暮らしのお悩み解決サイト

シンクの掃除方法6ステップ!道具・サビ・排水溝汚れは?

シンクの掃除方法6ステップ!道具・サビ・排水溝汚れは?

シンクが汚れる原因とキレイを保つための掃除方法についてまとめました。水アカや食品など汚れ別の掃除や、シンク掃除が楽になる洗剤やグッズについても解説している他、プロにシンク掃除を頼んだ場合の相場も調査しています。


”シンクの掃除は面倒”、”シンクの掃除は苦手”などと答える方も多いのではないでしょうか?シンク掃除は、排水溝や蛇口などのお手入れもあることから後回しになりがちな場所です。

とは言え、シンクは水や食品を扱うため汚れやすく、掃除をしなければ目を覆いたくなるような光景になるでしょう。シンクの汚れは放置していると臭いも放ち衛生的にもよくありません。

シンクは、「汚れの性質と反対の性質で掃除をして化学反応を起こす」ことがポイントです。ポイントをおさえれば苦手なシンクの掃除も簡単にできます。

シンク掃除のやり方や掃除をラクにするグッズなどをチェックして、ピカピカのシンクにしましょう。

シンク汚れの原因4つ

”シンクは掃除をしてもすぐに汚れるから”と、あまりお手入れをしない方もいるのではないでしょうか?シンクは使う頻度が多ければ多いほど汚れる場所で、汚れる原因は4つのことが関係しています。

【水垢】
シンク汚れの原因は水道水に含まれているミネラルやカルシウムのせいです。
シンクに残っている水分は時間が経つと蒸発しますが、ミネラルやカルシウムは残り白くなります。水垢は酷くなると結晶化して層になり、触れるとザラザラしているのも特徴です。

【石鹸カス】
石鹸カスは食器用洗剤と水道水の成分が混ざった汚れで、汚れが蓄積されるとシンクが白くなります。石鹸カスは酷くなるとシンクにこびり付く性質で落とすのが大変です。

【油汚れ】
シンクは調理油や食品に含まれる油が原因で汚れます。

【カビやぬめり】
シンクの排水溝はカビや雑菌が増殖しやすい場所です。排水溝のゴミ受けは食品のカスや水分があり、カビや雑菌が発生する条件が揃っています。

カビや雑菌は汚れや水分をエサにして増殖するためマメな掃除が欠かせません。汚れが蓄積すると悪臭を放ち、食品のカスなどが原因で排水管が詰まることもあります。

 

シンクの掃除に必要な道具

シンクの掃除に必要な道具を揃えましょう。必要な道具はホームセンターやドラッグストアでも購入することができますが、多くのものは100均で揃います。

【基本的な道具】
・食器用の中性洗剤
・マイクロファイバータオル
・スポンジ
・ブラシ類(歯ブラシや排水溝用のブラシなど)

【汚れに合わせて掃除をする時に必要な道具】
・クエン酸
・重曹
・塩素系漂白剤
・台所用洗剤のマジックリン
・弱アルカリ性の食器用洗剤(ジョイなど)
・スプレーボトル
・スポンジ
・メラミンスポンジ
・サランラップ
・歯ブラシ
・輪ゴム
・マイクロファイバータオル

シンクの掃除方法6ステップ

シンク掃除は普段行うパターンと汚れに合わせた掃除方法があります。シンクの掃除は、”面倒”、”時間がかかる”などのイメージを抱いている方もいますが、コツがわかれば簡単で苦手意識を克服することができるでしょう。

①普段の掃除:食器用の中性洗剤で掃除をする

普段、シンク掃除をする時は食器用の中性洗剤とスポンジを使います。泡立ちをよくするためにシンクと蛇口周りを水で濡らしてください。

スポンジに食器用の中性洗剤を付けたらシンクは円を描くようにして、蛇口周りは縦や横に擦ります。汚れが気になる部分はしばらく擦って落としましょう。

シンクや蛇口周りの汚れを落としたら水でよく洗い流して、食器用の中性洗剤が残らないようにするのがポイントです。シンクや蛇口周りに食器用の中性洗剤が残っていると汚れが固まって白くなります。

