暮らしのお悩み解決サイト

家のカビ対策が進む10個のコツ

家のカビ対策が進む10個のコツ

気が付けばあらゆるところに繁殖している家のカビ。わたしたちの暮らしの中には、カビが発生するために必要な条件が十分に揃ってるのです。カビは発生してしまう前に、発生させないための対策をとっておくのが理想的。カビの原因や発生させないための10のコツについて学び、カビゼロ生活を目指してみましょう!


気がついたらあらゆるところに繁殖している家のカビ。わたしたちの暮らしの中には、カビが発生するために必要な条件が十分に揃っています。カビは生えてしまってからでは、除去するのが大変。そもそもカビを発生させないための対策をとっておくのがポイントです。

あなたもカビの原因や発生させないための10つのコツについて学び、カビゼロ生活を目指してみませんか?

家のカビの原因

まず最初に、家のカビの発生条件を理解しておきましょう。カビが発生は、「一定の湿度」「一定の温度」「酸素」「栄養分」が揃ったときに起こります。

1.湿度

空気中の水分が多い、つまり湿度が高いことはカビが発生する原因となります。カビが発生するのに最適な湿度は80%。お部屋自体の湿度がそこまで高くなくても、場所によって湿度が上がっていることがありますので注意が必要です。

2.温度

カビには発生しやすい温度があります。その温度は、20℃~30℃。特に25℃前後がカビの繁殖に適した温度と言われています。ちなみに、カビが繁殖できる温度は、5℃~35℃前後です。カビは比較的低温でも繁殖できますが(冷蔵庫でも繁殖します)、36℃以上になるとほとんど繁殖しないのです。

一般的な家庭の一年間の平均温度は10℃~30℃と言われており、カビの繁殖には適した温度と言うことができます。

3.酸素

カビが繁殖するには、酸素が必要です。水の中は湿度が高いにも関わらず、カビが繁殖しないのはこのため。湿度100パーセントで酸素のない水の中では、カビの繁殖はしないのです。

4.栄養分

カビが発生するのに欠かせないものとして、「栄養分」があります。たんぱく質や脂肪、炭水化物など、家の中のたくさんのものがカビの栄養分となります。

5.空気を滞留させないで!

カビを発生させないためには湿度を下げることが大切です。とは言っても、天候や季節の影響で、どうしても湿度の高い日はありますよね。そんなときは、空気を滞留させないように工夫をしてみましょう。日頃から家の中の空気を通りを良くしてあげることで、室内に湿度を溜めこんでしまうのを防ぎ、結果としてカビの発生を抑制することにつながります。

 

カビ対策、10個のコツ

次に、カビを発生させないための10個のコツについてみていきましょう。

① こまめに掃除をする

カビの繁殖を防ぐためには、カビの栄養分を除去するのが効果的です。こまめに掃除をして衛生的な状態を保つことで、カビの栄養分を除去し、繁殖を抑えることができます。頑固なカビが発生してしまう前に、日頃からこまめに掃除をすることを心がけましょう。

② 調理時、洗い物をするときは換気扇を

調理時と洗い物をするときに換気扇を回すことで、カビ対策につながります。キッチンにはシンク周りに常に水気がありますし、鍋や炊飯器などから水蒸気も出てきます。それに加えて食べ物や油汚れもカビのエサ。カビが繁殖するのに最高の条件が揃っているのです。

換気扇を回すことで空気の流れをつくり、水分を乾燥させ、カビの繁殖を防ぐことができます。料理中は換気扇を回す人は多いと思いますが、洗い物をするときは回していないという人が多いのではないでしょうか。洗い物によって出る水蒸気や飛び散った水を早く乾燥させるために、洗いものをするときも忘れずに換気扇を回すようにしましょう。

③ 洗濯物を部屋干ししない

近年、花粉や黄砂などが付着することを懸念し、洗濯物を部屋干しする方が増えています。しかし、部屋干しは家の中の湿度を高め、カビが繁殖しやすい環境をつくる原因となります。それだけでなく、部屋干しをすることは、洗濯物自体に菌を増殖させることにもつながります。できれば外でお日様の光にあて、殺菌・消毒効果の恵みを受けながら乾かしてあげるのが理想的です。

しかし、梅雨時期など、どうしても部屋干しをしなければならないこともあるでしょう。そんなときの対策として、部屋干しをするときに除湿機を利用することをおすすめします。除湿機を利用して家の中の湿度を低くすることで、カビの繁殖を抑制するばかりか、洗濯物の臭い対策としての効果も発揮してくれます。

④ 換気は湿度の低い日に

家の中の空気を入れ替えるために日頃から換気を心がけているご家庭もあるでしょう。しかし、換気は外の湿度が低い日は問題ありませんが、外の湿度が高い日には行うべきではないことをご存知でしたでしょうか。

