暮らしのお悩み解決サイト

エアコンを引越しさせるには?その方法とコツを5つにまとめてみた

エアコンを引越しさせるには?その方法とコツを5つにまとめてみた

エアコンの引越し作業には、専門的な知識や技術が必要です。そのため、エアコンの引越しはプロの業者へ依頼をするのが得策と言うことができます。エアコンを引越しさせるための5つの手順や注意点を知り、エアコンを上手に引越しさせてみましょう。


専門的な知識や技術が必要なエアコンの引越し作業。「自分でできる! 」と自信を持って言える人は少ないのではないでしょうか。エアコンの引越しはその性質上、プロの業者へ依頼するのが得策と言うことができます。
今回は、エアコンを引越しさせる手順5つについて紹介していきます。エアコンの引越し手順や注意点を知り、エアコンを上手に引越しさせてみましょう。

エアコンを引越しさせる手順5つ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

それでは早速、エアコンを引越しさせるための5つの手順についてみていきましょう。エアコンのまず取り付け先(設置場所)を決めることから始まります。

1.エアコンの設置場所を決める

エアコンの引越しを行うときは、まず新しく設置する場所をあらかじめ決めておくことからスタートします。ご存知のとおり、エアコンはどこにでも自由に設置できるわけではありません。電源を取る場所や、配管を通すための穴をあける場所などをおおざっぱにイメージしておき、作業の日に業者の方へ伝えられるようにしておくとスムーズです。

また、エアコンの取り付け作業は少なからず工事を行うことになりますので、賃貸物件の場合は大家さんへ許可をもらっておくと、のちのちトラブルに発展することを防ぐことができます。

2.業者を選ぶ

エアコンの引越しを依頼する業者選びには、「エアコン取り付け専門業者」、「引越し業者」の2つの選択肢があります。業者を選ぶときは、いくつかの業者に見積りを依頼し、しっかり納得した上で作業の依頼をするようにしましょう。

① エアコン取り付け専門業者

エアコン取り付け専門業者の利用は、エアコンだけを引越しさせたい場合に適しています。エアコンだけをほかの部屋に移設させたいときや、引越しの作業を引越し業者に依頼せず、自分で行うときなどは、エアコン取り付け専門業者に依頼をしましょう。

なお、エアコン取り付け専門業者はほとんどの場合が長距離輸送に対応していませんので、遠方にエアコンの引越しを希望している場合は、宅急便を利用して新しい設置先へ配送してから、引越し先の近くのエアコン取り付け専門業者に依頼をするようにしましょう。

② 引越し業者

引越し作業を引越し業者に依頼しているときは、エアコンの引越し作業もまとめて引越し業者へをお願いするのが良いでしょう。ほとんどの引越し業者がオプションサービスとしてエアコンの設置サービスを用意していますし、手続きもまとめて行うことができますので簡単。
さらに、取り外し・取り付け日時の調整もまとめて行ってくれますので、日時の調整に頭を悩ませることもありません。

3.取り外し・取り付け日時の決定

エアコンの引越しを依頼する業者を選んだら、エアコンの取り外し・取り付け作業を行う日時を決めましょう。

引越し業者にまとめてエアコンの引越し作業を依頼するときは、取り外し・取り付け日時の調整は引越し業者へお任せできますが、エアコン取り付け専門業者へエアコンの引越し作業を依頼するときは、引越し作業の邪魔にならないよう、自分自身で取り外し・取り付け日時の調整をしっかり行っておく必要があります。

4.エアコンの取り外し作業

業者へ依頼をした日時に、エアコンの取り外し作業を行ってもらいます。エアコンの取り外し作業では、ガス漏れをしないよう適切に処理したうえで、エアコン室内機と室内機を取り外していきます。その後、ガスの噴出に注意して配管をはずし、配管穴にパテ埋めを施し、取り外し作業完了となります。

5.エアコンの取り付け作業

エアコンの取り付け作業が無事に完了したら、次に新しい設置場所でエアコンの取り付け作業をしてもらいます。エアコンの取り付け作業では、壁に配管用の穴がない場合は穴あけ工事をし、エアコン室内機を取り付けていきます。

その後、長さの調整などをしながら配管を適切に取り付け、エアコン室外機を設置していきます。配管の中に不純物などが入り込むと故障の原因となるため真空乾燥させる作業を行い、実際電源を入れてみて問題がないかどうかチェックし、完了です。

以上の作業を経て、無事にエアコンの引越しが完了したことになります。自分で行うにはやはり難しい作業であると言うことができますね。

エアコンを引越しさせるときのコツと注意点

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

次に、エアコンの引越しをさせるときにおさえておきたい、コツや注意点についてみていきましょう。

1.自分ではやらないで!

