暮らしのお悩み解決サイト

洗った洗濯物が臭い!生乾きのニオイの6つの原因と9つの対策

洗った洗濯物が臭い!生乾きのニオイの6つの原因と9つの対策

洗濯物から生乾きのニオイがする原因と対策についてまとめました。生乾き臭の元「モラクセラ菌」を増殖させない洗剤や、洗濯方法について解説しているほか、悪臭の原因の1つである洗濯槽の黒カビのクリーニング方法についても説明しています。


きちんと洗って干したつもりなのに、タオルや服から生乾きのクサイにおいがすると、とても不快ですよね。洗濯物をたたんだ時には気が付かなかったのに、洗顔後に顔をタオルに近づけたら気がつくこともあります。
電車の中や、職場で生乾きの服のニオイをさせている人がいるのを、残念な気もしますし、もしこれが自分だったらと不安になりませんか?

タオルや服の生乾きのニオイは、雑巾や靴下のニオイを連想します。ツーンとするニオイは、不潔なイメージもありますよね。どうすれば生乾きのニオイが取れるのでしょう?ここでは、臭い生乾きのニオイについて調べてみました。

洗濯物が臭い6つの原因

1 「モラクセラ真正細菌」と【4メチル3ヘキセン酸】

生乾きのニオイの元は、ズバリ「4メチル3ヘキセン酸」と「モラクセラ真正細菌」です。モラクセラ真正細菌は増殖する際に4メチル3ヘキセン酸を作り、これが生乾きのニオイになるというわけです。

この臭いニオイの原因については、化粧品や洗剤で知られている花王が見つけました。花王は、2011年にこの研究を日本農芸化学会で発表、2016年に繊維学会で発表した後、これらの研究を生かして、「アタックNeo抗菌EXダブルパワー」という洗剤を改良しました。

「モラクセラ真正細菌」そのものは、人の肌にいつも存在しています。新しい服にだってついているのですが、新品の服からは生乾き臭はしません。「モラクセラ真正細菌」が分解増殖する時に【4メチル3ヘキセン酸】という生乾き臭が出るので、分解しなければ臭いはしないのです。

【4メチル3ヘキセン酸】が分解する時、つまり生乾きの臭いが出る時には条件があります。
・悪臭菌が繁殖する温度
・雑菌が繁殖しやすい高い湿度
・菌の栄養源となる皮脂汚れ
の3つの原因で発生します。

洗濯しても落とせなかった汚れや、洗濯物を干している部屋の温度や湿度、カビや雑菌などの菌による分解といったさまざまな原因がミックスされて悪臭菌が繁殖するのです。

2 洗濯槽の中に何日間も洗濯物を入れていてはNG

「モラクセラ真正細菌」は、ある程度の暖かさがあって、水分がある場所だと繁殖します。
よごれた洗濯物を、洗濯カゴではなく洗濯槽の中にポイッと入れていないでしょうか?
汗やホコリでよごれた洗濯物を、洗濯槽の中に閉じ込めてしまうと、中で蒸れて「モラクセラ真正細菌」が増殖して【4メチル3ヘキセン酸】という生乾き臭が出てきてしまうのです。

洗濯物は直接洗濯槽には入れず洗濯カゴを用意して、その中に入れるようにしましょう。
洗濯カゴは洗濯槽の中よりは通気性が良いので、「モラクセラ真正細菌」もそこまで分解しません。
一工夫するだけで、生乾き臭もグッと減るので試してみてくださいね。

3 一度に多くの洗濯をしていないか?

洗濯物の汚れが落としきれていないと、「モラクセラ真正細菌」が皮脂汚れをエサにして、増殖分解してしまいます。

洗濯をする時に、洗濯機に入るだけパンパンに入れて洗濯していないでしょうか?
一度に洗濯するのに最適な量は、洗濯槽の約八分の一の量です。
あまり多く洗濯物を入れてしまうと、洗剤が服のすみずみにまで回りきらないので、汚れがよく落ちません。
汚れが落ちないと、服に皮脂汚れや雑菌がついたままになり、生乾き臭の元となってしまうのです。
洗濯する時は洗濯槽の「八分目」まで、を心がけてくださいね。

また、一度にたくさんの洗濯物を洗うのではなく、洗濯する日をもう一日増やしてみる工夫も必要かもしれません。
洗濯機の容量は決まっているので、一度に洗濯する時間もどうしても限られてしまいます。
梅雨時や、台風シーズンといった部屋干しが多くなる季節だけでも、洗濯する回数を増やしてみてはどうでしょうか。

4 洗濯後に洗濯機のフタをすぐ閉めていないか?

洗濯が終わったら、すぐに洗濯機のフタを閉めずに、乾燥するまでフタは開けておきましょう。
洗濯物のよごれが洗濯槽の裏側についていたり、洗濯槽自体が裏側にカビを作っていることがあります。
乾燥させないと、そのようなカビや雑菌が洗濯槽の中で増えてしまうのです。
洗濯が終わった後の洗濯機の中は、水分と熱でいっぱいです。

洗濯機は水や洗剤を扱うので清潔なイメージですが、乾燥させたり、定期的に洗濯槽のクリーニングをしないと雑菌が増えてしまいます。
パッと見ただけでは洗濯槽のカビは裏側にくっついているので、わかりません。
しかし、買ったばかりの洗濯機でも、早い家庭では一ヶ月で洗濯槽の裏にカビが生えてしまいます。
洗濯している時に、黒や茶色の汚れがでてきたら、カビが増えてきた合図だと思って下さい。

普通の洗剤で洗濯物を洗っているだけでは、洗濯槽のカビは落とせません。
酸素系漂白剤で、洗濯するのとは別に水をためて半日がかりでクリーニングする必要があります。
雑菌まみれの洗濯機でいくら洗濯をしても、服に雑菌をつけていることになります。
定期的に洗濯槽のクリーニングをするようにしましょう。

