暮らしのお悩み解決サイト

猫の糞被害に効果的な対策14個!ハーブ・コーヒー・コンクリートは?

猫の糞被害に効果的な対策14個!ハーブ・コーヒー・コンクリートは?

猫のふんに悩まされている方は、できるだけ早く対策をしましょう。猫ふん対策をしないと、猫のふん被害は今以上に大きくなります。猫のふんに効く対策方法を実践して、自宅の庭や駐車場等から、猫を追放しましょう。


自宅の庭や駐車場等に、猫がふんをして困っている方もいるでしょう。自宅の庭で家庭菜園をしている方や、大事に草花を育てている方にとっては、猫のふんは本当に迷惑です。

また、猫によっては、人間を怖がることもありません。平気な顔をして、自宅の庭や駐車場等に居座り、堂々とふんをします。

猫のふんに困っている方は、できるだけ早く何かしらの対策をしましょう。猫ふん対策が遅くなればなるほど、猫のふん被害はどんどん拡大していきます。猫にふんをさせないためには、対策をして猫に学習させることが重要です。猫は学習すれば、近寄って来ることもありません。

自宅の庭や駐車場等、猫にふんをさせないための対策をご紹介します!

猫の糞被害に効果的な対策14個

Getty logo

猫のふんに悩まされている方は、14個の方法を試してみましょう。猫の弱点を突いた方法のため、ふん対策ができます。

① ハッカやミントのハーブの香り

猫ふん対策をするなら、ハッカやミント等のハーブ系の香りが効きます。

ハッカで猫ふん対策をするなら、ハッカ油が便利です。ハッカ油はネット通販等で購入できます。スプレーボトルの中にハッカ油と水を混ぜて、猫ふんをされた場所に噴射しましょう。ミント等のハーブ系の場合は、アロマオイルを使いましょう。使い方はハッカ油と同じです。水で薄めて、猫ふんをされた場所にスプレーします。

また、ハーブ系の香りで猫ふん対策をする時は、土にハーブ系の植物を植えるの良いです。もしくは、ハーブ系の鉢植えを置くだけでも猫ふん対策ができます。猫ふん対策に向いているハーブ系の植物は、ローズマリー・レモングラス・カニナ等です。


■猫の嗅覚は人間のおよそ10万倍
猫は嗅覚がとても優れていて、嗅覚数値は凄いです。なんと、猫の嗅覚は人間のおよそ10万倍あります。猫は、ハッカやミント等のハーブ系の香りが苦手なため、少し嗅いだだけでも強烈に臭いはずです。

ニオイで猫ふん対策をする方法は、猫を傷つけることなく撃退できます。何より、猫の命を守りながら、猫ふん対策ができるのがメリットです。また、ハッカやミント等のハーブ系の香りは天然由来のため、土に撒いても問題ありません。庭に植えてある植物を枯らす心配もないため、安心して使えます。


■継続してニオイを振りまく必要がある
ニオイで猫ふん対策をする時は、『継続してニオイを振りまくこと』です。ニオイは日が経つと、どんどん薄れていきます。ニオイが薄くなれば、猫ふん対策の効果は期待できません。猫ふん対策を効果を持続させるためには、こまめにニオイを振りまくことです。
特に、『雨が降った後は要注意』です。雨水と一緒にニオイも流れてしまうため、必ず猫が嫌がるニオイを振りまきましょう。

② ミカンやレモンの柑橘系の香り

猫は、ミカンやレモンの柑橘系の香りも嫌いです。猫ふんをされた場所に柑橘系の皮を放置すれば、対策ができます。

もしくは、柑橘系の皮と水をミキサーにかけましょう。柑橘系の皮を液体にして、猫ふんをされた場所にスプレーするのも良いです。

③ コーヒーの香り

猫ふん対策に、コーヒーを使うと猫は嫌がります。コーヒーと言っても、コーヒーの形態は様々です。コーヒー豆や粉末、インスタントコーヒー等があります。猫ふん対策に効果的と言われているのは、ドリップした後のコーヒーです。ドリップした後のコーヒーを、猫ふんをされた場所や、猫がよくいる場所等に撒きましょう。

