暮らしのお悩み解決サイト

トイレ掃除の簡単6ステップ!道具・洗剤・尿石・掃除頻度

トイレ掃除の簡単6ステップ!道具・洗剤・尿石・掃除頻度

悩ましいトイレの掃除問題は、正しい掃除方法を知りキレイなトイレをキープしましょう。トイレ掃除はコツがあり汚れに合う洗剤や道具を使うのがポイントです。早速、トイレ掃除のやり方をチェックしていきましょう。


あなたはトイレ掃除をマメにしていますか?トイレ掃除が苦手でほとんどしない方がいる一方で、トイレ掃除をマメにしていても臭いがして困っている方もいるでしょう。

トイレは使う頻度が多ければ多いほど汚れやすく、掃除をサボると汚れが蓄積されていきます。トイレは様々な種類の汚れが付着しており、汚れが蓄積する前に掃除をするのが基本です。

また、トイレ掃除をマメにしていても不快な臭いがする場合は、使っている洗剤や掃除方法が間違っているかもしれません。

キレイで衛生的なトイレを取り戻したい方は、正しいトイレ掃除のやり方をチェックしましょう。汚れの種類に合った洗剤や不快なトイレ臭を解消する方法などをご紹介します。

トイレの汚れの原因

”トイレの壁や床が黄色い”、”トイレに入ると臭いが気になる”など汚れや臭いで悩んでいる方は多いでしょう。トイレが汚れる原因は4つあり、使えば使うほど汚れが蓄積されていき、臭いも発生しやすくなります。

【尿石】
尿石は、リン酸カルシウム・尿素・たんぱく質などの成分が石灰化したものです。
尿石の性質はアルカリ性でトイレ臭の原因であるアンモニア臭を放ちます。また、尿石はガンコな汚れで落としにくいのが特徴です。

【黄ばみ】
黄ばみもアルカリ性の汚れで、悪臭や色素沈着を引き起こす原因になります。

【黒ずみ】
黒ずみの原因は黒カビで水気や湿気があるところに発生しやすいです。黒カビは尿などの汚れや水分を栄養源にして増殖するため、掃除を怠ると黒い部分がどんどん広がります。

【水垢】
水垢はアルカリ性の汚れで、トイレタンクのシンク・蛇口の吐水口・便器のフチ裏は水垢が付きやすいです。

 

トイレ掃除に必要な道具

トイレ掃除に必要な道具をまとめました。トイレ掃除は軽い汚れ~ガンコな汚れまであり、汚れの度合いや汚れの種類に合わせて道具を使い分けましょう。

トイレ掃除で必要な道具と言えば洗剤が定番ですが、汚れの性質と反対の性質で掃除をするのが基本です。例えば、アルカリ性の汚れは反対の性質である酸性で掃除をしましょう。アルカリ性は酸性に反応すると汚れを柔らかくして落としやすくします

・トイレ用の掃除シート
・トイレ用の洗剤
・スタンプクリーナー
・市販のクエン酸スプレー(水200mlにクエン酸小さじ1杯混ぜたものでもOK)
・消毒用のアルコール(エタノールスプレーなど)
・使い捨てのゴム手袋
・使い古しの歯ブラシやタワシ
・メラミンスポンジ
・トイレ用のブラシ
・耐水サンドペーパー(800番や1000番~1500番)
・掃除機かドライシートをセットしたクイックルワイパー
・トイレットペーパー
・雑巾

トイレ掃除に使う洗剤

”トイレ掃除用の洗剤は何を選べばいいのか?”迷う方もいるでしょう。トイレ掃除用の洗剤は4つあり、汚れの種類や状態などに合わせて選びます。

【中性洗剤】
トイレ用の中性洗剤は肌や素材に優しいですが洗浄力は強くありません。

洗浄力が強くないことから、トイレの壁や床に尿がハネた後にすぐ使うなど軽い汚れや普段の掃除に向いています。また、刺激が弱いため場所や素材を問わず使うことができるのがメリットです。

【酸性洗剤】
トイレ用の酸性洗剤は洗浄力が強く、ガンコな汚れを落とす時に使います。しつこい黄ばみや尿石は酸性洗剤で掃除しましょう。

【塩素系漂白剤】
トイレ用の塩素系漂白剤も洗浄力が強いですが、漂白と除菌効果があります。壁紙や床などに染みてしまった黄ばみ汚れや、黒ずみ汚れを落とす時におすすめです。

