暮らしのお悩み解決サイト

引っ越しにかかる費用はどんなもの?総額を安くする方法とともに解説

引っ越しにかかる費用はどんなもの?総額を安くする方法とともに解説


ウォシュレットの取り外し費用は、4,000円から7,000円程度。
ウォシュレットの取付費用は7,000円から1万円程度になります。
よく、広告に「ウォシュレット取り外し、取り付け」と書かれていますが、これは引っ越しのためではなく今あるウォシュレットを新しいものに交換した場合の料金です。
依頼する時には、引っ越すことを先に伝えてから見積もりを取りましょう。

ウォシュレットの取り外しも取り付けも、どちらも自分でできますが、水回りの工事になりますので、失敗してしまった場合はかえって高くついてしまいます。
ウォシュレット交換の動画も検索すると出てきますので、十分に理解した上で自分でやるかどうか決めましょう。

引っ越しにかかる費用14
⑭家具・家電購入費用

現在家にあるものを引越し先でも使用する場合は、家具や家電の購入費用はかかりませんが、
新しく一人暮らしをスタートさせる場合には、家具や家電を購入する費用がかかります。
最低でも10万円台半ばから、20万円台半ば程度は費用がかかると言われています。

引っ越しで家具購入にかかる費用相場

最低限でも、机と椅子、寝具、照明、カーテンが必要になります。
リサイクルショップで中古品を購入したり、友達や先輩にもらうのも1つの方法です。
量販店など安い店で購入した場合は、机と椅子で1万円程度、寝具のセットで1万円程度、照明器具が5千円程度、カーテンが5千円程度で、合計3万程度になります。
このほか、ベッドや収納家具なども場合によっては必要になるでしょう。

引っ越しで家電購入にかかる費用

家具よりも家電のほうが高くつきます。
一人暮らしの家電は、一通りそろえると最低10万円はかかります。
洗濯機や冷蔵庫は3万円程度、掃除機や炊飯器、電子レンジなどはそれぞれ1万円程度になります。
この他、ガスコンロや扇風機、ヒーター、テレビ、エアコン、ウォシュレットなどを購入すると20万前後にはなるでしょう。

家具や家電を安くもらって引っ越し費用を押さえる!
家具や家電を安くもらう方法は?

最近は「ジモティー」などの地元掲示板を探せば、引き取りに来てくれれば家具や家電を無料でくれるという人もいます。
また、単身赴任で一人暮らしをする場合は、先輩から家具や家電をゆずってもらいましょう。
単身赴任の場合は地元に帰れば家具一式がすでにあるので、一人用の家具はいらないことが多いものです。

引っ越しにかかる費用15
⑮生活必需品

電気、ガス、水道、通信

電気、ガス、水道の料金のことも考えておきましょう。電気代は夏はエアコンを使用するので高くなりますが、一年分を平均すると月に8,000円程度必要です。

ガス代は都市ガスかプロパンかにもよりますが、単身であれば夏は2,000円、冬は4,000円程度です。

水道は地域にもよりますが、単身だと一ヶ月2,000円程度、二人世帯だと一ヶ月4,000円程度になります。

家のインターネット接続料金や、スマートフォンの料金なども光熱費と一緒に考えておきましょう。

消耗品

いくら節約していても、ティッシュペーパーやトイレットペーパー、石鹸やシャンプーといった消耗品は必要です。
化粧品を抜かしても、月に平均で3,000円程度は見ておいたほうが良いでしょう。
また、オシャレに興味がなくても、靴下や下着などは必要になりますし、急に結婚式に呼ばれて礼服を用意しなくてはいけないこともあります。
衣類は平均で月5,000円程度は最低でもかかります。

引っ越しにかかる費用16
⑯隣近所への挨拶品代

引っ越しした時の近所への挨拶は、なるべく早く行いましょう。特に子どもがいる家庭では、バタバタと足音がして近所に迷惑になることがあります。そのような場合は、引越し作業をしている時に子どもと一緒にご挨拶に回るのが良いでしょう。

一方、女性の一人暮らしの場合は犯罪に巻き込まれるリスクも考えて、近所への挨拶回りは避けたほうが良いかもしれません。あらかじめ大家に、隣近所の住民について聞いておいて、大丈夫だと思えば挨拶に行くようにするのも一つの方法です。