コーヒー豆を撒くよりも、ドリップした方がニオイを強く放つため、猫ふん対策に効果があります。

④ バラやジャスミンの香り

猫は、バラやジャスミンの香りも苦手です。できれば、自宅の庭にバラやジャスミンの木を植えましょう。住宅事情により、植えることができない場合は、バラやジャスミンのアロマオイルを使います。水で薄めて、猫ふんをされた場所等にスプレーしましょう。

⑤ 猫が苦手な植物を植える

猫が苦手な植物を植えるのも良いです。猫が苦手とする植物は、なんと700種類以上あります。中には、猫の命を脅かす植物もあるため、猫ふん対策には最適です。ハーブ系の植物を植えるより、強力な猫ふん対策ができるでしょう。
猫ふん対策に効く植物は、ヒガン花・アイビー・イエロージャスミン・ホオズキ・アザレア・イチイ等です。

⑥ スプリンクラーをつける

猫を傷付けないで猫ふん対策をするなら、スプリンクラーも向いています。草木に水を撒くスプリンクラーでも良いですが、猫ふん対策をするなら、猫対策用スプリンクラーを使うと便利です。猫対策用スプリンクラーは猫が近づくと、赤外線センサーが反応し、自動で猫に向って水を撒いてくれます。

猫ふん対策にスプリンクラーが効果的な理由は、猫は身体が濡れることを嫌がるからです。猫は身体が濡れると毛が皮膚に張り付いてしまい、なかなか乾きません。さらに、猫は寒さに弱いため、長時間、身体が濡れていると体温が下がるため水が苦手です。

そのため、猫の弱点を突いたスプリンクラーは、猫ふん対策に使えます。ただし、猫対策用のスプリンクラーは、ある程度のスペースがないと使えません。どちらかと言うと、戸建て向けの猫ふん対策グッズと言えます。

⑦ 超音波撃退器をつける

猫対策用スプリンクラーよりも、気軽に使えるのが超音波グッズです。猫ふんをされた場所や、猫が侵入してくる場所等に超音波グッズを設置します。超音波には赤外線センサーが搭載されているため、猫が近づくと超音波で撃退する仕組みです。猫が不快に感じる音を出すため、近づきません。

また、超音波グッズは、周波をランダムに変更するタイプも多いです。そのため、猫が超音波に慣れる心配もありません。ただし、猫ふん対策に超音波を使う時は、自宅(ご近所)で飼っている犬や猫等のペットに注意しましょう。ペットに向って超音波を向けると、不快に感じてストレスを与えてしまいます。

⑧ フラッシュをつける

猫ふん対策にはフラッシュ効果的です。フラッシュの設置場所は超音波と同じく、猫ふんをされた場所や、猫が侵入してくる場所等に置きます。仕組みは超音波とほとんど変わりません。赤外線センサーが猫を察知すれば、フラッシュで撃退します。

でも、フラッシュ機能は猫が慣れてしまうのが弱点です。最初はフラッシュに驚いて猫は退散します。猫がフラッシュに慣れてしまうと、ふんをされるでしょう。フラッシュで猫ふん対策をする時は、超音波と併用して使うと効果的です。超音波によっては、フラッシュ機能も付いています。

⑨ お酢をまく

猫ふん対策に高い効果を発揮するのが、お酢です。お酢は鼻につくニオイがあるため、ハーブ系・柑橘系・ローズやジャスミン・コーヒーよりも猫よけ効果があるでしょう。


■お酢は2通りの方法で猫ふん対策ができる
お酢で猫ふん対策をする方法は2通りです。『お酢をそのまま使う』『水でお酢を10倍に薄める』方法になります。どちらの方法も、猫ふんをされた場所や猫が通る道、猫が居座っている場所等に撒きましょう。

お酢をそのまま使う方法はニオイが強烈です。そのため、お酢を薄めて猫ふん対策をするよりも、効果があります。天候によっては、風に乗ってお酢のニオイが漂うこともあるでしょう。

