暮らしのお悩み解決サイト

カビやすいエアコンのファンを徹底的に掃除する11ステップ

カビやすいエアコンのファンを徹底的に掃除する11ステップ

エアコンで一番カビやすいファンの掃除について、11段階に分けて詳しく説明しています。ファンを掃除するための便利なグッズや、カビてしまう原因について、エアコンのしくみといったことについても解説しています。


エアコンをつけなくても良い時期は、季節的にも快適ですよね。
そんな時期にしてほしいのが、エアコンのファンの掃除です。
実はエアコンは温めたり冷やしたりを繰り返しているので、大変結露しやすくなっています。
スイッチをオフにするごとに結露して、それが自然乾燥するという状態を繰り返しています。
しかし、エアコンの中は通気性は悪いので電源を入れなければ空気はこもってしまいます。
生乾きの雑巾のような状態になっていると言っても良いでしょう。
そして結露でできた水分と、ホコリやゴミが一緒になって雑菌を繁殖させ、カビとなってエアコン内部に広がってしまうのです。

夏や冬のシーズンのはじめにエアコンをつけて、何だか変なニオイがしてきたことはないでしょうか。
酸っぱいような、ホコリくさいようなニオイがしていたら要注意です。
そのニオイやクシャミ、咳の原因となるのがエアコンの中で繁殖したカビなのです。

エアコンを掃除しないで運転させてしまうと、家中にカビ菌をバラまいてしまうことになります。
服や壁紙、布団につくのはもちろん、子どもも大人もカビが混じった空気を吸っていることになります。
そうならないためにも、エアコンで一番カビやすいファン部分の掃除を徹底的にやってしまいましょう。

【送料無料】 くうきれい エアコンファン洗浄剤 ムース&リンス 1台分セット

¥ 2,230 (2017/08/28 時点)

エアコンのファンの掃除方法11ステップ

Getty logo

1 準備

洗剤や養生の準備

必要な洗剤や、家具や床を保護するための養生用グッズをそろえます。
何が必要になるかは、このページを読むだけでわかりますので、メモしながら読み進めてください。
また、洗剤に弱い方は、手袋やゴーグル、マスクといったものも用意したほうが良いでしょう。

懐中電灯でチェック

サカイトレーディング 2灯LEDライト付きヘッドルーペ 拡大鏡 1.2倍 1.8倍 2.5倍 3.5倍 4枚レンズ付 SA-3100

まずは、どの位ファンがヨゴレているかチェックしてみましょう。
普段の生活で、ファンのヨゴレを見る機会は、まずありません。
また、部屋の天井ライトだけではファンの奥のヨゴレまではわからないので、懐中電灯で照らしてみると良いでしょう。
ファンが黒いので、なるべく明るいライトで照らしたほうが、カビやホコリがわかりますよ。

2 電源を抜く

エアコンは大きな電力を消費する家電ですので、万が一掃除中に感電でもしたら大変です。
エアコン掃除の前には、かならず電源を抜いておきましょう。
電源を切るだけだと、何かの拍子にリモコンを押してしまってスイッチが入ってしまうかもしれません。
壁からコンセントを抜いて、それから掃除をするようにしてください。

3 養生

壁掛用 エアコン洗浄カバー KB-8016

¥ 1,850 (2017/08/28 時点)

エアコンから出たホコリやカビ、ゴミや汚水から、床や壁、家具や寝具、服といったものを守ります。
エアコンの空気が届く範囲は全て養生したほうが良いので、少なくとも2、3メートルはビニールなどで養生してください。
新聞紙や紙だと、汚水が下まで染み込んでしまうので、水を通さない素材のビニールがおすすめですよ。

ワタナベ 透明ゴミ袋(再生原料タイプ) 45L 10枚入【楽天24】

全体の養生

アイリスオーヤマ ブルーシート(約180cm×約180cm) B30-1818 ブルー【楽天24】

¥ 506 (2017/08/28 時点)

部屋の床、壁、家具などの養生をします。
大きめのゴミ袋で保護したり、ブルーシートでおおったりすると良いでしょう。

エアコンの機械部分の養生

パイオラン 塗装養生用テープ グリーン Y09GR 25MM【楽天24】

¥ 290 (2017/08/28 時点)

エアコンの前面カバーを開くと、右の部分が機械部品になっています。
この部分に水や洗剤がかかってしまうと、エアコンが故障してしまうので、ビニールなどでしっかりと止めておきましょう。

汚水を受けるシートを作る

壁掛用 エアコン洗浄カバー KB-8016/洗浄シート/クリーニングシート/

¥ 1,850 (2017/08/28 時点)