5 干している時に服と服がくっついている

洗濯物が多かった日は、どうしても服と服の間隔が狭くなりがちです。
干した時は、狭くても離したつもりでも、風が吹くと服と服がくっついてしまいます。
乾いている洗濯物と、まだ乾いていない場所がある洗濯物があるのは、服がくっついてしまったからかもしれません。

服と服が近すぎると、くっつかなくても空気が通らないので、どうしても乾く時間が遅くなってしまいます。
干す場所が足りなくなってきたと思ったら、家の中に突っ張り棒をして洗濯物を干すようにしたり、お風呂場の乾燥機を使って洗濯物を乾かすようにしてみましょう。
もう一本、竿竹が増えるだけで、かなり洗濯物の乾くスピードが早くなりますよ。
早く乾くので、生乾きのニオイもしなくなります。

服と服の間は、最低5センチ離すことを目安に干すようにしてください。

6 一度ついた臭いは、外に干しても消えない

洗濯物を干している途中で、洗濯物から生乾きのニオイがしてきたことに気づいて、あわてて家の外に出して干したことはないでしょうか?
残念ながら「モラクセラ真正細菌」は強力なので、一度ついた生乾きのニオイは、きちんと乾かすことでは取れないことが多いのです。

生乾きの臭いである「モラクセラ真正細菌」が分解した時に出る【4メチル3ヘキセン酸】は、乾いている時よりも濡れた時に強く臭いを感じます。
そのため洗濯物を取り込んだ時には臭わなくても、濡れた顔をタオルで吹くと湿るので臭いが出てくるのです。

汗や皮脂は「モクセラ真性細菌」のエサなので、洗濯で取るしかありません。
生乾きの臭いがしたら、再度洗濯をして、エサとなっている汗や皮脂汚れを取り除きましょう。

洗濯物が臭い9つの対策

洗濯物から生乾きの臭いがするということは、「モラクセラ真正細菌」が分解して【4メチル3ヘキセン酸】が出ているということです。
きちんと洗濯して、「モラクセラ真正細菌」のエサである汗、皮脂汚れを除去すれば、生乾き臭もグッと減らすことができます。

1 酸素系漂白剤や除菌ができる洗剤を使ってみる

アタック Neo(ネオ)抗菌EX Wパワー

【大容量】アタックNeo 洗濯洗剤 濃縮液体 抗菌EX Wパワー 本体 610g

¥1,273(2020/07/02時点)

生乾きのニオイの元を研究した花王が、洗濯物からニオイを出さない研究をして生まれた洗剤です。
この「アタックNeo抗菌EX Wパワー」は、生乾きの臭いや、汗の臭い、靴下の臭いといった衣類の3大悪臭を徹底的に研究して作られました。
洗濯して丸一日経過しても、ニオイの元となる菌を増殖させません。

また、洗濯機を買った時から「アタックNeo抗菌EX Wパワー」を使用すれば、半年たっても洗濯槽の裏にカビが生えないことが実験で立証されています。
洗濯機が新品でなくても、酸素系漂白剤で洗濯槽の裏のカビ取りをしたら、その後から「アタックNeo抗菌EX Wパワー」を使うと効果的です。

2 洗濯したら、すぐに干す

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


洗濯槽掃除 洗濯テクニック

関連する投稿


靴下の汚れ落としがラクになる5つの方法!簡単な落とし方&裏ワザも

靴下の汚れ落としがラクになる5つの方法!簡単な落とし方&裏ワザも

靴下の汚れ落としってたいへんですよね。簡単で負担にならない汚れ落としの方法や汚れに悩まないための裏ワザをおすすめ商品とともに紹介します。


しまっておいた服についた茶色いシミの正体は?シミの原因・落とし方・予防策まで

しまっておいた服についた茶色いシミの正体は?シミの原因・落とし方・予防策まで

衣替えなどで久しぶりにクローゼットやタンスから洋服を引っ張り出したら、「身に覚えのない茶色いシミがついていた」という経験がある方も多いのではないでしょうか?原因不明の茶色いシミは、どうやって対処したら良いのかもわからず困ってしまいますよね。この茶色いシミの正体とは何なのでしょうか?しまっておいた服についた茶色いシミの原因から、シミの落とし方、シミができないための予防策まで、詳しく解説します。


カビの発生原因と除去方法6個・予防対策は?アルコールは有効?

カビの発生原因と除去方法6個・予防対策は?アルコールは有効?

カビはどうすれば除去できる? カビの発生を防ぐには? など、カビの除去方法~カビの予防対策を知りたい方は必見です。カビの除去方法がわかれば、悩ましい頑固なカビも除去できます。早速、チェックしましょう。


洗濯物が臭い7つの原因とその対策。タオルがアンモニア臭い?

洗濯物が臭い7つの原因とその対策。タオルがアンモニア臭い?

洗濯物がなんだか臭いような気がする……なんてことありませんか?この記事では、臭いの原因とその対策、臭いを抑える効果が期待できる洗濯洗剤についてご紹介しています。ぜひスッキリきれいに洗濯する参考にしてくださいね。


オスバンSで洗濯してカビやワキガを対策!詳しい洗濯方法や注意点

オスバンSで洗濯してカビやワキガを対策!詳しい洗濯方法や注意点

”服を繰り返し服を洗濯をしたり漂白剤を使っても臭いが取れない”、という方はいませんか?服の臭いを解消するなら「オスバンS」で洗濯してみましょう。オスバンSの詳しい内容、洗濯方法などをご紹介していきます。


 

ビジネスパートナー募集