一見頑丈に見えるエアコンの配管は、意外とデリケート。折れやすく、穴があきやすいものなのです。そのほか、劣化による部品の交換が必要になることもありますし、ガス漏れの危険が伴うこともあります。
エアコンの取り外し作業や取り付け作業は、特殊な知識や技術が必要なのです。自分で無理に行うことで故障の原因となりますので、プロの方にお任せした方が賢明でしょう。

2.悪質な業者に注意

エアコンの引越しを依頼するとき、悪質な業者に依頼をしてしまわないよう注意しましょう。悪質な業者とは、不当に高額な請求をしてくる業者のこと。何かと理由をつけて、本当は交換の必要のない部品の交換を強いたり、簡単な作業にも関わらずオプション料金として追加費用を発生させたりと、基本料金のほかに料金を上乗せしてくる業者があります。
口コミなどを参考に、慎重な業者選びを心がけてくださいね。

3.追加料金についても事前に確認を

上記のような悪質な業者の手法にひっかからないためにも、見積もりの依頼をすると同時に、追加料金についても詳しく確認をしておくようにすると安心でしょう。エアコンの工事には、「基本工事」と「追加工事」があります。
どのような場合に追加の料金が発生するのか、またそれはいくらなのか、事前にしっかり確認しておくようにしましょう。

この追加工事における費用ついて、「実際に見てみないとわからない」などと言ってくる業者は少し怪しいかもしれません。考えられる追加工事とその費用について明確に説明してくれる業者であれば安心して依頼をすることができますよ。

エアコンの引越しにかかる費用まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

エアコンの引越しにかかる費用についてみていきましょう。エアコンの引越しにかかる費用は、エアコン業者に依頼をするか、引越し業者に依頼をするかによってその相場が変わってきます。

1.エアコン取り付け専門業者

エアコン取り付け専門業者にエアコンの引越しの依頼をした場合、基本料金の相場は20,000円~30,000円となるようです。その他、追加料金として下記にあげる費用が発生する場合がありますので注意しましょう。

・エアコンの配管料金 1mにつき2,000円~3,000円
・電圧切り替え料金 4,000円~5,000円 など

なお、エアコン取り付け専門業者は引越し業者とは異なり、多くの業者が運搬することを業務としていません。そのため、長距離の引越しの場合には引越し業者に依頼をした方が無難でしょう。

2.引越し業者

引越し業者にエアコンの引越しを依頼した場合、エアコン1台につき発生する移設費用の相場は、8,000円~15,000円程度となることが多いようです。こちらも追加料金として、配管料金や電圧切り替え料金(費用の相場は上記のエアコン取り付け専門業者の場合と大体同じ)などが発生することがありますので注意が必要です。

引越しに伴ってエアコンの移設をする際は、引越し業者にまとめて依頼をしてしまった方が費用も安く済むことが多いでしょう。

エアコンを買い替えた時との比較

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

エアコンの引越しをするとき、そのエアコンが古い場合は買い替えを検討しても良いかもしれません。エアコンを買い替える場合とどちらが良いか比較してみましょう。

1.エアコンの寿命って?

エアコンの寿命の目安は、大体10年くらいと考えておけば良いでしょう。この数字はあくまで目安ですので、10年経ってもエアコンがまだまだ元気という場合は、絶対交換しなければいけないといった話ではありません。

ではなぜ10年が目安と言われているのかと言うと、エアコン自体の需要部品の耐久性、そして、メーカーによる修理のために必要な部品の最低保有期間が大体10年前後とされているためです。したがって、エアコンは使用してから10年も過ぎてくると衰え出し、故障しても修理ができなくなることもあるため、通常ですとここで初めて買い替えという選択肢が浮上してきます。

2.古いエアコンの引越しは料金が高額になることも

10年以上使用した古いエアコンの場合は、買い替えをしたほうがお得なケースがほとんどでしょう。10年以上使っていればいつ故障するかもわからない状態です。劣化した部品の交換費用が発生したり、もしくはパイプ自体がもろくなっていて折れたりして、高額な費用が発生することもあるのです。

この先どのくらい使えるかわからない古いエアコンの引越しに高額な費用をかけるよりは、省エネで電気代の節約にもなる新しいエアコンを購入したほうが、断然お得ということになります。

3.お得なサービスの対象になることがある

新しくエアコンを購入するとき、家電量販店によって異なりますが、お得な様々なキャンペーンを実施していることも多いでしょう

たとえば、新規購入時の基本工事料金無料キャンペーンや、買い取りや引き取りキャンペーンなど、エアコンの取り付けや取り外しの料金がお得になったり、処分にかかる費用がお得になったりするキャンペーンが実施されていることもあります。
引越しに伴いエアコンの買い替えを検討している場合は、こういったお得なキャンペーンにも着目してみましょう。

まとめ

エアコンの引越し費用は、そのエアコンの状態によって変わる可能性があります。エアコンが古い場合は、買い替えを考えたほうがお得な場合も多いでしょう。今回紹介したエアコンを引越しさせる5つの手順を参考に、1番お得でスムーズにエアコンの引越しをする方法を見つけてみましょう!