エアコンの下から汚水が流れてくるので、エアコン本体につける汚水受けを作ります。
自分でも作ることができますが、初めてで不安であれば市販の「壁掛用エアコン洗浄カバー」などを使うと簡単ですよ。

4 部品をはずす

エアコンの送風口にある、風邪を上下左右にする羽を取ります。
多くの場合は、簡単に取れる仕組みになっていますが、もし少し動かしても取れないようであればそのままでもかまいません。
ただ、羽がついているままだと掃除はしにくいので、説明書をよく読んで部品の取り外し方を調べておくと良いでしょう。

5 掃除機で吸う

掃除機で吸えるホコリやゴミは、なるべく取っておきましょう。
この後の掃除が楽になります。
掃除機の首の長さによりますが、何かの台に掃除機を乗せないと手元がファンまで届かないかもしれません。
掃除機のコンセントが近くになくて困った時は、エアコンのコンセントを使用すると良いですよ。

掃除機用 すみっこノズルとブラシ

ブラシ&すきまノズル(掃除機用) EA89921

掃除機についてくるノズルやブラシは、サイズが大きいものがほとんどなので、エアコン掃除には大きすぎるかもしれません。
そんな時は100円ショップなどで販売している、細めのすみっこ用ノズルやブラシが便利です。
カビやホコリを吸ったブラシやノズルで、家の他の部分を掃除したくないといった時にもオススメです。

6 洗剤をスプレー

ファン掃除のポイントとも言えるのが、ファン掃除用スプレー選びです。
カビやヨゴレがあまりひどくない場合は、一般の家庭用洗剤をスプレーすることでカビやヨゴレが落ちます。
しかし、あまりにもカビが全体にびっしりついていたり、エアコンのファン掃除を初めてする場合には、エアコンのファン掃除専用のスプレーがおすすめです。

≪ショーワ くうきれい≫ エアコンファン洗浄剤 AFC-501、エアコン内部洗浄剤 AFC-301 セット販売!

エアコンのフィン掃除用スプレーはファンには使えない

エアコン掃除用スプレーには、フィン用とファン用があります。
ホームセンターやドラッグストアで販売されている商品の多くはフィン用ですので注意してください。
商品説明の部分にフィン用もしくはファン用と書かれていますので、チェックしてみましょう。

もし、近所のホームセンターなどでファン用のスプレーが販売されていない時はどうしたら良いでしょうか。
例えば、「くうきれい エアコン送風ファン洗浄剤」という製品があります。
これは先がノズルになっているスプレーで、噴射すると泡状になります。
泡がヨゴレにくっついて分解することで、ファンのカビを退治してくれるのです。

7 綿棒か、すみっこブラシで掃除

掃除の達人 すみっこブラシ ブルー

¥ 331 (2017/08/28 時点)

ファンの羽を、一枚一枚綿棒で掃除していきます。
掃除用具として便利な歯ブラシですが、歯ブラシでは羽の間に入らないファンがほとんどですので、ここでは残念ながら使用できません。
綿棒でなくても、ファンの羽と羽の間にはいる、すみっこ用ブラシでもかまいません。
大切なのは、ファンの羽の間に入るかどうかですので、なるべく細いものを選びましょう。

8 洗剤を水で流す

洗剤や、洗剤と一緒になったホコリやヨゴレを水で流します。
このままだと洗剤で洗っただけで、ヨゴレはファンから浮き上がっていますが洗剤と一緒に残ったままです。
普通の水ではなく、クエン酸スプレーや重曹スプレーで洗うのもオススメです。
クエン酸も重曹も、化学的な薬品成分が無いっていないので、エアコンをこの次に使用する時に、空気と一緒に体に吸い込んでしまっても危なくないからです。

9 試験運転を20分

エアコンの送風口に、いらなくなった古い布やタオルを隙間なくくっつけます。
布を送風口に入れるだけでは落ちてきてしまうので、養生テープでくっつけても良いでしょう。
布を送風口につけずに試運転してしまうと、エアコンの中に残った洗剤や汚水が、部屋の中にばらまかれてしまうのです。
意外と掃除した後に残っている水は多いので、かならずボロ布などでおおうようにしておきましょう。

ワイピングクロス5000シロ【楽天24】

¥ 895 (2017/08/28 時点)

10 はずした部品をつける

送風口にある部品を再びくっつけます。
部品も意外とカビているものなので、エアコンにつける前にキレイに掃除しておきましょう。
一般的な家庭用洗剤で十分です。

11 送風運転を2時間

エアコンの中に残った水分を完全に乾かして、新たなカビの原因となってしまわないようにします。
2時間程度送風運転をすると良いでしょう。
洗剤のニオイなどが気になるようであれば、送風運転の時は窓を開けたり換気扇を回したりしておきましょう。

