暮らしのお悩み解決サイト

洗濯槽を洗浄する驚きのコツ!簡単すぎる9つのステップ

洗濯槽を洗浄する驚きのコツ!簡単すぎる9つのステップ

衣類やタオルを洗うのにいつもお世話になっている洗濯機。洗濯槽のお手入れをさぼっていると、衣類やタオルをきれいに洗っているつもりが、結果的にカビを付着させてしまっていることに。洗濯槽をいつも清潔に保つために知っておきたい簡単すぎる9つのステップを紹介していきます。


わたしたちの衣類やタオルをきれいに気持ちよく洗ってくれる洗濯機。しかし、洗濯槽のお手入れをさぼっていると、衣類やタオルをきれいに洗っているつもりが、結果的にカビを付着させてしまっている可能性があることをご存知でしたか?

表面からは見ることのできない洗濯槽の裏側は、実はとてもカビが発生しやすい場所です。正しい方法で洗濯槽のお手入れをしてあげることで、カビを除去し、清潔に保つことができます。洗濯槽の洗浄をするための、簡単すぎる9つのステップを紹介していきます。


サクッと読める簡易版はこちら

1分でわかる!洗濯槽掃除 5STEP

https://taskle.jp/media/articles/398

洗濯槽掃除を簡潔に5STEPに分けて解説します。

洗濯槽を洗浄する9ステップ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

では、洗濯槽を洗浄する9ステップを早速みていきましょう。まず注意していただきたいのが、ここで紹介する洗濯槽の洗浄方法は、縦型洗濯機のものだと言うことです。ドラム式洗濯機はその形状によって洗濯槽の掃除方法が異なりますので、取扱説明書を確認し、メーカーに推奨された方法で洗浄しましょう。

① 洗濯槽の中身を空っぽにする

洗濯槽の洗浄を行うためには、まず洗濯槽の中に何も入っていない状態にします。あとで洗濯槽のカビを除去するために漂白剤を入れますので(工程③)、うっかり洗濯物を取り忘れてしまうと、漂白剤の種類によっては、変色してしまう原因になります。洗濯槽の中身が空っぽになっていることをしっかりと確認してから洗浄作業を始めましょう。

② 45℃〜50℃のお湯を槽いっぱいに溜める

次に、45℃~50℃の温かいお湯を槽いっぱいに溜めていきます。「槽洗浄コース」がある洗濯機の場合は、ホースなどを利用して温かいお湯を溜めていきましょう。冷たい水ではなく温かいお湯を入れてあげることで、こびりついた石鹸カスが落ちやすくなりますし、さらにこのあとに入れる漂白剤の効力を上げることができます。

③ 漂白剤を入れる

1.酸素系漂白剤

酸素系漂白剤は発砲力が高く、洗濯槽にこびりついた汚れを剥がしながら落としてくれます。塩素系漂白剤と比べて殺菌効果は穏やかで、ツンとした臭いがありません。「剥がしながら落とす」という性質上、落とした汚れを目で確認することができます。

酸素系漂白剤は、塩素系漂白剤と比べて取り扱いやすく、安心して使用することができます。洗濯槽の洗浄に使用するときは、温かいお湯で3時間からひと晩つけ置きしておくと効果的です。

2.塩素系漂白剤

塩素系漂白剤は非常に高い殺菌効果があり、洗濯槽の汚れを分解して溶かすように落としてくれます。その効果はカビの根にまで及び、カビの再発も防いでくれます。汚れを分解しながら落としていくため、酸素系漂白剤のように落とした汚れがごっそりと目で確認できるわけではありません。

塩素系特有のツンとした臭いがあり、取り扱いには注意が必要です。塩素系洗剤には「混ぜるな危険」と記載があるはず。その理由は、塩素系洗剤は酸性の洗剤と混ぜ合わせると危険な有毒ガスが発生するためです。安全面を考慮し、ほかの洗剤とは一緒に使用しないようにしましょう

また、洗濯槽洗浄をする際は、3時間を超える長時間のつけ置きは厳禁。洗濯槽に錆の原因となってしまいます。また、洗浄が終わったら成分が残らないように徹底してすすぎを行う必要があります。

