暮らしのお悩み解決サイト

引越しの初期費用は借りられる?相場金額と5つの節約術

引越しの初期費用は借りられる?相場金額と5つの節約術

新生活は何かとお金がかかるものです。その中でも引っ越しの初期費用はできれば安く抑えたいですよね。ここでは、初期費用を節約できる5つの裏技をご紹介しています。引っ越しを考えている方必見ですよ!


引っ越しというと、頭が痛いのがお金の問題。とくに部屋を借りる時のお金って、どういう仕組みなのかよくわかりませんよね。必要経費ではあるものの、できる限り引っ越しの初期費用は節約したいものです。

ここでは、初期費用を節約できる裏技を5つご紹介しています。引っ越し前に是非チェックしてみてくださいね!

引っ越しの初期費用の足りない分を借りることはできる?

Getty logo

・銀行のカードで引っ越しの初期費用をキャッシング
引っ越しの初期費用は借りることができます。銀行の口座とカードを持っていれば、銀行の窓口やATMですぐに借りられる銀行もあります。銀行によってはコンビニで借りられる場合もあります。

・クレジットカードで引っ越しの初期費用をキャッシング
クレジットカードがあればコンビニのATMで現金を引き出すことができます。どれだけ引き出せるかは、クレジットカードを作った時の契約書に書いてありますが、わからない場合はカード会社に電話して聞いてみましょう。

どちらの方法も現金の手渡しだった費用をうっかり引き出していなかった場合など、急いでいる時にも便利です。きちんと返済計画を考えてから借りるようにしましょう。

 

引越しの初期費用の料金相場【一覧表付】

Getty logo

引っ越しは何かとお金がかかると漠然と思っていませんか?ここでは、引っ越しの初期費用の内訳について調べてみました

また、各ケース別の引っ越しにかかる費用をご紹介しています。

引越し費用 総額
初めての一人暮らし 45~60万円
2回目以降の単身引っ越し 30~45万円
家族の引っ越し 70~80万円

引っ越しの初期費用の内訳

一般的な引っ越しにかかる初期費用の内訳は以下のようになっています。

・敷金
・礼金
・仲介手数料
・日割り家賃
・管理費・共益費
・消毒・クリーニング料
・賃貸保証料
・火災保険料
・鍵交換費用


ここまでが、賃貸契約に必要な費用です。さらに、引っ越し料金、家電や家具を揃える費用等が必要になるというわけですね。初期費用を抑えるには、これらの費用を少しずつでも圧縮していくことが非常に大切です。節約の方法については、後ほど詳しく解説しています。

初めての一人暮らしの場合

初めて一人暮らしをする時は、多くの場合生活に必要なものを1から全て揃える必要があるので、初期費用がどうしても高くなるでしょう

家賃6万円の部屋に引っ越すと仮定した場合、敷金・礼金が各1か月分としても前家賃込みで、約18万円かかります。これに保険料や鍵交換費用等を加算すると、25~30万円は見ておくべきでしょう。

また、引っ越し業者に支払う料金は、荷物の少ない単身者の場合3~5万円が平均と言われています。これに生活家電等を買い揃えると、総額45~60万円はかかると思って良いでしょう。初めての一人暮らしで初期費用を節約するのなら、賃貸契約に係る費用を抑えることと家電等をいかに安く揃えるかがポイントになりそうです。

単身者の2回目以降の引っ越し

一人暮らしで2回目以降に引っ越す場合、家具等を揃える必要がない代わりに退去時の費用が発生することがあります

賃貸契約していた部屋の原状回復費用は、借主(住人)が負担しなくてはいけません。しかし通常使用の範囲内でのクリーニングであれば入居時に支払った敷金で相殺されるので、逆にいくらか返還されることも期待できます。

先ほどと同じ条件で引っ越すと仮定した場合、2回目の引っ越しで荷物が増えていると考えられるので、引っ越し業者に支払う料金は4~6万円と予想されます。このことから、総額は30~45万円程度が一般的な初期費用と言えるでしょう。退去時に敷金が返還されれば、より出費を減らすことができます。