水でお酢を10倍に薄めても、猫ふん対策に効果はあります。お酢のニオイが苦手な方は、お酢を薄めて猫ふん対策をしても良いでしょう。

猫ふん対策に使うお酢の種類は、何でも良いです。賞味期限が切れたお酢でも、猫ふん対策ができます。


■お酢は猫のふん尿のニオイも消す
お酢は猫の嗅覚を刺激するだけでなく、猫のふん尿のニオイを消すことができます。

猫ふんの被害に困っている方は、いつも同じような場所にふんをされていませんか? 猫はふん尿のニオイで自分をアピールする動物です。ふん尿のニオイが強ければ強いほど、他の猫に"ここは自分の縄張り! "と、しっかり意思表示できます。

でも、猫のふん尿のニオイをお酢で消し去れば、縄張りアピールをすることができません。

他のニオイで猫ふん対策をして、効果がイマイチだった場合はお酢を使ってみましょう。


■お酢は近所迷惑になったり植物も枯らす
お酢で猫ふん対策をする方法は、コストがあまりかからないのがメリットです。そして、猫や人間の健康を脅かすこともありません。

一方、お酢ならではの欠点もあります。お酢は強烈なニオイを放つため、近所中にお酢のニオイが漂うこともあるでしょう。アパートやマンションの場合、ベランダにお酢を撒くとニオイがします。また、隣の家と密着している戸建ての住宅も同じです。近所迷惑にならないように、お酢を薄めて使いましょう。

さらにもう一つ、お酢は植物を枯らします。家庭菜園や草花がある場所に、猫ふんがある場合はお酢が使えません。お酢ではなく、他の方法で猫ふん対策をしましょう。

⑩ 猫よけスプレーをまく

猫ふん対策はハーブ系やコーヒー等、ニオイで撃退することができます。ニオイで猫ふん対策をする時は、少し手間がかかるのが難点です。水で薄めたり、植物を植える等しないといけません。

もっと簡単に、楽してニオイで猫ふん対策をするなら、猫よけスプレーを使いましょう。


■猫ふん対策効果は約2週間~4週間
猫よけスプレーは、猫が嫌がる成分が配合されています。『スプレータイプ』『粒タイプ』がありますが、効果はどちらも約2週間~4週間です。

スプレータイプはセンサーが付いているため、猫を感知すると勢い良くスプレーして猫を撃退します。猫ふんをされた場所や、猫の侵入口に設置すると、24時間猫を監視する優れものです。

粒タイプは、猫ふんをされた場所や、猫の侵入口に撒いて対策をします。原則、ニオイで猫ふん対策をする時は、定期的にニオイを振りまかないといけません。でも、粒タイプは雨に強いため、約2週間~4週間に1回撒けば、猫ふん対策効果が持続します。

ただし、どちらのタイプも植物にかかると枯れる恐れがあるため、注意しましょう。

⑪ トゲトゲを置く

猫ふん対策にトゲトゲを置く方法は有名です。

トゲトゲで猫ふん対策をする時は、『猫のふんをされた場所』『猫の通り道に置く』のがポイントです。トゲトゲは猫の足に刺されば不快な思いをします。トゲトゲを踏んだ猫は、学習するため近寄って来ません。

本当は、塀の上や敷地内にトゲトゲを置くのが理想です。ですが、外観を損ねるだけでなく、コストもかかります。最低でも、猫のふんをされた場所と、猫の通り道にトゲトゲを置きましょう。

⑫ ネットを張る

物理的に猫ふん対策をするなら、ネットを張るのもおすすめです。猫ふん対策に使えるネットは、猫用があります。でも、動物対策用ネットを使っても構いません。猫ふんをされている場所や、猫に入ってきて欲しくない場所に、ネットで囲うように設置します。ネットで猫ふん対策をする時は、『できるだけ高い位置までネットを張る』ことです。

猫は高さがあると警戒します。また、警戒心が強い猫であれば、高い所を登ってまで侵入することは、ほとんどありません。


■ネットを張る時は隙間・紐対策をする
もう一つ、猫ふん対策でネットを張る時は、『隙間を作らない』ことです。猫ふん対策にネットを張っても、隙間があると意味がありません。隙間から猫が入ってきて、ふんをされてしまいます。

