暮らしのお悩み解決サイト

ゴキブリ寄せ付けない方法8個!玄関・屋外・置き型など侵入を防ぐおすすめ商品14選!

ゴキブリ寄せ付けない方法8個!玄関・屋外・置き型など侵入を防ぐおすすめ商品14選!

有名な害虫でありながら、ゴキブリを寄せ付けない・家の中に侵入させないための対策方法が分からないという人は多くいますよね。本記事ではゴキブリへの正しい対処方法から、ゴキブリを寄せ付けない強力なおすすめグッズ14種類紹介します。本記事を読んで正しい対策を行い「ゴキブリの侵入できない家」を目指しましょう!


ゴキブリが苦手だけどどのように対処したら良いかわからないという人も多くいるのではないでしょうか。

ゴキブリを退治できても逃げられてしまっても、ゴキブリが出てしまったら家に寄せ付けない対策が必須です。

本記事ではおすすめのゴキブリ予防方法からゴキブリを寄せ付けない対策グッズまで詳しく紹介しています。正しい対策を身につけて、あなたの家にだけはゴキブリが一歩も侵入できない環境を作りましょう!

ゴキブリの生態

ゴキブリは熱帯雨林を中心に生息する昆虫で、世界中で約3500種類以上が確認されています。その内のおよそ1%が人間の生活圏に生息。日本では約50種類のゴキブリが確認されています。

衛生害虫に区分されるゴキブリの生息開始はなんと3億年前!しかも3億年の間、姿形を変えずに生きているそうです。突発的に現れることと黒光りするその見た目は非常に不快で、恐怖感すら覚えますよね。

実はゴキブリは集団で生活しています。しかし夜行性のため、昼間に明るい所へ出てくることはあまりありません。昼間は棚の中や家電製品の裏側などでじっとしています

雑食のためどのようなものでも食べますがキッチンなど比較的食べるものが多い場所へ隠れていることが多いです。

暖かい場所や湿っている場所も好むため、キッチンのほかにお風呂場や脱衣所・トイレなどにも出没。サルモネラ菌、赤痢菌などの病原菌の運搬もゴキブリによる被害として有名です。

ゴキブリが出てくる時期

ゴキブリは暖かく湿気が多い環境を好みます。そのためゴキブリが最も活発になる時期は7月から8月にかけての夏場。繁殖も夏場に盛んに行われています。

ゴキブリが生きるための最低条件となる温度は摂氏20℃以上。この条件を満たす夏場はゴキブリの幼虫が一番育ちやすい時期でもあります。夏の間に産卵された卵は夏の間に孵化しますが、秋に産み落とされた卵は一部を除いて翌年の春頃に孵化します。

夏場にくらべると冬場はゴキブリの活動量は減るもの。しかし現在は暖房技術が発展したこともあり、夏場以外でもゴキブリが生きることが可能な環境です。

冬でも年中暖房が使用されている部屋や、家電の裏など暖かい空間では成虫が活発に活動し産卵します。

タスクル編集部一押しのゴキブリを寄せ付けないアイテムはこれ!
これが最強!店頭ではお目にかかれないプロが使うアイテム

ゴキちゃんグッバイプラスは様々なゴキブリ対策を行ってきたけれど突破されてしまった人が「最後の手段」としてたどり着くアイテム。実際にゴキブリ駆除業者が使っているとっておきの駆除剤です。

有効成分のホウ酸は昔から小麦粉・タマネギなどと混ぜて作る「ホウ酸団子」としてゴキブリ駆除剤に使用されてきたもの。海外でも「Japanese Housan Dnago」として浸透しているほどです。

ホウ酸は半日~5日程度かけてゴキブリを死へ至らしめますが、死ぬまでのこの期間が重要!ホウ酸を食べたゴキブリは「あの家で食べた物は危険だ」と仲間にサインを出しながら死んでいくため、ほかのゴキブリも家に寄せ付けない強力な撃退グッズになるのです。

有効成分が凝縮されたゴキちゃんグッバイプラス。市販の置き型駆除剤のように「中から小さなゴキブリが出てきたらどうしよう…」と無駄な不安感なく交換も可能です。

ゴキちゃんグッバイプラスの効果・悪い口コミまで徹底調査!正規品が買えるサイトは? | タスクル

https://taskle.jp/media/articles/1689

ゴキちゃんグッバイプラスが気になっている方は必見!市販品にはない効果・口コミから正規品の買い方までどこよりも徹底調査しました!

