暮らしのお悩み解決サイト

引っ越し手伝いのお礼金額は?家族・友人・会社関係別|プロに頼むメリット・デメリットも

引っ越し手伝いのお礼金額は?家族・友人・会社関係別|プロに頼むメリット・デメリットも


引越し手伝いのお礼以外の注意点1
お礼とは別に交通費や宿泊費も渡す

1つ目が、交通費や宿泊費も渡すことです。家族や知人に引越しのお手伝いをお願いする場合、その方はわざわざ交通費をかけてお手伝いに来ていることもあるでしょう。電車やバス、場合によっては新幹線や飛行機を利用してお手伝いに来ていることもあります。さらには、お手伝いのために宿泊をしている場合もあるでしょう。

例えば5,000円のお礼をしたいとき、相手の方が交通費に3,000円かけていたら、実質2,000円で作業をお手伝いしてもらったことになってしまいますよね。これでは、相手の方に失礼になってしまいます。家族や知人に引越しのお手伝いをお願いする場合、お礼とは別に交通費や宿泊費を渡すようにしましょう。

引越し手伝いのお礼以外の注意点2
荷造りは自分でしっかり済ませておく

2つ目が、荷造りはしっかり済ませておくことです。家族や知人に引越しの手伝いをお願いする場合、ついつい甘えが出てしまい、荷造りをしっかりと行っていなかったというケースがよくあります。そうなると、お手伝いをしてくれる方は荷造りからお手伝いをスタートさせなければいけないといった事態に。荷造りまではお手伝いをするつもりはなかったのに…という声が聞こえてきそうですね。

わざわざお手伝いをしに来てくださった方をガッカリさせないためにも、きちんと荷造りは済ませておいてくださいね。

引越し手伝いのお礼以外の注意点3
相手の方の作業量を減らす気遣いを

3つ目が、作業量を減らす気遣いをすることです。家族や知人に引越しのお手伝いをお願いする場合、あまりにも作業が多いと相手の方がうんざりしてしまいます。自分でできることはしっかりと済ませておき、作業量を減らすために努力をしておきましょう。

たとえば、冷蔵庫や洗濯機の水抜き作業など、前日までに行っておくべき作業はしっかりと済ませておくこと。そして、誰がどの作業をするのか役割を決め、ひとりひとりの作業量が多くなってしまわないよう手際よく進められるように計画を立てておくことも大切です。小さな気遣いを忘れず、相手の方に気持ち良く引越しのお手伝いをしてもらえるような環境づくりを心がけましょう。

引越し手伝いのお礼以外の注意点4
友人・知人に破損の責任を問わない

4つ目は、物が壊れた場合でも引越しを手伝ってくれた相手に責任を問わないことです。引越しの作業中、大きめの家具や家電、大切なデータが保存されているパソコンといった物を運ぶ際に物が壊れてしまうケースは珍しくありません。引越しの作業をしている際に物が壊れた場合でも、善意で引越しの手伝いをしてくれている友人や知人に責任を問うことは非常識だといえます。

物が壊れるリスクを理解したうえで、壊れる恐れがある物は自分で運ぶことが大切です。また、パソコンといった機械に関しては、バックアップを取ることを忘れないようにしましょう。

引越し手伝いのお礼以外の注意点5
業者と違いスムーズに行かないことを念頭に

5つ目に認識しておかなければならないことは、引越し業者に依頼をした場合と比較して時間がかかることです。大きい家電や家具、重いダンボールを運ぶ引越し作業は、引越し業者に依頼をしてプロに作業をしてもらっても数時間かかります。引越し作業を素人が行う場合には、丸1日程度の時間がかかる可能性が高いです。

比較的荷物が少ない場合であっても丸1日、荷物が多いと2日に分けて作業をすることになるなど、作業には時間がかかることを想定しなければなりません。1日時間がかかことを覚悟して、スケジュールを組みましょう。

低価格でプロの引越し業者を見つけるなら「くらしのマーケット」

「やっぱり引越し業者にたのもうかな」と思ったら、くらしのマーケットで格安引越し業者を探してみるのがおすすめ。大きな広告を出していない地域密着型の業者が多いため、大手引越し業者にはない低価格が実現されています。

格安とはいえプロの引越し業者に変わりありません。大きくて運びづらい大型の荷物も素人同士が運ぶよりずっと効率的に運んでくれるでしょう。

プロの技術と低価格が実現している格安引越し業者をぜひ一度検討してみてはいかがでしょう?