3.使用量

洗濯槽の洗浄をするために漂白剤の使用量の目安はそれぞれ以下を参考にしてくだい。

・液体塩素系漂白剤:200ml~500ml
・粉末酸素系漂白剤:500g~1kg
・液体酸素系漂白剤:500ml~1000ml


液体の洗剤を使用する場合は、洗剤がはねて周りに飛び散るのを防ぐために、槽にお湯を入れる前に洗剤を入れてあげても良いかもしれませんね。

4.酸素系漂白剤と塩素系漂白剤、どちらがおすすめ?

酸素系漂白剤は、水に溶かすことによって炭酸ソーダ、水、酸素に分解され、人体にやさしいことが特徴的な漂白剤です。ごっそりとれた汚れを実際に目で確認できますので、初めて洗濯槽洗浄を行う取っ掛かりとして使用するときにおすすめです。

酸素系漂白剤と比べて塩素系漂白剤はやや上級者向けと言うことができるでしょう。取り扱いに注意が必要で、強力な漂白力を持っています。汚れやカビを根絶したい方や、強い殺菌力や洗浄力を求める方におすすめです。

酸素系漂白剤と塩素系漂白剤を使い分けるという手段もあります。例えば、まず酸素系漂白剤で一度洗濯槽を洗浄して汚れをごっそり除去したあとで、定期的に塩素系漂白剤で洗浄するといった具合に、状況に合わせて使い分けてみましょう。

使用している洗濯機に「槽洗浄コース」が用意されている場合は、塩素系漂白剤を使用するように指示されている場合が多いようです。洗濯機の機能のひとつとして洗濯槽の洗浄を任せることができますので、とても安心で簡単な洗濯槽の洗浄方法です。ぜひ利用してみてくださいね。

④ 「洗い」だけのコースで撹拌

漂白剤が洗濯槽全体に行きわたるよう、「洗い」だけのコースで撹拌します。酸素系漂白剤を使用している場合は5分ほど、塩素系漂白剤を使用している場合は3分ほどを目安に撹拌しましょう。

このとき、すすぎは禁物。すすぎをしてしまうとせっかく漂白剤を入れたお湯が脱水され、流れてしまいます。

⑤ しばらく放置

漂白剤が撹拌されて洗濯槽全体に行きわたったら、しばらく放置しましょう。酸素系漂白剤を使用している場合は、3時間以上つけ置きします。汚れがひどい場合はひと晩つけておいてもOKです。

塩素系漂白剤を使用している場合は、むやみやたらにつけ置きをしてしまうと錆の原因となりますので、3時間以上のつけ置きは控えましょう。

⑥ 浮いてきた汚れを除去

しばらくつけ置きをしておくと汚れが浮きあがってきますので、アミなどを使用して丁寧に除去していきます。酸素系洗剤を使用している場合は、ここでごっそりと汚れが浮きあがってきているはず。塩素系洗剤を使用している場合は、汚れが分解されていますので、想像よりも汚れが落ちていないと感じることもあるでしょう。

⑦ 工程4~6を繰り返す(酸素系漂白剤使用の場合)

酸素系漂白剤を使用している場合は、工程4~6を繰り返します。汚れが浮きあがらなくるまで何度か繰り返してもOKです。満足できるまで汚れを除去できたら、次の工程にうつります。

塩素系洗剤を使用している場合は、ここは飛ばして次の工程へ。

⑧ 「洗い」から「脱水」までのフルコースで回す

洗濯槽のカビを漂白剤を使用して除去する作業が終わったら、洗濯機を「洗い」から「脱水」までフルコースで1度回します。洗濯機を回し終わったら、洗濯槽をのぞいてみてください。もし洗濯槽の底に汚れやほこりが溜まっている場合はきれいにふき取りましょう。