【スタンプクリーナー】
スタンプクリーナーは固形洗剤で、トイレを流す度に汚れを落として便器の汚れも防ぎます。

トイレ掃除の簡単6ステップ

”トイレ掃除はどこから始めるのが正解?”など、トイレ掃除の手順がわからない方もいるでしょう。トイレ掃除は『タンク→便器→壁→床』の順番で行い、上から下に向かって汚れを落とすのが基本です。では、トイレ掃除のやり方を詳しく見ていきましょう。

①トイレタンクとパーツ

トイレタンクは、シンク・シンクのフタ・レバー・蛇口・蛇口の吐水口を掃除します。基本的にはトイレ用の掃除シートで拭いてキレイにしますが、レバーも忘れずにお手入れしましょう。

トイレのレバーは手に付いた菌が付着して増殖しやすいため、トイレ用の掃除シートやアルコールでしっかり拭きます。

白くなっている部分やザラザラしている部分が落ちない場合は、クエン酸スプレーで掃除をしましょう。白くなっている部分やザラザラしている部分は水垢で、ガンコな水垢はトイレ用の掃除シートで落とすことができません

クエン酸スプレーは酸性で、反対の性質であるアルカリ性の水垢汚れを落とします水垢にクエン酸スプレーを吹きかけた後、使い古した歯ブラシやメラミンスポンジで擦って落としましょう

水垢を落としたら水拭きをするか水を流してクエン酸を洗い流し、水垢を防ぐために乾いた雑巾で水気を拭き取ります。

②トイレの便座とフタ

トイレの掃除用シートで便座とフタ(それぞれ裏と表)を拭いて、汚れや雑菌を落としましょう。できれば、トイレの便座やフタに被せているカバーは外して掃除をした方がいいですが、カバーが付いている状態で掃除をしてもかまいません。

トイレの便座やフタのカバーを付けたまま掃除をする場合は、カバー以外の場所をしっかり拭きましょう。また、便座のフタを開け閉めをするためのパーツ付近・便座裏のデコボコしている部分・便座のフチは汚れが付きやすく雑菌が増殖しやすい場所です。

トイレの便座とフタの汚れはアンモニア臭の原因になります。不快な臭いを予防するために、細かい部分もトイレ用の掃除シートでしっかり拭き掃除をしましょう。

③便器の内側

便器の内側は便器のフチとフチ裏を掃除します。便器のフチをトイレ用の掃除シートで拭いたら、トイレ用の洗剤を便器の中とフチ裏にかけてトイレ用のブラシで擦りましょう。もしくは、スタンプクリーナーでもかまいません。

便器のフチ裏は、水垢・黒カビ・尿石などで汚れやすい場所です。一方で、便器のフチ裏は目視で確認しにくく掃除が行き届かない場所でもあります。便器のフチ裏をトイレ用のブラシで掃除をする時は、汚れ残しがないようにトイレ用のブラシや使い古した歯ブラシで入念に擦りましょう。

少しでもラクして掃除をしたい方はスタンプクリーナーが便利です。便器にスタンプクリーナーを押し付けると固形の洗剤が便器に付着して、トイレの水を流す度に洗剤が溶けます。

便器全体の掃除はもちろん、トイレの水たまりや便器のフチ裏の汚れも落とす便利アイテムです。また、コーティングをして汚れを防ぐことも可能で効果は1週間半くらい持続します。

④便器の外側

便器の外側はトイレ用の掃除シートで拭き取るか、トイレ用の中性洗剤を吹きかけて掃除をします。便器の外側は尿が垂れて汚れていたり、デコボコしている部分はホコリやゴミがたまりやすいです。

便器の外側はキレイに見えても、尿ハネやホコリなどが原因で汚れています。特に便器の奥は手が届きにくく、ホコリやゴミが凹凸部分にたまっているため、拭き掃除をしてキレイにしましょう。

⑤トイレの壁

トイレの壁はトイレ用の掃除シートで下~上まで拭いて汚れを落とします。トイレの壁は広範囲にわたって、ホコリ・尿ハネ・便器の水などが原因で汚れていると思いましょう。トイレの壁が汚れる理由は次の2つです。

・用を足した後にトイレの便座のフタを閉じないまま水を流すと、便器の水や排泄物が壁などにハネる。

・立ちながら用を足すと壁などに尿が飛び散り、1日で約2,300滴もの尿が飛散する。

尿ハネや便器の水の飛び散りは目視で確認しにくいですが、四方八方に飛散しています。床に近い壁を拭いたり上は手が届くところまで拭き掃除を行い、トイレの不快な臭いを防ぎましょう。