最後にシンクや蛇口周りをマイクロファイバータオルで拭いて、水分を残さないようにしましょう。水分が残っていると水垢の原因になるため拭き残しがないようにしてください。

②普段の掃除:排水溝は食器用の中性洗剤やアルカリ洗剤で掃除をする

原則、シンクの排水溝は食器用の中性洗剤で掃除しますが、粉末の重曹や台所用のアルカリ洗剤を使ってもかまいません。粉末の重曹は排水溝の臭いを解消し、アルカリ洗剤はしつこい油汚れを落とすことができます。

【掃除方法】
排水溝のフタを外してゴミ受けに溜まっているゴミを捨てましょう。次に、食器用の中性洗剤、台所用のアルカリ洗剤、粉末の重曹のいずれかをスポンジやブラシに垂らします。もしくは、排水溝、フタ、ゴミ受けに直接、洗剤や重曹をかけてもいいです。

スポンジやブラシで、排水溝、フタ、ゴミ受けを擦って汚れを落とします。最後に水で流して元に戻したら掃除は終わりです。

③水垢が落ちない時:クエン酸スプレーで掃除をする

水垢は「アルカリ性」の汚れで、「酸性」が含まれているもので掃除をすると落とすことができます。酸性洗剤でシンクの掃除をしてもいいですが、環境やシンクに優しいクエン酸スプレーがおすすめです。

【クエン酸スプレーの作り方】
スプレーボトルに水200mlとクエン酸小さじ1杯を入れたら、フタをしてよく振り溶かします。

【掃除方法】
シンクにクエン酸スプレーを吹きかけてスポンジで擦り、水で洗い流しましょう。

上記の掃除方法で水垢が落ちない場合は、シンクにキッチンペーパーをあてながらクエン酸スプレーを吹きかけて30分~2時間くらい待ちます。時間を置く理由は水垢を緩めて落としやすくするためです。

また、水垢にクエン酸の成分を浸透させるために、キッチンペーパー全体が濡れるまでしっかり吹きかけましょう。時間が経ったら、シンクをスポンジで擦り水で洗い流します。最後にマイクロファイバータオルで水気を拭き取れば掃除は終わりです。

④石鹸カスが落ちない時:粉末の重曹やペーストで掃除をする

石鹸カスは「酸性」の汚れで、「アルカリ性」成分の重曹で掃除をします。まずは、粉末の重曹で掃除をして落ちなければ重曹ペーストで掃除をしましょう。

また、重曹は粒子が含まれておりクレンザーの役目も果たすのが特徴です。重曹の粒子はクレンザーよりも柔らかく、シンクに傷を付けないで石鹸カスを落とすことができます

【重曹ペーストの作り方】
コップや皿などの容器に2(重曹):1(水)の割合で入れて、スプーンなどで混ぜるだけです。

【掃除方法】
シンクを水で濡らしてから粉末の重曹をふりかけてスポンジで擦り、水で流して石鹸カスが落ちているかチェックします。石鹸カスが落ちていれば、マイクロファイバータオルでシンクを拭きましょう。

石鹸カスが落ちていない場合は、シンクに重曹ペーストを塗り付けて丸めたサランラップやスポンジで擦ります。最後にシンクを水で洗い流し、マイクロファイバーで水気を取り除きましょう。

⑤油汚れが落ちない時:粉末の重曹やアルカリ洗剤で掃除をする

シンクに付着している油は「酸性」の汚れで、「アルカリ性」で掃除をします。粉末の重曹や台所用洗剤のマジックリンなどで掃除をしましょう。

また、シンクの油汚れは表面に薄く付着していることが多く、弱アルカリ性の食器用洗剤(ジョイなど)で落とすこともできます。

【掃除方法】
粉末の重曹は、シンクを水で濡らしてから重曹をふりかけてスポンジで擦りましょう。最後にシンクを水で流してマイクロファイバータオルで拭きます。

台所用洗剤のマジックリンや食器用の中性洗剤(ジョイなど)は、シンクに塗布してスポンジで擦り水で流すだけです。仕上げにマイクロファイバータオルでシンクの水分を拭き取ります。