人気商品「ゴキちゃんグッバイプラス」を徹底紹介した記事はコチラ!類似品を買って、損しないようにしてください!

ゴキブリの侵入経路

ゴキブリを寄せ付けないためには家のあらゆる場所がゴキブリの侵入経路と思っておきましょう。おおよそ数ミリの穴はゴキブリにとっては通常の通路となるからです。ゴキブリの代表的な侵入経路は以下の3つです。

【①すき間ができやすくゴキブリの侵入経路になりやすい場所】
・通風口
・排水管
・換気扇のすき間


上記のような場所は普段から開いている部分でもあり、ゴキブリにとっては最も侵入しやすい場所。人の気配のしない深夜に侵入する場合が多いです。上記の場所にはゴキブリを寄せ付けないしっかりした対策を施しましょう。

【②開け閉めすることでゴキブリの侵入経路になりやすい場所】
・玄関
・窓周辺
・シャッター
・バルコニー


頻繁に開け閉めする上記のような場所もゴキブリの侵入経路になりやすい場所です。人によって開けられた数秒〜数分の間に室内へ侵入することは、ゴキブリにとってはとても簡単なことなのです。

【③ゴキブリの意外な侵入経路】
・ダンボール

保温性のあるダンボールはゴキブリが大好きな環境。特に食品が入っていた古いダンボールは、ゴキブリが住みついて卵を産み付けていた可能性があります。

新品の荷物が配達された場合でも、工場や倉庫でどんなダンボールと隣り合わせになっていたかまでは分かりません。新しさや中身に関わらず、ダンボールはゴキブリの侵入経路と考えましょう。

ゴキブリを寄せ付けない対策4個【玄関・屋外】

1.【玄関まわりの清潔をキープ】
ゴキブリが家の周りに集まってくる一番の理由は餌を求めているからです。そのため建物周辺に餌となるものが多くあると、ゴキブリが集まる原因になります。

逆に言えば玄関先や建物の入り口を清潔に保ちゴキブリのエサとなるものを置かないようにすることが、ゴキブリを寄せ付けない一番の予防策になるのです。

生ゴミはもちろんゴキブリのエサですが、ゴキブリは雑食。私たちの髪の毛や垢など思いもよらないものがゴキブリにとってはエサになります。

またゴミ袋を密集させるとゴキブリが暖をとるスペースを提供していることと同じです。ゴキブリを寄せ付けないために、玄関先にはどんな種類のゴミも長く放置しないように気をつけましょう。

とはいえ、家族の人数に比例して出るゴミの量も多くなるもの。ゴキブリの一番の標的となる生ゴミだけでも臭い・水分が減るように工夫しましょう。口コミ100件越え!5分の1にまで生ゴミの量を減らせる生ゴミ処理機は一見の価値ありです!

2.【侵入口を塞ぐ】
上述したようにゴキブリは小さな隙間でも簡単に通れます。しかし侵入口をしっかり防げば、物理的にゴキブリが入れないようにすることができます。

玄関周辺に割れ目や亀裂がある場合、立派な侵入経路です。小さな隙間であればコーキングで手軽に修繕することも可能なので塞いでおきましょう。

換気扇や通風口が常時開いている場合は、使用していないときは蓋ができるように工夫が必要です。飲食店などの場合、排水口に通じているグリーストラップなどの清掃をこまめに行うことで、残飯などを常に排除してゴキブリが外部から侵入しないように対処することもできます。

3.【植木をこまめにチェック】
湿気を好むゴキブリにとって、玄関周辺に置いてある植木はかなり最適なすみ家となります。また植木の受け皿に残った水はゴキブリにとっては嬉しい飲み水です。

そのため「水やりをしようと植木をずらしたらゴキブリがいた!」という事態も決して珍しいことではありません。

さらに植木鉢は私たちが日々手入れをするため、安定した湿度と水分を維持しています。なのでゴキブリにとっては卵を産む場所としても最適。掘り起こす機会の少ない植木の土は幼虫が育つに環境としてもバツグンなのです。

玄関先に植木を置いている場合は以下の対策でゴキブリを寄せ付けないようにしましょう。
・受け皿や土の上の落ち葉やゴミは毎日取り除く。
・土に湿気を溜めないように風通しのよい場所に置く。
・葉水もきちんと行い葉っぱのホコリも予防する。

