暮らしのお悩み解決サイト

お風呂のカビ取り!掃除方法6選!おすすめカビ予防対策4選でピカピカのお風呂がよみがえる!

お風呂のカビ取り!掃除方法6選!おすすめカビ予防対策4選でピカピカのお風呂がよみがえる!

放っておいた間にお風呂のあっちにもこっちにもカビ…。本記事ではお風呂のカビをすっきり落とすカビ取り掃除方法を6つご紹介!カビを落としたあとは毎日のカビ予防対策でカビの生えにくいお風呂環境を作りましょう。毎日少し気をつけるだけで、ピカピカ・ツルツルのお風呂がよみがえります。本記事を読んでお風呂のカビを掃除・対策すれば湯舟に浸かったとき「あんなところにカビが」と気になることもなくなりますよ。


お風呂のカビは頑固で、一度発生するとなかなか取れませんよね。タイルの目地や、ゴムパッキン、シリコンコーキングの部分に黒カビが生えてしまうと、非常に落としにくいので困ってしまいます。
お風呂にカビが生えると、賃貸住宅の場合は出ていく時にクリーニング代がかかってしまう恐れもあります。

お掃除したのに、すぐにお風呂にカビが生えてきてウンザリしていたら、もしかするとそれはお掃除方法が正しくないのかもしれません。強力な洗剤を使わなくても、一発でカビを撃退できる方法があったんです。

今回は、お風呂場のカビの掃除方法や、防カビ対策について調査してみました。

お風呂のカビ取り|掃除方法6選

掃除しても次々と出て来るカビですが、お掃除しないでそのまま放置していると、入浴タイムに自分がカビ菌を吸い込んでしまうことになります。カビは放置しても自然に消滅してくれないので、あきらめずにお掃除しましょう。
強い洗剤を使わなくても、ちょっとした工夫でカビ退治ができますよ。

お風呂のカビ取り|掃除方法その1
①熱いお湯

テレビ番組でお湯を使ったカビ退治方法を特集してから、お湯のシャワーで行う「カビ退治」と「カビ予防」が注目されるようになりました。お湯だけでカビが無くなるのであれば、薬品も使用しないので身体に優しいし毎日できますよね。

カビは生物なので、高温が苦手です。50度のお湯を90秒かけ続けるだけで、カビは死滅するのです。できはじめのカビであれば、ゴムパッキンやタイルの目地の表面から、1ミリ程度の深さの場所までしか到達していないのでこの方法で撃退可能なのです。

注意点としては、天井のカビ退治には、お湯は向いていないということです。天井に50度のお湯をかけると、自分にかかってしまうのでとても危険です。また、壁にお湯をかける場合も、子どもがいない時に行うようにしてください。

カビの胞子は7日から10日で成長するので、週に一回50度のお湯をかける日を作れば、お風呂場にずっとカビを生やさないで済みますよ。

お風呂のカビ取り|掃除方法その2
②塩素系漂白剤

50度の高温シャワーでカビは死滅しても、カビの黒いヨゴレは残ってしまいます。カビの黒いよごれを取るには、ジョンソンの「カビキラー」や花王の「キッチンハイター」といった、市販の漂白剤やカビ取り剤を使用してください。
50度のシャワーを90秒かけているので、すでにカビは死滅しているため、使用する塩素系漂白剤も少量で済みます。

ゴムパッキンやシリコン、タイルの目地の奥に黒カビの黒い部分が残っている場合は、富士パックスの「ゴムパッキン・タイル目地修正ペン」やUYEKIの「ジャストタッチ」のようなもので白く上から塗ることで、黒い部分をカバーしましょう。

お風呂のカビ取り|掃除方法その3
③ミョウバン

ミョウバンは、ドラッグストアやネット通販などで買うことができます。カテゴリとしては、「洗剤」よりも「食品添加物」として扱われることが多く見られます。

食品添加物としては茄子の漬物の紫色を鮮やかに保つのに使われたり、ウニを加工する時に形が崩れないようにするために使われたりしています。また、脇の下の防臭剤や、井戸水の中の不純物を沈殿させる薬品としても使われてきました。

使い方としては、3リットルの水にミョウバン100グラムを溶かします。ミョウバンはすぐには水に溶けないので、使用する2日ほど前に溶かしてミョウバン液を作っておきましょう。白濁していた水が透明になったらミョウバン水の完成です。