油汚れが酷いシンクは台所用洗剤のマジックリンが便利です。シンクにスプレーをした後、5分くらい待ってからスポンジで擦ると油汚れが落ちます。最後にシンクを水で洗い流してマイクロファイバータオルで拭いたら掃除は終わりです。

⑥蛇口周りの汚れが落ちない時:クエン酸と重曹で掃除をする

シンクの蛇口周りは食器を洗った時に飛び散った油や水などで汚れており、水垢、石鹸カス、黒カビが付着している状態です。アルカリ性と酸性の汚れが混ざっているため、クエン酸スプレー(クエン酸水)粉末の重曹で掃除をします。

【掃除方法:蛇口全体】
蛇口全体にキッチンペーパーを巻き付けたら輪ゴムで固定して、クエン酸スプレーをまんべんなく吹き付けましょう。30分~2時間くらい放置してからスポンジで擦り水で洗い流して、マイクロファイバータオルでシンクや蛇口を拭きます。

【掃除方法:蛇口の吐水口】
歯ブラシに粉末の重曹を付けたら蛇口の吐水口を擦りましょう。

次に、クエン酸水(クエン酸スプレーの中身)を皿などの容器に入れて、吐水口を浸してから歯ブラシで擦ります。最後に水を流して、シンクや蛇口をマイクロファイバータオルで拭きましょう。

シンクの掃除方法【油汚れ】

シンクに付着している油は「酸性」の汚れで、「アルカリ性」である粉末の重曹や台所用洗剤のマジックリンで掃除します。

また、シンクの油汚れは表面に薄く付着していることが多く、弱アルカリ性の食器用洗剤(ジョイ)で落とすことも可能です。

【掃除方法】
粉末の重曹は、シンクを水で濡らしてから重曹をふりかけてスポンジで擦り水で流しましょう。

台所用洗剤のマジックリンや食器用洗剤(ジョイ)は、シンクに塗布してスポンジで擦り水で流します。最後にマイクロファイバータオルで水分を拭き取りましょう。

油汚れが酷いシンクは台所用洗剤のマジックリンで掃除をします。シンクにスプレーをした後、5分くらい待って油を浮かせましょう。油汚れが浮くとスポンジで軽く擦るだけでスルリと落ちます。最後にシンクを水で洗い流して、マイクロファイバータオルで水分を拭き取れば掃除は終わりです。

シンクの掃除方法【サビ汚れ】

シンクの素材はサビに強いステンレス製を採用していることが多いですが、全くサビないわけではありません。万が一、シンクがサビてしまったら3つの方法でキレイにしましょう。

【重曹】
重曹は粒子が含まれており研磨効果があります。水で濡らした歯ブラシやメラミンスポンジに粉末の重曹を付けて、シンクのサビを擦りましょう。

メラミンスポンジは、たっぷり水を含ませてからシンクのサビを擦ります。メラミンスポンジでシンクを擦っている時に、キュッキュッと音がしたら水分が少ない証拠です。

メラミンスポンジはサビを削って落としており、水分が少ないと摩擦が大きくなりシンクを傷付けてしまいます。

【温めたお酢】
電子レンジなどで温めたお酢をシンクにかけて、歯ブラシで擦るかメラミンスポンジで擦りましょう。メラミンスポンジは温めたお酢をたっぷり含ませてください。

シンクにお酢を垂らすと流れてしまう場合は、キッチンペーパーにお酢を含ませてからサビの上に置いてパックします。

【漂白剤】
ハイドロハイターなどの漂白剤はシンクのサビ落としに効果的です。シンクのサビに漂白剤をかけてスポンジや歯ブラシで擦りましょう。

シンクの掃除方法【排水溝】

シンクの排水溝のカビやぬめりは重曹とクエン酸(両方粉末)、もしくは塩素系漂白剤で掃除をします。カビが大量にある場合やぬめりが酷い場合は塩素系漂白剤で掃除をしましょう。塩素系漂白剤は漂白や除菌効果があります。