初期費用を節約するポイントは、賃貸契約に係る費用を減らすことはもちろん、持っていく荷物をいかに圧縮できるかが重要です。

家族で引っ越す場合

家族で引っ越す場合の初期費用は、もともとの家賃が高いので総額がぐんと跳ね上がります。一般的なファミリー物件であれば、家賃は10~15万円、敷金・礼金が各2か月分というところも珍しくありません。そうなると、賃貸契約に係る費用だけで70~80万円かかることもあります。

また、家族が多くなる分荷物も増えるので、引っ越し費用も高額になるのが特徴です。4人家族で引っ越しする場合、200km圏内で15万円~20万円が相場ですが、時期によっては30万円を超えることもあるようです。

家族で引っ越す時は、引っ越し先の物件をよく吟味することが初期費用を節約する最大のポイントになります。特に、敷金・礼金が安い物件を探すことが節約への近道と言えます。

引っ越しの初期費用を押さえる5つの裏技

Getty logo

引っ越しにかかる費用について解説してきましたが、なんとか節約する手段はないのでしょうか?ここでは、項目別に引っ越しの初期費用を抑えるテクニックをご紹介しています

① 敷金・礼金なしの物件を選ぶ

引っ越し費用と並んで大きな出費となるのが「敷金・礼金」です。引っ越しの際は無条件に支払わなくてはならないと思いがちですが、「敷金・礼金 0円」という物件も数多く存在するんです。そもそも、「敷金・礼金」とはどういったものでしょうか?一般的には次のように定義されています。

・敷金……家賃の担保的な意味合いを持つものです。大家さんが預かり、退去時の原状回復等に充てられます。差額は借主(住人)に返してもらえるお金です。

・礼金……本来は大家さんへの謝礼として支払われていたものです。しかし、現在はその意味合いはほぼ失われており、不動産仲介業者の広告料として使われていることが多いようです。


一緒くたに支払っているものでも、使い道が全く異なることがわかりますね。どちらにしても、これらの料金が設定されていない物件を選ぶことで引っ越しの初期費用はかなり節約できます。ただし、敷金・礼金0円の物件は、退去時に原状回復費用を請求されることがあります

また、騒音環境、近隣に問題のある人間が住んでいる、過去になんらかの事故があった、など、何かしらの問題がある場合もあります

契約時によく確認しておく必要があるでしょう。

② 家賃無料(フリーレント物件)を選ぶ

毎月の家賃が、なんと1~3ヵ月も無料になる物件があるのをご存知でしょうか。こういった物件は「フリーレント物件」と呼ばれ、近年人気を集めています。無料期間の家賃が丸々節約できるわけですから、引っ越し費用を抑えるにはぴったりですね。

便利なフリーレント物件ですが、注意しなくてはならないこともあります。フリーレント物件の契約には、解約に関する条件が定められています。決められた期間内に解約(引っ越し)した場合、家賃に相当する額やそれより高額な違約金の支払いを請求されることもあるのです。
一時的な支払額ではなく、年単位で払う総額を比較することが大切です。それでも条件さえ合えば、かなりの節約になると言えるでしょう。

③ 引っ越し料金を安く抑える

引っ越し費用を抑えるには、引っ越し業者に払う費用も節約しなければいけません。そのためには、まず運ぶ荷物を最小限に減らしましょう。引っ越し費用は、運ぶ荷物によって割り当てられるトラックや作業員の人数が変わります。荷物を減らせば減らすほど、安く済ませられる可能性が高くなるというわけですね。

不要なものはできる限り減らして、ダンボールをひと箱でも減らしましょう。衣類や布団は圧縮袋を使って小さくまとめる等の工夫も大切です。また、引っ越し先で買えるような家具は先方に着いてから買うか、引っ越し後に配送してもらうようにしておくのがおすすめです。