隙間対策として、ネットの下部には重い物を置くのがベストです。レンガやコンクリートブロック等を置いて、ネットの下部をしっかり固定しましょう。そして、ネットを固定する時は『強度のある紐を使う』ことです。強度がある紐ならタコ糸等、何でも構いません。

⑭ 木酢液をまく

木酢液は火事のニオイがするため、猫は嫌がって近寄って来ません。

木酢液で猫ふん対策をする時は、水で5倍~10倍に薄めて使います。薄めた木酢液をスプレーにして、猫ふんをされた場所や、猫が侵入してくる場所に撒きましょう。他にも、薄めた木酢液をスポンジ等に含ませて置いても良いです。

木酢液は燻製のようなニオイで、強烈なニオイを放ちます。猫にとっては悪臭なため、猫ふん対策の効果を実感するでしょう。

木酢液は植物の肥料等として、ホームセンター等で販売されています。ちなみに、猫対策用の木酢液はほとんどありません。そのため、植物の肥料等として使う木酢液を使いましょう。


■木酢液は薄めないと植物に影響を及ぼす
木酢液で猫ふん対策をする時は、『必ず薄めてから使う』ことです。木酢液は酸性濃度が高いため、薄めて使わないと植物に影響を及ぼします。木酢液を薄めないでそのまま使うと、葉焼けを起こしたり、植物にもよくありません。
また、木酢液は強烈なニオイがするため、人によっては体調不良を訴える方もいます。初めて木酢液を使う時は、少しだけ猫ふんをされた場所等に撒きましょう。

⑮ 唐辛子の粉をまく

唐辛子の粉も猫ふん対策に使えます。猫ふんをされた場所に唐辛子を撒くと、猫は嫌がって近寄って来ません。唐辛子は刺激物のため、猫の鼻や目を攻撃します。さらに、お酢の中に、唐辛子とニンニクを入れる方法もおすすめです。猫ふん対策の効果がアップします。

猫が糞をしたくなる理由4つ

Getty logo

猫が家の敷地内等でふんをするのは、猫なりの事情があるからです。猫のふんに困っている方は、猫の習性を知りましょう。

① 猫の縄張りになっている

野良猫や近所の猫が、家の敷地内でふんをして困っている方も多いでしょう。しかも、毎回、同じような場所で猫はふんをしているはずです。

猫は同じ場所にふんをすることで、他の猫に縄張りを誇示しています。猫は縄張りを守るため、ふんをしに度々やって来る動物です。そのため、猫にとって、日常的に縄張りにふんをするのは、当たり前の行為で習慣になっています。

② 猫が自分のテリトリーだと主張

猫が家の庭等にふんをするのは「ここは自分のテリトリー!」と、主張しているからです。猫は自分のテリトリーで、ふんをするだけではありません。くつろぐいだり、時には寝床として使うこともあります。

③ 猫が仕返ししている

猫が同じ場所でふんをするのは、人間に仕返しをしているかもしれません。猫の性格はツンデレで自己中心的な性格です。また、猫の個体によっては気が強く、攻撃的な猫もいます。猫の性格も関係していると考えられますが、猫は人間に嫌なことをされると仕返しをするそうです。

猫ふん対策をしたところ、いつもしているふんの場所以外に、別の場所でふんをされた方もいます。他にも、人間に嫌がらせをするかのように、大きな声で鳴いていたケースもあったそうです。

④ 糞を隠しやすい

猫のふんに困っている方の多くは、柔らかい土でふんをされていることが多いでしょう。猫は元々、フカフカした場所が大好きです。そのため、柔らかい土でふんをします。

また、柔らかい土は猫にとって、ふんを隠しやすいため好都合です。ふんをすると猫は、必ずと言っていいほど土をかけます。これは、自分のふんのニオイを消すためです。自分のふんのニオイを消して、天敵に気付かれないように守っています。
固い土だと、猫は自分のふんを上手に隠すことができません。そのため、猫は柔らかい土を好んでふんをします。つまり、猫ふん対策をしない限り、猫は継続して柔らかい土でふんをするでしょう。

庭を砂利やコンクリートにすると猫の糞が減る?

