暮らしのお悩み解決サイト

引越し祝いのお返し6選と返礼品のポイント8つ。のしは必要?

引越し祝いのお返し6選と返礼品のポイント8つ。のしは必要?

引越し祝いのお返しは、引越し作業がひと段落ついたらやっておきたいことのひとつ。引越し祝いのお返しには適したタイミングとマナーがあります。気にかけてくださった周囲の方々に感謝の気持ちを込めて、相手の方に喜ばれる引越し祝いのお返しをしてみませんか?


引越し作業がひと段落ついたらやっておきたいことのひとつとしてあげられるのが、いただいた引越し祝いのお返しです。引越し作業で忙しくてすっかり頭の隅の方にいってしまっていたかもしれませんが、気にかけてくださった周囲の方々と今後の良好な関係を築いていくためにも、いただいたお祝いにはきちんとマナーを守ってお返しをしておくのがベストです。

今回は、引越し祝いのお返しにおすすめの品6選を紹介していきます。さらに、お返しする際のタイミングやマナーなどについても触れていきますので、引越し祝いのお返しに悩んでいる方必見ですよ。

引っ越し祝いのお返しに最適なギフト6選

Getty logo

引越し祝いのお返しのマナーや方法を学んだところで、いよいよ引越し祝いのお返しに最適なギフトを紹介していきます。「絶対にこれでなきゃいけない!」というわけではもちろんありませんが、何を贈ろうかお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

1.引っ越し祝いのお返しに「カタログギフト」

一生懸命選んだものが相手の方に喜んでもらえないこともありますよね。カタログギフトであれば、数あるアイテムの中から本当に必要なものを選ぶことができますので、相手の方の負担になることはありません。

昔からの習わしに沿って「入れ物」を贈りたい場合は食器が含まれるカタログギフトを贈ったり、相手の方の趣味がある程度わかっている場合は喜ばれそうな内容のカタログギフトを贈ったりと、豊富なカタログが用意されているのも魅力。
インテリア・キッチン・レジャー・グルメ・体験型など、相手の方にぴったりのカタログギフトがきっと見つかりますよ。

2.引っ越し祝いのお返しに「食器類」

昔からの習わしに沿って「家=入れ物」という縁起をかついで、カップやグラスなどの食器類を贈るのもおすすめです。渡す相手が年配の方の場合は食器類をもらう機会が多く、もらっても困ってしまう可能性がありますので控えた方が良いかもしれません。
相手が仲の良い友人の場合は相手の趣味も良くわかっているでしょうから、相手の好みに合わせた食器類を選んであげると喜んでもらえるでしょう。

3.引っ越し祝いのお返しに「鍋」

こちらも昔からの習わしに沿って「火に強い」という意味合いでヤカンや鍋を贈るのもおすすめです。ヤカンや鍋は毎日使用するものですので、焦げ付いたりキズがついたりしやすいものですが、まだ使用できるからとそのまま使用していることが多いものです。
そのため、プレゼントされると嬉しいアイテムのひとつ。ギフトとして贈る際は、機能性の高いものや、色やデザインがかわいらしいものを選ぶのがおすすめですよ。

4.引っ越し祝いのお返しに「タオル」

タオルは消耗品で、毎日使うものですし、何枚あっても困ることがありません。タオルを引越し祝いのお返しとして選ぶときは、色やデザインの落ち着いたシンプルなものを選ぶのが無難。相手の方の趣味を知っているという場合は、趣味に合わせて選んでも良いでしょう。
オーガニック素材で肌触りの良いものや、海外や国産の有名ブランドのものから選ぶのがおすすめですよ。

5.引っ越し祝いのお返しに「プチ贅沢な食品」

引越し祝いのお返しとして贈るなら、紅茶やコーヒー、調味料やスイーツなどのちょっと贅沢な食品もおすすめ。消えものですので、相手の方も負担に感じません。下に3つの例をあげていきますが、相手の方の好みに合わせて素敵な食品のプレゼントを贈ってみましょう。