他にも、複数の業者から見積もりを取れるサービス等を活用するのも効果的です。こちらについては後で補足したいと思います。

④ 仲介手数料無料の物件を選ぶ

仲介手数料とは不動産仲介業者に支払う料金のことです。賃貸契約に係る一切をサポートしてもらうことに対する費用と考えれば良いでしょう。

仲介手数料は、借りた物件の家賃1か月分を上限として請求されることがほとんどですが、キャンペーン等で仲介手数料が無料になったりする時期があります。また、物件によっては仲介手数料が最初から設定されていない物件もあるのです。
家賃1か月分の金額が節約できるのですから、これは利用しない手はありませんね。

ただし、この方法には気を付けなくてはいけないこともあります。仲介手数料を請求しない代わりに、賃貸更新時に更新手数料が請求されたり家賃が値上がりするような物件も存在します。先にご紹介したフリーレント物件と同じく、似たような条件で比較する際は、年単位で支払う総額で試算してみることをおすすめします。

注意しなくてはならないことはありますが、条件さえ合えばかなり引っ越し費用を節約することができるでしょう。

⑤ 引っ越し予定日に幅を持たせる

一年のうちで、引っ越しの多い時期は3月、4月、10月だと言われています。どれも進学や転勤等の多い時期ですよね。この時期の引っ越し業者は、予約でぎっしり埋まっていることがほとんどです。
そしてこの時期は料金も高くなります。
引っ越し時期を自分で選ぶことは難しいものですが、できる限り予約日に幅を持たせるのが引っ越し費用を抑えるポイントです。

引っ越し料金は、同じ月でも引っ越し需要の高い日とそうでもない日で差があります。また、同じ日でも朝より夕方のほうが料金が安い傾向があります。自分の都合が許す範囲で引っ越しの日時に幅を持たせておけば、できる限り料金の安い日時を選ぶことができます。

見積もりを依頼した時点で、できるだけ料金を抑えたい旨を伝えておくとスムーズに進むでしょう。

引越しの際の注意点4つ

Getty logo

スムーズに引っ越し作業を進めることは、初期費用を抑えるのにとても大切なことです。ここでは、思わぬトラブルを防ぐために知っておきたい注意点をご紹介しています。

①引っ越しの荷造りのコツを覚えよう

引っ越しをスムーズに進めるために、きちんと荷造りしておくことは非常に重要です。その中でも気を付けたいのがダンボールの詰め方です。使うダンボールを減らすために、ついぎゅうぎゅうに詰め込みたくなってしまいますが、ひとりで運べないほどの重さにしてしまうことはNGです。

あまりにも重すぎると、運ぶのに手間取るだけでなく、荷解きの時にも動きが取りづらくなってしまいます。ひとりで抱えられる程度の荷物が入る箱を選び、きちんとフタが閉まる程度の荷物を詰めることがポイントです。

特に本は重くなりやすいので、時々持ち上げて重量をチェックしながら荷造りを進めていきましょう

②引っ越しの各種手続きは余裕を持って

引っ越しには、さまざまな手続きが必要です。住民票や保険関連、インターネットや携帯電話等、思った以上に変更や解約手続きに時間がかかってしまうことも。新しい住所がわかったら、すぐに手続きを開始するようにしましょう。ネット上で手続きが完結するものも多いので、事前に調べておくとスムーズです。

そして、新居のインフラも忘れずに契約しておかなくてはいけません特に、ガスは作業員が訪問して開栓手続を行います。時間によっては当日中に開栓できないこともありますので、少なくとも前日までにはガス会社に連絡しておくようにしましょう

③引っ越しは養生テープを使いこなす

引っ越しに役立つアイテムとして「養生テープ」が挙げられます。建築現場等で仮止めとして使われるものですが、ホームセンターで安価に購入することができます。

外れやすいパーツやネジを家具に貼りつけたり、ケーブルをまとめたりするのにとても便利です。ラベル代わりとしても活用できます。衣装ケースの引き出しに貼っておくと中身が飛び出ないので、そのまま運んでもらう時に良いですね