この汚れやほこりをそのままにしておくと、またすぐにカビが発生してしまいます。

⑨ 仕上げのフルコース

最後にもう1度、仕上げに洗濯機を「洗い」から「脱水」までフルコースで回します。回し終わったら、糸くずフィルターや洗濯槽の底に溜まっている汚れやほこりをきれいに除去し、晴れて洗濯槽の洗浄作業完了となります。

洗濯槽のお手入れは必要?洗濯槽のカビが及ぼす影響とは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

洗濯槽は、一見大して汚れていないように見えても、見えない裏側にカビが発生していることがあります。実は洗濯槽の裏側は、溶け残った洗剤や石鹸カス、洗濯物の汚れが原因で黒カビが発生しやすい場所です。それでは、このカビを気が付かずに放置しておくことによって、わたしたちにどのような影響があるのかみていきましょう。

1.アレルギーや喘息、肺炎の原因に

カビの増殖した洗濯槽で衣類やタオルを洗うことによって、わたしたちに健康被害が及ぶことが懸念されています。具体的には、洗濯物にカビが付着し、それを身にまとうことによって、アレルギー皮膚炎を引き起こしている可能性、そして、そのカビが原因で過敏性肺炎を引き起こす可能性が疑われているのです。

2.洗濯物の嫌な臭いの原因に

洗濯槽の裏側にカビが増殖することによって、洗濯機を回している時の振動でカビが剥がされ、必然的に洗濯物にカビが付着してしまいます。すると、洗濯物が嫌な臭いを発するようになります。せっかくきれいに洗ったはずの衣類やタオルから、カビ特有のすっぱい臭いが発生するようになってしまうのです。

さらに、時には黒いワカメのようなカビが衣類やタオルに付着してしまうこともあります。洗濯物に黒い斑点のような汚れが付着するようになったら要注意。それは、洗濯槽の裏側に大量のカビが発生しているサインかもしれません。

洗濯槽を掃除するメリット

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

洗濯槽のお手入れをすることで、黒カビを原因とする洗濯物の悪臭を改善することができます。みなさんは衣類やタオルを清潔に保ちたくて洗濯をしていると思います。そして、それらを清潔に保つために、抗菌作用のある洗濯洗剤や柔軟剤を使用していることも多いでしょう。
洗濯槽をピカピカに洗浄しておくことによって、洗濯洗剤や柔軟剤の効果を最大限まで活かすことができますよ。

また、洗濯槽を洗浄して黒カビを除去することによって、黒カビによるアレルギーや過敏性肺炎を回避することができます。繰り返しになりますが、洗濯機はわたしたちが普段身にまとう衣類やタオルを洗う場所です。日頃から適切にお手入れをしてあげることがとても大切なのです。

毎日できる洗濯槽のケア

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

洗濯槽を清潔に保つためにわたしたちが毎日できることは、とにかく洗濯槽を乾燥させてあげることに尽きます。普段水を使用しながら衣類を洗浄している洗濯機をどのように乾燥させるのかと言うと、槽乾燥機能があれば使用すること、そして普段は蓋を開けておくようにしておくことです。

槽乾燥機能はそもそも洗濯槽のカビの発生を防ぐためにつくられた機能です。どんどん活用しましょう。乾燥機を回してあげるのもおすすめです。また、蓋をしめて密閉させてしまうと洗濯機の中に湿気がこもる原因となります。普段は洗濯機の蓋を開けておくように心がけましょう。

まとめ

汚れが目に見えづらいため、ついついさぼってしまいがちな洗濯槽のお手入れですが、健康被害や洗濯物の悪臭を防ぐために、適切にお手入れしておくことをおすすめします。日々の簡単なお手入れと、定期的な洗浄を行うによって、洗濯槽をいつでも清潔に保つことができます。洗濯槽がピカピカだと、心も身体も気持ちよいですよ!

関連するキーワード


洗濯槽掃除 役に立つコツ

関連する投稿


水着の洗濯方法6ステップと注意点4つ!洗う頻度は毎回?

水着の洗濯方法6ステップと注意点4つ!洗う頻度は毎回?