 

エアコンのファンを掃除するためのグッズ

Getty logo

綿棒

リーダー LEスパイラル綿棒200本入

¥ 98 (2017/08/28 時点)

しつこいカビやホコリも場合は、エアコンのファン掃除用スプレーでも取り切れない場合があります。
ファンの羽の付け根などは、どうしてもほゴミがたまりやすくなっているからです。
そんな時に活躍するのが綿棒です。
一枚一枚掃除していくのは気が遠くなりそうですが、確実にキレイにできます。
全ての羽を綿棒で掃除するのは、半日はかかってしまいます。
まとまった時間を作って掃除するようにしてください。

掃除機用 すみっこブラシ

隙間きれい 2本セット SV3055

¥ 835 (2017/08/28 時点)

普通の掃除機の先につけるノズルでは、ファンの中のカビやホコリは取れません。
そのため、なるべく細くて固い材質でできたブラシが必要になってきます。
100円ショップでは、スキマ用のブラシやスポンジといった便利グッズが販売されているので、ファン用掃除に使えないか普段からチェックしておきましょう。

頭につけるライト

LEDライトヘッドルーぺ Idealeben 双眼ヘッドルーペ  倍率異なる5枚レンズ付 レンズ交換可能 精密作業用ルーペ ホワイト

ファンは黒い色をしているので、部屋の明かりだけではどれ位ヨゴレているかがわかりません。
懐中電灯でファンを照らしてみると、ごっそりとカビやヨゴレがついているのを見ることができます。
小さな懐中電灯をエアコンにガムテープでつけても良いのですが、それよりも使いやすいのが頭につけるタイプのライトです。

山登りやアウトドアグッズなどを販売している所に売られています。
ライトの角度を上下に変えられるものもあります。
両手がふさがっている時に明るくするには大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

エアコンのしくみ

Getty logo

エアコンは室内機と室外機でできています。
エアコンは換気はしないので、外の空気がエアコンを通して中に排出されることはありません。
そのためPM2.5が気になる地域でも、エアコンから微粒子状の汚染部室が入ってくることは無いのです。

空気の流れ

今回はファン掃除をするための説明なので、 室内機を重点的に見て行きましょう。
エアコンの中は、大きく分けて熱交換器とファンでできています。
部屋の中の空気が、エアコンの上部から中に入っていきます。
エアコンのフィルターが前面だけでなく上のほうまで長いのも、エアコンの中にホコリを入ってこないようにするためなんですね。

フィルターを通して入ってきた空気が、熱交換器に入ります。
熱交換器はフィンとも呼ばれていて、畳7畳分ものアルミの細い板がエアコンの中にならんでいます。
ここで暑い空気を涼しくしたり、冷たい空気を暖かくしたりしています。

熱交換器で快適な温度になった空気は、今度はファンを通して部屋に送り込まれます。
エアコンの中で作られた空気は、全てファンを通って部屋の中に送り出されるので、もしファンがカビていたら部屋中がカビ菌だらけになってしまうのです。

エアコンのファンがカビる原因

Getty logo

エアコンは、いつも風が出ているのに、なんでカビるんだろう? と思いますよね。
夏や冬は、ほぼ一日中回している家庭も多いので、いつカビるのか不思議に思うかもしれません。
エアコンがカビるのは、エアコンのスイッチの切り方に問題があるからなんです。

例えば夏の暑い時期、エアコンは暑い空気を熱変換器で冷たい空気にして、部屋の中に涼しい空気を送り出しています。
運転している時は良いのですが、スイッチを切ってピタッと動きを止めてしまうと、急激な温度変化でエアコン内が結露してしまうのです。
エアコンの中で冷やされた空気が部屋の中に送られるはずだったのが、スイッチを切ることによってエアコンの中にこもってしまうので結露するのです。

そして結露した水分が、エアコンの中のホコリやゴミ、カビ菌と一緒になって雑菌となります。
一度カビてしまうと、カビ菌は胞子となってあちこちに繁殖してしまうので、やっかいなのです。

まとめ

エアコンをつけると、最近何だかクシャミが出たり、咳が出たりする。
原因はわからないけど、エアコンをつける時期になるとジンマシンが出る。
そういった体調の変化の原因は、もしかするとエアコンの中のカビかもしれません。
普段部屋の中をキレイにしている家庭でも、エアコンの中のシロッコファンまではなかなか掃除に手がまわりません。