仮止めに使われるだけあって粘着力は弱いですが、糊残りがほとんどなく、どこにでも貼ることができます。剥がしやすいので、楽に荷解きができるのでおすすめですよ。

④引っ越しの荷物の選別に迷ったら

家中の荷物を引っぱりだして荷造りしていると、「これ、捨てようかどうしようか……」と悩むシーンが出てくることと思います。そういった物はいったん横に置いて、とにかく確実に使うものから詰めていきましょう。選別に時間をかけていては、作業がなかなか進みません。

そして、最後に残った物を「捨てる」「譲る」「売却する」「持っていく」の4択から選びましょう。もし「持っていく」を選んでも、見積もりで提示した以上の荷物を運んでもらうと追加料金がかかってしまいます。

引っ越し費用を抑えるには、運ぶ荷物を減らすことが非常に重要です。引っ越しは断捨離の機会でもあると考えて、思い切って身軽になってみるのもひとつの方法ですよ。

引っ越しの初期費用を抑えるために使いたい便利ツール

Getty logo

引っ越しの初期費用を抑える方法はまだまだあります。ここでは、節約に役立つ便利ツールをご紹介しています。気軽にチャレンジできるものばかりなので、ぜひ活用してくださいね。

引っ越しの初期費用をクレジットカードで支払う

クレジットカードは、使った時ではなく翌月や翌々月に指定の口座から引き落とされる仕組みになっています。手持ちの現金は減らさずに、後に支払われる給料やボーナスで支払いたいという場合にクレジットカードはとても便利なのです。

カード会社によってはリボ払いといって、分割払いにできるシステムもあるので、一度に引き落とされる金額が多すぎると感じたらカード会社に問い合わせてみましょう。

引っ越しの不要品はネットオークションやネットフリマで

捨てるにはもったいないけど、自分では使わない……というものは思い切って売却してみましょう。ネットオークションやフリマアプリは、一品からでも出品できるので、リサイクルショップに持ち込むほどでもないこまごまとした雑貨の売却にぴったりです。
出品や梱包、発送の手間はかかりますが、少しでも利益が出れば引っ越し費用の足しにできますね。スキマ時間で出品できるのも、ネットで売却する大きなメリットです。

ヤフオク! - 日本最大級のネットオークションサイト

https://auctions.yahoo.co.jp/

ヤフオク!は、日本NO.1の利用者数と常時約5,000万点以上の商品数を誇る、誰でもかんたんに売り買いが楽しめるサービスです。圧倒的人気のオークションに加え、フリマ出品ですぐ売れる、買える商品もたくさん!

メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ

https://www.mercari.com/jp/

CMで話題!フリマアプリ「メルカリ」は、スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリです。購入時はクレジットカード・キャリア決済・コンビニ・銀行ATMで支払いでき、品物が届いてから出品者に入金される独自システムで安心です。

フリル | 楽天のフリマアプリ - 中古/未使用品が販売手数料0円でお得!

https://fril.jp/

楽天のフリマアプリ「フリル」は、売れた商品の約4割が24時間以内に売れている♪ 売れた時に手数料が取られない♪ 販売手数料0円で何でも売れて、通販感覚でお得に買えます!

引っ越しの家具や家電はシェアサイトで

「とにかく引っ越しの初期費用を抑えたい」!という方は、家電や家具をシェアサイトで調達することを検討してみてはいかがでしょうか?まだ使えるけど自分では使わないものをもらったり、逆に人にあげたりできる掲示板を活用するのがおすすめです。
近隣に住んでいる人との取引なら、送料等も節約できるのが嬉しいですね。

また、不要なものを出品して必要なものと交換する「物々交換サイト」を活用する手も。オークションやリサイクルショップよりも、安価に必要なものを手に入れられることもあるので、節約の強い味方になりそうです。

ジモティー 無料の広告掲示板

https://jmty.jp/select

【ジモティー】全国の無料広告の掲示板、ジモティー。中古品や求人情報などが無料で掲載できます。全国の地元情報が満載。

物々交換サイトWaWaWa[わわわ] - 目指せわらしべ長者!

http://www.wawawa.jp/

完全無料の物々交換サイトWaWaWa(わわわ)。簡単に出品でき、簡単に交換依頼ができ、簡単に交換成立! オークション出品で価格の不安な方は是非一度お試しください。目指せ!わらしべ長者