① お菓子
普段自分ではあまり買わないようなちょっと高級な有名店のお菓子は、老若男女問わず幅広い層に喜ばれやすいものです。お菓子であれば日持ちもしますので、急いで消費する必要もなく、いくらもらっても困らないでしょう。見た目がきれいでおいしそうなものを選ぶのもポイントですよ。

② コーヒー・紅茶
相手の方がコーヒーや紅茶を好む方であれば、おいしいコーヒー豆や紅茶の詰め合わせを贈るのもおすすめです。有名コーヒー店のものや人気の高い紅茶ブランドのものなど、ちょっとこだわりのコーヒーや紅茶で、気の利いたギフトを贈ってみてはいかがですか?

③ 味付け海苔セット
お弁当やおにぎり、朝食など、使い勝手抜群な味付け海苔は、引越し祝いのお返しにもおすすめ。年齢や性別を問わず喜ばれるもののひとつです。乾物ですので、日持ちも心配ありません。普段はあまり買わないような高級な味付け海苔のセットをチョイスして。
製法などにこだわった風味豊かな味付け海苔のプレゼントで、相手の方を喜ばせちゃいましょう。

6.引っ越し祝いのお返しに「洗剤や石鹸、入浴剤」

洗剤や石鹸などの実用的な消耗品も、誰がもらっても基本的には困らないギフトですので気軽に贈ることができます。ワンランク上の上質な洗剤や石鹸であればなお喜ばれるでしょう。温泉気分がお家のお風呂で楽しめる入浴剤もおすすめです。

ただし、香りの強すぎるものは好みが分かれますので、香りづけを目的とした柔軟剤は避けておいた方が無難です。また、洗濯洗剤を選ぶ場合は、洗濯機の種類を選ばずに使用できる液体洗剤を選ぶようにしておくと安心ですよ。

引越し祝いのお返しのポイント8つ

Getty logo

引越し祝いのお返しは、ただ自分のお返ししたいものを、自分のやりたいように渡せばOK…というわけではありません。お返しをする際には、マナーや贈り方など、いくつかのポイントがあります。まず最初に、引越し祝いのお返しをするためのポイントをおさえておきましょう。

1.「引越し祝いのお返し」とは…本来の意味を知ろう

引越し祝いのお返しとは、「新居へ招待し、相手を飲食でもてなすこと」が本来の意味にかなった方法とされています。結婚披露宴での引き出物と同じように、新居に招待し、帰りにちょっとした引き出物をお渡しするのが本来のかたちなのです。

ただ、近年では引越し祝いのお返しと言えば、ギフトを贈るという方も多くなってきましたね。引越し祝いをいただいたからと言って、無理をしてまで新居に招待する必要はありません。新居に招待をする予定がない場合には、お礼のギフトを用意し、失礼のないような方法で贈りましょう。

2.引越し祝いのお返しは、おしゃれなものより実用的で残らないものを

誰かからいただいたものの使い道がなかったり、デザインや色などの趣味が合わなかったりして困った経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。いただきものなのでそう簡単に処分するわけにもいきませんし、本当に困りますよね。
贈った側としても、せっかく贈ったものですから、できれば使ってもらいたいものです。

引越し祝いのお返しに贈るギフトとしておすすめなのが、「実用的なもの」と「残らないもの」。引越し祝いのお返しには、相手の方の趣味を問わず、誰にでも使い切れるような、日用品や消耗品、食べ物などが喜ばれます。

3.引っ越し祝いのお返しの熨斗(のし)はどうする?