引っ越しの挨拶の時の手土産ですが、お菓子や洗剤、タオルといったものが多く見られます。金額的には、1人につき500円から1000円程度と考えれば良いでしょう。

まとめ

引っ越しにかかる費用は、家賃や引越し代だけではないことが、今回わかりました。
この他に、車やバイクを持っている人は、駐車場代やガソリン代、車検代や保険料なども必要になります。
毎月必要になるわけではありませんが、病気になった場合の医療費や保険料も考えておいたほうが良いでしょう。

実家から一人暮らしをする場合、引っ越すだけでもかなりのお金と時間と労力がかかります。家賃が4万円であれば25万円前後、家賃が7万円であれば45万円から50万円前後はどうしてもかかってしまいます。
引っ越した後は生活費がかかることも考えておきましょう。また、食器が壊れたり、急にフォーマルな席に呼ばれたりと、お金が突然必要になる場合もあるので、少し余裕を持って計画を立てるようにしましょう。

引越し挨拶の粗品で喜ばれるもの10選!喜ばれないものやマナーも紹介 | タスクル

https://taskle.jp/media/articles/200

あなたの第一印象を決める引越しの挨拶回りは粗品選びも重要です。記事では引越しの挨拶回りに喜ばれる粗品と喜ばれないもの、引越し挨拶のマナーを紹介していきます。気遣いを感じられるこだわりの粗品で印象アップを狙いましょう! 

【PR】単身引越しやオフィス移転も信頼できる業者に依頼しませんか

店舗移転から自宅の引越し、大きな家具の移動など引越し業者を探しましょう。「引越しの準備から相談に乗ってくれる業者が見つかるかしら?」「ピアノの移動にはいくらくらかかるの?」そんなときこそ、信頼できる引越し業者が見つかるこちらのサービスがオススメです。

引越し業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_引越し

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


引越し費用

関連する投稿


引っ越し祝いのお返しマナーは?【のし対応】おすすめ10商品を紹介

引っ越し祝いのお返しマナーは?【のし対応】おすすめ10商品を紹介

引っ越し祝いをいただいたら気になるのが「お返し」のこと。のしをどうするかや金額相場、どんな商品にするかなど悩みますよね。記事では引っ越し祝いのお返しに関するマナー&通販で買えるのし対応のおすすめ10商品を紹介します。


引っ越し手伝いのお礼金額は?家族・友人・会社関係別|プロに頼むメリット・デメリットも

引っ越し手伝いのお礼金額は?家族・友人・会社関係別|プロに頼むメリット・デメリットも

引越しのお手伝いをしてもらったら、お礼をするのがマナーです。記事では、家族・友人・会社関係別にお礼金額の相場を解説。お礼を渡すタイミングやお礼以外の注意点も見ていきます。


ベッド引越解体のコツ5つ!6サイズ別相場料金一覧付。4つの処分方法も!

ベッド引越解体のコツ5つ!6サイズ別相場料金一覧付。4つの処分方法も!

近年では、ベッドの利用者は年々増加傾向にあります。ベッドの引越しは、その大きさや重さ故に、ただ単に搬出して搬入すればよいといった簡単なものではありません。ベッドの引越しの手順や注意点、引越しにかかる費用などについてまとめていきます。


引越し前の掃除のやり方を場所別6ヶ所!タイミング・敷金・ベランダ

引越し前の掃除のやり方を場所別6ヶ所!タイミング・敷金・ベランダ

引越しをする際には、必ず大掃除をしなければなりません。引越しの前の掃除方法によって、敷金の返金額も左右されるためです。そこで、引越しの掃除のやり方を場所別に6個紹介します。また、敷金の返金に関してもチェックしておきましょう。


引越しが安いのは何月?安くする6つのコツ

引越しが安いのは何月?安くする6つのコツ

引越しが安くなるのは何月なのかを調査しています。曜日や時間帯を変えれば、値下げができるのかどうかも調べてみました。繁忙期と通常期では引越しの金額は倍近く違うので、費用を1円でも安くするコツもアドバイスしています。


 

ビジネスパートナー募集