なぜなら、湿度は高い場所から低い場所へと流れ込む性質があるためです。つまり、外の湿度の高い日に換気を行うと、家の中の湿度が上がってしまうことに。これでは換気が原因で、カビの繁殖を助長することになってしまいますよね。換気をするなら、外の湿度が低い日や時間帯を選ぶのが正解です。

⑤ 家具と壁に隙間をあける

カビを繁殖させないためには、空気を滞留させないことが大切。空気の流れを良くするための対策として、家具と壁に隙間をあけることが効果的です。家具と壁の間に湿気が滞留するのを防ぐことで、カビの繁殖を抑制することができます。本棚やタンスなどの家具は5cm、湿気を放つ冷蔵庫やベッドなどは10cmを目安に壁から離しましょう。

また、家具と壁に隙間をあけて空気の通りを良くすることで、風や光が嫌いなゴキブリの居場所をなくすことにもつながりますので、一石二鳥ですよ。

⑥ 家具と床に隙間をつくる

家具と壁に隙間をつくるのと同様、家具と床にも隙間をつくっておくことで、家の中の空気の流れを良くすることができます。湿度は下の方に溜まりやすくなっていますので、特にタンスやクローゼットの下の段は注意が必要。すのこや除湿マットなどを敷き、通気性を高めておくことをおすすめします。

⑦ 梅雨入り前は特別に対策を

カビにとって最高の環境となる季節は、ジメジメした梅雨から夏にかけてです。気温も湿度も上がり、栄養分さえあればあっと言う間にカビが増殖してしまいます。

カビのエサを減らすためにふとんやシーツなどを洗っておきたいところですが、梅雨に入ってしまうとなかなか洗うことができません。洗うことができたとしても湿気でカラッと乾かすことができず、逆に悪臭を放つようになることもあります。

梅雨に突入してしまう前に、ふとんやシーツ、ソファのカバー、キッチンマットやフロアマットなどを洗っておき、カビの栄養分を減らすために家の中のお掃除を済ませておくと、安心して梅雨を迎えることができますよ。

⑧ 網戸の目詰まりを除去

網戸の目詰まりは、通気性を悪くし、結果的にカビが繁殖しやすい環境をつくってしまいます。網戸のお手入れを忘れずに行うようにしましょう。

網戸のお手入れ方法は、ハケやスポンジをつかって網戸の目に詰まったホコリを掻き出し、掃除機で吸い込み、洗剤をつかって水拭きをして完了です。網戸の目詰まりを定期的に解消し、通気性の良い環境づくりを目指しましょう。

⑨ 結露や水気はすぐに拭き取る習慣を

家の中に結露や水気を見つけたら、すぐに拭き取る習慣をつけましょう。寒い季節には結露が発生しやすいですし、キッチン周りや浴室周りには常に水気があります。気がついたときにそのままにせずさっと拭き取ることで、家の中全体の湿度を下げることができます。水を拭き取るだけの小さな心がけですが、立派なカビ対策としてその効果を発揮してくれますよ。

⑩ 除湿剤や乾燥剤を置く

除湿剤や乾燥剤を置いておくのも、カビ対策としておすすめです。特に湿気のこもりが気になる場所(クローゼットの中や押入れの奥など)に除湿剤を置いておくと効果的。窓のそばに置いておくことで結露対策にもなりますし、お部屋の湿気取りとしても活躍してくれます。

また、お菓子などについている乾燥剤も湿気取りとして活用することができます。家具の隙間などに置いておくことで、こもりやすい湿気を取り除く効果があるのです。いつも捨てている乾燥剤も、ぜひ湿気取りとして活用してみてくださいね。

場所別、普段からできるカビ防止対策

次に、普段からできるカビ防止対策を場所別にみていきましょう。日頃の小さな心がけ次第で、カビの繁殖を抑制することができます。

1.キッチン

キッチンは食材を扱う場所ですので、常に清潔にしておきたいものですよね。キッチンでカビを防止するためには、換気扇を回しておくことがポイントです。調理中、炊飯器、皿洗い中などは、水蒸気が発生してカビが発生しやすい環境に。空気の流れを停滞させないために、換気扇を回しましょう。また、水仕事をしたらこまめに水分を拭き取ることも効果的です。

食べ物のカスや油汚れはカビのエサとなりますので、こまめに掃除をして衛生的に。アルコールスプレーなどを利用して除菌をするようにするとなお良いでしょう。

2.浴室

浴室は湿度も温度も高く、家の中でも特にカビが発生しやすい場所です。お風呂のカビ対策として、お風呂を使用しているときだけでなく使用していないときも換気扇を回しておくことがまずあげられます。浴室乾燥機がついている場合は活用し、浴室をできるかぎり乾燥させましょう。入浴後に壁の水分を拭き取るのもおすすめです。

