暮らしのお悩み解決サイト

引っ越しにかかる費用はどんなもの?総額を安くする方法とともに解説

引っ越しにかかる費用はどんなもの?総額を安くする方法とともに解説

引っ越しを考えたとき「いくらくらいかかるの?」と気になりますよね。記事では引っ越しにかかる16の費用項目について解説しています。総額を安くする方法も交えて見ていくので、引っ越し費用を考える際の参考にしてください。


そろそろ一人暮らしをしたいけれど、いくらかかるだろう?
家賃の更新の時期が近いけれど、今の貯金で引っ越しできるかな?
就職や入学だけでなく、何となく引っ越したいと思っている人も多いものです。
一般的に、引っ越しするには、新しく引っ越す場所の家賃半年分と言われています。
本当にそんなに必要なのでしょうか?
逆に、それだけで足りるのでしょうか?
ここでは、引っ越しにかかる家賃や引越し費用、生活必需品や生活費など、引っ越しにかかる費用全てについて調べてみました。

引っ越しにかかる費用1
①敷金

家賃の相場と収入との割合

引っ越しと言えば、まず家賃です。
平均的な家賃の額を調べると、1部屋の場合、全国平均で48,681円でした。
全都道府県の中でも一番高いのは東京都で、67,016円になります。
2部屋の場合は、全国平均で58,347円で、東京は86,418円でした。
(全国賃貸管理ビジネス協会2017年2月調べ)

自分の収入と家賃の割合ですが、収入の三分の一だと生活が苦しく感じられ、収入の25パーセントであれば普通、収入の20パーセントであれば生活が楽に感じられます。
一人暮らしをしても、生活が成り立たなくて貯金を切り崩しているようでは、すぐに生活が破綻してしまいます。
妥協できる部分は妥協して、家探しをしましょう。

引っ越し費用を安くするには敷金を値切る

不動産会社と相談して、一番値段を下げてもらえるのが敷金です。
家賃や礼金は下げにくくても、敷金だけであれば交渉の余地があります。
普通、敷金は家賃の1ヶ月分から2ヶ月分になります。
敷金や礼金が無い部屋もありますが、そういった場合、敷金や礼金の文を家賃に上乗せしていることが多く、他よりも家賃が高かったりします。
2年間だけ住むのであれば、敷金礼金を支払った額と同程度な場合でも、3年以上住み続けようと思っていたら損をする場合もありますので注意しましょう。

敷金は何のためのお金?

敷金は、将来自分が出ていく時に、部屋を修繕するための資金です。
壁紙を張り替えたり、クリーニングをしたりします。
この先、自分がどの程度汚すか想像しにくい部分ですが、小さな子どもがいない、ペットも飼わない、女性の一人暮らしであるなど、プラスの材料をあげていけば値下げしてくれるかもしれません。

引っ越しにかかる費用2
②礼金

礼金は、その住まいを持っている大家やオーナー、管理会社などに支払うものです。
こちらも家賃の1ヶ月分から2ヶ月分が平均的です。
ありがとうというお礼のためだけのお金なので、解約しても返還されず、自分に何かの形で戻ってくるお金ではありません。
最近では礼金ゼロ円の物件も増えてきています。

引っ越しにかかる費用3
③仲介手数料

不動産を売買する時に、不動産会社に支払う手数料です。
大抵家賃1ヶ月分ですが、無料もしくは0.5ヶ月という物件も最近は見られるようになりました。
仲介手数料は決まっている額ではないので、交渉次第では値下げしてもらえます。
借りたい部屋の近隣の家と比較してみて、仲介手数料が高いようであれば交渉してみましょう。

引っ越しにかかる費用4
④前家賃

家賃は、毎月決まった日に翌月分を支払うというシステムになっています。
そのため、家を借りる時には引っ越した月の家賃を日割りにした料金と、次の月の家賃を納めなくてはいけません。
例えば、毎月の家賃の支払日が27日で、引っ越す日が10日の場合でも、その月の27日を待たずに敷金や礼金と一緒に前家賃を支払うのが通常のやり方です。

引っ越しにかかる費用5
⑤日割り家賃

自分が引っ越しする日の家賃を、入居する日から日割りで計算して支払うものです。
家賃は普通、今月の分を前の月に支払うため、日割り家賃を支払うシステムになっているのです。
ここで気をつけなくてはいけないのが、いつから家賃がスタートするのか?です。
契約した日から家賃がスタートするのであれば高くなりますが、インターネット回線工事など、すぐに引っ越し作業にとりかかれます。
引っ越す日から家賃がスタートする場合は、比較すると安くはなりますが、エアコンの工事やインターネット回線の工事が終わらないと多少不便な生活が続きます。
いつからが家賃のスタート日なのか、不動産会社と話し合っておきましょう。

引っ越しにかかる費用6
⑥管理費・共益費

【PR】単身引越しやオフィス移転も信頼できる業者に依頼しませんか

店舗移転から自宅の引越し、大きな家具の移動など引越し業者を探しましょう。「引越しの準備から相談に乗ってくれる業者が見つかるかしら?」「ピアノの移動にはいくらくらかかるの?」そんなときこそ、信頼できる引越し業者が見つかるこちらのサービスがオススメです。

引越し業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_引越し

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


引越し費用

関連する投稿


引越見積が安くなるコツ10つ。何月が一番値下げする?

引越見積が安くなるコツ10つ。何月が一番値下げする?

引っ越しは時期や曜日によって費用が著しく変わることがあります。しかし繁忙期の引っ越しでも、需要が少ない日を選べば料金を抑えることができます。新生活のスタートとなる引っ越しでは、その後の生活も気持ちよく過ごせるように引っ越し業者にもこだわりましょう。


仏壇の引っ越しが自分で安くできる7ステップ

仏壇の引っ越しが自分で安くできる7ステップ

仏壇の引越し方法や金額について、まとめています。必ず行わなくてはいけない「魂抜き」「魂入れ」の費用、仏壇全体を処分する「お焚上げ」についても説明しているほか、移動を自分であるいは引越し業者、仏具業者に頼む方法なども解説しています。


引越し業者の選び方 見積もりをとる11つのコツ

引越し業者の選び方 見積もりをとる11つのコツ

引っ越しする時の引越し業者の選び方や、見積りを1円でも安くするコツを調査しました。入力するだけですぐに料金がシミュレーションできるサイトや、値下げ交渉の時に知っておくべきキーワード、引っ越し料金の算出方法についても解説しています。


ピアノ・エレクトーン3種類の引越しの相場料金一覧と注意点4つ

ピアノ・エレクトーン3種類の引越しの相場料金一覧と注意点4つ

ピアノ・エレクトーンはとても繊細な楽器ですので、動かすのに特別な技能が必要です。気になるのが、ピアノ・エレクトーンの引越し料金。引越しにかかる費用の相場や注意点、上手な業者選びの方法を知り、満足のできるピアノ・エレクトーン・エレクトーンの引越しを実現しましょう!


引っ越し祝いのお返しマナーは?【のし対応】おすすめ10商品を紹介

引っ越し祝いのお返しマナーは?【のし対応】おすすめ10商品を紹介

引っ越し祝いをいただいたら気になるのが「お返し」のこと。のしをどうするかや金額相場、どんな商品にするかなど悩みますよね。記事では引っ越し祝いのお返しに関するマナー&通販で買えるのし対応のおすすめ10商品を紹介します。


 

ビジネスパートナー募集