フリマじゃない「スピラル」 新感覚 シェアリングエコノミーアプリ

http://spirale-app.com/

フリマとは違う!?シェアリングエコノミー!新世代の物々交換はじめました。家に眠っている本や遊び飽きたゲーム、CD、DVDを出品して欲しいモノを手に入れよう。

引っ越し費用は「入札制」で

引っ越し業者を決める時の基本は「比較見積もりを取ること」です。その際は、面倒でも必ず家に来てもらって、荷物の量や階段の有無をチェックしてもらいましょう。対応や見積もりの精密さも業者を決める際のポイントになります。

 いちばん有利な条件・金額を提示した業者と契約するという「入札制」を自分でセッティングすることで、より良心的な業者を見つけることができます。多少面倒ではありますが、引っ越しの初期費用を節約しつつトラブルも回避するために、手間を惜しまず見積もりを集めましょう。

引っ越し見積もりは【SUUMO引越し】引越し業者の費用相場を比較

https://hikkoshi.suumo.jp/?vos=opa014adwstw021000000zzz_01x0000073-xe_aud-94350319795:kwd-1512713622:cr-176115992769:sl-:adg-29240861919:cam-619444781&gclid=CjwKCAiAvMPRBRBIEiwABuO6qWr9x4QorYa_XvaDnpjRfW9Qg2_RF-7VEnlfnkaYRKbTxAB83n5grRoCTLIQAvD_BwE

引越し複数社を一括見積り&比較!【SUUMO】引越し見積もりでは、自分で見積もり依頼を送る業者を選べて安心。最安値が見つかるのは当たり前、全国の引越し業者のなかからサービスも満足な引越し業者が見つかります。料金相場・口コミ・引越し業者情報・引越しダンドリ情報も充実!

まとめ

引っ越しにお金がかかるのは仕方のないことですが、初期費用は安ければ安いほど嬉しいですよね。
賢く節約して、ゆとりのある新生活を始めましょう!

一人暮らしの費用はどれくらい? 初期費用と生活費まとめ

https://taskle.jp/media/articles/103

一人暮らしの平均的な値段はどのくらいなのかを、「家賃」「引っ越し」「生活必需品」「生活費」の4点にポイントを絞って解説しています。また、なるべく安く一人暮らしをスタートさせるコツについても説明しています。

単身の引っ越し費用の相場と安くするコツ5つ

https://taskle.jp/media/articles/238

一人暮らしを始めるのに必要な家賃、家具や家電の生活必需品、引越し業者に支払う費用など、最低限これだけは必要という項目をまとめています。

一人暮らしの引越し相場金額3タイプと初期費用をおさえる7つのコツ。

https://taskle.jp/media/articles/88

引越しにかかる諸費用は、3つに分けることができます。一人暮らしにかかる引越し費用を計算してみましょう。

引っ越しの資金の相場はいくら?費用を安くするコツ6ステップ

https://taskle.jp/media/articles/201

家を借りるのに必要な予算や、最低限、家電や家具を購入するにはいくら位かかるのかなど、金額とポイントをまとめました。

引越し費用の相場と安くおさえるコツ

https://taskle.jp/media/articles/104

引越し費用の計算方法や、一人で引っ越す場合の平均的な相場、3人家族で引っ越す場合の平均的な相場、そして引越し費用の差はどこから来るのか? 安くするにはどうしたら良いのか? などについて解説していきます。

 

関連するキーワード


引越し費用

関連する投稿


引越し祝いのお返し6選と返礼品のポイント8つ。のしは必要?

引越し祝いのお返し6選と返礼品のポイント8つ。のしは必要?

引越し祝いのお返しは、引越し作業がひと段落ついたらやっておきたいことのひとつ。引越し祝いのお返しには適したタイミングとマナーがあります。気にかけてくださった周囲の方々に感謝の気持ちを込めて、相手の方に喜ばれる引越し祝いのお返しをしてみませんか?