⑥トイレの床

トイレの床はトイレ用の掃除シートで拭いて、尿ハネ・便器の水・ホコリなどを落とします。トイレの床も一見するとキレイに見えますが、壁と同じでかなり汚れやすい場所です。

特に床と便器の境目は汚れが蓄積しやすいため、トイレ用の掃除シートでしっかり拭きましょう。もしくは、トイレ用の洗剤を雑巾に染み込ませて念入りに拭き掃除をします。

トイレの尿石・黄ばみを落とす掃除方法

黄ばみや石灰化した汚れはアルカリ性のため、反対の性質である酸性で汚れを緩めて落としましょう。

【黄ばみの掃除方法】
壁以外の場所にできた軽い黄ばみ汚れは、トイレ用の酸性洗剤をかけてしばらく経ってからブラシで擦ります。

ガンコな黄ばみ汚れは、黄ばみ部分にトイレットペーパーを当ててトイレ用の酸性洗剤をかけましょう洗剤の成分を浸透させるために5分くらい経ってから擦ります

壁にできた黄ばみ汚れはクエン酸スプレーを吹きかけて、使い古した歯ブラシなどで擦りましょう。黄ばみ汚れを落としたら水拭きの後に乾拭きをして水分を拭き取ります。

【尿石の掃除方法】
尿石の掃除方法もトイレ用の酸性洗剤をかけて、トイレブラシなどで擦り落としましょう。

ガンコな尿石は、耐水サンドペーパー(800番や1000番~1500番)で擦って削り落とします。耐水サンドペーパーを使う時は、ゴーグルを装着して尿石や水の飛び散りから目を守りましょう

トイレの便器の掃除方法

トイレの便器は、黄ばみ・尿石・黒ずみなどで汚れており汚れの性質に合わせて洗剤を使いわけます。汚れの性質に合う洗剤は以下の通りです。

黄ばみと尿石はアルカリ性で、酸性洗剤で中和して着色汚れや尿石を掃除する

黒ずみは黒カビが原因で、塩素系漂白剤で除菌と漂白をして掃除する

トイレの便器掃除は汚れがひどくなければ、トイレ用の酸性洗剤や塩素系漂白剤かけてから擦りましょう。掃除のポイントは5分くらい待って汚れをふやかし、トイレ用ブラシや使い古した歯ブラシで擦ることです。少し時間を置くことで汚れが落ちやすくなります。

酸性洗剤で掃除しても黒ずみが落ちない時は黒カビを疑いましょう。便器の黒ずみは水気や湿気が多い場所の他に、汚れがたまりやすい場所に発生します。

特に便器の水たまりや便器のフチ裏は黒カビが発生しやすいです。便器の黒ずみは塩素系漂白剤で掃除して、黒カビを落としながら除菌や漂白をしましょう。

トイレの床の掃除方法

トイレの床は尿ハネが原因で臭いも付きやすいため、汚れを落とす掃除方法とアンモニア臭を落とす掃除方法を実践しましょう。いずれの掃除方法も、最初に掃除機かドライシートをセットしたクイックルワイパーで、トイレの床に落ちているホコリや髪の毛を除去します。

【軽い汚れの掃除方法】
トイレ用の掃除シートで床を拭きますが、壁と床の境目や便器と床の境目は汚れがたまりやすいため入念に拭きましょう。

【ガンコ汚れの掃除方法】
トイレ用の掃除シートで落ちない汚れは、トイレ用の中性洗剤を直接かけて5分くらい待ちます。

次に、トイレ用の掃除用シートや、トイレ用の中性洗剤を含ませたメラミンスポンジで擦りましょう。タイルの目地は使い古した歯ブラシやタワシで擦ると汚れが落ちやすいです。

【臭いを取る掃除方法】
トイレの床にクエン酸スプレーを吹きかけてから、トイレ用の掃除シートやトイレットペーパーで拭き取ります。

普段のトイレ掃除方法【毎日】

”できるだけトイレ掃除の手間を省きたい”と思う方は多いのではないでしょうか?普段のトイレ掃除で欠かせない場所は、トイレタンク・便座のフタと便座・便器の内側と外側です。