① 引っ越し祝いのお返しは表書きに「お返し」と書かない!
引越し祝いのお返しの熨斗の表書きには、「内祝」や「御礼」と書きます。「お返し」と書かないように注意しましょう。「お返し」は、もらったから仕方なく返すという悪い印象をもたれてしまう恐れがあるためです。

メッセージカードを添える場合も「お返し」という表現は避けておいたほうが無難。「このたびは、素敵なお祝いを頂きまして誠にありがとうございました。気持ちばかりの内祝いをお送り致しましたので、お納めください」といった風に、感謝の気持ちを添えてメッセージを贈りましょう。

② 引っ越し祝いのお返しは水引は蝶結びを
新築を建てることや引越しは、結婚やお見舞いなどとは違い、何度繰り返してもよいことですよね。何度繰り返しも良い場合の水引は、ほどけてもまた結びなおすことができる紅白か金銀の蝶結びのものを使用します。

新築祝いの場合はほとんどの人が一生に一度のこと、結び切りでも良いのでは…という意見も聞こえてきそうですが、こちらも蝶結びが正解です。失礼のないよう、正しいマナーでお返ししましょう。

③ 引っ越し祝いのお返しは内熨斗で
引越し祝いのお返しの品には、内熨斗を用います。内熨斗とは、贈答品に直接熨斗紙をかけ、その上から包装紙で包む方法のこと。内熨斗は熨斗紙を内側に隠すことで控えめな表現に用いることができます。内祝いの場合は主に内熨斗が用いられます。

4.いただいた引越し祝いの品と同系統の品を贈らない!

例えば、引越し祝いにタオルを貰った人に対して内祝いでタオルをお返しする…といったように、同系統の品を贈るのは失礼にあたりますので、控えましょう。うっかりやってしまわないためにも、誰から何をいただいたのか、いただいたときにしっかりとメモをとっておくと安心です。
あわせて名前や住所など、お返しに必要な情報もメモしておくと便利ですよ。

5.引っ越し祝いのお返しは昔からの習わしに沿ったものを

日本では昔から「家=入れるもの」という意味合いから、引越し祝いのお返しにはグラスやカップ、陶器や漆器などの器を贈る習慣があります。また、「家を焼かない(やかん)」という意味合いでやかんや、火に強いという意味合いで鍋を贈る地方もあるようですよ。

6.引越し祝いのお返しの贈り方

お返しの品が小ぶりのものであれば、直接会って手渡ししましょう。手渡しをするのが難しい相手の場合は(お返しの品が持ち運び困難、遠方に住んでいるなど)、郵送にて贈ります。郵送するときは、相手の方に受け取りの準備をしてもらうために、いつ届くのか連絡をいれてあげると親切ですよ。

7.会社の上司からの引越し祝いのお返しは?

会社の上司からの引越し祝いのお返しは、もらった贈り物が5000円程度であれば、ありがとうございましたとお礼を言うだけで返礼品は不要です。もし1万円以上の高額な引越し祝いをいただいた場合は、3,000円程度の引越し祝いのお返しであれば失礼にあたりません。

8.商品券やギフト券、現金は引越し祝いお返しになる?

引越し祝いのお返しに、商品券やギフト券、現金をおくるのは失礼にあたります。友達や目下の立場の人にあげるのであれば、まだ許されますがあまり良い返礼品とは言えません。特に会社の上司や目上の人に、商品券やギフト券、現金は自分の印象が悪くなるので絶対にやめましょう。

引越し祝いのお返しをする時期3つのポイント

Getty logo

引越し祝いのお返しはいつ行うべきものなのでしょうか? 引越し作業でなにかと忙しい中、いただいた引越し祝いに対してすぐにお返しの手配をするのは簡単なことではありませんよね。引越し祝いのお返しをする時期についてみていきましょう。

1.引っ越し祝いのお返しは引越し後2ヶ月までに!

引越し祝いのお返しは、お祝いをいただいてから2~3週間以内を目安に、引越し後2ヶ月までに手配をしましょう。本来お返しは早く贈るべきものではありますが、引越し祝いのお返しの場合は荷解きなどを済ませ、ある程度落ち着いてから贈っても問題ありません。
逆にあまりに早くお返しをしてしまうと、お祝いをもらうことを前提に準備していたようにうつってしまう可能性があります。

2.引越し祝いを引越し前にもらった場合はどうする?

