暮らしのお悩み解決サイト

犬と暮らすリビングの作り方・注意点は?レイアウト実例付きで解説!

犬と暮らすリビングの作り方・注意点は?レイアウト実例付きで解説!

大切な家族の一員であるワンちゃんが快適に過ごすためには、人間用の家具の選び方・配置の仕方が大切。本記事では、犬用の生活グッズのレイアウトと一緒に、人間用の家具のレイアウトについても解説していきます。おしゃれなレイアウトの実例も解説しているので、ぜひご覧ください。


愛犬とリビングで暮らしたいのであれば、愛犬専用スペースを作ることと、人間用の家具の選び方が大切。

本記事では、サークル・ゲージ・トイレを設置するポイントや、おすすめの床材・壁材について解説していきます。

人間用の家具の配置のポイントや、犬と暮らすおしゃれなリビングの実例も紹介しているので、ぜひご覧ください。

犬と暮らすリビングレイアウトのポイント

犬と暮らすリビングは、家具の選び方や配置が重要。人も愛犬も暮らしやすいリビング作りのコツを解説していきます。

傷・臭いを防ぐ家具やアイテムを活用する
防水・防臭対策のある家具や壁を選ぶ

愛犬のいる部屋に置く家具は、防水加工があるものがおすすめ。ソファは合皮などの素材なら、粗相してもすぐに拭き取れます。

テーブル類は角がなく、太いタイプの家具がかじられにくいので、脚部分まで確認して選ぶのがポイント。保護ソックスでカバーするだけでもOKです。

床には犬用のマットレスやカーペットを敷きましょう。掃除のしやすさを意識しつつ、犬の足がからまりにくい毛足の短いものを選ぶのがおすすめです。

壁には保護シートを張ることで汚れや傷を防げます。

トイレなどの臭いの対策のために、防臭グッズを設置することも大切になります。

静かで風通しの良い場所に休憩スペース・寝床を作る
サークル・ゲージを設置する

集団生活を好む犬にとって、人のいるリビングは暮らしやすい空間です。ただ、犬が落ち着いて眠れるスペースとして、サークルやケージを設置することも大切です。

犬がゆっくりと休めるのは、直射日光が当たらない、風通しが良い場所。テレビやスピーカーの近くも、ストレスになるのでNGです。

サークル・ケージの下には、犬用のマットを敷いて清潔に保てるようにしましょう。

フロアマット・カーペット・絨毯などを敷くのがおすすめ
床は滑りにくくする

愛犬の暮らすリビングが滑りやすいと、足腰に負担がかかってしまいます。フローリングではなく、コルクマットなどの滑りにくく柔らかい素材がおすすめです。

絨毯やカーペットも滑りにくくしてくれますが、汚れやすいのが気になるところ。トイレトレーニングが済んでいない場合は、拭き掃除ができるフロアマットを敷く方がいいでしょう

おしゃれなデザインのトイレを選ぶのがおすすめ
犬の寝床とトイレは離す

トイレトレーニングが済んだ犬であれば、トイレもリビングに置いて大丈夫。

この時、眠るためのサークル・ケージとは話しておいた方がいいでしょう。トイレと寝床の距離が近いと、トイレで寝る癖がついてしまうことがあります

また、リビングにトイレがあると見栄えが悪くなりがちなので、おしゃれなデザインのものを選んだり、デッドスペースを活用したりしてうまく目隠ししましょう。専用グッズによる臭い対策も必要です。