また、人の皮脂や垢、石鹸カスはカビの栄養分となりますので、こまめなお掃除を。カビが発生しやすいシャンプーボトルなどの小物は置きっぱなしにせず、入浴のときだけ持ち込むようにするのが理想的です。見落としがちな天井のお掃除も忘れずに。

3.洗面所

洗面所は浴室と繋がっていることも多く、カビが大変繁殖しやすい場所のひとつですが、カビの原因を取り除いていくことでカビ発生を抑制することができます。洗面所にカビを繁殖させないためには、使用後に汚れや水分をしっかり拭き取ってあげるのが効果的です。飛び散った歯磨き粉や石鹸、水しぶきなどは都度拭き取るように心がけましょう。

4.玄関

玄関の靴箱や傘立てなどの湿気がある場所は、カビが繁殖しやすくなっています。そもそも玄関は通気が悪いケースも目立ち、外からの汚れや埃、そして湿気が溜まりやすい場所なのです。

靴箱はとにかく空気を通し、湿度を低く保つようにしましょう。除湿剤を使用するのもおすすめ。靴箱の扉はなるべく開けておくようにすると空気が滞りません。履いた靴はひと晩置いて湿気が飛んでから靴箱へ。

傘立ては通気性の良い形状のものを選ぶようにしましょう。天気の良いときには空っぽにして汚れをきれいに落とし、日光で消毒しながら乾かしても良いでしょう。使用した傘は乾かしてから傘立てに入れるようにしてくださいね。

5.お部屋

お部屋のカビは、閉め切られていることの多いたんすやクローゼット、床に敷かれた畳やカーペットなどに発生しやすくなっています。

たんすやクローゼットにカビを発生させないためには、とにかく通気を良くすることが大切です。床との間にすのこなどを置いて通気性を良くしておくのが効果的。湿気は下に溜まる性質がありますので、湿気を吸いやすい素材のものや、湿気に弱い素材のものは上方に収納を。除湿シートや除湿剤を利用して、年間通して湿気対策を心がけましょう。

畳は1年に1度は天日干しを。表、裏しっかり日光にあてましょう。カーペットやラグはなるべく丸洗いが可能なものを選び、こちらも天日干しでしっかり乾燥させてあげましょう。

カビ対策にあると便利な道具

カビ対策にあると便利な道具を紹介していきます。上手に利用して、今度こそカビとお別れしましょう!

1.防カビスプレー

防カビスプレーは、スプレーを吹きかけておくだけでカビの発生を防いでくれる優れものです。使用方法はカビを発生させたくない場所をまずきれいに掃除し、乾燥させたら防カビスプレーを吹きかけるだけ、と簡単。定期的にスプレーをかけ直せば、1年間通してカビの発生を防いでくれます。

2.除湿シート

除湿シートは、ベッドやたんす、クローゼットなどに適した除湿方法です。ベッドに使用するときは、マットレスの下に敷いてマットレスに溜まる湿気を取り除きましょう。たんす、クローゼットに使用する場合は、内側の壁に除湿シートを貼って使用します。消臭効果もありますので、マットレスや衣類をいつでも気持ちよい状態に。

3.除湿剤

置型タイプの除湿剤は、湿気の気になるお風呂、洗面所、キッチン、リビングなどさまざまな場所で大活躍。置いておくだけで、室内の湿気を勝手に除去してくれます。取り替えのサインが出たら速やかに取り替えを。正しく使用することで、楽してカビを抑制することができますよ。

まとめ

家のカビ対策は、こまめな掃除と空気を流すことが大きなポイントです。除湿アイテムはあると大変便利なものですが、使用期限をうっかり忘れてしまい、気が付いたらカビが大繁殖していることも。除湿アイテムに頼りすぎず、普段から自分自身でできるカビ対策を行うことが重要なのです。

お風呂のカビを取る掃除方法6つ!浴室全体・浴槽・天井など場所別にも解説

https://taskle.jp/media/articles/385

お風呂掃除で一番大変な、カビの取掃除についてお教えします。強力な塩素系洗剤を使うポイントや、ミョウバンや酸素系漂白剤、消石灰を使ったカビ取り方法について解説しているほか、カビを生やさないための毎日の工夫についても説明します。

【PR】満足度94%!自分でやるのに疲れたらプロのお掃除

自宅のエアコンやキッチン、店舗のガラスやトイレまで。プロの力でキレイによみがえる!なかなか落ちない頑固な汚れにはこちらのサービスがオススメです。

無料の見積り相談であらゆるハウスクリーニングに対応してくれます。諦めている長年の汚れを落としてませんか?