引越し祝いを引越し前にもらった場合は、引越し後に贈るのは失礼にあたるように思うかもしれませんが、そんなことはありません。そもそも引越し祝いとは、新居へのお祝いと新生活への応援の意味が込められています。
つまり、引越し祝いのお返しでは、新居と新生活の感想を添えてあげるのも重要なこと。引越し祝いのお返しは、引越し後に行いましょう。

3.引っ越し祝いの「お礼」を伝えるのは当日か翌日までに

引越し祝いのお返しを贈るタイミングは上に述べた通りですが、それとは別に、いただいた引越し祝いに対してきちんとお礼を伝える必要があります。直接手渡しで引越し祝いの品をいただいている場合は、いただいたときにお礼を伝えればOKですが、郵送などで受け取った場合は電話やメールなどで、お祝いをいただいた当日か翌日までにはお礼の連絡を入れておきましょう。

引っ越し祝いのお返しの金額相場はいくら?2つのポイント

Getty logo

さて、引越し祝いのお返しをするときに悩むのが、お返しの相場です。いくらくらいを目安として用意すればよいのかみていきましょう。

1.引っ越し祝いのお返しの相場金額

引越し祝いに限らず、お返しの金額の相場は、いただいたものの3分の1から2分の1程度が適当とされています。引越し祝いのお返しの場合も例にもれず、いただいたものの3分の1から2分の1程度が相場です。
もちろん必ず相場に合わせなければいけないというわけではありませんが、あまり高くても安くても相手の方に失礼になってしまいますので、おおよそそれぐらいと考えておきましょう。

2.高額な引っ越し祝いのお返しは?

両親や親戚から高額なお祝いをいただくこともあるでしょう。この場合は、上に述べた「いただいたものの3分の1から2分の1程度」という相場が当てはまりません。なぜなら、両親や親戚からの高額なお祝いには、ほとんどの場合が援助の意味が込められているため。
半返しなどしたら逆に失礼にあたる場合もあるのです。

引越しで高額なお祝いをいただいた場合はご厚意に甘え、できれば新居のホームパーティにお招きし、お酒やお料理をおもてなしすると喜んでもらえるでしょう。

まとめ

引越し祝いのお返しは、実用的で残らないもの、さらに相手の方に喜んでもらえるものを選ぶのが鉄則。相手の方に失礼のないようにマナーを守り、ワンランク上のハイセンスなギフトを用意し、心をこめて感謝の気持ちを伝えましょう!

引越しの挨拶回りで必須の粗品、喜ばれるもの10選と喜ばれないもの

https://taskle.jp/media/articles/200

あなたの第一印象を決める引越しの挨拶回りは、粗品選びが意外と重要です。

引越し手伝いのお礼金額相場は?親にも必要?気をつけたい注意点3つ

https://taskle.jp/media/articles/388

引越しのお手伝いをしてもらったら、そのお礼をするのがマナーです。

引越しはがきの文例テンプレート3パターン!転居挨拶を安く!

https://taskle.jp/media/articles/266

何かと忙しい引っ越し前後に、慣れない挨拶状まで送るのはかなり気が重い作業ですよね。でも、知っておきたいポイントを抑えれば意外と簡単。

円滑な生活のために!引越しの挨拶で喜ばれるもの10選

https://taskle.jp/media/articles/82

忘れてはいけないご近所への引っ越しのご挨拶。これからその地域で円滑に暮らしていくためにも、引っ越しの挨拶はスマートに済ませたいものです。

関連する投稿


引越しにかかる時間はどれくらい?当日に押さえておくべき10つのポイント

引越しにかかる時間はどれくらい?当日に押さえておくべき10つのポイント

引っ越しにかかる時間って気になりますよね。この記事では、引っ越し作業時間の目安や、時間を有効に使って作業時間を短縮するコツをご紹介しています。ちょっとしたひと手間でできることばかりなので、引っ越しが決まったらぜひチェックしてくださいね。


