暮らしのお悩み解決サイト

エアコン掃除スプレーのやり方・使い方4つと注意点

エアコン掃除スプレーのやり方・使い方4つと注意点

エアコン掃除する場合に重要なファンとフィンをメインに、自分で掃除をする方法を解説します。スプレーを使用するだけでこびりついたカビやホコリを取る方法と、注意点をチェックしましょう。また、掃除に使うスプレーの選び方についても紹介します。


エアコンのスイッチを入れると、くしゃみや咳が出たり体調が悪化すると感じたりする場合は、エアコンに付着している汚れやカビ菌が原因の可能性があります。体調の変化を感じなくても、除湿機能に切り替えると不快なニオイがする場合は、消臭剤を使用して対処するのではなくエアコン掃除をする方法が有効です。

エアコンにカビが付着する理由は、エアコンの内部で結露が発生しているためであり、温かい空気はスイッチを切ることによって冷やされ、冷やされた空気が再度温められることを繰り返すと、エアコン内部で結露が起こります。

さらに、結露で発生した水分にエアコン内部のホコリが付着し、カビが発生するので注意が必要です。そのため、エアコンの掃除方法やエアコン掃除に使用するスプレーの種類を押さえて、対処する必要があります。

エアコン掃除が必要になる汚れの原因

エアコンは室内の空気を吸い込み、熱交換器と呼ばれるパーツで空気を冷やします。室内の空気を吸収する際にホコリや汚れ、タバコのヤニや調理中に発生する油、ペットを飼っている場合は動物の被毛も吸い込むことが特徴です。

フィルターを通さない物質は問題ありませんが、フィルターを通してしまうホコリやゴミはエアコンの内部に入り込んでしまうので、雑菌やカビが繁殖する場合があります。そのため、エアコンカバーの表面だけではなく、内部の掃除をする必要があるのです。

自分で簡単!エアコン掃除の仕方4つと2つの注意点 | タスクル

https://taskle.jp/media/articles/172

エアコンの掃除について、準備する道具やフィルターやファン、室外機を掃除する4つの手順を紹介します。また、掃除の際に注意すべきポイントや、エアコン掃除を業者に依頼した場合のメリットと料金相場についてもチェックしましょう。

 

エアコン掃除スプレーには4つの種類がある

エアコン掃除用のスプレーには、フィン用スプレー、ファン用のスプレー、フィルター用スプレー、ドレンホースクリーナーの4種類があります。エアコンフィンスプレーは、エアコンのフィルターの奥に取り付けられている薄い金属パーツを掃除するためのアイテムです。

空気を取り込み、温度をコントロールするパーツであり、フィンの部分はエアコンパーツの中でもカビが発生しやすいので、1年に1度しっかりと掃除をすることが重要だといえます。また、一般的に販売されている「エアコン洗浄スプレー」と呼ばれる製品の多くはフィン用のスプレーであることが特徴です。

エアコンファン用のスプレーは、エアコンの排出口から確認できるパーツを掃除するためのアイテムです。ファンが回転することで、空気を発生させる役割を果たすパーツであり、ファンに付着している汚れやカビを除去しなければエアコンをつけた際の不快な臭いを取り除けないので、スプレーを使って掃除をしましょう。商品数が比較的少なく、価格は他のパーツを洗浄するためのスプレーと比較して若干高いことが特徴です。

フィルター用のスプレーを使うと、フィルター部分に直接噴射することによって泡状になり、フィルターの汚れを吸着して落とせます。スプレーした際に周囲に成分が付着する場合があるので、屋外やバスルームで掃除をスプレーを使いましょう。

ドレンホースクリーナーは、配管を掃除するためのアイテムです。ドレンホースはエアコン内部の水分を外に出すためのパーツであり、掃除をする際に手が届きにくいのでクリーナーを使用する必要があります。

エアコンをスプレー掃除する前の準備4つ

スプレーを使ってエアコンを掃除する際には、道具を準備してスムーズに掃除を行いましょう。そこで、必ず行なっておくべき4つの準備について紹介します。

①掃除に使うアイテムを用意しておく

スプレーの成分を吸い込まないように、マスクはもちろん、ゴーグル、使い捨てのビニール手袋など、肌や粘膜を守るためのアイテムを準備しておくのを忘れないようにしましょう。洗剤の成分がエアコンの本体に残らないように、ファンやフィンの掃除した後に霧吹きを使って水をスプレーする必要があります。そのため、スプレーボトルを準備することも大切です。

