暮らしのお悩み解決サイト

エアコンが水漏れする原因16個。自分でできる修理方法と予防対策は?

エアコンが水漏れする原因16個。自分でできる修理方法と予防対策は?

エアコンが水漏れするとエアコンが壊れた? と思うかもしれません。確かにエアコン本体が故障している場合もありますが、実は他のことが原因で水漏れしているケースがほとんどです。では早速、チェックしましょう!


エアコンの水漏れに困っている方はいませんか? エアコンの水漏れは様々なことが原因が考えられます。またその原因が同時に複数絡んでいるケースも多く、いくつかを試して直らず諦めてしまうケースも多いです。

エアコンの水漏れを修理するためには、「何が原因で水漏れしているのか?」を探り当てることが重要です。エアコンの水漏れを放置していると基盤の故障の原因となったり、まれに氷が落ちてくるなんていう事も。

エアコンの水漏れは、業者に依頼するものだと思いがちですが、状況によってはエアコンの水漏れの原因によっては業者に依頼しなくても、自分で修理できる内容もあります。まずはエアコンの水漏れの原因を、チェックしましょう!

エアコンが水漏れする原因16個

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

エアコンが水漏れする原因は様々で、あらゆることが関係しています。エアコンが水漏れする原因を16個、見ていきましょう。

①エアコンのドレンホースがゴミで詰まっている

エアコンの水漏れの原因の半分以上はドレンホースが原因です。特にドレンホースがゴミで詰まることが多く、エアコンの水漏れの原因の中で最も多いと言われています。

ドレンホースは、エアコン内で発生した水を外に排出するためのパーツで、多くの場合は壁に穴を開ける事で『室内のエアコン』と『外の室外機』をつないでいます。ゴミが詰まりやすくなる理由もここにあるようです。

室内のゴミはエアコン内のホコリがほとんどで、水が排出される時にドレンホースに詰まります。室外のゴミは主に虫やホコリです。ドレンホースは設置上、室内と室外の様々なゴミが詰まりやすいため、エアコンが水漏れする確率が非常に高くなります。



②エアコンのドレンホースの先が水につかっている

エアコンの水漏れの原因を調べる時は、室外のドレンホースの先端を確認することです。ドレンホースの先端が、水につかっているかもしれません。水が溜まっているバケツや空き缶、水たまり等にドレンホースがつかっているケースもあります。室外のドレンホースが水につかっていると、水を排出することができません。

ドレンホースの先端が水につかっている事例は、エアコンの水漏れの原因としてよくあります。エアコン内で発生した水をスムーズに排出するためには、ドレンホースが水につからない状況を確保しましょう。

③エアコンのドレンホースに水が入っている

次にご紹介するエアコンの水漏れも、ドレンホースが原因です。ドレンホース内部に水が入っていませんか? エアコンで発生した水を排出するために、ドレンホースに水が入っていては水抜きができません。

ドレンホースが波状になっていたり、ドレンホースの先端が上を向いていると、ドレンホース内に水が溜まります。ドレンホースの水が排出できないと、エアコン内部から発生した水がドレンホースに溜まる一方です。

④エアコン内部のフィン(熱交換器)が結露している

これは残念ながら防ぐのが大変むずかしい原因ですが、エアコン内部にあるフィンの結露も原因に挙げられます。エアコンのフィンはエアコン温度の調整する部分で、特にフィンが結露を起こしやすいシーズンは夏と冬です。

またフィンの結露は冷房暖房に関係なく、エアコンを使うことで結露が発生します。一年の中でも暑い夏と寒い冬は、特に要注意です。室外と室内の気温差が激しくなるため、フィンに大量の結露が発生します。

フィンにたくさんの結露が発生すると、エアコン内で発生した水をドレンホースで排出することができません。行き場のなくなった、エアコン内の水のせいで水漏れします。



⑤エアコンのがフィン(熱交換器)汚れている

エアコンのフィンの汚れも水漏れの原因です。エアコンのフィンは温度調整をするため、結露ができやすいのは仕方がありません。でも結露が原因で、エアコンのフィンが汚れます。結露した状態は水に濡れているのと同じであるため、どうしてもゴミやホコリ等が付着しやすくなってしまいます。

さらに厄介なことに、湿気を帯びたフィンにゴミやホコリが付着すると、なかなか取り除くことができません。かと言って放置したままにすれば、エアコンの水漏れはひどくなります。自分でエアコンのフィンを掃除すると、ゴミやホコリを押し込んでしまうこともあるため、原因が特定できたのであれば、業者に依頼した方が良さそうです。