4.【待ち伏せタイプの殺虫剤をスプレー】
待ち伏せタイプの殺虫剤は、ゴキブリが寄り付きそうな場所や隙間などスプレーしておくだけでゴキブリを遠ざける働きがあります。

またスプレーした場所を通ったゴキブリを退治することも可能。玄関まわりや靴箱の裏など、ゴキブリが隠れていそうな場所に使用すると良いでしょう。さらに玄関の外にスプレーしておくことで玄関口へ寄り付かなくなることも期待できます。

このタイプの殺虫剤は殺虫効果が強い半面、誤った使い方をすると危険な影響を及ぼすこともあります。沢山吸い込んでしまったり誤って目や口へ入ってしまわないよう、小さな子供がいる家庭や食品を扱っている近くでは気をつけて使用しましょう。

ゴキブリを寄せ付けない対策4個【室内】

1.【ゴミのない室内をキープ】
実は私たちが普通に生活しているだけでも、ゴキブリにとっての餌を多くばらまいていることがよくあります。

毎日出る生ゴミ
床に落ちた食べかす
人間の髪の毛や皮脂
上記はゴキブリの餌となるため、私たちの生活圏内にもゴキブリの方から食料を求めてやってきてしまうのです。

ゴキブリを寄せ付けないために室内の清掃は頻繁に行い、なるべく汚れを溜ないようにしましょう。

室内にゴキブリの餌となるものが少ないほど、外部からの侵入を防ぎやすくなります。

2.【ミント・柑橘系のハーブ消臭剤を使用】
ゴキブリはミントや柑橘系の香りを嫌う傾向にあります。柑橘類に含まれる「d-リモネン」という成分はゴキブリにとっては有害なのだとか。例えばd-リモネンを含む果汁などをほんの数滴浴びただけでも、ゴキブリは動けなくなることがあるそうです。

実際にゴキブリの忌避剤としてレモングラスを配合したアイテムも人気です。

室内で芳香剤やアロマオイルを使用している方は、柑橘系のさわやかな香りを選ぶとお部屋もリフレッシュされゴキブリが近寄ってくることも減るでしょう。

また冬場の乾燥対策として使用する加湿器にアロマオイルを垂らすのも効果的。良い香りに包まれて、加湿とナチュラルなゴキブリ対策が同時にできますよ。

3.【毒餌タイプの殺虫剤を置く】
毒エサタイプの殺虫剤はスプレータイプの殺虫剤と比べ、継続して効果を発揮してくれます。例えばプロの業者も使うゴキちゃんストップはなんと6か月間も駆除効果が持続!特殊な製法で有効成分をギュっと固形化しているからなんですね。

毒エサエイプの殺虫剤は、毒エサを食べた1匹だけでなくすみ家などに潜むゴキブリ駆除にも役立ちます。

できればゴキブリの姿を目にすることなく家から全てのゴキブリを追い出したいもの。【ゴキブリを寄せ付けないおすすめ商品14選】では置くだけ簡単な商品も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

ゴキブリのすみ家にある卵まで駆除したいと思ったら、フィプロニルという成分配合の毒エサ殺虫剤がおすすめです。フィプロニルは卵を持っているメスのゴキブリに効果的。卵を持つメスの死骸や糞を食べたゴキブリにも毒が作用するので、連鎖的な駆除が可能です。

毒エサタイプの駆除剤はゴキブリの通り道になる場所に設置しましょう。キッチン周りや家具・家電のすき間などに置くと効果的です。

4.【すみ家をつくらせない】
ゴキブリを室内へ寄せ付けないようにするためには、室内に「ゴキブリが生活できる環境を作らない」対策も有効です。

例えば「古い新聞紙やダンボールの束」は簡単に暖を取れすぐに身を隠すこともできるので、ゴキブリにとってはかっこうのすみ家になります。

またホコリの溜まった暗くてジメジメした場所もゴキブリ好み。脱衣所やキッチンの棚の奥など掃除の手が届きにくい場所は要注意ですね。

すみ家や隠れる場所が無いことをゴキブリが知れば「この家は生活しづらい」と寄り付かなくなります。室内の隠れられそうな場所は徹底的に減らして、ゴキブリを寄せ付けない環境を作りましょう。