さらに、エアコンの周辺を養生するための大きめのビニール袋やゴミ袋、養生テープも用意しましょう。エアコンから排出される汚れた水が飛び散った際に、すぐに拭き取れる雑巾も準備しておきます。

また、スプレーを使ってフィンを掃除をする前に掃除機をかけることがポイントですが、必ずエアコンの電源をオフにした状態で掃除機をかけることを忘れないようにしましょう。

エアコンの電源をオンにした状態でスプレーや掃除機を使うと、故障の原因になるほか、火災といった大きな事故につながる場合があるので十分注意が必要です。安全に掃除をするためにも、掃除が完了するまではスイッチを切るだけではなくコンセントを抜いておくと良いでしょう。

② エアコンから排出される汚れた水で家を汚さないために養生が必須

エアコン掃除をする前に必ず行うべき準備が、エアコンを本体とエアコン周辺を養生することです。ファン用スプレーを使ってファンを掃除する際には、下の部分に必ず汚れた水が落ちます。エアコンの下に置いてある家具や物は、掃除をする間エアコンから離れた場所に移動させましょう。さらに、洗浄後に試運転をした際に、エアコン内部に残っていた水分が飛び散る場合があります。

エアコンの下に置いてある物だけではなく、エアコンが設置されている部屋にある家具や床、壁は可能な限りビニール袋や新聞紙を使って養生をしておくことが大切です。広い部屋の場合は、エアコンからおよそ3m程度の範囲を目安に養生しましょう。

エアコン本体を養生する際には、空気が排出される下の部分にビニールシートを貼り付けます。エアコン本体が取り付けてある壁の下の部分から、空気が排出される部分に水を受け止められるよう、ビニール袋を貼り付けることがポイントです。

③フィルターを外して水洗いする

エアコンの前の部分のカバーを開いたら、フィルターを取り外します。フィルターが汚れていた場合は、水洗いで汚れを流しましょう。

④エアコンの右側のパーツを養生する

エアコンは、いずれの機種も右部分に電気系統のシステムが組み込まれています。エアコンの右の電気系統に洗剤や水がかかると、故障する場合があるため注意が必要です。ファンやフィンを掃除しても、故障してしまっては意味がありません。そのため、本体の右側にある電気系統は大きめのビニール袋やゴミ袋などを使用して、しっかりと養生しましょう。

エアコン掃除スプレーのやり方【フィンクリーナー】

エアコン掃除用スプレーを使った掃除方法のポイントを2つ、手順に沿って紹介します。

①エアコンのフィンをスプレーで掃除する

フィンは非常に繊細な造りであり、指で押すだけでも変形するので注意が必要です。変形した場合、熱伝導率低下につながるため丁寧に扱いましょう。ホコリを除去する際は、掃除機の先端にアタッチメントのブラシを付けた状態で行います。

布製のモップを使って掃除すると、繊維や糸がフィンに付着するので、拭き掃除ではなく掃除機を使ってゴミやホコリを除去する方法が有効です。次に、フィンに専用のスプレーを吹きかけます。フィンの隙間にホコリやゴミ、雑菌が付着しているとカビが繁殖するので、しっかりと隅々まで掃除しましょう。

②エアコンのフィンを洗い流す

フィンにスプレーをしたら、洗剤を洗い流します。最後に水をスプレーボトルに入れて、スプレーをしながら流します。水をスプレーする理由は、洗剤が残っていた場合にカビが繁殖する原因になるためです。水を吹きかけて洗ったら、15~20分程度放置して自然乾燥させます。乾燥させる際はエアコンのスイッチを入れて風を使って乾かすのではなく、自然乾燥させることがポイントです。

エアコン掃除スプレーのやり方【ファンクリーナー】

スプレーを使った、エアコンファンの掃除方法を紹介します。

①ファンに洗剤をスプレーして洗う

ファンに洗剤をスプレーする前に、送風口のルーバーを事前に外しておきましょう。ファンは回る仕組みになってるので、360度全てスプレーをして30分程度放置します。ホコリやカビを泡が包んで汚れを分解するため、一定時間おくことがポイントです。放置していると汚れた水が下の部分に落ちるので、しっかりと養生をすることが重要です。