⑥エアコンのフィルターが汚れている

エアコンフィルターの掃除は定期的に行っておりますでしょうか?エアコンフィルターが汚れている事も水漏れの原因になります。特にエアコンを使う夏と冬は要注意です。エアコンを使う頻度が多いシーズンは、フィルターの網目にホコリが詰まりやすいため、定期的に掃除をしましょう。

エアコンフィルターの掃除を怠ると、結露が発生しやすくなるため、水漏れの原因になります。エアコンフィルターに付着しているホコリを、掃除機のノズルブラシで吸い取り、水洗いしてから陰干しをしましょう。

⑦エアコンの室内機が傾いている

エアコンの室内機が傾いていると水漏れの原因になります。エアコンの室内機が傾く理由は地震等、強い衝撃や振動で傾くからです。エアコンが傾いてると、エアコン内で発生した水がドレンホースに流れないため、水漏れします。

エアコンの水漏れを解決するには、エアコンの傾きを平行にすることです。でも素人が、エアコンの傾きを直すのは難しいでしょう。エアコンを地面に落として怪我をする可能性があるため、業者に依頼するのが良いです。



⑧ドレンホースの途中が高く持ち上がっている

最初の①でも説明しましたが、エアコンの水漏れの多くはドレンホースが原因です。ドレンホースの一部が高く持ち上がっていると、エアコン内で発生した水が上手に流れません。場合によっては壁の中で、ドレンホースの一部が高くなっていることもあります。

壁の中でドレンホースの一部が高くなっている場合は、エアコンを設置した業者のミスです。素人ではどうすることもできないため、エアコンを設置した業者に連絡をして、設置し直してもらいましょう。

⑨エアコン内の冷媒ガスが不足している

エアコンは冷媒ガスを使うことで、冷たい空気を作り出すことができます。エアコンを循環しているこの冷媒ガスが不足すると、温度調整をするフィンにも影響があるため、注意しましょう。

■判断方法
『水漏れしているが、それが冷媒ガス不足か?』は自分で判断できます。エアコンを運転モードにして少し待ち、その後、室内機のフィルターを外します。フィルターを外して霜が付いていたら、冷媒ガス不足を疑いましょう。

冷媒ガス不足により、フィンの温度は急激に下がり霜が付きます。そして大量の霜や大きな霜が発生するのも問題です。霜はドレン皿(ドレンパン)でとどまることができず、はみ出した霜が溶け出すことで、エアコンが水漏れします。また場合によっては水漏れではなく、氷が落ちてくることもあるため、業者に依頼して直してもらいましょう。

⑩ドレンパンが汚れている

ドレンパン(ドレン皿)の汚れも、エアコンが水漏れする原因です。ドレンパンはフィンの下にあり、エアコン内で発生した水を一時的に溜めるお皿のような物です。

ドレンパンは溜まった水をドレンホースへ流すことで、エアコンの水漏れを防ぎます。特にエアコンを頻繁に使う夏や冬は、ドレンパンの汚れによる水漏れを起こしやすいです。ドレパンが汚れると、エアコン内で発生した水をドレンホースへ水を流すことができなくなってしまう事があります。また菌も増殖するため、粘り気のある汚い水へと変化し、さらにドレンパンに水が溜まります。

ドレンパンはしっかり固定されているため、素人が外して掃除するのは困難です。ドレンパンの汚れを取り除く時は、業者に依頼しましょう。



⑪ドレンパンが破損している

ドレンパンの破損もエアコンが水漏れする原因です。ドレンパンが壊れていては、ドレンホースにエアコン内で発生した水を排出するどころか、ドレンパン自体から水が漏れ出すため、エアコンが水漏れします。

ドレンパンが破損している場合も業者へ依頼して、新しいドレンパンと交換してもらいましょう。

⑫エアコン本体が故障している

これはちょっと根本的な原因となってしまいますが、長年の使用によるパーツの経年劣化による本体の自身の故障も有りえます。

またエアコン修理を行っている業者によると、一部の機種は使用頻度が多い場合や、長年エアコンを使い続けることで、水漏れを起こす物があり、それがエアコンの設計ミスによる物とメーカ側が暗に認めている場合、問い合わせれる事で無償で対応してくれる場合が有るようです。

⑬エアコン内部の配管の接続がゆるくなっている

エアコン内部の配管がゆるんでいても、水漏れします。ドレンパンとドレンホースの接続している部品が緩んでいると、エアコン内で発生した水を溜めたり、ドレンホースに水を流すことができません。