【重曹とクエン酸】
排水溝のフタと受け皿を外してから、1(重曹):2(クエン酸)の割合で排水溝に入れましょう。次に、排水溝へ水を注ぎ発泡させて汚れを落とします。

【塩素系漂白剤】
シンクの排水溝掃除をする前にゴム手袋を装着して換気をましょう。塩素系漂白剤は成分が強く素手で触れると手荒れを引き起こす原因になります。また、刺激臭もあるため換気も必須です。

シンクの排水溝、フタ、ゴミ受けを外したら、排水溝に塩素系漂白剤をかけて5分~30分くらい待ちます。排水溝のフタやゴミ受けも塩素系漂白剤で掃除をしましょう。時間が経ったら水でよく洗い流して、汚れが残っている部分は歯ブラシなどで擦って落とします。

シンクの掃除の洗剤の代用3つ

”シンク掃除をラクにする方法はないの?”と思っている方もいるでしょう。シンク掃除をラクにするグッズはいくつかありますが、おすすめの時短アイテムを3つご紹介します。

①アルミホイルボール

シンク掃除の中でも厄介で面倒なのが排水溝ではないでしょうか?排水溝の掃除を少しでもラクにするならアルミホイルを使いましょう。アルミホイルは排水溝のぬめりを防ぐ効果があります。

やり方は、アルミホイルを適当な大きさに切ってクシャクシャに丸めるだけです。大きさはピンポン玉より一回りか二回りほど小さいサイズが程良く、2、3個作って排水溝のゴミ受けに入れましょう。

②排水溝の除菌ヌメリとり

排水溝の除菌ヌメリとりは排水溝とゴミ受けの掃除をラクにするグッズで、排水溝のフタの裏にセットするタイプとゴミ受けに置くタイプがあります。

両タイプはシンクに水を流す度に洗浄成分が流れ出て、排水溝とゴミ受けのぬめりや臭いを防ぎながら除菌もするのが特徴です。効果は約2ヵ月で、排水溝のフタの裏にセットするタイプは詰め替えもあります。

③フッ素革命11

「フッ素革命11」はシンクや蛇口の汚れを防ぐコーティング剤で、フッ素加工を施すグッズです。シンクに吹きかけると滑りが良くなるため汚れが付きにくく水ハケも良くなります。また、シンクにツヤが出るのも特徴で、ピカピカの状態を維持できるのもポイントです。

シンクの掃除のおすすめの頻度

”シンクは掃除をしてもすぐに汚れる”などの理由から、気が向いた時や汚れが目立ってきたら掃除をする方もいるでしょう。では、シンクの掃除はどれくらいの頻度がいいのでしょうか?

シンクを使った日は掃除をするのが基本で、1日の終わりに汚れを落とすのがベストです。シンクを使った日に掃除をすれば汚れがたまりにくく、キレイな状態を維持することができます。

毎日シンク掃除ができない場合は最低でも1週間に1回お手入れをして、汚れに合わせた掃除方法でキレイにしましょう。ただし、排水溝のゴミ受けにたまっている食品のカスは毎日捨てるのが鉄則です。排水溝のゴミ受けにゴミが残っていると、カビや雑菌の繁殖につながり臭いやぬめりが発生します。

シンクの種類別!掃除の注意点

シンクの素材は大きくわけると3種類あることをご存知でしょうか?素材によって特徴が違い、傷付きやすいタイプやサビやすいタイプなどがあります。シンクの素材別に掃除する時の注意点を3つまとめました。

【ステンレス】
ステンレス製のシンクは傷付きやすく酸に弱いです。掃除をする時は柔らかいスポンジを使い、金属製のブラシやナイロンたわしは避けましょう。

また、クエン酸などを含む酸性のものは長時間放置しないで、すすぎ残りがないように注意してください。

【樹脂】
樹脂製のシンクも傷付きやすいため柔らかいスポンジで掃除をします。

【ホーロー】
ホーロー製のシンクはサビに弱いことから、使用する洗剤とシンクを傷付けないように注意しながら掃除をしましょう。洗剤は中性洗剤が良く、シンクを擦る時は柔らかいスポンジを使います。