ゴキブリを寄せ付けないおすすめ商品14選

ゴキブリを寄せ付けないおすすめ商品|その1
①ゴキちゃんグッバイプラス

タスクル編集部一押しのゴキブリを寄せ付けないおすすめ商品!プロの駆除業者も使うお墨付きです。レストランなどの飲食店でも使われているアイテムなので、一般家庭で使うのなら効果も長期間持続します。

「市販のゴキブリ対策アイテムはほとんど試した。わが家はもうダメなのかもしれない。」とお悩みの方にこそ、使って欲しいゴキブリ対策アイテムです。

ゴキブリを寄せ付けないおすすめ商品|その2
②ブラックキャップ ゴキブリ駆除剤

ブラックキャップは王道の毒えさタイプの殺虫剤となります。見た目もシンプルで小さいためあらゆる場所へ置いておくことができます。

置いた日から効き目があり、餌を食べたゴキブリからその巣で過ごしているゴキブリまで根こそぎ駆除することができるでしょう。

小さい見た目からは想像できない量の餌が収納されているため、設置から一年間ほど継続して効果があります。毎年同じ時期に新しいものへ交換することで、設置した時期を忘れてしまうことなども防ぐことができるでしょう。

ゴキブリを寄せ付けないおすすめ商品|その3
③フマキラー 殺虫スプレー 凍殺ジェット

殺虫成分が全く使用されていない凍殺タイプのスプレーとなります。殺虫成分が無いことで人体へ与える影響が少ないため、キッチンや食品の周りでも気兼ねなく使用できるというメリットがあります。しかし、噴射されたガスは可燃性のため火を使用している周りでは使用しないようにしましょう。

スプレーを噴射されたゴキブリは-80℃の寒さで凍ります。そのため時間が経てば再度解凍されて息を吹き返しますので注意が必要です。凍結スプレーで動きを止めた後、必ず物理的に駆除する必要があります。

ゴキブリを寄せ付けないおすすめ商品|その4
④バルサン 窓・アミ戸に 塗る虫よけ

有効成分エトフェンプロックスを配合しているためゴキブリだけでなく幅広い害虫に効果がある塗るタイプの防虫剤です。スプレーなどとは違い、直接網戸や玄関・ゴミ箱などに塗り込みゴキブリ寄りつかないように防ぐことができます。

他の防虫剤などに比べて吸い込んでしまう恐れも少ないため、健康被害も少なく安心です。また一ヶ月ほど持続するため頻繁に塗り直さなくてよいのも魅力の一つです。

スプレータイプでは難しい網戸に使用するためには最も効果的な防虫剤でしょう。

ゴキブリを寄せ付けないおすすめ商品|その5
⑤ごきぶりホイホイ+デコボコシート

ゴキブリが外部から頻繁に出入りしていることが確認できたら、物理的に捕まえるのが一番手取り速い方法になります。こちらのゴキブリホイホイはデコボコ粘着シートで一度捕まえたらほとんど身動きができなくなります。従来のゴキブリホイホイに比べてもその強力さは歴然でしょう。

強力な誘引剤を使用しているため、離れたところにいるゴキブリもどんどん誘い出します。設置方法も場所によって立てかけて設置することも可能なので狭い隙間にも対応することが可能です。他のゴキブリ対策とも併用して使用しやすい商品です。

ゴキブリを寄せ付けないおすすめ商品|その6
⑥ゴキバリア ゴキブリ用殺虫スプレー

バリア効果配合のゴキブリ用殺虫剤です。一家に一つ置いておくと大変便利なスプレーです。実際にゴキブリを確認したら、スプレーすれば駆除することができます。またゴキブリが普段移動している際に使用している隙間や玄関などの侵入経路に噴きかけておくことで、一ヶ月ほどゴキブリを寄せ付けない効果が持続します。

ゴキブリだけでなく他の害虫に効果もあり、実際に害虫に向かって噴射する際は最低でも60cm程度の距離を開けるようにしましょう。

強力な殺虫成分が含まれているスプレーとなっているので、小さな子どもやペットの手の届かない場所に保管し、目や口に入ったらしっかりと洗浄しましょう。

ゴキブリを寄せ付けないおすすめ商品|その7
⑦アース製薬 天然ハーブのゴキブリよけ

殺虫剤を使用していない天然成分で作られたゴキブリよけです。殺虫剤を使用していないの、キッチン周りにも安心して置くことができます。嫌な匂いを充満させるタイプのゴキブリよけとは違ってハッカが作用するタイプのため、ミントの香りもスッキリして清潔感があります。