関連するキーワード


引越し準備 役に立つコツ

関連する投稿


水着の洗濯方法6ステップと注意点4つ!洗う頻度は毎回?

水着の洗濯方法6ステップと注意点4つ!洗う頻度は毎回?

夏のレジャーに欠かせない水着ですが、正しい洗濯方法って意外と知らないものですよね。 お気に入りの水着を長持ちさせるために、知っておきたいポイントを6つにまとめました。どれも簡単なポイントばかりなので、さっそく今日から始めましょう!


今月は引っ越しの繁忙期?閑散期?安くする7つのコツ

今月は引っ越しの繁忙期?閑散期?安くする7つのコツ

一年のうちで、何月に引っ越すと安くなるのかを、単身引越しとファミリー引っ越しに分けて調査しました。また、引越しを1円でも安くコストダウンするコツや、引越しの時にあると便利なグッズについても解説しています。


大掃除は夏と年末!やる順番チェックリスト25ヶ所と掃除代行の相場

大掃除は夏と年末!やる順番チェックリスト25ヶ所と掃除代行の相場

新年を迎えるときや季節の変わり目には大掃除を行い、気持ちを新たにして素敵な毎日を送れるようにするのもいかがでしょうか。部屋の状態が整うと自然なやる気アップにも繋がります。大掃除では、普段は掃除できない場所を重点的に綺麗にして心身共に健康を保てるようにしましょう。


ほこりを徹底的に掃除する10のコツ!溜まったほこりもキレイに

ほこりを徹底的に掃除する10のコツ!溜まったほこりもキレイに

厄介な部屋のほこりの掃除を、少しの工夫で劇的に減らす方法を紹介します。掃除機をかけても溜まってしまうほこりは、壁掃除や除電掃除で改善します。また、家の中にほこりを入れないための方法や、部屋のほこりを減らすコツを解説しています。


引っ越しで転校する時の手続き保育園・幼稚園から高校まで7パターン

引っ越しで転校する時の手続き保育園・幼稚園から高校まで7パターン

保育園、幼稚園、小学校、中学校、高等学校の、引っ越しで転校する場合に必要になる手続きや書類の入手先や提出先などについてまとめています。また、小中学校、高校については、公立と私立に分けて解説しています。


最新の投稿


水着の洗濯方法6ステップと注意点4つ!洗う頻度は毎回?

水着の洗濯方法6ステップと注意点4つ!洗う頻度は毎回?

夏のレジャーに欠かせない水着ですが、正しい洗濯方法って意外と知らないものですよね。 お気に入りの水着を長持ちさせるために、知っておきたいポイントを6つにまとめました。どれも簡単なポイントばかりなので、さっそく今日から始めましょう!


小型家電回収ボックスはどこにある?回収品目は?

小型家電回収ボックスはどこにある?回収品目は?

わたしたちにとって大変身近で必要不可欠な小型家電。普段から使用頻度の高い小型家電ですので、その分故障や買い替えを理由に処分をする頻度が高いはずです。小型家電の処分をするときの4つの回収方法やその注意点についてみていきましょう。


布団への掃除機のかけ方5つとおすすめ布団クリーナー5選

布団への掃除機のかけ方5つとおすすめ布団クリーナー5選

布団をキレイにするなら掃除機や布団クリーナーを使いましょう。特にダニの死骸には掃除機が効果的です。布団クリーナーは布団の掃除に着目しているためダニの死骸だけでなく、生きているダニにも効果を発揮します。


粗大ごみ回収!不用品回収業者と自治体、値段はどちらが安い?

粗大ごみ回収!不用品回収業者と自治体、値段はどちらが安い?

粗大ごみの回収を自治体に頼む場合、面倒だなと感じるのが手続きです。ここでは、自治体に粗大ごみの回収をしてもらう場合の手続きの方法、費用だけでなく、回収してもらえないものの処分方法、民間の回収業者さんに依頼した場合のメリットデメリットについても分かりやすくご紹介しています。


今月は引っ越しの繁忙期?閑散期?安くする7つのコツ

今月は引っ越しの繁忙期?閑散期?安くする7つのコツ

一年のうちで、何月に引っ越すと安くなるのかを、単身引越しとファミリー引っ越しに分けて調査しました。また、引越しを1円でも安くコストダウンするコツや、引越しの時にあると便利なグッズについても解説しています。


ビジネスパートナー募集