トイレの壁と床の掃除は便座のフタを閉めないで水を流した時や、立ちながら用を足した後にトイレ用の掃除シートで拭きましょう。

【トイレタンクの掃除方法】
トイレタンクの掃除場所は、シンク(レバーも含む)・蛇口・蛇口の吐水口です。軽い水垢汚れであれば、トイレ用の掃除シートで拭き取るだけでキレイになります。

シンクや蛇口の吐水口が白くなっていたりザラ付きがある場合は、クエン酸スプレーを吹きかけて掃除をしましょう。クエン酸スプレーを含ませたメラミンスポンジや、使い古した歯ブラシで水垢を擦ります。

【便座のフタと便座の掃除方法】
トイレ用の掃除シートで便座のフタと便座を拭きましょう。特に便座とフタの裏は排泄物や便器の水が飛散して汚れているため、隅々まで拭いて汚れを落とします。

【便器の内側と外側の掃除方法】
便器の内側はトイレ用の洗剤かけてからトイレ用のブラシで擦るか、スタンプクリーナーを使いましょう。便器の外側はトイレ用の掃除シートで拭きます。

普段のトイレ掃除方法【週1】

週に1度トイレ掃除をする場所は、トイレタンク・便座のフタと便座・便器の内側と外側・壁と床です。

【トイレタンクの掃除方法】
シンク(レバーも含む)・蛇口・蛇口の吐水口をトイレ用の掃除シートで拭きます。

シンクや蛇口の吐水口が白くなっていたりザラ付きがある場合は、クエン酸スプレーを吹きかけて掃除をしましょう。クエン酸スプレーを含ませたメラミンスポンジや、使い古した歯ブラシで水垢を擦ります。

【便座のフタと便座の掃除方法】
トイレ用の掃除シートで便座のフタと便座を拭きましょう。

黄ばみがある場合は酸性洗剤を含ませたトイレットペーパーで覆い、5分くらい待ってから使い古した歯ブラシで擦るのがポイントです。最後に水拭きをして酸性洗剤を拭き取りましょう。

【便器の内側と外側の掃除方法】
便器のフチはトイレ用の掃除シートで拭きます。

便器の内側は酸性洗剤をフチ裏までかけて、トイレ用のブラシや使い古した歯ブラシで擦りましょう。黒ずみは塩素系漂白剤をかけて5分くらい置いてから擦ります。

【壁と床の掃除方法】
トイレの壁と床はトイレ用の掃除シートで拭くか、トイレ用の中性洗剤やクエン酸スプレーを吹きかけてから雑巾で拭きましょう。

トイレ掃除で忘れがちな場所4つ

トイレは忘れがちな掃除スポットがあることをご存知でしょうか?忘れがちな掃除スポットは4つあります。

【トイレタンクの中】
トイレタンクの中は水と湿気で黒カビが生えやすいため、トイレタンク専用の洗浄剤で掃除をします。洗浄剤がない時は、オキシクリーンや重曹などを代用してもかまいません。

掃除方法は、トイレタンクのフタをずらすかシンクの穴から洗浄剤などを投入してしばらく待ちます。放置時間は、トイレタンク専用の洗浄剤で2時間で洗浄剤以外は6時間以上です。時間を置いたら水を流しましょう。

【ウォシュレットのノズル】
ウォシュレットのノズルは使い古した歯ブラシで擦り、トイレ用の掃除シートで拭き取るかアルコールで除菌します。

【スリッパ】
スリッパの裏は尿や雑菌などで汚れているため、トイレ用の掃除シートで拭きましょう。

【トイレのドアノブ】
トイレのドアノブはトイレ用の掃除シートやアルコールで拭いて除菌します。

トイレ掃除のおすすめ掃除頻度

トイレを清潔に保つためには、どれくらいの頻度で掃除をした方がいいのでしょうか?トイレ掃除の頻度は場所によって違い大まかにわけると、毎日・週に1回・月に1回の3パターンあります。

【毎日掃除する場所】
トイレタンク・便座のフタと便座・便器の内側と外側・スリッパ・ドアノブです。トイレタンクは水垢が付きやすく、便座と便器は排泄物や便器の水が飛沫するため汚れます。

特に家族が多い家庭や男性がいる家庭は、便座や便器が汚れやすいため毎日掃除をして汚れを残さないようにしましょう。また、トイレの壁や床に尿が付いた時はマメに掃除をすると黄ばみや臭いを防ぐことができます。

【週に1回掃除をする場所】
週に1回掃除をする場所はトイレのスペシャルケアと考え、汚れや雑菌を徹底的に落としましょう。毎日掃除をする場所に加えて壁と床もお手入れします。