小さいお子さんやペットなどを飼っている人にも安心して使用できるでしょう。

効き目を失いがちな広い収納空間で使用するために開発されているため、キッチンのシンク下や流し台の下などの広い空間でもしっかりと効力を発揮してくれるでしょう。

ゴキブリを寄せ付けないおすすめ商品|その8
⑧ゴキブリ ムエンダー

空間にスプレーすることで部屋全体をゴキブリから守るスプレータイプの無煙ゴキブリ駆除剤です。空間にプッシュすることで部屋全体に広がった成分でゴキブリを駆除します。最大で60畳分の空間に効果を与えられます。匂いがなく汚れないため誰でも使用することができます。

広さに合わせた回数をプッシュし、部屋を閉め切り30分ほど放置します。その間に成分が隅々まで行き渡ります。

大体6畳程度の空間では4プッシュが適量となります。部屋全体に行き渡るよう、斜め上を向けて噴射しましょう。

ゴキブリを寄せ付けないおすすめ商品|その9
⑨フマキラー ゴキブリ 駆除 殺虫剤 スプレー

こちらは時間差でゴキブリを根こそぎ駆除することが可能な隙間にプッシュタイプのゴキブリ駆除剤となります。冷蔵庫の裏やキッチン周りの隙間にワンプッシュするだけで15分〜20分後には多くのゴキブリが弱った状態で出てきます

弱ったゴキブリは駆除しやすく、一網打尽にすることができます。また、出てきたゴキブリは天井へ逃げようとするので対策をしている必要があります。

一回のプッシュで大体1ヶ月ほど効果があり、こちら一つで80回ほどプッシュすることができます。またその効果が持続中はゴキブリが寄り付きません。

ゴキブリを寄せ付けないおすすめ商品|その10
⑩KINCHO コンバット ゴキブリ殺虫剤

玄関の外やベランダなどに設置することで、誘われてきたゴキブリが餌と勘違いしてそのまま巣へ帰ります。それによって室内へ入らせること無く巣にいるゴキブリの仲間まで一網打尽にすることが可能です。雨風にさらされても大丈夫な作りになっています。

飲食店など、外部からの侵入が多くある場合などにも大変有効で、室内にいるゴキブリにも効果があります。また、餌と勘違いして食べてすみ家へ戻ったゴキブリが巣の中で息絶え、その死骸を食べた仲間もそのまま道連れにします。

ゴキブリを寄せ付けないおすすめ商品|その11
⑪ゴキガード

人にとっては良い香りの天然の虫よけ剤です。見た目もただの芳香剤のようにしか見えず、玄関や寝室などどこにでも置いておけます。靴箱やクローゼットなどで芳香剤を使用している人はこちらに置き換えることで良い香りと同時にゴキブリ対策もすることができます。

もしもこぼれてしまっても、天然成分のみ使用しているため小さなお子さんやペットがいても安心できます。キッチン周りの生ゴミなどの嫌な匂いを抑えるためにも使用することができるでしょう。

ゴキブリを寄せ付けないおすすめ商品|その12
⑫超音波式害虫駆除機

特定の周波数で害虫の脳や聴覚システムを破壊することができます。そのため正常な行動ができなくなったゴキブリが生存できなくなります。また正常なゴキブリはこの周波数の超音波を嫌がる傾向にあり、寄り付きません。

化学成分や薬剤などは一切使用していないため、人体への影響はありません。これだけで外部のゴキブリを寄せ付けない効果があるので大変便利です。

ゴキブリを寄せ付けないおすすめ商品|その13
⑬バルサン Gキャップ ゴキブリ誘引殺虫剤

ケースが透明になっているので残量がひと目で分かる誘引駆除剤です。だいたい中の駆除剤がなくなるまでにゴキブリの成虫150匹を駆除する事が可能。見た目も通常のものと比べても可愛らしく、ゴキブリ駆除剤に見えないのも人気の一つです。

中身が見えていても普段目に付かない場所へ設置していると交換時期は忘れてしまいがちです。

しかしこちらはスマホのバーコードリーダーで読み込み、設置日などの情報を入力すると交換目安時期に通知が来るシステムを採用しているので忘れ防止になります。

ゴキブリを寄せ付けないおすすめ商品|その14
⑭バルサン ワンタッチ 煙タイプ

ゴキブリが大量に発生していたり、すみ家が特定できないという場合には一度家全体をこのくん煙タイプで一斉駆除をする必要があります。噴出力が強く、部屋の隅々までくん煙剤が広がって根こそぎゴキブリを駆除します。