Getty logo

"猫は柔らかい土でふんをするなら、砂利やコンクリートならいいの? "と、思う方もいるでしょう。砂利やコンクリートで猫のふん対策ができれば、悩ましいふん問題も解消されます。

では、砂利やコンクリートで、猫のふん対策はできるのでしょうか?

砂利を使っても猫ふんが減ることはない

猫のふん対策に砂利を使っても、ふんが減ることはありません。猫はふんをした後、"土をかぶせて自分のふんのニオイを消す"と説明しました。砂利は柔らかい土と似ているため、砂利にしても、猫は変わらずふんをします。そのため、猫のふん対策で砂利を使うのは、適した方法とは言えません。

砂利のタイプによっては、粒が小さく、軽くてサラサラしている形状もあります。特に、軽くてサラサラしている砂利は、ふんを隠しやすいです。しかも、猫は柔らかい土が近くにないと判断すれば、性質が似ている砂利でふんをします。

コンクリートなら猫ふんが減る可能性がある

コンクリートなら、猫のふんが減る可能性は高いです。コンクリートの場合、猫は自分のふんを隠すことができません。ふんを隠す習性のある猫にとって、コンクリートは違和感のあるトイレです。でも、猫の個体によっては、『コンクリートでも関係なくふんをする』ため、絶対におすすめとは言えません。

ですが、コンクリートで猫にふんをされたとしても、後処理は楽です。猫のふんが減る可能性があることや、後処理のことを考慮すると、コンクリートで猫ふん対策をする方法も良いでしょう。

猫に糞をされにくい素材5つ

Getty logo

猫ふんに効く対策だけでなく、猫にふんをされにくい素材を使うのも良いです。猫ふん対策と猫にふんをされにくい素材も使えば、効果は高まるでしょう。

① コンクリート

猫は柔らかい土でふんをするため、硬い素材を使うとふん対策ができます。先程、説明したコンクリートも猫ふん対策に適している素材です。コンクリートをどれだけ使うか? にもよりますが、コストはそれなりにかかります。

② タイル

猫ふん対策にタイルを使っても良いです。土がある場所にタイルを敷き詰めれば、猫ふん対策ができます。タイルは色やデザインが豊富です。おしゃれに猫ふん対策をしたい方は、好みのタイルで彩ってみてはいかがでしょうか? 

③ レンガ

できるだけコストを抑えながら、猫ふん対策をしたい方はレンガがおすすめです。猫ふん対策に使える素材はいくつかありますが、レンガならお手頃価格で手に入ります。そのため、広範囲にわたって、レンガを敷き詰めることもできるでしょう。

④ ブロック

ブロックも、低コストで猫ふん対策ができます。レンガとブロックを組み合わせて、猫ふん対策をしても良いでしょう。

⑤ 木

ナチュラルでおしゃれに猫ふん対策をするなら、木も良いです。土の上に木を敷き詰めれば、温もりのある空間になります。木を敷き詰める範囲にもよりますが、コストはそれなりにかかるでしょう。

まとめ

猫ふんに困っている方は対策をしないと、被害は大きくなるばかりです。猫は縄張り意識があり、同じ場所で何度もふんをします。しかも、継続して猫にふんをされると、ニオイは強くなる一方です。

猫のふんから開放されるためには、ご紹介した対策を試してみましょう。猫ふん対策を続ければ、猫は学習するため追放できるはずです。

【PR】今すぐ害虫駆除をしたいなら!

緊急を要する害虫駆除にはこちらの会社がオススメです。最短即日対応、迅速な駆除が可能です。素早い解決に向けて対応してくれます。

害虫トラブル最短即日解決

\最短期間で駆除/

年間3000件の実績
  • ◇現地見積、出張費用無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連するキーワード


害獣駆除

関連する投稿


カラス撃退に効果的な7つの方法とグッズをまとめてみた

カラス撃退に効果的な7つの方法とグッズをまとめてみた

魔女の使いや化身として描かれることもあり、不気味で不吉なイメージを持つカラス。その上カラスは糞害やゴミ荒らしなど、人間にとって多くの被害をもたらす「害鳥」です。そんなカラスによる被害を防ぐべく、カラスを撃退するための5つの方法と効果的なグッズについてまとめていきます。


ハクビシン駆除に有効な6つの方法

ハクビシン駆除に有効な6つの方法

屋根裏に住み着いたハクビシンの駆除方法を解説しています。ハクビシンの嫌いなニオイや煙、光や超音波、そして天敵のオシッコでの撃退法などさまざまな駆除方法についてまとめました。また、業者に駆除を頼んだ場合の相場についても細かく説明しています。


屋根裏にいる動物8種類と追い出す撃退対策3つ!どこから入った?

