暮らしのお悩み解決サイト

引っ越しに必要な書類手続き38項目【保存版】

引っ越しに必要な書類手続き38項目【保存版】

引っ越しをすると各所で必要になる住所変更のための書類手続き。でも数が多すぎて何をしたらいいかわからなくなってしまいますよね。記事では最低限必要な書類手続き38項目をまとめています。引っ越しが決まったらぜひチェック!


目次

引っ越しが決まると、あちこちに住所変更届を提出しなくてはいけません。面倒ですが、決められた期限以内に行わないと、罰金を支払う場合もあるので要注意です

役所への「転出届」や「転入届」、公共料金の住所変更手続き、スマホや携帯電話、保険や自動車など、考え出すと気持ちばかり焦ってしまってどうして良いかわからなくなってしまいますよね。

ここでは、最低限これだけはやっておかなくてはいけない【引っ越しに必要な書類手続き】をまとめてみました。あらかじめ会社への予約が必要なものもあるので、引っ越しが決まったら一通り読んでおくと良いですよ。

引っ越しに必要な書類手続き1
1 住民票

引っ越しが決まったら、引っ越す日の14日以内に今いる場所の自治体で住民票の手続きを行います引っ越す日の14日以内に今いる場所の自治体で住民票の手続きを行います。手続きを行わない場合、5万円行かの罰則を受けることもあるので気をつけましょう

今いる場所と違う市区町村に引っ越す場合は、「転出届」を提出します。「転出届」を提出すると、役所から「転出証明書」を渡されますので、新しく引っ越す先の役所に提出しましょう。引っ越しが終わったら、14日以内に引越し先の役所で「転入届」を提出します

15日以上過ぎても「転入届」は受け付けてもらえますが、裁判所から過料を請求されることがありますので注意してください

同じ市区町村に引っ越す場合は「転居届」を提出しますこの場合は「転入届」を出す必要はありません。どの場合も、印鑑と本人確認書類が必要になりますので、忘れないようにしましょう。

引っ越しに必要な書類手続き2
2 国民健康保険

今いる場所と違う市区町村に引っ越す場合には、「資格喪失手続き」を行います。そして、引っ越した先で「加入手続き」を行います

同じ市区町村に引越す時は、「住所変更」を行います

「資格喪失手続き」は引っ越す14日前から受け付けています。「転出届」を出す時に一緒に提出すると、時間にムダがありません。「加入手続き」は引っ越してから14日以内に行います。こちらも「転入届」を出す時に一緒に提出すると良いでしょう。

引っ越しに必要な書類手続き3
3 印鑑登録

印鑑登録は、引っ越す前の市区町村で「登録抹消」を行って、新しい引越し先の市区町村で「新規登録」を行います。同じ市町村内に引っ越した場合は、手続きは必要ありません。

引っ越しに必要な書類手続き4
4 マイナンバー

マイナンバーも住所変更手続きが必要ですが、住所が変わってもマイナンバーの番号は変わりません。実際には、引っ越した先の役所で転入届を出す時に、一緒にマイナンバーの変更手続きを行うとスムースです。

転入届を出す窓口で、マイナンバーの「変更事項」を申請します。すると、マイナンバーカードの「追記領域」に、新住所が記載されます。引っ越してから14日以内に、新しく引っ越した先の役所で手続きを行ってください

引っ越しに必要な書類手続き5
5 住民税住所変更

引っ越す時に「転出届」と「転入届」を行うことで、住民税の引越手続きも完了しています。特に住民税に関する引越手続きは必要ありません。

住民税は、前年の1月1日から12月31日までの所得から計算された税金を、1月1日に住んでいた場所の自治体に納めるものです。納入方法は一括でも分割でも可能で、6月頃に振込用紙が送られてきます。引っ越しても、引っ越す前と引っ越した先と二重取りされることはありません。

引っ越しに必要な書類手続き6
6 パスポート住所変更届

パスポートには住所変更届は必要ありません名前や本籍が変わった場合は申請しなくてはいけませんが、住所だけが変わった場合は「所持人記入欄」を自分で書き直すだけでかまいません。「所持人記入欄」以外のページには何も書かないでください。

引っ越しに必要な書類手続き7
7 電気契約変更手続き

近年、電気料金の支払いが、従来の電力会社とは別のさまざまな会社で行えるようになりました。そのため、引っ越す時には余裕をもって、引っ越す2週間ほど前に電気会社に連絡をしておきましょう。各会社とも、電話やインターネットでの連絡が可能です。
引っ越す時にブレーカーを上げておくかどうするかについても、尋ねておきましょう。