愛犬にとってキッチンは危険地帯
キッチンなどの危険な場所に入り込まない工夫をする

リビングとキッチンがつながっている場合は、キッチン部分に入り込まない工夫が必要です。

犬用のゲートを設置して、侵入を防ぎましょう。

台所にある刃物・食器や調味料は、愛犬の生命を脅かしてしまうリスクがあるので、留守中にも迷いこまないようにしておくことが大切になります。

犬と暮らすリビングレイアウトの注意点

リビングで愛犬と暮らすためには、安全に過ごすための工夫が必要。ここでは、特に気をつけたいポイントを紹介していきます。

感電対策が重要
電化製品に気をつける

愛犬が噛んでしまわないように、電気コードにはカバーをしておきましょう

コンセントはキャップを刺して穴をふさげばOK。キャップをテープで止めて置けば、より安全になります。

その他、噛んでしまいそうな電化製品は、犬が届かない場所に置くことが大切。

家具やコード、家電を噛まないようにしつけをするのはもちろん、噛んでよいおもちゃで遊んでもらい、危険なものを噛ませないようにする習慣をつけましょう。

愛犬にとって安全な家具を選ぼう
高さのある家具・家電はNG

高さのある家具・家電は転倒した場合愛犬にケガをさせてしまいます。ぶつかっても倒れないように、固定できるタイプのものを選びましょう。

床にものを置かず、ゴミ箱にはフタをしよう
誤飲・誤食を避ける工夫が大切

愛犬とリビングで過ごす時には、誤飲・誤食に要注意。人間の食べ物や危険物を犬が届く範囲に置かないように注意しましょう。ゴミ箱はフタのあるタイプを選び、ゴミ漁りを防ぐことが大切です。

特に誤飲しやすいのが、ティッシュペーパーやタオル類。ローテーブルの上に出しっぱなしになっていないか確認した後、ケージから出しましょう。

犬と暮らすリビングにおすすめのアイテム12選

犬とリビングで暮らすためには、犬専用スペースを作ったり、すごしやすくするためのアイテムが必要。ここでは、ネットで人気の商品を紹介していきます。

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


レイアウト ペット

関連する投稿


縦長リビングレイアウト実例24選!おしゃれさと実用性のあるアイデアを紹介

縦長リビングレイアウト実例24選!おしゃれさと実用性のあるアイデアを紹介

縦長リビングのレイアウトってどのようにコーディネートすればよいか分からないという人も多くいますよね。縦長リビングならではの悩みいっぱいあります。こちらの記事ではそんな悩みを解決するために、参考になる実例を24選紹介します。おしゃれな縦長リビングをレイアウトするコツも紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね!


二人暮らしの部屋が狭い時は?レイアウト23選・ポイントを紹介

二人暮らしの部屋が狭い時は?レイアウト23選・ポイントを紹介

「今まで一人暮らしだったから、二人で暮らすと狭い」「予算の都合でこれ以上広い部屋は無理だけど、暮らしづらい」そんなお悩みをお持ちの方、いませんか?本記事では、1DK・1LDK・2DK・2LDKを想定して狭い部屋のレイアウトのコツを解説していきます。インスタの人気実例も紹介しているので、ぜひご覧ください。


猫の部屋のレイアウトのコツ・注意点を解説!賃貸でも猫と暮らす方法は?

猫の部屋のレイアウトのコツ・注意点を解説!賃貸でも猫と暮らす方法は?

猫と暮らす部屋には、必要な道具や対策があります。本記事では、愛猫と快適にすごすためのポイントや注意点、おすすめの商品を紹介していきます。インスタでのおしゃれな実例も掲載しているので、ぜひご覧ください。


8畳のリビングダイニングのレイアウトのコツを紹介!家具選びと配置が鍵!

8畳のリビングダイニングのレイアウトのコツを紹介!家具選びと配置が鍵!

8畳のリビングダイニングは、食事スペースとしてもくつろぎスペースとしても使えます。レイアウトを工夫して、おしゃれな空間にしましょう。本記事では、インスタなどの実例と家具を配置するコツを解説していきます。8畳におすすめの通販で買える家具も紹介していますよ。


犬の夜泣き問題を子犬・成犬・老犬別に解説!NG行動、対策グッズもご紹介

犬の夜泣き問題を子犬・成犬・老犬別に解説!NG行動、対策グッズもご紹介

犬の夜泣き問題を子犬・成犬・老犬別に解説!NG行動、対策グッズもご紹介


 

ビジネスパートナー募集