暮らしのお悩み解決サイト

エアコン掃除スプレーのやり方・使い方4つと注意点

エアコン掃除スプレーのやり方・使い方4つと注意点

エアコン掃除する場合に重要なファンとフィンをメインに、自分で掃除をする方法を解説します。スプレーを使用するだけでこびりついたカビやホコリを取る方法と、注意点をチェックしましょう。また、掃除に使うスプレーの選び方についても紹介します。


エアコンのスイッチを入れると、くしゃみや咳が出たり体調が悪化すると感じたりする場合は、エアコンに付着している汚れやカビ菌が原因の可能性があります。体調の変化を感じなくても、除湿機能に切り替えると不快なニオイがする場合は、消臭剤を使用して対処するのではなくエアコン掃除をする方法が有効です。

エアコンにカビが付着する理由は、エアコンの内部で結露が発生しているためであり、温かい空気はスイッチを切ることによって冷やされ、冷やされた空気が再度温められることを繰り返すと、エアコン内部で結露が起こります。

さらに、結露で発生した水分にエアコン内部のホコリが付着し、カビが発生するので注意が必要です。そのため、エアコンの掃除方法やエアコン掃除に使用するスプレーの種類を押さえて、対処する必要があります。

エアコン掃除が必要になる汚れの原因

エアコンは室内の空気を吸い込み、熱交換器と呼ばれるパーツで空気を冷やします。室内の空気を吸収する際にホコリや汚れ、タバコのヤニや調理中に発生する油、ペットを飼っている場合は動物の被毛も吸い込むことが特徴です。

フィルターを通さない物質は問題ありませんが、フィルターを通してしまうホコリやゴミはエアコンの内部に入り込んでしまうので、雑菌やカビが繁殖する場合があります。そのため、エアコンカバーの表面だけではなく、内部の掃除をする必要があるのです。

自分で簡単!エアコン掃除の仕方4つと2つの注意点 | タスクル

https://taskle.jp/media/articles/172

エアコンの掃除について、準備する道具やフィルターやファン、室外機を掃除する4つの手順を紹介します。また、掃除の際に注意すべきポイントや、エアコン掃除を業者に依頼した場合のメリットと料金相場についてもチェックしましょう。

エアコン掃除スプレーには4つの種類がある

エアコン掃除用のスプレーには、フィン用スプレー、ファン用のスプレー、フィルター用スプレー、ドレンホースクリーナーの4種類があります。エアコンフィンスプレーは、エアコンのフィルターの奥に取り付けられている薄い金属パーツを掃除するためのアイテムです。

空気を取り込み、温度をコントロールするパーツであり、フィンの部分はエアコンパーツの中でもカビが発生しやすいので、1年に1度しっかりと掃除をすることが重要だといえます。また、一般的に販売されている「エアコン洗浄スプレー」と呼ばれる製品の多くはフィン用のスプレーであることが特徴です。

エアコンファン用のスプレーは、エアコンの排出口から確認できるパーツを掃除するためのアイテムです。ファンが回転することで、空気を発生させる役割を果たすパーツであり、ファンに付着している汚れやカビを除去しなければエアコンをつけた際の不快な臭いを取り除けないので、スプレーを使って掃除をしましょう。商品数が比較的少なく、価格は他のパーツを洗浄するためのスプレーと比較して若干高いことが特徴です。

フィルター用のスプレーを使うと、フィルター部分に直接噴射することによって泡状になり、フィルターの汚れを吸着して落とせます。スプレーした際に周囲に成分が付着する場合があるので、屋外やバスルームで掃除をスプレーを使いましょう。

ドレンホースクリーナーは、配管を掃除するためのアイテムです。ドレンホースはエアコン内部の水分を外に出すためのパーツであり、掃除をする際に手が届きにくいのでクリーナーを使用する必要があります。

エアコンをスプレー掃除する前の準備4つ

スプレーを使ってエアコンを掃除する際には、道具を準備してスムーズに掃除を行いましょう。そこで、必ず行なっておくべき4つの準備について紹介します。

①掃除に使うアイテムを用意しておく

スプレーの成分を吸い込まないように、マスクはもちろん、ゴーグル、使い捨てのビニール手袋など、肌や粘膜を守るためのアイテムを準備しておくのを忘れないようにしましょう。洗剤の成分がエアコンの本体に残らないように、ファンやフィンの掃除した後に霧吹きを使って水をスプレーする必要があります。そのため、スプレーボトルを準備することも大切です。

さらに、エアコンの周辺を養生するための大きめのビニール袋やゴミ袋、養生テープも用意しましょう。エアコンから排出される汚れた水が飛び散った際に、すぐに拭き取れる雑巾も準備しておきます。

また、スプレーを使ってフィンを掃除をする前に掃除機をかけることがポイントですが、必ずエアコンの電源をオフにした状態で掃除機をかけることを忘れないようにしましょう。