シンク掃除を業者に依頼する費用目安

シンクの掃除は業者に任せると見違えるようにキレイになりますが、費用はどれくらいかかるのでしょうか?業者にシンクの掃除を依頼すると約10,000円~20,000円かかります。

業者はプロ用の洗剤や道具を使い、汚れているシンクをピカピカにするため10,000円以上かかるのは仕方ありません。ただし、サービス内容やオプションは業者によって様々で料金にバラつきがあります。

例えば、シンク以外の場所も掃除するお得なパックは16,500円です。掃除をする場所は、シンク、ガスレンジ、五徳、魚焼きグリルの外側、戸棚の表面、キッチンの照明、キッチンの内側の窓、天袋、キッチンの壁面などを含みます。

業者へシンクの掃除を依頼する時は、最低でも3社見積もりをとり料金やサービス内容などを比較しましょう。

まとめ

シンクの掃除はサボると汚れが蓄積されて排水溝からも臭いを放つため、「マメな掃除=キレイを保つ」コツです。シンク掃除を習慣にすると汚れがたまりにくくなり、結果的に掃除がラクになります。ぜひ、シンク掃除のやり方や掃除頻度を改めて美しいシンクをキープしましょう。

油汚れをピカピカに!ガスコンロ掃除の裏技を9ステップで徹底紹介

https://taskle.jp/media/articles/18

油がこびりついたガスコンロを、簡単で早くピカピカにする方法をご紹介します。

自分でできる! キッチンの換気扇交換

https://taskle.jp/media/articles/91

直接排気式のプロペラファンの交換について解説します。

【実践レポ】ガスコンロ「五徳(ホーロー)」の掃除方法4ステップ!重曹で焦げ付きもスッキリ綺麗に

https://taskle.jp/media/articles/379

ガスコンロの鍋やヤカンを上に乗せるツメがある台のことを「五徳(ゴトク)」と言います。重曹を使った五徳の掃除方法について解説します。

家事代行サービス16社を紹介!ワンルームからOK。料理の作り置きも!

https://taskle.jp/media/articles/121

最近よく聞く「家事代行サービス」について、それぞれの業者を比較してみました。時間あたりの値段や、サービス内容の差など、以来する時のポイントをまとめています。

キッチンの油汚れを掃除する12のコツ。シートや業務用洗剤で簡単に!

https://taskle.jp/media/articles/179

キッチンの頑固なギトギト汚れを落とすコツやオススメの洗剤、便利グッズを、換気扇、コンロ、シンク、排水口、床など場所に分けてご紹介します。

【PR】満足度94%!自分でやるのに疲れたらプロのお掃除

自宅のエアコンやキッチン、店舗のガラスやトイレまで。プロの力でキレイによみがえる!なかなか落ちない頑固な汚れにはこちらのサービスがオススメです。

無料の見積り相談であらゆるハウスクリーニングに対応してくれます。諦めている長年の汚れを落としてませんか?

お掃除マスター

\家全体すべてに対応/

年間3000件の実績

 

  • ◆掃除のプロにお任せ  
  • ◆黄ばみやカビ取りも  
  • ◆全国各地に完全対応  
  • ◆最短即日 待たせません

 

関連するキーワード


キッチン掃除 掃除グッズ

関連する投稿


オキシクリーンのキッチンシンク掃除方法!失敗しないコツ・注意点は?

オキシクリーンのキッチンシンク掃除方法!失敗しないコツ・注意点は?