新しく引っ越した先では、以前はブレーカーを上げるだけで電気がつきましたが、電力会社が多様化したために事前に連絡をしておかないとつかない場合もあるようです。事前にどの電力会社と契約するか、それまで使用していた電力会社でも対応できるのか調べておきましょう。

引っ越しに必要な書類手続き8
8 ガス契約変更手続き

引っ越す2週間ほど前に、ガス会社に連絡をします。その時に、閉栓の手続きと、引っ越す日までに使ったガス料金を支払う日時を予約しますガス栓は一度閉めると使用できなくなってしまうので、引っ越す直前まで使えるように日時の予約には気をつけましょう

引越し先でガス栓をあけてもらう手続きも、引っ越す2週間ほど前に行っておきましょうガス会社のスタッフにガス栓をあけてもらわないと、ガスが使用できません。新居でのガス栓を開けたり、ガス漏れが無いかチェックする作業は15分から20分程度です。
その時に、引越し先で使用するガス器具で使用方法が不安なものがあれば相談しておくと良いでしょう。

引っ越しに必要な書類手続き9
9 水道契約変更手続き

引っ越す1週間ほど前に、水道局に連絡します。引っ越す日や前日などに集金を希望する場合は、水道局のネットか電話で日時を予約しておきましょう。引っ越す時にはそれ以外は何もしなくて大丈夫です。

新しく引っ越した先では、何もしなくてもすぐ水が出ます。電話やネットで水道局に連絡して開始手続きを行います。使い始めた時と、申込みの日が違いすぎるとトラブルになりかねませんので、早めに手続きをしてください。

引っ越しに必要な書類手続き10
10 郵便局契約変更手続き

郵便局では住所変更を出しておけば、引っ越しても1年間は新しい住所に郵便物を転送してくれます。住所変更届けは、郵便局の窓口でも行っています。その際に、運転免許証などの本人と確認できる書類が必要です。

スマホでも住所変更が可能で、郵便局の「e転居」にアクセスして申込みができます。引っ越す前でも引っ越した後からでも可能です。必要項目を入力して、画面に出てくる番号に電話するだけなので大変簡単で便利です。

【PR】単身引越しやオフィス移転も信頼できる業者に依頼しませんか

店舗移転から自宅の引越し、大きな家具の移動など引越し業者を探しましょう。「引越しの準備から相談に乗ってくれる業者が見つかるかしら?」「ピアノの移動にはいくらくらかかるの?」そんなときこそ、信頼できる引越し業者が見つかるこちらのサービスがオススメです。

引越し業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_引越し

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


引越し準備

関連する投稿


引越しでやることチェックリスト【総まとめ】62項目こまかく解説

引越しでやることチェックリスト【総まとめ】62項目こまかく解説

「引越しはやることが多すぎて目が回りそう…」という方向けに、引越しでやることを62項目のチェックリストにまとめしました。引越しを決めた瞬間から引越し後までやることをこまかく総まとめ!あなたの引越しにぜひ役立ててみてください。


引っ越し祝いのお返しマナーは?【のし対応】おすすめ10商品を紹介

引っ越し祝いのお返しマナーは?【のし対応】おすすめ10商品を紹介

引っ越し祝いをいただいたら気になるのが「お返し」のこと。のしをどうするかや金額相場、どんな商品にするかなど悩みますよね。記事では引っ越し祝いのお返しに関するマナー&通販で買えるのし対応のおすすめ10商品を紹介します。


引越しやることリスト27項目!最初の手続きからタイムスケジュール別に

引越しやることリスト27項目!最初の手続きからタイムスケジュール別に

引っ越し準備には「やることリスト」があると便利。記事では引っ越しでやること27項目をタイムスケジュール別にまとめて紹介しています。


引越しダンボールの安い入手方法!業者にもらえるサイズやほかの調達方法は?

引越しダンボールの安い入手方法!業者にもらえるサイズやほかの調達方法は?

引っ越しにダンボールは欠かせませんが、できればお金はかけたくないもの。記事では引っ越し業者別に無料でもらえるダンボールのサイズや上限枚数、引越し業者以外からタダまたは格安で調達する方法について解説しています。


引越し準備はいつから?一人暮らしの場合は?準備期間中にやる25のこと

引越し準備はいつから?一人暮らしの場合は?準備期間中にやる25のこと

引っ越し準備はいつからスタートすればいいのでしょうか?記事では準備にかかる期間をひとり暮らし、家族別に解説。準備期間中にやる25のことについてもまとめています。引っ越し準備で慌てないための参考にしてください。


 

ビジネスパートナー募集