暮らしのお悩み解決サイト

火災防止対策を解説!原因やおすすめグッズは?

火災防止対策を解説!原因やおすすめグッズは?

本記事では火災の原因・予防対策やおすすめグッズを解説しています。


本記事では、火災の原因を知って予防対策を行えるようになるマメ知識を解説しています。

「対策をしても不安」という方にはおすすめの火災警報を紹介。

それ以外の防災グッズの収納方法については下記の記事で説明しています。

防災グッズの収納アイデア12選!収納のポイント・収納場所・おすすめアイテムまで | タスクル

https://taskle.jp/media/articles/1263

万が一の災害時のために備えておきたい防災グッズは、いざというときにすぐに取り出せる場所に収納することが大切です。防災グッズの収納のポイントや、上手な収納実例、おすすめアイテムなどを詳しくご紹介します。

火災はなぜ起きる?
火災の原因

火災は空気が乾燥している時期程置きやすいです。強風時は火が広がるリスクもあります。

住宅で発火する原因はタバコ、ストーブ、コンロのトラブルが一般的。火の気がある場所に燃えやすいものを置くのはやめましょう。

【火事の原因一覧】
・こんろ
・ストーブ
・たばこ
・電化製品の劣化
・ローソク・灯明
・マッチ・ライター

地震などの災害でストーブが倒れた時、近くにある毛布やカーペットに火が広がるケースはよくあります。

経年劣化した電化製品やホコリのつもったコンセントから火花が散り、火事になることも。

てんぷら油を加熱しすぎたことにより火事になったケースもあり、調理中も注意が必要です。

火災を防止する方法
火災の予防対策

火災を予防するためには、日々の生活を見直すことが大切。ここでは、そのポイントを紹介していきます。

火災の予防対策1
コンセント・家電の周りにホコリをためない

コンセントから火花が発生し、周囲の布やホコリに発火すると火災の原因になります。

たこ足配線にしておくと、ホコリがたまりやすいので止めましょう。

また、コンセントの容量以上の電流が流れて発火することもあるので注意してください。

詳しくは下記の記事で解説しています。

コンセントの火花の原因と対処法は?業者を呼ぶ目安を解説 | タスクル

https://taskle.jp/media/articles/1420

本記事では、コンセントから火花が出る原因や対処法を解説していきます。

たこ足配線を裂けても、古くなった電化製品から火花が散ることがあります。

引火して火事にならないように、家電の周りにホコリがたまらない生活を心がけましょう。

火災の予防対策2
防炎品や燃えにくいアイテムを利用する

ストーブが倒れたり、タバコの不始末が引火したりすると火災の原因になります。

それを防ぐためには、防炎品を使ったり、火の気があるものの近くに燃えやすいものを置かないことが大切です。

【防炎品とは?】
高層建築物や病院などは燃えにくい素材を使って「防炎物品」とされたカーテンなどを使うことを義務付けられています。

一般のご家庭でも「防炎製品」という火災予防上防炎性能がある製品を購入することが可能。

寝具やシート、衣類、カーテンなどがあり「防炎製品」というラベルが貼り付けられています。

防炎品が手に入らなくとも、ストーブや調理器具の近くに燃えやすい素材を置かないだけでも効果的。化学繊維やポリエステルを使ったものは燃えやすいのでNGです。

コットン・ウールなどの天然素材は燃えにくいです。

火災の予防対策3
火気の取り扱いに注意する

たばこやコンロから周囲に引火して火災が起こることは多いです。火を使う時は目を離さないようにしましょう。

高温により発火することもあるので、電磁調理器も注意が必要です。特に揚げ物中の火事は多いのでしっかりと管理する必要があります。

ストーブなどの電化製品も注意が必要です。特に、ストーブ周辺で洗濯ものを干すと引火しやすいのでやめましょう。

ストーブに点火したまま給油して、火事になった例もあります。

ライターやマッチは、小さなお子さんやペットがいる家庭ならカギ付き容器に入れておくのが安心です。

一見火の気がないものでも、太陽光を反射して火災の原因になるアイテムもあります。ペットボトル、花瓶、レンズ状のものなどは直射日光が当たる場所に置くのは止めましょう。

火災の予防対策4
乾燥・強風の日は注意する

乾燥・強風の日は発火しやすくなります。

屋外で焚き火や枯れ草を焼くご家庭は、強風の日は止めておきましょう

屋内でも乾燥した日は火の手が上がりやすく、延焼しやすいのでストーブやライターなどの取り扱いに注意するのがおすすめです。

火災対策に役立つ防災グッズ
家庭におすすめの火災警報器

火災が起きてしまった時は、初期で気づいて避難することが大切。そのためには、寝室や階段に火災警報器を設置するのがおすすめです。

火災報知器の種類・特徴
火災警報器の選び方

火災警報器には煙で感知するタイプと温度で検知するタイプがあります。

ご家庭におすすめなのは、火災の初期段階から気付いてくれる煙式タイプ。

警報音は音声・ブザー・光が主流です。

【音声警報タイプ・ブザー音タイプの特徴】
音声やブザー音なので分かりやすい。子供がいる家庭におすすめ。

【発光タイプの特徴】
光の点滅で火事を知らせるタイプ。視覚障がい者や耳の遠くなった高齢者におすすめ。

ネットで評価が高い火災警報器
ご家庭におすすめの火災警報器3選

ここでは、ネットで評価が高い火災警報器を紹介していきます。ご家庭におすすめな煙式タイプが中心です。

ご家庭におすすめの火災警報器1
パナソニック けむり当番 煙式 光電式

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


災害対策

関連する投稿


救急箱の中身リスト&おすすめ商品17選!ケース選びのポイントや収納実例も

救急箱の中身リスト&おすすめ商品17選!ケース選びのポイントや収納実例も

救急箱の中身に必要なものリストと、救急箱に入れる薬や救急セットのおすすめ商品を紹介します。ケース選びポイントや収納実例も登場するので要チェック!


防災セットおすすめ13選【保管場所別】見せ置きできるおしゃれなものも多数

防災セットおすすめ13選【保管場所別】見せ置きできるおしゃれなものも多数

防災セット選びでは、想定している保管場所に合う商品かどうかも重要。本記事では、防災セットのおすすめ商品を保管場所別にご紹介します。


雷対策で身を守る方法を紹介!よく聞く雷サージについても解説

雷対策で身を守る方法を紹介!よく聞く雷サージについても解説

急に雷が鳴り始めたらどうすればよいか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。こちらの記事では急な雷に対する対策を詳しく紹介します。


防災リュックの中身リスト!いらないものや女性・子ども・ペットがいる場合も

防災リュックの中身リスト!いらないものや女性・子ども・ペットがいる場合も

防災リュックの中身について、「必需品」と「あると便利なもの」を分けて解説。女性・子ども・ペットがいる場合の追加グッズや「いらないもの」も見ていきます。


自宅の地震対策やっておきたい3つのこと!おすすめ耐震グッズも紹介

自宅の地震対策やっておきたい3つのこと!おすすめ耐震グッズも紹介

自宅の地震対策、きちんとできていますか?今回は自宅の地震対策でやっておきたい3つのことをおすすめ耐震グッズを交えながら解説していきます。


 

ビジネスパートナー募集