お掃除マスター

\家全体すべてに対応/

年間3000件の実績

 

  • ◆掃除のプロにお任せ  
  • ◆黄ばみやカビ取りも  
  • ◆全国各地に完全対応  
  • ◆最短即日 待たせません

 

関連する投稿


シンクの掃除方法6ステップ!道具・サビ・排水溝汚れは?

シンクの掃除方法6ステップ!道具・サビ・排水溝汚れは?

シンクが汚れる原因とキレイを保つための掃除方法についてまとめました。水アカや食品など汚れ別の掃除や、シンク掃除が楽になる洗剤やグッズについても解説している他、プロにシンク掃除を頼んだ場合の相場も調査しています。


オキシクリーンのキッチンシンク掃除方法!失敗しないコツ・注意点は?

オキシクリーンのキッチンシンク掃除方法!失敗しないコツ・注意点は?

オキシクリーンを使用して掃除を行う方法でオキシ漬けというものがあります。こちらの方法を習得することで簡単にキッチンシンクをきれいにすることができます。今回はキッチンシンクでのオキシ漬けの方法を、実際に行う際に確認が必要な注意点を詳しく紹介します。


五徳の掃除方法!洗剤別5個と汚れ別3個。重曹・クエン酸・セスキ

五徳の掃除方法!洗剤別5個と汚れ別3個。重曹・クエン酸・セスキ

ガスコンロの五徳に付着した油汚れや焦げ付き汚れは、放置してしまうケースも多いです。時間が経過すると汚れが定着し、除去しにくくなるため注意しなければなりません。自宅で簡単に行える、ガスコンロの五徳を掃除する方法と綺麗な状態に維持するポイントを紹介します。


浴室の換気扇交換方法は?交換時期・時間・費用は?自分でDIYできる?

浴室の換気扇交換方法は?交換時期・時間・費用は?自分でDIYできる?

浴室換気扇は寿命があることをご存知でしょうか?寿命を迎えた浴室換気扇は故障やトラブルのリスクが高いため新しいものへ交換しましょう。今回は、交換すべき最適な時期・交換方法・料金などを詳しくまとめました。


オキシ漬けのやり方8種類!お風呂・キッチン・洗濯機・靴など失敗しないコツ

オキシ漬けのやり方8種類!お風呂・キッチン・洗濯機・靴など失敗しないコツ

最近有名なオキシ漬けを試してみたいけどどうしたら良いか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。そのような方に分かりやすくオキシ漬けのやり方を状況に合わせて紹介します。こちらの記事を参考にぜひご自分の家で試してみましょう。


最新の投稿


ヤブガラシの駆除方法!生態・地下茎や根を枯らせる方法も解説

ヤブガラシの駆除方法!生態・地下茎や根を枯らせる方法も解説

駐車場のフェンスなどにツルが巻き付いていたらヤブガラシを疑いましょう。ヤブガラシは数ある雑草の中でもしぶとく、駆除しないで放置していると弊害があります。今回は、ヤブガラシの駆除方法を見ていきましょう。


オリーブの剪定方法8ステップとコツ8つ!ひょろひょろ・挿し木【プロ監修】

オリーブの剪定方法8ステップとコツ8つ!ひょろひょろ・挿し木【プロ監修】

オリーブの木の剪定方法や剪定時期について、わかりやすく解説しています。良い実をつけるための樹形や、切るべき枝の種類について解説しているほか、剪定に必要な道具や薬剤、おいしい実をつけるための剪定のコツについても調査しました。


布団のダニの種類と退治する駆除対策6つ!予防方法は?【プロ監修】

布団のダニの種類と退治する駆除対策6つ!予防方法は?【プロ監修】

布団には無数のダニがいます。でも「自分の布団は大丈夫!」「ダニがいても気にしない!」等と思っていませんか? ダニを放置するのは身体によくありません。今回はダニの駆除や予防方法をチェックしましょう!


蚊の駆除方法10個!屋外・庭・屋内・部屋など【プロ監修】

蚊の駆除方法10個!屋外・庭・屋内・部屋など【プロ監修】

蚊に刺されるとかゆみに襲われるため、「蚊に刺される前に駆除したい」と思いませんか? 不快な蚊を駆除するなら屋外や屋内にいる時等、自分がいる場所に合わせて蚊の駆除方法を実践し、蚊から身を守りましょう。


スズメバチの蜂の巣を自分で安全に駆除する方法6ステップ!【プロ監修】

スズメバチの蜂の巣を自分で安全に駆除する方法6ステップ!【プロ監修】

スズメバチの巣の駆除に効果的な殺虫剤や、刺されないための服装、安全に作業するための時間帯、蜂の巣のごみとしての捨て方について解説しています。蜂の巣が作られやすい場所や、蜂の巣の駆除業者に頼んだ時の費用相場についてもご紹介します。


 

 

ビジネスパートナー募集