ミョウバン水をカビが生えている所にスプレーして、暫く放置しておきます。数時間後にまだカビが取れていない場合は、再びスプレーしてください。カビが取れたらこすらずに、シャワーなどで洗い流して終了です。

ミョウバンは大量に体内に入れてしまうと、中にアルミニウムが入っているので人体への影響が心配されます。子どもがミョウバンでイタズラしたり、口に入れたりしないよう、しまう時には注意してください。

お風呂のカビ取り|掃除方法その4
④酸素系漂白剤+石灰

酸素系漂白剤と石灰を、少し熱めの50度から60度のお湯で溶かし、ペーストにすることでカビ取り剤として使用することができます。石灰は生石灰と消石灰がありますが、手軽にホームセンターで入手できるのは消石灰です。
生石灰はお菓子の乾燥剤などに使われていますが、扱いが難しいので消石灰でカビ取り剤作りをしましょう。念のため、吸い込んだりしないよう、マスクやゴム手袋、ゴーグルなどをつけてから作ってください。

作り方は、まず30ミリリットルの50度から60度のお湯に、消石灰10グラムを溶かします。消石灰の粉は吸い込むと刺激性があるので、マスクとゴーグルを忘れないようにしてください。
よく混ざったら、その中に酸素系漂白剤40グラムを入れます。歯磨き粉位のペーストになればできあがりです。

このペーストは、できあがった時が一番強力なカビ取り剤なので、時間がたつにつれて酸素が抜けてカビ取り効果が減ってしまいます。15分以内の使用が目安ですので、あまり一度に作りすぎないようにしましょう。
ペーストを作り終わったらすぐにお風呂のカビに塗って、2時間ほど放置してください。

放置して数十分経過するとペーストが乾燥してきますので、セスキ炭酸ソーダで作ったスプレーや、炭酸ソーダ(炭酸塩)で作ったスプレーを、乾燥予防に時々ふりかけてください。
セスキも炭酸ソーダもどちらも通販サイトやドラッグストアで販売しています。

2時間ほど放置したら、水で流しながら歯ブラシやスポンジでペーストを取り除きます。最後は再びカビが生えてこないように、しっかりとクロスで水分を拭き取ってください。

お風呂のカビ取り|掃除方法その5
⑤重曹

お風呂場の掃除の中でも、天井にできたカビ掃除は大変面倒なものです。強い薬品をスプレーしても、液体は天井にとどまらず直ぐにポタポタと落ちてきてしまいます。また、スポンジにカビ取り剤を含ませて天井を拭いた場合、よく水洗いしないとお風呂に入った時に残った薬品がポタポタと水蒸気と一緒に自分に向かって落ちてきてしまうこともあります。

天井は液垂れなどで、自分にカビキラー等の強い薬品がかかると危険です。そんな時に役に立つのが重曹スプレーです。100円ショップなどで重曹は購入できますので、手軽なカビ取り剤と言えるでしょう。
重曹スプレーは、水1リットルに対して重曹を大さじ5杯程度入れます。重曹はお風呂のお湯位の温度が一番溶けやすいので、できればお湯で溶かすと良いでしょう。

カビが気になる部分に重曹スプレーをふりかけて、数分ほど放置します。あまり効果が見られないようであれば、重曹の濃度を濃くしてください。

また、ゴムパッキンやシリコンにできたカビは、重曹スプレー以上に効果のある重曹ペーストを塗ってみましょう。重曹に少量のお湯を混ぜて、歯磨き粉のようになれば完成です。重曹ペーストをカビの部分に乗せたら、サランラップやキッチンペーパーで30分程度パックしておきます。乾燥するようであれば、時々重曹が流れ落ちてしまわない程度に水をスプレーしてください。

お風呂のカビ取り|掃除方法その6
⑥業務用カビとり剤

通常ドラッグストアで販売しているカビ取り剤の他に、「鈴木油脂工業 カビとり一発」のようなプロも使用している業務用のカビ取り剤もネット販売されています。業務用の洗剤は、どれも強力なので数秒でカビが消えたり、防カビ効果も高いものです。確かに性能が良いのですが、その分強力な薬品を使用しています。