【月に1回】
トイレタンクは月に1回掃除を行い黒カビを除去してキレイにしましょう。

トイレ掃除業者の依頼費目安

”トイレをキレイにしたいけど掃除するのは面倒”、”トイレを新品のようにしたい”と思っている方は業者へ依頼しましょう。では、トイレ掃除を業者へお願いした時の費用目安をご紹介します。プロによるトイレ掃除の費用目安は約8,000円~15,000円以上です。

トイレ掃除の費用目安は振り幅が大きいですが、業者の規模やオプションの有無などによって変動します。

例えば、基本的な掃除プランを大手の業者に依頼したとしましょう。大手の業者は8,000円~9,000円のところもあれば、13,000円~のところもあります。また、トイレ掃除の基本プランも業者によってバラつきがあるため、確認した方がいいでしょう。

オプションは1,000円~5,000円で、汚れを防ぐコーティングや換気扇の掃除を依頼することができます。トイレの壁紙を染色するサービスを行っている業者も存在しますが、10㎡以下12,000円と少し高めです。

myエプロン

まとめ

トイレは汚れに合った洗剤や道具を使って掃除をすると、スムーズに作業を進めることができます。トイレは使用頻度や家族構成などにより汚れ具合が変わりますが、定期的に掃除をしてガンコ汚れを阻止すればお手入れもラクです。

ガンコな汚れになると掃除に時間がかかり悪臭も放つため、トイレ掃除は定期的に行いガンコな汚れを阻止しましょう。

また、トイレ掃除の時間がない方や、自分でトイレ掃除をするのが面倒な方は業者を頼るのも解決策の1つです。

業者はプロ用の洗剤や道具で掃除をするため、素人では落とすことができない汚れをキレイにすることもできます。なかなか落ちないトイレのしつこい汚れは業者へ任せて落としましょう。

トイレブラシおすすめ人気比較ランキング15選 

https://taskle.jp/hikaku/articles/18

おしゃれなトイレブラシや、掃除の後に流せる使い捨てのトイレブラシ、ポットがついて収納場所に困らないブラシや、陶器やステンレスでできた高級感のあるタイプなど、ここではいやなトイレ掃除が楽しくなるトイレブラシをご紹介します。

トイレにこびりついた尿石をスッキリ落とす6つの掃除方法

https://taskle.jp/media/articles/140

尿石を落とすのに効果的な掃除方法や、使うべき洗剤の種類、便利なグッズの紹介のほか、普段から尿石ヨゴレをつけないためにはどうすれば良いかも説明します。

トイレ掃除にオススメのブラシまとめ9選と掃除方法6ステップ!

https://taskle.jp/media/articles/181

トイレ掃除の負担を少しでも軽減するために、トイレ掃除にオススメのブラシや使用後の保管方法、トイレ掃除の方法などについて紹介していきます。

トイレの水垢や尿石の落とし方3つ。洗剤紹介や、原因と予防も!

https://taskle.jp/media/articles/176

トイレの水垢を落とす方法を、タイプの違う3つに厳選して解説!

トイレのつまり簡単に直せる6つの方法と13の原因

https://taskle.jp/media/articles/108

つまりの原因や、自分で簡単に直す方法、つまりを直すために必要なグッズなど、これさえ読めば、トイレのつまりも怖くありません。

トイレ掃除用洗剤を選ぶコツ5つと、おすすめ洗剤9選

https://taskle.jp/media/articles/194

トイレ洗剤を選ぶコツや効果的な使い方、注意点などについてまとめていきます。おすすめの洗剤も紹介!

【PR】満足度94%!自分でやるのに疲れたらプロのお掃除

自宅のエアコンやキッチン、店舗のガラスやトイレまで。プロの力でキレイによみがえる!なかなか落ちない頑固な汚れにはこちらのサービスがオススメです。

無料の見積り相談であらゆるハウスクリーニングに対応してくれます。諦めている長年の汚れを落としてませんか?

お掃除マスター

\家全体すべてに対応/

年間3000件の実績

 

  • ◆掃除のプロにお任せ  
  • ◆黄ばみやカビ取りも  
  • ◆全国各地に完全対応  
  • ◆最短即日 待たせません

 

関連するキーワード


トイレ掃除 トイレ

関連する投稿


ノズルが汚すぎる?トイレのノズルを掃除する5STEP【プロ監修】

ノズルが汚すぎる?トイレのノズルを掃除する5STEP【プロ監修】

今やわたしたちの生活で欠かせないもののひとつとも言える温水洗浄便座。実はこの温水洗浄便座の温水が出てくるノズルの部分、ちょっと見ないうちに黒ずみ汚れが…トイレのノズルを掃除する5ステップを知り、いつでも気持ち良く使える温水洗浄便座を目指しましょう!