引越し後にやるべき16個の手続き!絶対に忘れない一覧表

引越し後にやるべき16個の手続き!絶対に忘れない一覧表

引越しは、引越し前も後もバタバタと忙しく、やるべきことをうっかり忘れてしまうこともあります。やるべき手続きをうっかり忘れてしまうと、思わぬトラブルに見舞われてしまう原因に。今回は、引越し後にやるべき手続き16個について一覧でまとめていきます。


【保存版】引越しに必要な書類手続き38

【保存版】引越しに必要な書類手続き38

引越しをする時に必要になってくる、住所変更手続きについてまとめました。市区町村に提出する書類や、引っ越す前と引っ越した後の電気・ガス・水道の手続き、子どもの小中学校の手続きや、自動車やバイクの手続きなど、引っ越す時に必要な項目をまとめています。


パスポートの住所変更は必須?手続方法からよくある質問まで徹底まとめ

パスポートの住所変更は必須?手続方法からよくある質問まで徹底まとめ

引っ越しなどで住所が変わったとき、パスポートも住所変更が必要なのでしょうか。もしも記載事項が変わったらどのような手続きをすればいいのでしょうか。ここではパスポートの記載内容の変更に関することをわかりやすくご紹介しています。


これでバッチリ!引っ越しの梱包方法とコツ31品目

これでバッチリ!引っ越しの梱包方法とコツ31品目

引っ越しの梱包に必要なものや、キッチングッズや家電、家具など家の中のさまざまなものの梱包方法などを解説しています。また、家族人数別の必要なダンボールの数や、引っ越し業者がタダでくれるダンボールの数についても説明しています。


最新の投稿


お風呂・浴槽の掃除方法8ヶ所!重曹が効果的?水垢・カビは?

お風呂・浴槽の掃除方法8ヶ所!重曹が効果的?水垢・カビは?

浴槽掃除などをしばらくしていない方もいるでしょう。しかし、浴槽掃除などをしないと様々な汚れやカビが生えお風呂は汚れる一方です。今回は、汚れやカビが生えたお風呂をキレイにする掃除方法をご紹介します。


水垢の簡単掃除方法8選!風呂・キッチンシンク・加湿器などの汚れも綺麗に

水垢の簡単掃除方法8選!風呂・キッチンシンク・加湿器などの汚れも綺麗に

掃除の中でも、"水回りの掃除をするのが嫌い!"と答える方は多いでしょう。しかし、水回りの掃除を怠ると水垢汚れがたまっていきます。今回は、水垢掃除が嫌いな方でも「簡単にできる掃除方法」をまとめました。


鏡の掃除方法4ステップでウロコ状汚れを綺麗に!必要な道具や洗剤は?

鏡の掃除方法4ステップでウロコ状汚れを綺麗に!必要な道具や洗剤は?

鏡は汚れが付着しやすく、白いウロコ汚れが目立ちます。鏡に付着する汚れの種類や、鏡を簡単に掃除する方法、また、毎日の掃除が面倒だという人のために可能な限り鏡が汚れないようにするための予防方法も解説します。


シンクの掃除方法5ステップ!必要な道具は?頻度は毎日がおすすめ?

シンクの掃除方法5ステップ!必要な道具は?頻度は毎日がおすすめ?

食材を扱う場所であるキッチンは可能な限り清潔な状態にしておきたいものです。シンクは汚れが付着しやすく、蓄積しやすい場所でもあります。シンクの基本的な掃除方法やサビの除去方法や汚れを予防するための注意点を解説します。


網戸掃除の簡単な方法5ステップ!洗剤やカビ取りは?おすすめ頻度

網戸掃除の簡単な方法5ステップ!洗剤やカビ取りは?おすすめ頻度

網戸掃除はハードルが高いと考えがちですが、実際には簡単に掃除をする方法もあるのです。簡単な網戸掃除の方法や必要な道具、さらにカビや窓枠の掃除方法について紹介します。また、網戸の汚れを防止するための方法やコツについても解説します。


ビジネスパートナー募集