夏のレジャーに欠かせない水着ですが、正しい洗濯方法って意外と知らないものですよね。 お気に入りの水着を長持ちさせるために、知っておきたいポイントを6つにまとめました。どれも簡単なポイントばかりなので、さっそく今日から始めましょう!


今月は引っ越しの繁忙期?閑散期?安くする7つのコツ

今月は引っ越しの繁忙期?閑散期?安くする7つのコツ

一年のうちで、何月に引っ越すと安くなるのかを、単身引越しとファミリー引っ越しに分けて調査しました。また、引越しを1円でも安くコストダウンするコツや、引越しの時にあると便利なグッズについても解説しています。


大掃除は夏と年末!やる順番チェックリスト25ヶ所と掃除代行の相場

大掃除は夏と年末!やる順番チェックリスト25ヶ所と掃除代行の相場

新年を迎えるときや季節の変わり目には大掃除を行い、気持ちを新たにして素敵な毎日を送れるようにするのもいかがでしょうか。部屋の状態が整うと自然なやる気アップにも繋がります。大掃除では、普段は掃除できない場所を重点的に綺麗にして心身共に健康を保てるようにしましょう。


ほこりを徹底的に掃除する10のコツ!溜まったほこりもキレイに

ほこりを徹底的に掃除する10のコツ!溜まったほこりもキレイに

厄介な部屋のほこりの掃除を、少しの工夫で劇的に減らす方法を紹介します。掃除機をかけても溜まってしまうほこりは、壁掃除や除電掃除で改善します。また、家の中にほこりを入れないための方法や、部屋のほこりを減らすコツを解説しています。


家のカビ対策が進む10個のコツ

家のカビ対策が進む10個のコツ

気が付けばあらゆるところに繁殖している家のカビ。わたしたちの暮らしの中には、カビが発生するために必要な条件が十分に揃ってるのです。カビは発生してしまう前に、発生させないための対策をとっておくのが理想的。カビの原因や発生させないための10のコツについて学び、カビゼロ生活を目指してみましょう!


最新の投稿


水着の洗濯方法6ステップと注意点4つ!洗う頻度は毎回?

水着の洗濯方法6ステップと注意点4つ!洗う頻度は毎回?

夏のレジャーに欠かせない水着ですが、正しい洗濯方法って意外と知らないものですよね。 お気に入りの水着を長持ちさせるために、知っておきたいポイントを6つにまとめました。どれも簡単なポイントばかりなので、さっそく今日から始めましょう!


小型家電回収ボックスはどこにある?回収品目は?

小型家電回収ボックスはどこにある?回収品目は?

わたしたちにとって大変身近で必要不可欠な小型家電。普段から使用頻度の高い小型家電ですので、その分故障や買い替えを理由に処分をする頻度が高いはずです。小型家電の処分をするときの4つの回収方法やその注意点についてみていきましょう。


布団への掃除機のかけ方5つとおすすめ布団クリーナー5選

布団への掃除機のかけ方5つとおすすめ布団クリーナー5選

布団をキレイにするなら掃除機や布団クリーナーを使いましょう。特にダニの死骸には掃除機が効果的です。布団クリーナーは布団の掃除に着目しているためダニの死骸だけでなく、生きているダニにも効果を発揮します。


粗大ごみ回収!不用品回収業者と自治体、値段はどちらが安い?

粗大ごみ回収!不用品回収業者と自治体、値段はどちらが安い?

粗大ごみの回収を自治体に頼む場合、面倒だなと感じるのが手続きです。ここでは、自治体に粗大ごみの回収をしてもらう場合の手続きの方法、費用だけでなく、回収してもらえないものの処分方法、民間の回収業者さんに依頼した場合のメリットデメリットについても分かりやすくご紹介しています。


今月は引っ越しの繁忙期?閑散期?安くする7つのコツ

今月は引っ越しの繁忙期?閑散期?安くする7つのコツ

一年のうちで、何月に引っ越すと安くなるのかを、単身引越しとファミリー引っ越しに分けて調査しました。また、引越しを1円でも安くコストダウンするコツや、引越しの時にあると便利なグッズについても解説しています。


ビジネスパートナー募集