オキシクリーンを使用して掃除を行う方法でオキシ漬けというものがあります。こちらの方法を習得することで簡単にキッチンシンクをきれいにすることができます。今回はキッチンシンクでのオキシ漬けの方法を、実際に行う際に確認が必要な注意点を詳しく紹介します。


五徳の掃除方法!洗剤別5個と汚れ別3個。重曹・クエン酸・セスキ

五徳の掃除方法!洗剤別5個と汚れ別3個。重曹・クエン酸・セスキ

ガスコンロの五徳に付着した油汚れや焦げ付き汚れは、放置してしまうケースも多いです。時間が経過すると汚れが定着し、除去しにくくなるため注意しなければなりません。自宅で簡単に行える、ガスコンロの五徳を掃除する方法と綺麗な状態に維持するポイントを紹介します。


オキシ漬けのやり方8種類!お風呂・キッチン・洗濯機・靴など失敗しないコツ

オキシ漬けのやり方8種類!お風呂・キッチン・洗濯機・靴など失敗しないコツ

最近有名なオキシ漬けを試してみたいけどどうしたら良いか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。そのような方に分かりやすくオキシ漬けのやり方を状況に合わせて紹介します。こちらの記事を参考にぜひご自分の家で試してみましょう。


洗面所の簡単掃除方法!洗剤・黒ずみは?クエン酸は使える?

洗面所の簡単掃除方法!洗剤・黒ずみは?クエン酸は使える?

洗面所は水を使う場所であることと、手洗いや歯磨きなどもするので汚れがつきやすい場所です。洗面台などが汚れる原因、効果的な掃除方法、注意点などを解説します。また、日頃からキレイを保つための秘訣もご覧ください。


キッチンの換気扇交換が自分でできる方法!サイズ・費用・注意点

キッチンの換気扇交換が自分でできる方法!サイズ・費用・注意点

キッチンの換気扇の交換手順を説明します。ここでは主に、壁に四角い穴があいていてプロペラが直接設置されている、直接排気式のプロペラファンの交換について解説します。その他、業者に換気扇交換を頼む時の相場や注意点、換気扇の掃除方法なども説明します。


最新の投稿


ヤブガラシの駆除方法!生態・地下茎や根を枯らせる方法も解説

ヤブガラシの駆除方法!生態・地下茎や根を枯らせる方法も解説

駐車場のフェンスなどにツルが巻き付いていたらヤブガラシを疑いましょう。ヤブガラシは数ある雑草の中でもしぶとく、駆除しないで放置していると弊害があります。今回は、ヤブガラシの駆除方法を見ていきましょう。


オキシクリーンのお風呂掃除方法!オキシ漬けで浴槽・床もきれいに

オキシクリーンのお風呂掃除方法!オキシ漬けで浴槽・床もきれいに

オキシクリーンは、こびりついた汚れも簡単に落とせることで人気の掃除アイテムです。洗濯や衣類といった様々な掃除に使用できますが、お風呂掃除でも役立ちます。そこで、オキシクリーンでお風呂を掃除する方法を紹介します。


アブ対策5個!種類や生態、おすすめグッズなどをご紹介

アブ対策5個!種類や生態、おすすめグッズなどをご紹介

アブに刺されると、腫れたり強い痒みを伴ったり、命にかかわる毒を持っている可能性もあったりと危険な害虫です。しっかりと虫除けを行わなければなりません。そこで、アウトドアシーンで活用できるアブ対策グッズや、アブの被害について紹介します。


イシクラゲの駆除方法!害はある?発生時期は?予防方法

イシクラゲの駆除方法!害はある?発生時期は?予防方法

庭などに生えているわかめのような物体はイシクラゲで、見つけたら早めに駆除しましょう。イシクラゲは生命力と繁殖力が強く生息場所を広げていく生き物です。今回はイシクラゲの駆除方法や予防方法をご紹介します。


ブヨに刺された跡の特徴と対処法!痛みや腫れは?放置は?

ブヨに刺された跡の特徴と対処法!痛みや腫れは?放置は?

ブヨに刺されるとアレルギー性の腫れを引き起こすとても厄介な虫です。そんなブヨに刺されてしまった場合に有効な対処法や、ブヨに遭遇しないための対策を紹介します。こちらの記事を参考にキャンプなどのアウトドアの際にブヨに刺されないようにしっかりと対策をしましょう。


 

 

ビジネスパートナー募集