配管の接続部分のゆるみを直すには、部品を分解する必要がありますが、これは少々素人には難しい作業になるため、業者に依頼しましょう。



⑭室内機側の冷媒配管の銅管部分が露出している

冷媒ガスは配管を通り、部屋に冷たい空気を出す役目をしています。冷媒ガスの配管は、室内と室外をまたいで繋がっています。正しい呼び名は冷媒配管と言い、特に問題がなければエアコンが水漏れすることなく、冷気を送り込むことができます。

ただし室内機側の、冷媒配管の銅管部分が露出している場合は問題です。冷媒配管の銅が露出すると結露が発生し、エアコンが水漏れします。冷媒配管の結露を防ぎ水漏れを防ぐために、冷媒配管カバーが設置されているのが一般的です。でも何かしらの理由で冷媒配管カバー外れたり、ズレていると銅が露出します。

冷媒配管の銅の露出を防ぎ、エアコンの水漏れを改善するなら業者に依頼し、冷媒配管カバーを再度、設置してもらいましょう。

⑮ドレン配管と冷媒配管の断熱材の劣化・亀裂

ドレン配管や冷媒配管は、長年エアコンを使い続けることと経年劣化によって亀裂が発生します。これは基本的には必ず怒る事で仕方がありません。ドレン配管や冷媒配管の断熱材が傷み、劣化や亀裂があると、雨水がエアコン内部に浸入して水漏れします。

特に室外にあるドレン配管は、雨や太陽にさらされるため劣化や亀裂が入りやすいです。そのためドレン配管に保護テープを巻いて、エアコンの水漏れ対策する業者もいますが、雨や太陽、経年劣化にはかないません。また大雨、台風、ゲリラ豪雨にも非常に弱いです。

エアコンメーカーや業者に依頼して、ドレン配管の保護テープの再設置、冷媒配管の断熱材の交換をしてもらいましょう。

⑯室内と屋外との気圧の差

室内と屋外との気圧の差でも、エアコンは水漏れします。気密性が高い部屋は、特に要注意です。エアコン内に発生した水を、ドレンホースに流して放出したくても、屋外の気圧と大きな差があるため、放出できません。室内の空気と屋外の空気がドレンホース内でぶつかるため、「ドン!」という音等が聞こえてきます。

ドレンホースから音が聞こえたら、エアコンが水漏れするサインだと思いましょう。室内と室外の気圧の差により放出できなかったエアコンの水は、再びエアコン内部へと押し戻されるため、水漏れします。

エアコンが水漏れする原因は、部屋の気密性が高いことです。解消するために窓を少し開けるか、逆流逆止弁を付けましょう。



自分でできるエアコンの修理方法

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

エアコンの水漏れは業者に依頼することもできますが、それなりにコストがかかります。少しでも修理代を抑えたい方は、自分でエアコンの水漏れを修理しましょう。エアコンの水漏れ修理に使う道具は、数千円程度の物や、自宅にある物を使って行います。

エアコンの水漏れを自分で修理する方法2つを見ていきましょう。

①エアコンドレンホース用サクションポンプで水漏れを修理する

エアコンのドレンホースの掃除をすると、大抵の水漏れは修理できます。特にエアコンが水漏れする原因でよくあるのが、ドレンホースのゴミ詰まりです。

ドレンホースのゴミを除去するために、業者へ依頼する手もあります。でも極力コストを抑えるなら、ドレンホース用サクションポンプを使って、自分でエアコンの水漏れを直しましょう。

■やり方

STEP1
ドレンホースの先端に、サクションポンプの先端を密着させます。この時、ドレンホースとサクションポンプ先端部分に、片手を添えるのがポイントです。片手を添えることで空気漏れを防ぎます。

STEP2
次に空いている片方の手で、サクションポンプのハンドルを引きましょう。この工程を数回繰り返すと、ドレンホースのゴミ詰まりが解消されます。

ただしサクションポンプを使う時は、ハンドルは絶対に押さないことです。押すとエアコン内部に水とゴミが逆流し、故障することがあります。

②掃除機でエアコンの水漏れを修理する

掃除機でもドレンホースのゴミを除去し、エアコンの水漏れを修理することができます。掃除機でドレンホースのゴミを吸い出すため、掃除機が壊れるかもしれません。了承した上で使いましょう。