トイレの換気扇交換方法は?寿命・交換時期・費用相場は?

トイレの換気扇交換方法は?寿命・交換時期・費用相場は?

トイレの換気扇に注目している方は少ないのではないでしょうか?トイレの換気扇は寿命がありいつかは交換する時期がやってきます。今回は、「トイレの換気扇の交換時期や方法」など得する情報を詳しくまとめました。


窓の結露対策おすすめグッズ17選。ぷちぷち・洗剤なども!【プロ監修】

窓の結露対策おすすめグッズ17選。ぷちぷち・洗剤なども!【プロ監修】

窓の結露。朝起きるとたっぷりと水滴が窓についていてビックリした、という方は少なくないでしょう。この結露を放置していると、カビや腐食など、さまざまな悪影響が訪れてしまいます。ここでは、そんな結露を防止する方法をいくつか紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。


引越し前の掃除のやり方を場所別6ヶ所!タイミング・敷金・ベランダ

引越し前の掃除のやり方を場所別6ヶ所!タイミング・敷金・ベランダ

引越しをする際には、必ず大掃除をしなければなりません。引越しの前の掃除方法によって、敷金の返金額も左右されるためです。そこで、引越しの掃除のやり方を場所別に6個紹介します。また、敷金の返金に関してもチェックしておきましょう。


ハウスクリーニングとは? プロに掃除してもらいたい5ヶ所

ハウスクリーニングとは? プロに掃除してもらいたい5ヶ所

普段の掃除では取り切れない油汚れやカビ、黒ずみや水アカといった頑固な汚れは、ハウスクリーニングで綺麗にできます。ここではハウスクリーニングで特に人気のある水回りや換気扇、エアコン内の分解掃除にスポットを当てて解説していきます。


最新の投稿


表札デザインの選び方とおしゃれな具体例20個!木・北欧・アメリカン

表札デザインの選び方とおしゃれな具体例20個!木・北欧・アメリカン

表札は玄関先の顔となる大事な家の一部です。そんな表札にはどのようなデザインが可能なのでしょうか。本記事では、表札デザインの選び方から実際におすすめな表札デザインを写真と共に紹介しています。本記事を参考に自分に合った表札デザインを選びましょう。


ツツジの剪定方法とコツ13個!剪定時期・道具・自然樹形・刈り込み【プロ監修】

ツツジの剪定方法とコツ13個!剪定時期・道具・自然樹形・刈り込み【プロ監修】

ツツジは自宅で育てている人も多く、他の花と比べると育てやすいことが特徴です。ツツジの花や、美しい樹形を維持するために剪定作業をしなければなりません。ツツジを剪定する時期や剪定方法について詳しく紹介します。


シールの剥がし方13個!簡単裏ワザで古いのもベタベタしない

シールの剥がし方13個!簡単裏ワザで古いのもベタベタしない

シールがキレイに剥がれなくて汚くなってしまった人もいるでしょう。シールを上手く剥がすことができない理由は剥がし方が間違っていたのかもしれません。シールの剥がし方をチェックして、キレイに剥がしましょう。


雑草の種類10パターンと見分け方を解説!庭や畑の雑草はどれ?【プロ監修】

雑草の種類10パターンと見分け方を解説!庭や畑の雑草はどれ?【プロ監修】

よく見る雑草を、写真入りで種類別に紹介しています。春に芽を出す雑草と秋に芽を出す雑草の駆除方法の違いや、粒タイプと液体タイプの2種類の除草剤の違いについて解説している他、防草シートについても説明しています。


ノズルが汚すぎる?トイレのノズルを掃除する5STEP【プロ監修】

ノズルが汚すぎる?トイレのノズルを掃除する5STEP【プロ監修】

今やわたしたちの生活で欠かせないもののひとつとも言える温水洗浄便座。実はこの温水洗浄便座の温水が出てくるノズルの部分、ちょっと見ないうちに黒ずみ汚れが…トイレのノズルを掃除する5ステップを知り、いつでも気持ち良く使える温水洗浄便座を目指しましょう!


 

 

ビジネスパートナー募集