引越し手伝いのお礼金額相場は?親にも必要?気をつけたい注意点3つ

引越し手伝いのお礼金額相場は?親にも必要?気をつけたい注意点3つ

家族や知人に引越し作業のお手伝いをお願いしようと思っている方はいらっしゃいませんか? 引越しのお手伝いをしてもらったら、そのお礼をするのがマナーです。引越しのお手伝いにおけるお礼の金額の相場や、人間関係を壊さないための注意点などについて知識をつけ、相手の方に気持ち良く引越しのお手伝いをしてもらいましょう。


一人暮しの引越初期費用のポイント6つ。家賃以外にかかる資金は9つ!

一人暮しの引越初期費用のポイント6つ。家賃以外にかかる資金は9つ!

引っ越しの初期費用にかかるお金はどれ位なのか、どのようなものがあるのかを解説しています。家を借りるのに必要な予算や、最低限、家電や家具を購入するにはいくら位かかるのかなど、金額とポイントをまとめました。


引越見積が安くなるコツ10つ。何月が一番値下げする?

引越見積が安くなるコツ10つ。何月が一番値下げする?

引っ越しは時期や曜日によって費用が著しく変わることがあります。しかし繁忙期の引っ越しでも、需要が少ない日を選べば料金を抑えることができます。新生活のスタートとなる引っ越しでは、その後の生活も気持ちよく過ごせるように引っ越し業者にもこだわりましょう。


引越し前の掃除のコツ7つ。どのくらいする?しない?敷金礼金は?

引越し前の掃除のコツ7つ。どのくらいする?しない?敷金礼金は?

引っ越しにつきものの大掃除。引越前の掃除の仕方で敷金礼金の返還に差がつくかもしれないということをご存知でしたか?この記事では、知ってるようで知らない引っ越し掃除と敷金礼金の関係についてご紹介しています。


最新の投稿


洗濯物がくさい! 洗濯槽の裏にあるカビをゴッソリ掃除

洗濯物がくさい! 洗濯槽の裏にあるカビをゴッソリ掃除

カビが生えやすい洗濯槽の裏の掃除方法を解説します。 洗濯槽のから出てくる汚れの原因や、 洗濯槽のカビが人に与えるダメージ、使用する洗剤や掃除で注意するポイント 、掃除に使える便利グッズなどをご紹介します。


トイレタンクの掃除6ステップ 簡単なやり方を徹底まとめ

トイレタンクの掃除6ステップ 簡単なやり方を徹底まとめ

トイレのタンク、掃除していますか? 「便器は掃除するけどタンクは周りを拭くだけ」という方も多いのではないかと思います。しかし放っておくとトイレタンクの中はカビだらけになってしまいます! そんなトイレタンクの掃除方法をわかりやすく6ステップで解説していきます。


ムカデの毒成分・症状は?噛まれたときの毒抜対処方法

ムカデの毒成分・症状は?噛まれたときの毒抜対処方法

ムカデに噛まれる事故が増えるのは5月~10月のため、都会に住んでいても他人事ではありません。ムカデに噛まれれば毒のせいでツライ思いをするでしょう。そこで今回は、毒による症状や対処方法等をまとめました。


蚊の駆除方法10個!屋外・庭・屋内・部屋など

蚊の駆除方法10個!屋外・庭・屋内・部屋など

蚊に刺されるとかゆみに襲われるため、「蚊に刺される前に駆除したい」と思いませんか? 不快な蚊を駆除するなら屋外や屋内にいる時等、自分がいる場所に合わせて蚊の駆除方法を実践し、蚊から身を守りましょう。


引越しの挨拶回りで必須の粗品、喜ばれるもの10選と喜ばれないもの

引越しの挨拶回りで必須の粗品、喜ばれるもの10選と喜ばれないもの

あなたの第一印象を決める引越しの挨拶回りは、粗品選びが意外と重要です。引越しの挨拶回りの粗品として喜ばれるもの10選と喜ばれないものを紹介していきます。気遣いを感じられるこだわりの粗品を贈って、印象アップを狙いましょう! 


 

ビジネスパートナー募集