屋根裏にいる動物8種類と追い出す撃退対策3つ!どこから入った?

天井で何かが走り回っている音が聞こえる場合は、8種類の動物のどれかがいる可能性が高いです! 屋根裏に動物がいると様々な被害に襲われるため、3つの方法で撃退しましょう。また、侵入経路などもご紹介します。


ヌートリアの駆除方法4つ!報奨金がもらえる?

ヌートリアの駆除方法4つ!報奨金がもらえる?

ヌートリアは作物を食い荒らすため農家にとっては憎き存在です。でも、ヌートリアは自分で駆除できるって知っていますか? 今回はヌートリアを「自分で駆除する4つの方法」や「報奨金」などについてご紹介します!


ハクビシンの捕獲方法5ステップ!捕獲に許可や資格は必要?

ハクビシンの捕獲方法5ステップ!捕獲に許可や資格は必要?

屋根裏でバタバタ音がする、どこからともなく異臭がするという場合はハクビシンが侵入しているかもしれません。この記事ではハクビシンの生態や特徴、駆除を考える際に知っておきたいことをまとめてみました。


最新の投稿


夏は必須のコバエ対策!今すぐ駆除できる6つのポイント

夏は必須のコバエ対策!今すぐ駆除できる6つのポイント

すばしっこくてなかなか捕まえられず、うっとうしい「コバエ」。徹底的に駆除するためには、コバエの種類や習性を知り、適切な方法で対策をしていくことが重要です。コバエを駆除するための6つのポイントや今すぐはじめられる対策についてまとめていきます。


蜂の種類4つの見分け方!特徴と危険度を徹底的にまとめてみた

蜂の種類4つの見分け方!特徴と危険度を徹底的にまとめてみた

ニュースでもよく目にする機会がある蜂による刺傷被害。蜂を見かけたら慌てて逃げ出してしまいたくなる方も多いのではないでしょうか。でもその蜂、本当にそんなに危険ですか? むしろ怖がってパニックになってしまうことの方が危険かも…。日本でよく見かける4種類の蜂の特徴と危険度について徹底的にまとめていきます。


簡単にハエを退治する方法14選。ペットボトルやめんつゆを使う方法も紹介

簡単にハエを退治する方法14選。ペットボトルやめんつゆを使う方法も紹介

ハエを簡単に自分で駆除する方法を紹介します。めんつゆやペットボトルを使った手作りの退治方法や、ハエが来ないようにする予防対策、殺虫剤を使わない駆除や捕獲方法などを解説しているほか、絶滅させる日数も説明しています。


ハエ取り紙の成分・効果とおすすめハエ取り紙ランキングTOP10

ハエ取り紙の成分・効果とおすすめハエ取り紙ランキングTOP10

ハエ取り紙は、薬品を使わない安全安心な害虫駆除製品として再び見直されています。ハエ取り紙の成分や、どのような効果があるのかを解説しているほか、リボン式や両面粘着式、ロールタイプ、ライト併用式など、最新の売れ筋ハエ取り紙もご紹介します。


鳩の効果的な撃退方法15個とおすすめ鳩撃退グッズ20

鳩の効果的な撃退方法15個とおすすめ鳩撃退グッズ20

自分でできる鳩の駆除方法と、あると便利な鳩よけグッズをまとめています。ニコチン水やトウガラシなど、身の回りにあるもので作れる鳩よけや、天然成分で作られた鳩用忌避剤、鳩よけネットやベランダの手すり用テグスなどをご紹介します。


ビジネスパートナー募集