取りも  
  • ◆全国各地に完全対応  
  • ◆最短即日 待たせません

 

関連するキーワード


キッチン掃除

関連する投稿


窓の結露対策グッズ14選。100均で買える防止シートも!

窓の結露対策グッズ14選。100均で買える防止シートも!

窓の結露。朝起きると、たっぷりと水滴が窓についており、ビックリした、という方は少なくないでしょう。この結露を放置していると、カビや腐食など、さまざまな悪影響が訪れてしまいます。ここでは、そんな結露を防止する方法をいくつか紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。


ゴミ箱おしゃれインテリア20選!蓋付き・無印・木製・小さい

ゴミ箱おしゃれインテリア20選!蓋付き・無印・木製・小さい

おしゃれなインテリアで家の中を飾っていても、ゴミ箱で生活感が出てしまうことに不満を抱いている人も多くいます。ここではデザイン性が高くおしゃれなインテリアごみ箱を20点紹介。選び方や置く場所の考え方についても確認し、自宅に最適なおしゃれなゴミ箱を購入しましょう。


ダニ対策8選!布団・ベッド・マットレス・畳は?繁殖条件や死滅温度は?

ダニ対策8選!布団・ベッド・マットレス・畳は?繁殖条件や死滅温度は?

ダニは、マットレスや布団、カーペット、畳、ソファーなど様々な場所に潜んでいます。そこで、ダニの繁殖条件、駆除方法について紹介します。さらに、ダニ対策の方法や、ダニの駆除を依頼をした際の費用相場についてもチェックしておきましょう。


自分でできる! キッチンの換気扇交換

自分でできる! キッチンの換気扇交換

キッチンの換気扇の交換手順を説明します。ここでは主に、壁に四角い穴があいていてプロペラが直接設置されている、直接排気式のプロペラファンの交換について解説します。その他、業者に換気扇交換を頼む時の相場や注意点、換気扇の掃除方法なども説明します。


自分でできる!シロッコファンの汚れを落とす6つのコツ

自分でできる!シロッコファンの汚れを落とす6つのコツ

レンジフードの中にあるシロッコファンは、専門業者でないと掃除できないと思われがちですが実は自分で掃除できるのです。掃除の手順や、掃除する時にあると便利な道具など、シロッコファンの掃除方法をわかりかすく解説しました。


最新の投稿


老前整理で成功する6つのコツ

老前整理で成功する6つのコツ

老後を快適に暮らすために、元気な40代50代のうちに家の中の整理作業を行うことを「老前整理」と言います。ここでは、老前整理の心構えやコツ、老前整理を行わないとどうなるのか、整理する時の注意点などについてまとめました。


いくらかかる?遺品整理の料金相場を徹底分析

いくらかかる?遺品整理の料金相場を徹底分析

亡くなられた方の遺品を整理するというのは、一生のうちでそう何度も訪れるものではありません。 故人の遺したものを適切に整理するには、いくらくらいの費用がかかるものなのでしょうか?また、遺品整理業者に依頼できる範囲や遺族としての心構えもご紹介します。


窓の結露対策グッズ14選。100均で買える防止シートも!

窓の結露対策グッズ14選。100均で買える防止シートも!

窓の結露。朝起きると、たっぷりと水滴が窓についており、ビックリした、という方は少なくないでしょう。この結露を放置していると、カビや腐食など、さまざまな悪影響が訪れてしまいます。ここでは、そんな結露を防止する方法をいくつか紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。


雑草の種類10パターンと見分け方を解説!庭や畑の雑草はどれ?

雑草の種類10パターンと見分け方を解説!庭や畑の雑草はどれ?

よく見る雑草を、写真入りで種類別に紹介しています。春に芽を出す雑草と秋に芽を出す雑草の駆除方法の違いや、粒タイプと液体タイプの2種類の除草剤の違いについて解説している他、防草シートについても説明しています。


家電をリサイクル回収する4ヶ所と無料回収業者の注意点

家電をリサイクル回収する4ヶ所と無料回収業者の注意点

家電の処分をする時、ただ簡単で安いからという理由で回収の依頼先を決めてしまうと悪徳業者にひっかかってしまう危険があります。家電の回収を依頼する時は、悪徳業者に注意し、決められた4つの家電回収場所にて、適切な回収をしてもらう必要があります。


 

 

ビジネスパートナー募集