暑かったり寒かったりしてエアコンを昼間につけないと過ごしにくい日は、掃除に集中できないので、あまりエアコン掃除に向いていません。
エアコンをつけないでも過ごせる温度の日に、ファン掃除をしてしまいましょう。

自分で掃除をするのが難しそうだと思ったら、プロの掃除業者に依頼するのも1つの方法です。
1台につき5,000円から1万円で掃除してくれます。
値段の差は、掃除の後に抗菌防カビスプレーをして保護するかしないかの違いです。
家族とお財布と相談してみて、ファンの掃除方法を一度計画してみてはどうでしょうか。

 

関連するキーワード


エアコン掃除

関連する投稿


エアコンに繁殖するカビ…その3大原因と対処法

エアコンに繁殖するカビ…その3大原因と対処法

このカビは病気の原因にもなると聞かれたこともあるでしょう。ここでは、臭いや病気の原因になるエアコン内部のカビの対処法と予防法について、私たちでも簡単にできる方法をご紹介しています。


エアコンの臭いにおいがすぐ取れる3つの方法と、しっかり取る9ステップ

エアコンの臭いにおいがすぐ取れる3つの方法と、しっかり取る9ステップ

エアコンから出てくる酸っぱいニオイや、クシャミや咳の元を断ち切るための掃除方法をまとめました。汚れやすいフィルターやフィン、一番カビが発生しやすいファンなど各場所の掃除方法やコツ、注意すべき点などを解説しています。


カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

壁や水周り、食品等、カビは人が生活しているどんな場所にも生えてきます。この記事では、カビを大きく6種類に分けて、特徴と違い等について解説しています。有害なカビを発生させないために、まずはカビそのものについて知るところから始めてみましょう。


エアコンのカビ掃除方法3ヶ所!スプレーやスチームで自分でDIY。

エアコンのカビ掃除方法3ヶ所!スプレーやスチームで自分でDIY。

エアコンを徹底的に掃除して、カビを除去する方法を解説しています。業者に頼めば1万円以上はかかってしまうエアコンの掃除も、頑張れば自分一人でできるようになります。エアコンのフィルターやフィンの掃除、そして一番難しいファンの掃除まで、掃除方法を説明します。


こうすれば簡単!エアコン掃除の仕方6つのポイント

こうすれば簡単!エアコン掃除の仕方6つのポイント

エアコンの掃除方法を6つのポイントに絞って説明します。フィルターや、フィン部分やファン部分の掃除方法や、掃除に必要なグッズや注意点などを解説しています。また、エアコンが臭くなる原因や、エアコン掃除をプロに発注する場合の値段の相場も記しています。


最新の投稿


和室の掃除方法5個!簡単裏技やおすすめ掃除頻度は?

和室の掃除方法5個!簡単裏技やおすすめ掃除頻度は?

和室掃除をする際には、除菌スプレーや洗剤といった水分を使用すると、素材が劣化したりシミがついたり、カビが発生したりする場合もあるため注意が必要です。そこで、和室の特徴と和室を掃除する方法、注意点についても紹介します。


草刈り業者依頼で失敗しない選び方3つと料金相場【2019年度最新版】

草刈り業者依頼で失敗しない選び方3つと料金相場【2019年度最新版】

草刈りや芝刈りを依頼できる業者はたくさん存在しますが、その中から対応が良く優良な業者を選ぶ際には、どのようなポイントを押さえれば良いのでしょうか。そこで、草刈り業者を選ぶ際にチェックすべきポイントや、費用の目安を紹介します。


オフィス便利グッズまとめ31選!プレゼントにもおすすめ

オフィス便利グッズまとめ31選!プレゼントにもおすすめ

同僚や友人、家族や恋人など日々仕事を頑張っている相手に贈り物をする際、仕事で役立つアイテムをプレゼントしたいと考える人も多いでしょう。そこで、オフィスで役立つ便利グッズを6つのカテゴリーに分けて紹介します。


蛍光灯がつかない原因10個と交換方法!片方・新品がつかない?

蛍光灯がつかない原因10個と交換方法!片方・新品がつかない?

蛍光灯がつかない原因はいくつもあることを知っていますか? 通常、つかない蛍光灯は新品に交換すれば電気がつきますが電気がつかないこともあります。今回は蛍光灯がつかない原因などをチェックしていきましょう。


布団の収納方法おすすめアイディア25選!押し入れ・クローゼット・縦置き

布団の収納方法おすすめアイディア25選!押し入れ・クローゼット・縦置き

布団の収納方法や収納場所に困っていませんか? 布団は場所をとり収納しにくいアイテムですが、上手く収納するテクニックがあります。限られたスペースでも布団をスッキリ収納できるアイデアをチェックしましょう。


ビジネスパートナー募集