■準備する物
・掃除機
・割り箸や歯ブラシ
・ガーゼや手ぬぐい
・輪ゴムやヘアゴム

■やり方

STEP1
掃除機の故障を防ぐために、ドレンホースの先端から割り箸や歯ブラシを入れて、ある程度のゴミを取り除きます。

STEP2
次にドレンホースの先端に、ガーゼや手ぬぐいを覆い被せたら、輪ゴムやヘアゴムで止めましょう。

STEP3
そしてドレンホースの先端をしっかり持ち、掃除機のノズル部分を使って約2秒間吸吸引したら、掃除機のノズルを離します。

STEP4
掃除機のノズルを離すと、ドレンホースの水が出てくるため、何回か繰り返します。


エアコンの水漏れ予防対策方法3つ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

エアコンが水漏れをすると手間や時間、お金がかかることもあります。エアコンの水漏れをできるだけ未然に防ぐために、しっかり対策をしましょう。エアコンの水漏れ対策を3つ、ご紹介します。

①ドレンキャップをエアコンのホースにつける

水漏れの原因の大半と説明いたしましたドレンホースには、虫が侵入することで詰まり水漏れを起こすケースもあります。細かいホコリや、ゴミが浸入するのは多少諦めが必要な部分もありますが、ドレンキャップをホースの先端に設置する事で、大きなホコリやゴミ、また虫の浸入を防ぐことができます。

ドレンキャップのは取り付けるだけで設置も簡単、なおかつ値段も数百円程度と気軽に購入できます。中には自宅にあるエアコンのドレンホース全てに、ドレンキャップを設置している方もいます。備えあれば憂いなしです。ホームセンターや、ネット通販等でも購入できるため活用しましょう。

②フィルターの掃除をする

エアコンフィルターの掃除を怠ると水漏れします。「エアコンが水漏れする原因16個」の⑥でも説明しましたが、エアコンフィルターの掃除は非常に大事です。エアコンは高い位置に設置してあるため、フィルターを掃除するのが面倒に感じる方も多いでしょう。面倒だからと言って、エアコンフィルターの掃除をしないと、さらに面倒で厄介なことになります。

特に冷房や暖房を頻繁に使うシーズンは、エアコンフィルターが汚れるのも早いです。エアコンの水漏れを防ぐためには、最低でも1ヶ月に1回は、エアコンフィルターの掃除をしましょう。マメに掃除ができる方は、週に1回等、頻繁にエアコンフィルターの掃除をしても構いません。



③設定温度を高くする

エアコンの水漏れ予防をするなら、設定温度を高くして使いましょう。特に夏は冷房の温度設定を低くする機会が多いです。温度設定を低くすると、エアコンの温度調整をするフィン自体の温度が非常に低くなります。温度が低くなったフィンは結露を起こし、エアコンが水漏れするという仕組みです。

冷房を使う時はエアコンの設定温度を高くするように、心がけましょう。冷房温度の理想は27度や28度です。暑い夏に27度や28度は熱過ぎる方もいう方は、扇風機を併用してみてください。どうしても暑くて我慢できない時は、いつもの温度設定に、プラス1度~2度高くするだけで、エアコンの水漏れ対策ができます。

エアコンの水漏れ修理を業者に依頼した場合の料金相場

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

エアコンの水漏れ修理を業者に依頼した場合の料金相場は、7,000円~1万5,000円です。特殊な水漏れ修理ではない限り、ほとんどの場合は、7,000円~1万5,000円で済みます。

また見積りは無料で行っている業者が多いです。そのため複数の業者に見積もりをお願いして、比較した方がいいでしょう。何社か見積もりを出すと、料金やサービスの違いがわかります。例えばエアコンの水漏れ点検は3,000円~3,500円程度、出張費は3,000円以上が相場です。

業者によっては、コインパーキング代を請求してくることもあるため、見積もりは欠かせません。また修理完了後の追加見積もりが発生しないかも、事前に確認しておくのが良いでしょう。

まとめ

エアコンの水漏れする原因があらかた理解いただけたのでは無いでしょうか。中には根本的に買い替えが必要なケース、業者でなければ修理が難しいケースなどありますが、自分でできる修理や対策も多くあります。ぜひお試しください。

関連するキーワード


リビング掃除 エアコン掃除

関連する投稿


部屋がカビ臭い…原因と5つの対策と4つの家のカビ防止グッズ

部屋がカビ臭い…原因と5つの対策と4つの家のカビ防止グッズ

お掃除してるのにカビ臭い! 家に入った瞬間、なんとなくカビくさい臭いがツンとする……、クローゼットや下駄箱を開けたらカビの臭いがした……、そんな経験はありませんか? 今回はそんなお部屋のカビの原因と、カビの臭いを抑える対策を徹底検証していきます。


カーテン4種類の洗濯方法。頻度は?レースは?フックははずす?