エアコンの電源をオンにした状態でスプレーや掃除機を使うと、故障の原因になるほか、火災といった大きな事故につながる場合があるので十分注意が必要です。安全に掃除をするためにも、掃除が完了するまではスイッチを切るだけではなくコンセントを抜いておくと良いでしょう。

② エアコンから排出される汚れた水で家を汚さないために養生が必須

エアコン掃除をする前に必ず行うべき準備が、エアコンを本体とエアコン周辺を養生することです。ファン用スプレーを使ってファンを掃除する際には、下の部分に必ず汚れた水が落ちます。エアコンの下に置いてある家具や物は、掃除をする間エアコンから離れた場所に移動させましょう。さらに、洗浄後に試運転をした際に、エアコン内部に残っていた水分が飛び散る場合があります。

エアコンの下に置いてある物だけではなく、エアコンが設置されている部屋にある家具や床、壁は可能な限りビニール袋や新聞紙を使って養生をしておくことが大切です。広い部屋の場合は、エアコンからおよそ3m程度の範囲を目安に養生しましょう。

エアコン本体を養生する際には、空気が排出される下の部分にビニールシートを貼り付けます。エアコン本体が取り付けてある壁の下の部分から、空気が排出される部分に水を受け止められるよう、ビニール袋を貼り付けることがポイントです。

③フィルターを外して水洗いする

エアコンの前の部分のカバーを開いたら、フィルターを取り外します。フィルターが汚れていた場合は、水洗いで汚れを流しましょう。

④エアコンの右側のパーツを養生する

エアコンは、いずれの機種も右部分に電気系統のシステムが組み込まれています。エアコンの右の電気系統に洗剤や水がかかると、故障する場合があるため注意が必要です。ファンやフィンを掃除しても、故障してしまっては意味がありません。そのため、本体の右側にある電気系統は大きめのビニール袋やゴミ袋などを使用して、しっかりと養生しましょう。

エアコン掃除スプレーのやり方【フィンクリーナー】

エアコン掃除用スプレーを使った掃除方法のポイントを2つ、手順に沿って紹介します。

①エアコンのフィンをスプレーで掃除する

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


エアコン掃除

関連する投稿


カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

壁や水周り、食品等、カビは人が生活しているどんな場所にも生えてきます。この記事では、カビを大きく6種類に分けて、特徴と違い等について解説しています。有害なカビを発生させないために、まずはカビそのものについて知るところから始めてみましょう。


黒カビの発生原因と除去方法・落とし方5個!予防対策は?洗剤や重曹は?

黒カビの発生原因と除去方法・落とし方5個!予防対策は?洗剤や重曹は?

"黒カビは落としても生えてくるから困っている"という方はいませんか? 黒カビは奥深くまで根を張っているため、正しいやり方で黒カビを落とさないといけません。今回は「黒カビの除去方法」などをご紹介します。


エアコンのカビを自分で掃除する方法15ステップ!業者の価格相場も紹介!

エアコンのカビを自分で掃除する方法15ステップ!業者の価格相場も紹介!

エアコンのカビを内部まで自分で掃除できれば、業者に頼むよりずいぶん安くなりますよね。本記事ではエアコン掃除の基本であるフィルターの掃除方法から、フィンやファンの掃除方法まで15ステップで解説しています。プロの掃除風景動画や業者にエアコンのカビ掃除を依頼した場合の費用も紹介しているのでぜひ参考にしてください。カビだらけのエアコンをきれいに掃除して、臭いのない涼しい空気で快適に夏を過ごしましょう。


カビの掃除方法5選【部屋・風呂・壁・窓】最適な方法をご紹介!カビのない家は作れる!

カビの掃除方法5選【部屋・風呂・壁・窓】最適な方法をご紹介!カビのない家は作れる!

掃除をしてもすぐにカビが生えてくる。とお困りの方はカビの掃除方法を間違えているかもしれません。本記事では場所別の最適なカビの掃除方法を徹底解説!カビ掃除の注意点やコツ、カビを生えさせない日常的な対策もご紹介しています。本記事を読んで場所に合ったカビ掃除を行えば「頑張ったのに全然カビが取れてない」という失敗もなくなりますよ。


空気清浄機がカビ臭い!?加湿器との相性やカビを除去する掃除のコツ5つを徹底解説!

空気清浄機がカビ臭い!?加湿器との相性やカビを除去する掃除のコツ5つを徹底解説!

空気清浄機から嫌な臭いがするときはカビが原因かもしれません。本記事では空気清浄機がカビる原因や、嫌な臭いを消す空気清浄機の掃除のコツ5つを紹介。さらにお部屋の乾燥を防いでくれる加湿器と相性が悪いのか?ということも解説しています。本記事を読んで空気清浄機のカビ対策を行えば、スイッチを入れたとき「ん?」っと臭いが気になることもきっとなくなるでしょう。


 

ビジネスパートナー募集