格安引越し業者なら大手業者に比べると料金は大幅に節約できます。規模の小さい業者が多いので、利用者の口コミが充実している人気業者は引越し繁忙期には予約が取れない可能性も。

予約が埋まってしまう前に、お住まいの地域の人気格安引越し業者を今すぐチェックしてみましょう。

引越し手伝いを頼まれたときの服装・持ち物は?

引越しの業者に全てを依頼する場合であっても、掃除をしたり最後に荷解きをしたりと引越し当日は動き回ることになるため、洋服については動きやすいもの、汚れても問題がないものを着用することが大切です。靴はスニーカーを準備しましょう。

また、洋服の上からポケットが付いたエプロンを着用すると、引越し作業に必要な物を入れて持ち運べるため便利です。

引越し作業当日の持ち物としては、運搬をする際に使用する軍手や、荷解きをする際に必要なカッターやはさみ、ダンボールにメモをするためのマジック、ダンボールを補強する際に必要使うガムテープ、荷物やダンボールといったゴミをまとめる際のビニール紐などが挙げられます。

マジックやガムテープ、軍手などポケットに入れても安全なアイテムやポケットに入るサイズの物は、身につけておくとスムーズに作業を行えるでしょう。

手伝いを引越し業者に頼んだ場合のメリット

通常通り引越し業者に引越し作業を依頼した場合、主に4つのメリットが挙げられます。

1つ目が、引越し作業を効率よく進められることです。

友人や知人、家族に引越しの手伝いを依頼した場合、引越し作業に慣れていないことが一般的だといえます。引越しは、仕事の都合といった特殊な事情がない限り、一生のうちに何度も行うものではありません。

しかし、引越し業者はほぼ毎日引越し作業を行っているため、荷物を運ぶ方法や荷物の扱い方、梱包の方法などに非常に慣れており、動きもマニュアル化されているのでスピーディーに荷物の運び出しや搬入を行えます。

さらに、重い荷物を持っても落としたりぶつけたりといった心配もなく、安心して任せられることもメリットです。

2つ目が、引越し業者であれば余計な気遣いが必要ないことが挙げられます。

友人や知人、家族に引越しを作業を依頼する場合には、相手に気を使うため無理な要求はできず、希望通りに作業をしてもらえなかったとしても指摘できません。

また、重い荷物や大きい荷物はの運搬を依頼しにくいといったケースもあるでしょう。引越し業者が相手であれば、お金を払って契約をしているため、気を使わず希望を伝えられます。

3つ目が、作業中にトラブルが起こっても対応してもらえることです。

引越しをしている際に大きな荷物を搬出し、新しい家に搬入している際に大切な家具や家電に傷がついたり、自宅の壁やドアに傷がついたりといったトラブルが起こるケースがあります。

友人や知人に引越しを依頼してトラブルが起こると、手伝いを依頼した立場上、また、引越し後の関係性を考えて指摘できないといったケースもあるでしょう。本来であれば補修作業をしてほしい、弁償してもらいたいほどの汚損でも、責任を問えないことが一般的です。

しかし、引越し業者が起こしたトラブルであれば、保証サービスを受けられます。大切な家具や家電を運び出運び出す際や、高級な物を運び出す際には、引越し業者に依頼した方が良いでしょう。

4つ目が、色々なプランがあるので費用を抑えられることです。

荷物の量が少ない場合、引越し業者に依頼した際の運搬費用や人件費、オプションなども節約できるため、複数人の友人や知人、家族に引越し作業を手伝ってもらい、お礼としてお金を渡すよりも安い費用で引越しをできる可能性もあります。

手伝いを引越し業者に頼んだ場合のデメリット

引越し業者に頼むケースでは、主に4つのデメリットが挙げられます。

1つ目が、引越し業者に依頼をした場合、友人や知人、家族に手伝ってもらった場合と比較して、引越しにかかる費用が高くなる可能性があることです。

引越し業者に支払う料金の内訳としては、荷物の汚損や破損に関する補償や引越し作業に係る人件費、養生といった事前準備などに支払う費用であり、保証やサービスを受けるための費用がかかります。