カーテン4種類の洗濯方法。頻度は?レースは?フックははずす?

レースのカーテンや、普通のドレープカーテン、ロールスクリーンやシェードカーテンの洗濯方法についてまとめています。また、カーテンのカビの取り方や、綺麗な折り目を保つ洗濯方法、プロにカーテンのクリーニングを頼んだ時の相場も調査しています。


エアコンの臭いにおいがすぐ取れる3つの方法と、しっかり取る9ステップ

エアコンの臭いにおいがすぐ取れる3つの方法と、しっかり取る9ステップ

エアコンから出てくる酸っぱいニオイや、クシャミや咳の元を断ち切るための掃除方法をまとめました。汚れやすいフィルターやフィン、一番カビが発生しやすいファンなど各場所の掃除方法やコツ、注意すべき点などを解説しています。


コスパ最強おすすめ掃除グッズベスト20!100均でも買える!プレゼントにも。

コスパ最強おすすめ掃除グッズベスト20!100均でも買える!プレゼントにも。

100円ショップで買えるものを中心に、お掃除に使える便利グッズをまとめてご紹介します。100円ショップはお店ごとに品揃えが違います。今回ご紹介するグッズが近所の100円ショップで扱われていなかったら、遠征して他のショップもチェックしてみてくださいね。


ソファー掃除方法4ステップ!重曹やオキシクリーンで綺麗に!

ソファー掃除方法4ステップ!重曹やオキシクリーンで綺麗に!

ソファーの掃除を適当にしていませんか? ソファーの汚れを落とすなら、ソファーの素材や汚れの種類に合わせて掃除しましょう。今まで諦めていた気になる汚れも、キレイになるかもしれません。早速、ご紹介します!


最新の投稿


お風呂の床掃除のコツ5つ!黒ずみ、白い水垢、赤カビ、黄ばみもキレイに落とす

お風呂の床掃除のコツ5つ!黒ずみ、白い水垢、赤カビ、黄ばみもキレイに落とす

お風呂用洗剤で落ちない風呂床の黒ずみや、石のようにかたくなった水垢、ピンクのぬめりがある赤カビ、原因不明の黄ばみの掃除方法をご紹介します。大理石やタイルなど、材質別掃除方法や、床掃除に便利なグッズも解説します。


室内のムカデ退治方法4つと、隠れたムカデ退治方法3ステップ

室内のムカデ退治方法4つと、隠れたムカデ退治方法3ステップ

室内でムカデに遭遇すると背筋が凍る方もいるでしょう。ムカデに噛まれると命の危険もあるため、見つけたら退治しなければいけません。「ムカデ退治の正しい方法」を知って、室内にいるムカデを退治しましょう。


部屋がカビ臭い…原因と5つの対策と4つの家のカビ防止グッズ

部屋がカビ臭い…原因と5つの対策と4つの家のカビ防止グッズ

お掃除してるのにカビ臭い! 家に入った瞬間、なんとなくカビくさい臭いがツンとする……、クローゼットや下駄箱を開けたらカビの臭いがした……、そんな経験はありませんか? 今回はそんなお部屋のカビの原因と、カビの臭いを抑える対策を徹底検証していきます。


除虫菊の成分・効果と育て方5ステップ!植えただけで防虫効果あり?

除虫菊の成分・効果と育て方5ステップ!植えただけで防虫効果あり?

「ゴキブリ・ムカデ・ゲジゲジは本当に無理! 」という方も多いでしょう。虫が嫌いな方は、除虫菊を活用しませんか? 除虫菊は天然殺虫成分の植物のため、犬・猫がいても安心です。除虫菊で昆虫を撃退しましょう!


冬のゴキブリ駆除対策3つ!越冬させず死滅させるには?

冬のゴキブリ駆除対策3つ!越冬させず死滅させるには?

冬のゴキブリは春・夏に比べて動きが鈍くなり、遭遇する機会も減ります。実は活動が鈍る冬は、ゴキブリ駆除をするには最適な季節だと知っていますか? 冬にゴキブリ・卵・幼虫の駆除をして、繁殖を防ぎましょう! 


ビジネスパートナー募集