万が一掃除用スプレーを使った後にカビや汚れが残っていた場合は、綿棒を使って掃除をしましょう。綿棒が届かずカビが取り除けない場合には、割り箸に綿棒付けてオリジナルの掃除棒を作ると奥までしっかりと掃除を行えます。

汚れた水が垂れなくなったら、きれいな水で洗い流しましょう。フィンを掃除した時と同様に、スプレーボトルに水を入れて、ファンに吹きかけます。フィンを手で回しながら360度全てに水をかけ、汚い水が出なくなったら掃除は完了です。

②送風機能を使ってファンを乾燥させる

ファンを水洗いしたら、エアコンの電源をオンにして内部を乾燥させましょう。まずはフィルターを掃除して、最初にフィルターをセットしてからファンをセットし、電源をオンにして送風します。送風した際に、エアコンの中に残っていた水が飛び散る場合があるので注意しましょう。

部屋の中に飛び散らないよう、使わなくなったタオルや雑巾をエアコンの吹き出し口に当てた状態で送風することがポイントです。しっかり乾燥させなければ内部に水分や洗剤汚れが残って雑菌やカビが繁殖するので、最後は必ず送風機能で乾燥させる必要があります。

エアコン掃除スプレーのやり方【ドレンホースクリーナー】

ドレンホースにクリーナーを差し込んだら、ハンドルを引きます。ハンドルを引くことでドレンホースの内部に詰まっている汚れを出せるため、ハンドルの部分を押し込んでから利用することが重要です。

何回かハンドルを引く場合には、1回ドレンホースからクリーナーを出して、再度ハンドルを押し込んでからドレンホースに差し込みます。室外機付近にあるドレンホースは、室内機で発生した水を出す役割を果たすパーツです。汚れや害虫が侵入しやすいことが特徴であるため、詰まっているゴミはあらかじめ割り箸などを使ってかき出してからクリーナーを使いましょう。

エアコン掃除スプレーのやり方【フィルタークリーナー】

エアコンフィルタークリーナーを使う際には、最初にエアコンのカバーを開けて掃除機で汚れを吸い取ることが重要です。エアコンの説明書を確認しながらカバーを開けて、フィルターを取り外しましょう。表と裏の両面から2回、掃除機で汚れを吸い取ります。

次に、フィルタースプレーを裏から表の順番で吹き付けて、一定時間放置します。汚れを浮かせたらフィルターの裏面から水を当てて、汚れとスプレーの洗剤を流して乾燥させましょう。乾燥させたら、エアコンに戻して完了です。

エアコンのフィルター掃除は、他のパーツの掃除と比べて簡単に行えます。掃除をすることでエアコンの稼働効率が向上するので、フィルターがきれいになるだけではなく電気代の節約にもつながることがメリットです。

エアコンフィルター掃除をする時の注意点

エアコンフィルターに洗剤を使用した場合、しっかりと流さなければエアコン内部で洗剤が固まってしまい、熱交換器にカビが生えたりホコリが付着したり、詰まってしまうこともあるので注意が必要です。ホコリやカビが繁殖したり詰まったりすると、再度洗浄しても汚れを落とせません。

加えて、洗剤が残った状態になるとカビが繁殖し、においの発生にもつながります。洗剤だけではなく汚れも落としきれなければ、エアコンのスイッチを入れて送風した時にカビや汚れの塊が飛散し、吸い込むことで健康に悪影響を及ぼす場合もあるので注意が必要です。

スプレーでエアコン掃除するおすすめ頻度

エアコン用の洗浄スプレーを使用してファンを掃除する場合、月に1回程度行う方法がおすすめです。フィルター掃除は月に1回程度、フィンの掃除はエアコンを使い始めるタイミングでスプレーを使って掃除をすると、カビやホコリを送風で撒き散らすことなく、安全かつ快適に使用できるでしょう。

エアコン掃除スプレーでカビ予防はできる?