引っ越し先の家が古い家でゴキブリが住み着いているというときにも大変効果的です。使用方法はとても簡単ですぐにくん煙を発生させることができるので、女性でも安心して使用することができます。

ゴキブリが出た時の退治法

ゴキブリ対策を行っていてもゴキブリが侵入してしまうことはあります。突然ゴキブリが室内で現れたときは驚いてしまいますが、落ち着いて対処しましょう。新聞紙やスリッパなどがあればそれらを使って物理的に潰すのが一番効果があります。退治後はほうきなどで処理しましょう。

次にキッチン周りで発生し、叩き潰せるものがない場合はキッチン用の中性洗剤などをかけることで身動きを取れなくすることができます。キッチンで発見したら慌てずに洗剤やお湯などを掛けるなどをして対応しましょう。手元に殺虫スプレーなどがあれば使用しても良いですが、小さなお子さんや食品がある場合は物理的に退治する方法を取るようにしましょう。

ゴキブリを寄せ付けない方法|まとめ

急に現れたゴキブリは対処に困りがちですが、普段から必要な予防法や対策を行っていればその数を絶対的に減らすことが可能です。本記事を参考に自分にあった最適な予防方法を実践しましょう。

【PR】今すぐ害虫駆除をしたいなら!日本全国に対応

緊急を要する害虫駆除にはムシ・プロテックがオススメです。最短即日対応、迅速な駆除が可能です。素早い解決に向けて対応してくれます。害虫駆除は虫のプロにお任せ!

害虫トラブル最短即日解決

\最短期間で駆除/

年間3000件の実績

 

  • ◇現地見積、出張費用無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連するキーワード


ゴキブリ駆除

関連する投稿


【閲覧注意】見る前に倒す!ゴキブリの駆除対策におすすめの退治方法10選【プロ監修】

【閲覧注意】見る前に倒す!ゴキブリの駆除対策におすすめの退治方法10選【プロ監修】

ゴキブリ駆除に効果のある置き餌、毒餌の駆除剤を中心に、ゴキブリ退治方法をまとめました。また、ホウ酸団子の作り方や、ゴキブリの嫌う香りはどのような種類なのか、燻煙剤のタイプによる違いなどについても解説しています。


ゴキブリホイホイで効果的に駆除する4つのコツ。誘引剤は何?【プロ監修】

ゴキブリホイホイで効果的に駆除する4つのコツ。誘引剤は何?【プロ監修】

(この記事にはゴキブリの画像はありませんのでご安心ください。)昔からゴキブリ退治アイテムとして、広く支持されている「ゴキブリホイホイ」の仕組みや効果、正しい使い方についてまとめてみました。ゴキブリが活発に活動する暖かい時期が来る前に、根こそぎ退治して安心して春を迎えましょう!


ゴキブリの赤ちゃんの特徴4つと退治方法3つ【プロ監修】

ゴキブリの赤ちゃんの特徴4つと退治方法3つ【プロ監修】

キッチンやお部屋に見慣れない小さな虫がいませんか?もしかしたらゴキブリの赤ちゃんかもしれません。この記事では、ゴキブリの赤ちゃんの特徴と退治方法をまとめています。家中のゴキブリを退治して、清潔な暮らしを手に入れましょう!


ゴキブリが飛ぶ2つの条件と3つの理由【プロ監修】

ゴキブリが飛ぶ2つの条件と3つの理由【プロ監修】

ゴキブリはなぜ飛ぶのか、どうして人間のほうに向かって飛んで来るのか、そして、どのような条件の時にゴキブリは飛ぶのか、といったことについて解説しています。また、殺虫剤が無い時にゴキブリを退治するためのグッズや人気の殺虫剤についても解説しています。


ゴキブリの子供(幼虫)の特徴5つと退治方法4つ【プロ監修】

ゴキブリの子供(幼虫)の特徴5つと退治方法4つ【プロ監修】

ゴキブリには、幼虫が存在します。自宅のさまざまなところで、ふと見かけることがあるかもしれませんが、放置しておくと知らぬ間に成虫になってしまい、大変なことになります。ここでは、ゴキブリの幼虫の特徴や退治法などについて、ことこまかに解説をしています。


 

ビジネスパートナー募集