そのため、荷物の量が多かったり長距離の移動であったりする場合、費用が高いことがデメリットです。

2つ目が、柔軟にスケジュールを健康で着ないことが挙げられます。

知人や友人、家族に引越しの手伝いを依頼した場合には、梱包作業が間に合わないため他の日に変更してほしい、引越し前の自宅に忘れ物をしたため取りに戻りたいといった時も、比較的自由に動けることが特徴です。

引越し業者に依頼をする場合、引越し業者はプランに搬出・搬入作業のみを行うため、自由に動けません。そのため、スケジュール通りに引越し作業が作業を行うために、事前に準備を行う必要があります。

3つ目が、早い段階で引越しのスケジュールを決めなければ予約が取れないケースがあることです。

複数の引越し予定日を確保できる人や平日に引越し作業を行える人は良いですが、土日祝日のみ引越し作業をできるという場合には早い段階で予約をしなければ予約が埋まってしまい、希望している日に引越し作業を行えないことがあります。

特に、3月は引越しをする人が多く、引越し業者の需要が高くなるため、自分のスケジュールに合わせて引越し業者に依頼できないことも多いです。

4つ目が、引越し業者選びを誤るとトラブルが起こる可能性があることです。

例えば、料金の安さのみで引越し業者を選択して、当日引越し作業中にトラブルが起こったというケースは少なくありません。

午後に引越しを依頼し、実際に引越し業者が来たのは夜であったといったトラブルも挙げられます。「午後」という枠で引越しを依頼した場合、自分よりも前の時間帯に予約をしていた人達の引越し作業が終わり次第作業をするということになるため時間指定はできません。

しかし、夜に引越し作業をすると近所にも迷惑がかかります。品質の良いサービスよりもコストを抑えることを重視した業者には、大切な荷物を安心して預けられないでしょう。

さらに、電話見積もりのみで訪問見積もりを行わず、当日に追加費用を請求されたというケースもあります。そのため、引越し業者選びは慎重に行うことが大切です。

【PR】単身引越しやオフィス移転も信頼できる業者に依頼しませんか

店舗移転から自宅の引越し、大きな家具の移動など引越し業者を探しましょう。「引越しの準備から相談に乗ってくれる業者が見つかるかしら?」「ピアノの移動にはいくらくらかかるの?」そんなときこそ、信頼できる引越し業者が見つかるこちらのサービスがオススメです。

引越し業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_引越し

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連する投稿


引越しでやることチェックリスト【総まとめ】62項目こまかく解説

引越しでやることチェックリスト【総まとめ】62項目こまかく解説

「引越しはやることが多すぎて目が回りそう…」という方向けに、引越しでやることを62項目のチェックリストにまとめしました。引越しを決めた瞬間から引越し後までやることをこまかく総まとめ!あなたの引越しにぜひ役立ててみてください。


引っ越し祝いのお返しマナーは?【のし対応】おすすめ10商品を紹介

引っ越し祝いのお返しマナーは?【のし対応】おすすめ10商品を紹介

引っ越し祝いをいただいたら気になるのが「お返し」のこと。のしをどうするかや金額相場、どんな商品にするかなど悩みますよね。記事では引っ越し祝いのお返しに関するマナー&通販で買えるのし対応のおすすめ10商品を紹介します。


引越しやることリスト27項目!最初の手続きからタイムスケジュール別に

引越しやることリスト27項目!最初の手続きからタイムスケジュール別に

引っ越し準備には「やることリスト」があると便利。記事では引っ越しでやること27項目をタイムスケジュール別にまとめて紹介しています。


引っ越しに必要な書類手続き38項目【保存版】

引っ越しに必要な書類手続き38項目【保存版】

引っ越しをすると各所で必要になる住所変更のための書類手続き。でも数が多すぎて何をしたらいいかわからなくなってしまいますよね。記事では最低限必要な書類手続き38項目をまとめています。引っ越しが決まったらぜひチェック!


引越しダンボールの安い入手方法!業者にもらえるサイズやほかの調達方法は?

引越しダンボールの安い入手方法!業者にもらえるサイズやほかの調達方法は?

引っ越しにダンボールは欠かせませんが、できればお金はかけたくないもの。記事では引っ越し業者別に無料でもらえるダンボールのサイズや上限枚数、引越し業者以外からタダまたは格安で調達する方法について解説しています。


 

ビジネスパートナー募集