エアコン用掃除スプレーは、熱交換器を洗浄するための掃除用品ですが、表面についている頑固な汚れは除去しにくいことが特徴です。そのため、エアコン掃除スプレーのみで掃除をしても、熱交換部分には多くの汚れやカビ菌がそのまま残ってしまいます。

汚れの程度によっては、掃除用ブラシを利用してしっかりと取り除かなければなりません。エアコン掃除スプレーを使用する前に、ある程度ホコリを除去するといった手間をかけることで、カビの発生を予防できるでしょう。

エアコンの掃除を業者に頼んだ場合の相場金額

エアコン掃除を業者に頼んだ場合、壁掛けタイプと天井の埋め込みタイプなど、エアコンの種類によって料金が異なります。壁掛けタイプの場合1台でおよそ9,000円、2台目以降は割引が適用されるケースが多く1万5,000~2万円程度が一般的です。オプションとして、抗菌・消臭加工や室外機の掃除を依頼した場合、およそ1,000~4,000円の費用が加算されます。

天井に埋め込まれているタイプのエアコンは、1台あたりのクリーニング料金が壁掛けタイプよりも若干高く16,000円程度、2台目以降は3万円程度が一般的です。オプションの抗菌・消臭加工は2,000円程度、室外機のクリーニングは4,000円程度が目安だといえるでしょう。

自動掃除機能が付いているエアコンクリーニングは、一般的なエアコンと洗浄方法が異なるのでオプションとして扱われ、1台5,000~6,000円程度が加算されます。

【生活手帖】プロにお掃除を依頼して、本当のスッキリ!を体感してみよう

まとめ

エアコンをつけた際に咳やくしゃみが出たり、息が苦しいといった不調が主張を感じたりした場合は、エアコン内部にカビが発生していることがあります。さらに、エアコンをつけた際に不快な臭いがする場合、雑菌が繁殖している可能性があるでしょう。エアコン内部のホコリは、放置すると徐々に蓄積して除去しにくくなります。

さらに、汚れた空気が原因で壁紙や家具が変色する、雑菌やホコリはダニといった害虫の餌になるのでアレルギーを発症するケースもあります。エアコンをつけた際に部屋の中に雑菌やカビ菌、ダニを撒き散らすことがないように、掃除をすることが非常に重要です。エアコンを使用する前や、使用しない期間にも、一定期間に1度はエアコンクリーニングを行いましょう。

実践レポ 自分で出来るエアコン掃除 | タスクル

https://taskle.jp/media/articles/376

市販のエアコン掃除グッズ「くうきれい」を使った「自分でできるエアコン掃除」を「実践レポ」してみました。

エアコン室外機を自分で掃除する方法4ステップ!時期・頻度は?必要?プロは? | タスクル

https://taskle.jp/media/articles/137

つい見落としてしまいがちなエアコン室外機の掃除。エアコン室外機の掃除をすることは、エアコンの運転効率を上げるために重要です。エアコン室外機の掃除を自分で行う場合、知っておきたいポイントや注意点などについてまとめてみました。

エアコンカビ掃除はこれで完璧!健康被害も!?3大原因と掃除方法と予防法 | タスクル

https://taskle.jp/media/articles/112

エアコンを徹底的に掃除してカビを除去する方法を解説しています。業者に頼めば1万円以上はかかってしまうエアコンの掃除も、頑張れば自分一人でできるようになります。エアコンのフィルターやフィンの掃除、そして一番難しいファンの掃除まで掃除方法を説明します。

エアコン水漏れ原因16個!修理方法2個と業者料金・放置は?【プロ監修】 | タスクル

https://taskle.jp/media/articles/580

エアコンが水漏れしていると、エアコンが故障しているケースもありますが実際には別の理由で水漏れをしている場合が多いです。そこで、エアコンが水漏れする原因と対処方法、業者に依頼した場合や放置するリスクについて解説します。

【PR】満足度94%!自分でやるのに疲れたらプロのお掃除

自宅のエアコンやキッチン、店舗のガラスやトイレまで。プロの力でキレイによみがえる!なかなか落ちない頑固な汚れにはこちらのサービスがオススメです。

無料の見積り相談であらゆるハウスクリーニングに対応してくれます。諦めている長年の汚れを落としてませんか?