ハウスクリーニングやホテルなどの掃除の場合、何件も何部屋も掃除しなくてはいけないので作業能率をあげなくてはいつまで経っても掃除が終わりません。そのため、短時間でカビ取り効果がアップするように、プロ用カビ取り剤はパワーが違うのです。

業務用カビ取り剤を使用する時には、自分や家族が薬品を吸い込んでしまわないよう、十分に換気をしながら使ってください。ゴーグルや三角巾、手袋やマスクをしてから、作業に取り掛かりましょう。

業務用だけでなくカビ取り剤の多くの製品には、「塩素」が成分として入っています。
薬品が入っている容器の説明書を見ると、ジョンソンの「カビキラー」や鈴木油脂工業株式会社の「かびとりいっぱつ」には「次亜塩素酸塩」が入っているのがわかります。

塩素は水道水にも入っていますが、水道水の場合は大変濃度は薄いものです。カビ取り剤のように大変濃度の高い塩素は、大量に飲んでしまったり吸い込んでしまったりすると、中毒や命の危険もあるのです。

家庭でのカビ取り掃除は、清掃業者のように1日に何件もお風呂の掃除をしなくてはいけないものではありません。ゆっくりでもカビが取れれば十分なので、自分や家族の身体に優しい掃除方法を最初に試してから、どうしてもカビが落ちない時にだけ強い薬品を使うようにしてください。

お風呂にカビが生えやすい原因

カビは生き物なので、過ごしやすい温度や、繁殖しやすい湿度があります。カビの種類によって適温が違いますが、お風呂のカビは5度から35度の間であれば発育が可能で、特に活発になるのが20度から35度です。
湿度は60パーセント以上を好みます。一方で、お風呂にできるカビは高温には弱いので、温度が高いほど増え続けるというわけでもありません。

普段生活している場所にも、数百個、数千個のカビがただよっています。お風呂にだけカビ菌があるわけではありませんが、風呂場は皮脂よごれや水分といったカビの栄養になるものが多いので、カビが生えやすいのです。

お風呂のカビは予防が大事!防止対策4つ

できてしまったカビを退治するのは大変ですが、カビの予防であればその何分の一の労力と時間で済みます。簡単にできるカビ予防をいくつかご紹介しましょう。

お風呂のカビの予防・防止対策|その1
①熱いシャワーを当てる

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連する投稿


洗面台の茶色い汚れはどのアイテムで落とせる?水垢・サビ2つの掃除方法を解説

洗面台の茶色い汚れはどのアイテムで落とせる?水垢・サビ2つの掃除方法を解説

洗面台の茶色い汚れの落とし方を特集!水垢によるものと、ヘアピンなどの「もらいサビ」それぞれどのアイテムで掃除すればいいか解説します。


カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

壁や水周り、食品等、カビは人が生活しているどんな場所にも生えてきます。この記事では、カビを大きく6種類に分けて、特徴と違い等について解説しています。有害なカビを発生させないために、まずはカビそのものについて知るところから始めてみましょう。


カビの発生原因と除去方法6個・予防対策は?アルコールは有効?

カビの発生原因と除去方法6個・予防対策は?アルコールは有効?

カビはどうすれば除去できる? カビの発生を防ぐには? など、カビの除去方法~カビの予防対策を知りたい方は必見です。カビの除去方法がわかれば、悩ましい頑固なカビも除去できます。早速、チェックしましょう。


黒カビの発生原因と除去方法・落とし方5個!予防対策は?洗剤や重曹は?

黒カビの発生原因と除去方法・落とし方5個!予防対策は?洗剤や重曹は?

"黒カビは落としても生えてくるから困っている"という方はいませんか? 黒カビは奥深くまで根を張っているため、正しいやり方で黒カビを落とさないといけません。今回は「黒カビの除去方法」などをご紹介します。


オキシクリーンで風呂釜を掃除!失敗しないための注意ポイントも

オキシクリーンで風呂釜を掃除!失敗しないための注意ポイントも

”風呂釜掃除を全くしていない”など、お手入れをサボっていませんか?蓄積された風呂釜の汚れは、オキシクリーンでキレイにしましょう。オキシクリーンなら、こびり付いているガンコな汚れも落とすことができます。


 

ビジネスパートナー募集