お掃除マスター

\家全体すべてに対応/

年間3000件の実績

 

  • ◆掃除のプロにお任せ  
  • ◆黄ばみやカビ取りも  
  • ◆全国各地に完全対応  
  • ◆最短即日 待たせません

 

関連するキーワード


エアコン掃除

関連する投稿


エアコンに繁殖するカビ…その原因3つと掃除方法と予防法【プロ監修】

エアコンに繁殖するカビ…その原因3つと掃除方法と予防法【プロ監修】

カビは病気の原因にもなると聞かれたこともあるでしょう。ここでは、臭いや病気の原因になるエアコン内部のカビの対処法と予防法について、私たちでも簡単にできる方法をご紹介しています。


エアコンカビ掃除はこれで完璧!健康被害も!?3大原因と掃除方法と予防法

エアコンカビ掃除はこれで完璧!健康被害も!?3大原因と掃除方法と予防法

エアコンを徹底的に掃除してカビを除去する方法を解説しています。業者に頼めば1万円以上はかかってしまうエアコンの掃除も、頑張れば自分一人でできるようになります。エアコンのフィルターやフィンの掃除、そして一番難しいファンの掃除まで掃除方法を説明します。


自分でエアコンファン掃除7ステップ。簡単に臭い・カビを綺麗にする

自分でエアコンファン掃除7ステップ。簡単に臭い・カビを綺麗にする

エアコンで最もカビが発生しやすいファンの掃除について、7つのステップに分けて紹介します。ファンを掃除する際に必要なアイテムや、カビが発生する原因、エアコンの掃除をする際の注意点についてもチェックして、安全に作業を行いましょう。


実践レポ 自分で出来るエアコン掃除

実践レポ 自分で出来るエアコン掃除

市販のエアコン掃除グッズ「くうきれい」を使った「自分でできるエアコン掃除」を「実践レポ」してみました。


エアコンの臭いの原因と臭いを取る掃除方法9ステップ・対策【プロ監修】

エアコンの臭いの原因と臭いを取る掃除方法9ステップ・対策【プロ監修】

長い期間使用していないエアコンから発せられる臭いの原因と対処法がわからないという人も多くいるでしょう。今回はそんな臭いの原因とエアコン内部清掃の方法を分かりやすくまとめました。この記事を参考に今までは手がつけられなかったエアコンの臭い対策をしましょう。


最新の投稿


表札デザインの選び方とおしゃれな具体例20個!木・北欧・アメリカン

表札デザインの選び方とおしゃれな具体例20個!木・北欧・アメリカン

表札は玄関先の顔となる大事な家の一部です。そんな表札にはどのようなデザインが可能なのでしょうか。本記事では、表札デザインの選び方から実際におすすめな表札デザインを写真と共に紹介しています。本記事を参考に自分に合った表札デザインを選びましょう。


ツツジの剪定方法とコツ13個!剪定時期・道具・自然樹形・刈り込み【プロ監修】

ツツジの剪定方法とコツ13個!剪定時期・道具・自然樹形・刈り込み【プロ監修】

ツツジは自宅で育てている人も多く、他の花と比べると育てやすいことが特徴です。ツツジの花や、美しい樹形を維持するために剪定作業をしなければなりません。ツツジを剪定する時期や剪定方法について詳しく紹介します。


シールの剥がし方13個!簡単裏ワザで古いのもベタベタしない

シールの剥がし方13個!簡単裏ワザで古いのもベタベタしない

シールがキレイに剥がれなくて汚くなってしまった人もいるでしょう。シールを上手く剥がすことができない理由は剥がし方が間違っていたのかもしれません。シールの剥がし方をチェックして、キレイに剥がしましょう。


雑草の種類10パターンと見分け方を解説!庭や畑の雑草はどれ?【プロ監修】

雑草の種類10パターンと見分け方を解説!庭や畑の雑草はどれ?【プロ監修】

よく見る雑草を、写真入りで種類別に紹介しています。春に芽を出す雑草と秋に芽を出す雑草の駆除方法の違いや、粒タイプと液体タイプの2種類の除草剤の違いについて解説している他、防草シートについても説明しています。


ノズルが汚すぎる?トイレのノズルを掃除する5STEP【プロ監修】

ノズルが汚すぎる?トイレのノズルを掃除する5STEP【プロ監修】

今やわたしたちの生活で欠かせないもののひとつとも言える温水洗浄便座。実はこの温水洗浄便座の温水が出てくるノズルの部分、ちょっと見ないうちに黒ずみ汚れが…トイレのノズルを掃除する5ステップを知り、いつでも気持ち良く使える温水洗浄便座を目指しましょう!


 

 

ビジネスパートナー募集